奥さんにバレたけど連絡ない。 音信不通は奥バレ?判断方法と不倫が奥さんにバレたその後すべき3つのことをプロが解説

不倫相手の奥さんから電話が来た時の対処法!バレた時の切り抜け方

奥さんにバレたけど連絡ない

不倫関係は、奥さんにバレたのをきっかけに終わるのが定番です。 奥さんの監視が厳しくなったり、男性が罪悪感から不倫をやめたくなったりして、当然のように不倫は終わりを迎えます。 しかし中には、 奥さんにバレても不倫相手に連絡してくる人や、不倫関係を終わらせる気がまったくない男性がいます。 不倫相手としては「このまま不倫を続けて大丈夫なの?」「彼は私にどこまで本気なんだろう」と悩んでしまうことでしょう。 そんな悩みを解消するために、奥さんに不倫がバレても連絡してくる男性の心理について深堀してみましょう。 また、奥さんにバレても1ヶ月ほどで不倫を復活させたいあなたにも、その方法をご紹介します。 彼の奥さんに不倫がバレるというのは、不倫カップルには最悪の状況ですが、やり方次第では今まで以上に愛し合えるカップルになることも可能です。 そんな方法を見て、今後の参考にしてくださいね。 不倫の修羅場を経験したのになぜ?奥さんにバレても彼女と別れない既婚男性の理由 不倫相手や彼女とのセックスに依存している 不倫はとても依存性が高いので、奥さんにバレたからといって、すんなりやめられない人はたくさんいます。 これまで、不倫でストレスを発散していた人や、家庭や仕事の不満を解消していた人は、不倫相手と会えなくなると精神的に不安定になってしまい、いけないと分かっていても連絡を取ったり会いに行ったりしてしまいます。 不倫は麻薬に似ていると言いますが、実際に不倫に依存してやめられなくなる人は多いのです。 不倫に依存している既婚男性の中には、本当に不倫相手のことを愛していて離れられない人もいれば、不倫という行為に依存しているだけで、不倫相手のことはそれほど愛していない人もいます。 不倫をしていた既婚男性が、あなたに依存しているようなら、どちらのタイプなのか見極めなくてはいけません。 不倫に依存している男性は、奥さんと離婚した途端に別れると言い出したり、浮気や不倫を繰り返したりするので注意が必要です。 彼女と別れたら二度と理想の女性に出会えないとおもっている 既婚男性にとって、不倫相手が理想通りの女性だった場合は、奥さんに不倫バレした後でも、簡単に不倫相手との連絡は断ち切れません。 見た目や性格、体の相性など、自分の好み通りの女性と一度関係を持つと、なかなか忘れることはできないものです。 奥さんと離婚するかどうかは別として、水面下で不倫関係を続けようとしたり、彼女に会えなくてもLINEや電話などで関係をつなぎとめておこうとします。 自分の理想通りの女性は、そう簡単に出会えるものではありません。 既婚男性もそれを理解しているので、奥さんにバレたからといって理想通りの女性とは、簡単に関係を解消することはないでしょう。 離婚するより彼女と別れる方がツラいから 夫婦関係が悪化している男性や、妻への愛情がなくなっている男性は、離婚をするより不倫相手と別れる方がツラいものです。 冷え切った夫婦関係を忘れるように、不倫相手との情熱的な関係にのめり込んでしまった既婚男性は、不倫を解消して以前のように楽しみのない日常に戻るのは苦痛でしょう。 そんな男性は、心のどこかで「もう離婚になってもいい」という気持ちがあるので、行動を制限できなくなるものです。 離婚するには色々大変なことがあると分かっていても、不倫相手との関係を終わらせることができず、奥さんに不倫がバレた後も連絡したり会いにきたりします。 彼女が暴走しないか心配で動向を探っている 不倫相手が感情的になりやすい性格の場合は、不倫がバレたことで彼女が情緒不安定になり、なにかやらかすのではないかと心配で連絡をとり続ける男性もいます。 付き合っているとき彼女の言動に困った経験があると、男性は家族や職場になにかしないか心配で、彼女の心境や動向を探りたくなるものです。 こうした理由で連絡をしてくる男性は、とにかく不倫相手を怒らせないよう、連絡は取り続けるものの、どうにか不倫解消の話に持っていこうとします。 不倫がバレた時点で、彼女への愛情もなくなっていることが多いので、リスクを冒してまで会うことは少ないでしょう。 いずれ妻と離婚したいとおもっている 妻との離婚を視野に入れている男性は、離婚した後一人にならないよう、不倫相手をつなぎとめておこうとします。 もちろん、この場合は不倫相手に愛情を持っている男性がほとんどなので、再度不倫がバレるリスクがあっても、連絡したりデートをしようとしたりします。 ただ、一度不倫がバレてしまうと、有責側になってしまうので、自分の意思で離婚するのが難しくなります。 不倫相手をつなぎとめていても、簡単に離婚できないことも多いので、男性は苦しい状況に追い込まれるでしょう。 不倫相手も、いつ離婚してくれるのか分からない男性を待ち続けるのは、かなりの忍耐力が必要になります。 毎日顔を合わせるから急に連絡をやめるのが難しい 職場不倫などで、毎日顔を合わせなくてはいけない相手との不倫も、そう簡単に断ち切れないものです。 どんなに不倫をやめようとおもっていても、好きな女性の顔を見てしまうと、その気持ちは揺らいでしまうものです。 男性は、不倫相手がツラそうにしていれば自分が慰めてあげたいとおもいますし、逆に楽しそうにしていると他に男ができないかと不安になって、つい連絡したくなります。 会わなければ抑えられる衝動も、顔を見てしまうと理性をコントロールできなくなって、ついズルズルと関係を続けてしまう気持ちは分かりますよね。 奥さんにバレても別れないどころか前よりもっと連絡頻度が増えた既婚男性の心理 不倫相手が不安になって離れていくのが怖い 不倫がバレたことで「不倫相手が不安になって自分から離れてしまうのではないか」と心配になった男性は、今まで以上に彼女に連絡をするようになります。 不倫相手に本気になっていて、いずれ一緒になりたいとおもっている男性なら、彼女が離れてしまうのはどうにか阻止したいとおもうものです。 もう一度、不倫がバレるリスクがあったとしても、奥さんとの関係より不倫相手との関係を重視していたら、そのリスクも大きな抑止力にはなりません。 「しばらく会えないけど大丈夫?」 「嫌な思いをさせて本当にごめん」 「いつか、必ず会いに行くから」 いずれ離婚して、不倫相手と一緒になりたいとおもっている男性は、こうした連絡を頻繁にしてきては、彼女との関係を継続しようとします。 修羅場になって初めて不倫相手の方が大切だと気付いた 奥さんに不倫がバレて修羅場になったことで、不倫相手への強い気持ちに改めて気付く男性もいます。 不倫がバレたということは、ほとんどの不倫カップルが別れを考えます。 そのまま付き合っていてもリスクしかありませんし、既婚男性が離婚しないのなら、お互いに不倫を続ける意味がありません。 こうして、強制的に別れの選択を迫られたとき、既婚男性が「不倫相手と離れたくない」と強烈におもった場合は、不倫がバレる前より彼女に執着して連絡の頻度が上がる男性もいるのです。 男性は、女性に愛されるようになると、いつのまにか怠慢になってしまう人が多いものです。 特に、不倫相手は情熱的で一途に既婚男性を好きになる傾向が強いので、男性は愛されている安心感に浸って、離れる危機感を忘れてしまうことがあります。 そんな状況で別れることになった場合、急に彼女の大切さが分かり、離れていかないように連絡がマメになります。 妻が不倫相手にコンタクトをとっていないか不安 不倫が奥さんにバレた後、既婚男性が不安になるのが、奥さんと不倫相手がコンタクトをとっていないか、ということです。 妻が不倫相手の連絡先を知っていれば、電話やLINEをしていないか、不倫の状況を聞かれていないかなど、色んな不安が出てくるものです。 こうした不安が出てくるのは、不倫相手に迷惑をかけたくないという気持ちの人もいれば、奥さんに嘘をついているため、不倫相手との話に矛盾が出ないか心配するからでもあります。 不倫バレの後から、頻繁に連絡してきて「妻から連絡来てない?」「何か変わったことはない?」などと聞いてくるようなら、不安な気持ちが大きな理由でしょう。 また、何度もつじつまを合わせるために打合せしようとするのも、不安な男性がよくしてしまう行為です。 不倫を制限されたことでストレスが溜まっている 奥さんに不倫がバレると、大抵の夫婦は妻の監視が厳しくなるものです。 これは当然のことですし、それを責めることはできません。 しかし、今まで自由に不倫をしていた男性にとって、行動を制限されるのはかなりのストレスになります。 奥さんのことを愛していて、再構築を心から願っている男性なら、意識が妻にいくので不倫相手に連絡しなくなります。 しかし、それほど夫婦仲が良くなかった場合は、行動を制限されるほど意識が不倫相手に向いてしまい、連絡したい衝動に駆られるようになるでしょう。 不倫がバレたことで夫婦仲がギクシャクしたり、毎日のように責められたりすると、既婚男性はストレスから逃れたい気持ちが強くなり、隙をみては不倫相手に連絡するようになります。 不倫がバレてしまったからどうでもよくなっている 今までは、奥さんに不倫がバレないよう慎重に行動していた既婚男性でも、バレてしまったらどうでもよくなって、堂々と不倫をするようになる人もいます。 これは、夫婦仲が悪化していて、いずれ離婚したいとおもっていた男性に多く見られる特徴です。 不倫がバレるまでは、タイミングを見計らって離婚や別居の話をしようとおもっていた男性も、不倫がバレてしまえば隠す必要はなくなります。 そのまま離婚になってもいいとおもっているので、これまでは制限していた不倫相手への連絡も、自由にするようになります。 このタイプの男性は、経済力があればいいのですが、そうでなければ後からツケが回ってくることがあるので注意しなくてはいけません。 不倫がバレて興奮状態になっていると、冷静な判断ができず不倫に逃げてしまいますが、実際離婚するとなると有責者としてそれなりのペナルティを課せられることになります。 不倫相手にも、そのツケが回ってくることもあるので、付き合っている既婚男性が自暴自棄になっていたら、上手くコントロールしてあげなくてはいけません。 不倫していても妻は離婚しないと舐めている 既婚男性が奥さんを完全に舐めている場合は、不倫バレしたからといって不倫相手と別れることは少ないでしょう。 「どうせ離婚できない」「離婚しても妻は一人で生きていけない」などとおもっている男性は、不倫バレしたことで行動が大胆になることもあります。 既婚男性の中には、不倫がバレても奥さんが離婚を言い出さなければ、不倫自体が公認になったような気持ちになる人もいます。 付き合っている既婚男性が「どうせアイツ(妻)は離婚できないよ」「もう不倫は許してもらったから大丈夫だよ」などと言うようなら、このタイプの男性でしょう。 もし、あなたが付き合っている男性がこのタイプなら、再婚した途端に態度が豹変することがあるので、関係を深めるのは慎重になってください。 今の奥さんに無責任な態度をしているということは、あなたが奥さんになったとき、同じような態度をされることを覚悟しておかなくてはいけません。 不倫の修羅場を経験したなら当然?奥さんにバレた途端連絡がなくなった既婚男性の理由 不倫相手が特定されていなければ彼女を守りたい 多くの既婚男性は、不倫がバレたとき真っ先に「不倫相手に迷惑をかけたくない」という気持ちになるものです。 お互いの合意で不倫をしていたとはいえ、自分の夫婦トラブルに他人を巻き込むのは申し訳ないとおもうので、できるだけ彼女を守ろうとするでしょう。 その方法のひとつが、連絡を完全に絶つことです。 妻に不倫相手を特定されないよう、すぐに不倫相手の連絡先を消去する男性もいるので、不倫バレした途端、急に連絡がこなくなることもあります。 不倫相手としては「もう、私は捨てられたんだ」と悲しくなるかもしれませんが、連絡がこないのは彼女を守りたいだけのケースも少なくありません。 不倫バレして彼から急に連絡がこなくなっても、嫌われたり切り捨てられたりしたわけではない可能性も高いので、彼のことを好きならすぐにあきらめないでください。 奥さんに離婚されたくない一心で不倫相手の気持ちまで考えられない 不倫が奥さんにバレると、不倫相手にまで気持ちが回らなくなってしまう男性がいます。 奥さんとの離婚をまったく考えていなかった男性は、関係修復のことで頭がいっぱいになるので、不倫相手に連絡することすら裏切りだと感じるようになり、不倫相手へのLINEや電話を控えるようになります。 実際会っても、あからさまに避けることがあるので、不倫相手としてはショックを受けることもあるでしょう。 ただ、不倫相手にまで気が回らない男性の中には、不倫がバレて一時的に余裕がなくなっている人もいるので、必ずしも不倫相手が嫌われているとは限りません。 結婚生活というのは、夫婦だけの問題ではなく、子供や両親、親戚や友達なども関係してくることがあるので、離婚にでもなれば生活が一変してしまう人もいます。 そういった背景があるので、不倫バレで焦って余裕がなくなってしまう男性がいるのもわかりますよね。 情けない姿を見せてしまったので連絡する勇気がない 不倫がバレた状況次第では、男性の方から不倫相手に連絡したくてもできなくなるケースがあります。 奥さんから怒られて何も言えなくなっている姿や、奥さんとの電話で焦っている姿を見せてしまった既婚男性は、カッコ悪い自分を見せてしまったことで、不倫相手に顔向けができず連絡する勇気を失ってしまいます。 男性は、不倫相手に対してカッコいい男やいい男を演出したがる傾向があるので、情けない姿を見せてしまうと、今までのイメージが台無しになったような気になってしまうのです。 実際に、奥さんにバレたときの既婚男性の態度を見て、100年の恋が冷めてしまう女性も少なくありません。 理想としては、不倫をしている既婚男性には、奥さんにバレても毅然とした態度で自分を守ってくれる男性であって欲しいですよね。 男性の理想も同じで、本来なら不倫相手の前ではカッコよくいたいとおもっているのですが、おもったような立ち振る舞いができなかったことで、彼女に連絡できなくなってしまう人もいるのです。 奥さんの監視が厳しくて連絡したくてもできない 不倫がバレると、奥さんからの監視の目はかなり厳しくなります。 夫婦によっては、毎日スマホチェックをさせられたり、行動をすべて管理されたりする人もいるので、不倫相手に連絡したくてもできない人もいます。 奥さんの性格次第では、スマホに入っている女性すべての連絡先を消されてしまうこともあるので、連絡したくてもできない状況にある可能性も考えられます。 連絡する余裕がなくなったり、そもそも連絡先を消されたりすれば、不倫相手とつながっておくことは難しくなるでしょう。 離婚できる状況であれば、無理をしてでも不倫相手に連絡しようとしますが、どうしても離婚できない事情がある男性は、奥さんに従うしかありません。 不倫していたことを後悔して二度と不倫相手に連絡しないと決めている 不倫が奥さんにバレて、自分がどれほど家族を悲しませることをしていたのか理解した男性は、不倫相手に悪いと思いながらも、不倫関係を断ち切る決断をします。 不倫がバレて離婚が現実的になったときに初めて、奥さんがどれだけ自分のことを大切にしていたのか知ったり、家族はいるありがたさを再確認したりすることもあります。 このように、心底不倫への罪悪感を持った男性は、不倫相手に連絡すること自体、家族を裏切っているような気になってしまうので連絡できなくなってしまいます。 また、不倫相手に「寂しい」などと言われると、関係を切れなくなってしまいそうで、怖くて連絡できない人もいるでしょう。 奥さんからすると、改心してくれるのは良いことなのですが、連絡が途絶えた不倫相手からするとツラい結末になってしまいます。 ただ、このタイプの男性には真面目な人が多いので、もし彼が不倫バレを機に離婚をして、あなたと正式に付き合うことになったらとても大切にしてくれるはずです。 不倫相手に連絡したら忘れられなくて復縁してしまうのが分かっている 不倫は一度始めてしまうと、麻薬のように簡単にやめられなくなってしまいます。 久しぶりにドキドキした経験や、不倫相手との情熱的な時間、2人の甘い思い出など、既婚男性はすぐに忘れられるものではないでしょう。 そんな不倫を経験している男性は、自分の意思だけで彼女と別れるのは難しいので、連絡をしないという方法を取ることがあります。 不倫をやめたいとおもっていても、彼女の声を聞いたり顔を見たりすると、別れたいという意思が揺らいでしまい、ついズルズルと関係を続けてしまうかもしれないという不安があるからです。 そうならないために、既婚男性は不倫相手に愛情が残っていても、連絡をせずそのまま別れようとすることがあるのです。 彼からいつまでも連絡がこないからといって、必ずしも嫌われたわけではないので、今後も関係を続けたいのなら、しばらく様子を見てみるのもいいでしょう。 奥バレから1ヶ月!既婚男性と不倫関係を戻すタイミングである理由 1ヶ月より短いと完全に修羅場になってしまう可能性がある 不倫がバレてすぐは、既婚男性に対する奥さんの監視が厳しくなっていますし、感情的にもなっています。 その状態で不倫を再開するのは、かなりリスクが高いので1ヶ月以内に不倫を復活するのはやめておきましょう。 短期間で不倫を始めるのは、奥さんの立場になってみると、夫と不倫相手にバカにされていると感じて当然です。 奥さんの気持ちを逆撫ですると、課せられるペナルティは大きくなりますし、悪質と判断されやすいので慰謝料が高額になる可能性があります。 慰謝料や社会的な制裁を与えられると、不倫相手は金銭的にも精神的にもツラい状況になるでしょう。 もちろん、それ以上に彼の奥さんや子供を悲しませることになるので、罪悪感も大きくなります。 既婚男性と不倫相手の状況が悪くなると、2人の関係も悪くなります。 心の余裕がなくなれば、イライラしてケンカになったり、不安になってギクシャクしたりするので、大好きな既婚男性とも上手くいかなくなります。 そうならないためにも、彼と連絡を取り始めるまでに、最低でも1ヶ月は空けなくてはいけません。 奥バレした直後は既婚男性の気持ちが家族に向いている 不倫がバレてすぐは、どんなに夫婦仲が悪くなっていても、既婚男性は家族に意識が向いてしまうものです。 奥さんへの愛情がなくなっていても、長い期間、結婚生活を続けていた奥さんとのトラブルは、簡単に解決できるようなものではありません。 子供や両親のことを考える機会も増えますし、今まで考えないようにしていた妻との関係をどうするのか、強制的に考えさせられることになります。 そんなタイミングで、不倫相手から連絡がくると、人によっては「面倒臭い」「俺の気持ちを分かってくれていない」とおもってしまうことがあります。 人は、心に余裕がなくなると、いつもなら考えないような思考になってしまうことがあるのです。 彼があなたへの愛情を見失わないためにも、不倫がバレてすぐの連絡は控えた方がいいでしょう。 奥さんの監視が厳しい時期は証拠を握られる可能性が高い 一度目に不倫がバレたときは、決定的な不倫の証拠がない場合も多いのですが、監視が厳しくなっている期間に不倫を再開すると、証拠をしっかり握られてしまう可能性が高くなります。 離婚や慰謝料請求をするためには、夫が不倫をしている証拠がなくてはいけません。 一度目の不倫バレで決定的な証拠がなくても、その後すぐに不倫相手と会っていればすぐにバレてしまい、それを証拠に慰謝料の請求などをされるでしょう。 既婚男性にもあなたにも、慰謝料を払えるだけの豊富な貯金があればいいのですが、そうでなければ苦しい生活をすることになります。 一番ツラいのは、慰謝料を請求された上に、彼とも完全に別れなくてはいけなくなるケースです。 夫が不倫をしていると、妻は意地になることが少なくありません。 不倫相手と上手くいかないように、すんなり離婚を受け入れないこともありますし、婚姻期間中に不倫相手に会ったら、その都度罰金を支払わせる妻もいます。 そうなると、既婚男性には実質会えなくなることになります。 焦って不倫を再開すると、最悪の状況になることがあるので、不倫がバレてしばらくは大人しくしていなくてはいけません。 バレてすぐは既婚男性の気持ちも不安定になっている 不倫をして家族を裏切ったことがバレてしまったら、家にいる時間が安らげなくなり、既婚男性の精神状態が不安定になってしまうことがあります。 妻が再構築を望んだとしても、一緒にいれば常に責められているような気持ちになりますし、子供たちには罪悪感も出てくるでしょう。 そんな状態で不倫相手が連絡をすると、既婚男性をさらに追い詰めてしまう可能性があります。 不倫バレして気持ちの余裕がないときに、不倫相手から「まだ連絡できないの?」「もう私たち終わりなの?」などとメッセージがくると、既婚男性は不倫を続けるのは難しいと感じてしまうのは当然です。 彼の気持ちが落ち着いて余裕ができるまでは、あなたからの連絡はしばらく待った方が今後の2人のためになります。 1ヶ月以上経つと不倫の熱が冷めてしまうことがある 不倫バレした後、何ヶ月も連絡を絶ってしまうと、彼の不倫熱が冷めてしまう可能性があります。 不倫相手を好きで自分の意思で不倫をしていたとはいえ、妻に嘘をつき不倫デートの時間を作るのは、既婚男性にとって大変な作業です。 そんな毎日が一旦終わり、家族との時間を優先するようになると、もう一度不倫を再開しようという気力がなくなることがあります。 彼と今後も付き合っていきたいなら、1ヶ月ほど経った頃に一度連絡をしてみた方がいいでしょう。 ただし、連絡する前には可能な限り彼の近況を調べて、必ず家にいないタイミングを狙うようにしてください。 奥さんに連絡がきたことがバレてしまうタイミングに連絡をすると、彼に迷惑をかけることになります。 連絡する内容も、復縁を迫ったり質問責めにしたりするものではなく、彼を気遣ってあげる内容にするといいでしょう。 彼は、精神的に追い詰められている状況なので、それを心配してあげるメッセージを送ると、関係を再開しやすくなります。 奥さんにバレたのに別れずに不倫関係を上手に戻す方法 彼の近況をチェックして大丈夫そうなら連絡してみる 不倫バレした後、彼からの連絡がこない場合は、時間を空けてあなたの方から連絡してみましょう。 再度バレるリスクを抑えるためにも、LINEではなくショートメールや、彼が使っていたパソコンのフリーメールなどを利用するといいでしょう。 彼がSNSを利用しているなら、DMなどでコンタクトをとってみるのもおすすめです。 奥さん次第では、スマホを徹底的に管理されることがあるので、その点を考慮して慎重にメッセージを送るようにしてください。 連絡する時間帯も、必ず彼が家を出てる時間に限定しなくてはいけません。 仕事をしているであろう昼間の時間が、一番奥さんにバレるリスクがないので、彼のライフスタイルを考えてメッセージを送信しましょう。 また、メッセージの内容も、一通目は誰が送っても違和感のないような文面にしておくと安心です。 彼の状況がハッキリ分からない状態で「会いたいよ」「まだ愛してる」などと送ってしまうと、彼に迷惑をかけてしまう可能性があるので注意してくださいね。 連絡手段をスマホではなくパソコンのフリーメールなどに変更する 奥さんに不倫がバレた後は、彼のスマホはいつ見られてもいい状態にしておかなくてはいけません。 LINEなどで普通に連絡をとっていたら、すぐに不倫が再スタートしたことがバレてしまいます。 そうならないために、GoogleやYahooが提供しているフリーメールサービスなどを利用すると安心です。 さらに、アプリを使用するのではなく、毎回インターネット画面で確認するように徹底しておくと、奥さんにスマホを見られても、あなたとやり取りしていることがバレません。 お互いのメッセージをすぐに確認できない、毎回インターネットを開く手間があるなどのデメリットはありますが、確実に彼と不倫を続けるにはベストな方法です。 不便さというのは、かえって恋愛感情を盛り上げることもあるので、フリーメールで2人の気持ちをやり取りして、いい関係を築けるように工夫してみましょう。 最低でも6ヶ月間程度は会う頻度を減らす 不倫バレしたら、最低でも6ヶ月間はデートする頻度を減らしましょう。 本来なら、半年程度は彼と会わない方が無難です。 奥さんの監視が厳しくなっている時期なので、不自然な時間の使い方をしていると、すぐに不倫が終わっていないとバレてしまいます。 この時期は、彼と少し距離を置いて、プラトニックな恋愛を楽しむくらいの気持ちで過ごしてみてください。 これまで通り会っているより、2人の気持ちは強くなっていくはずです。 また、既婚男性とどうしても別れたくないない場合は、メールなどでしっかり意思疎通は続けておいてください。 彼が自分のことを嫌いになったのではないか、と不安に感じると気持ちが離れてしまうことがあります。 不倫相手ではなく友達として付き合いを継続するのもアリ 不倫がバレてしばらくは、不倫相手ではなく友達としてお付き合いするのもアリです。 不倫の不貞行為というのは、基本的に肉体関係を指しています。 パートナー以外の異性とセックスをしていれば、そこに恋愛感情があろうとなかろうと離婚や慰謝料の対象になるということです。 逆にいえば、肉体関係がなければ不貞とみなされないことが多いので、会っているのが万が一バレても言い訳がしやすいということになります。 少々卑怯な方法ですが、これからも関係を続けていくためにはいい方法です。 恋人のようなメッセージのやり取りやセックスを一旦やめて、友達としてみんなで遊びに行ったり、2人で会うときもできるだけ接触しないよう注意します。 誰に見られても言い訳ができる状況にして、しばらく彼との関係を続けていれば、いずれ彼の夫婦関係に変化が出てくる可能性があります。 彼が離婚になれば、正式に恋人として付き合えるので、それを見越して不倫バレしてしばらくは友達に戻ってみるのもいいでしょう。 自分磨きをして以前よりいい女になって彼と再会する 奥さんに不倫がバレたことは、とても大変なことですが、それをチャンスに変えることもできます。 不倫がバレたら、どんなにツラくても奥さんの気持ちが落ち着くまで、しばらくは会えない期間を過ごさなくてはいけません。 その期間中は、ただ暗い気持ちで彼からの連絡を待つのではなく、自分の見た目を磨いて、久しぶりに会った彼をドキッとさせることを目標に過ごしてみましょう。 既婚男性の中には、不倫がバレたことで不倫相手との関係を解消した方がいいのではないか、という気持ちが強くなる人がいます。 そんな思考になりやすい既婚男性と久しぶりに会ったとき、少しでもキレイになっていれば、彼の別れたいという気持ちを踏み止まらせることができます。 今までのイメージを変えてみるだけでも、彼はハッとしてくれるはずなので、あなたにピッタリのイメチェンをして、彼の不倫に消極的になっている気持ちを払しょくしましょう。 彼からの連絡は待たず自分の趣味や仕事に没頭する 彼からの連絡を待っていると、ツラい毎日を送ることになりますし、彼もそれは望んでいないはずです。 自分がツラくなると、彼や彼の奥さんに対して恨むような気持ちが出てくる可能性があるので、彼との復縁にはこうした感情が悪影響を及ぼすことがあります。 男性が久しぶりに不倫相手に電話して、恨み言やネガティブなことを言われたら、リスクを冒してまで復縁したい気持ちは失せてしまいますよね。 そうならないためにも、彼とおもうように連絡が取れない間は、自分自身のために時間を使うようにしてください。 仕事や趣味に没頭し、不倫をしていたときは会えなかった友達に会いに行ったり、週末から旅行に出かけたりして、楽しい時間を過ごしましょう。 あなたの生活が充実していると、不倫がバレてツラい毎日を送っている既婚男性は、離婚してあなたと一緒になりたいとおもってくれる確率がアップします。 ツラい状況にある人というのは、同じように暗い毎日を過ごしている人に対して、共感はあっても魅力を感じません。 彼との明るい未来のためにも、待つ時間を有意義に過ごしましょう。 奥さんに不倫がバレたのを機に2人の距離を縮めよう 奥さんに不倫がバレるというのは、不倫をしている2人にとって最悪の状況です。 しかし、やり方次第ではバレる前より仲良くなったり、奥さんとの仲が険悪になったことで離婚に進んだりと、不倫カップルにとって良い状況に転じることが少なくありません。 最悪な状況を最高の未来につなげるには、焦らず冷静に行動することがコツです。 会えないのがツラいからと焦って行動すると、奥さんを怒らせて離婚が長引いたり彼から嫌われたりすることがあります。 落ち着いて状況を把握して、バレてしまったことや彼に会えないことより、これからのことのために有意義な一人時間を過ごしましょう。 もし、不倫バレで別れることになっても、数年後再会して復縁することも珍しくないので、希望を捨てずに前向きに乗り越えてくださいね。

次の

奥さんにバレた⁉︎しばらく連絡できないと言う男性心理と対処法は? │ 既婚男性を本気にさせる禁断クリニック

奥さんにバレたけど連絡ない

Menu• もう許されてるよね? 不倫していることが奥さんにバレた時には、奥さんも旦那も修羅場を迎えたことでしょう。 夫婦にとってとてつもない大きなトラブルですから、穏やかな話しになったわけがありません。 念には念を入れる奥さんならば、探偵に調査を依頼してたっぷりと言い逃れが出来ないほどの証拠を準備し、旦那に突き付ける女性もいます。 怒り、泣き、罵り、時には悔しくて手が出てしまう女性もいるはずです。 その怒りなどの感情を受け、夫は謝罪をするでしょう。 それでは不倫が続いているとなると、その謝罪はパフォーマンスであり、「悲しませて悪い」という気持ちがあっても、怒りを向けられたことによって「もう許された」という心理を抱いていると想像出来ます。 「一つのトラブルは解決した、だから奥さんの気持ちは落ち着いている」と判断し、浮気相手との関係を再開させているのです。 既婚男性は不倫という刺激を続けるために、ポジティブな思考になっているのでしょう。 別れる理由がないんだよね 決定的な別れる理由がないという心理で女性と別れていない既婚男性もいます。 奥さんとしては、不倫関係がバレたことが決定的だと感じるでしょうが、男性心理は違うということでしょう。 浮気していることばバレても離婚回避したことで、それほど重大なことだと受け止めていない場合があります。 それは、彼女に対しての不満や文句がないという点に問題があるのです。 旦那にとって彼女は癒しの存在で既婚者相手に愛してくれて、とっても素敵な女性だと言う認識がありますから、ここで別れるのは「もったいない」とも思っていることが想像出来ます。 不倫がバレても女性側に非がなければ余計にその気持ちは顕著で、奥さんとしては頭を抱えることになるのです。 バレたことと彼女の人間性、旦那にとっての必要性は全く違う次元の問題だという認識を持っています。 気にしない!気にしない! 奥さんという存在を軽く見ているのか、バカにしているのか、あまり深くこのトラブルについて考えていないのか… 「浮気がバレても離婚しないし」「アイツは俺から離れられないし」「生活や子供がいるから離婚は現実的ではないし」などと思っていて、妻の存在を気にしていないというケースもあります。 妻は妻、自分は自分という考え方であったり、男は浮気をするものという思考の持ち主であったりする場合もあるでしょう。 既婚男性にとって、それだけ妻という存在を軽んじて見られていることでショックを受けます。 もっと真剣に不倫にして、夫婦について、結婚や離婚についての話し合いをする方法を取り、簡単にこの問題は解決出来るものではないことを妻は知らなければなりません。 別居や離婚する覚悟も持っていることをきちんと説明し、本気で妻に向き合ってもらわなければ好き勝手なことばかりされて、離婚は現実的なものになってしまうこともあります。 泣いて縋ってばかりではいけません。 強い女性を演じてでも旦那に感じさせ、妻の存在の大切さを痛感させる必要が奥さんにはありまs。 これで離婚してやろう もともと、奥さんとの離婚を望む気持ちを持っていたことで、不倫がバレたことを機会にして「離婚しよう」と思っている既婚男性は、バレても不倫を継続させます。 離婚する妻には何を言われてもいい、もう関係ないと思っているのです。 本当なら、既婚男性心理として「不倫がバレない内に妻有責での離婚」を画策していたところもあるでしょう。 しかし、「バレてしまったのなら仕方ない、慰謝料でも何でも支払って離婚しよう」と腹をくくっています。 ここで奥さんが注意しなければならないのは、離婚してからも彼女との関係を続けていくために、慰謝料などの減額を求めて「離婚や不倫をするのは妻にも原因がある」と言い出すことです。 弁護士に相談をしたり、探偵に調査を依頼したりしてあなたは妻の身をしっかりと守りましょう。 子どもがいるのならば、子供の生活を守る方法も考慮して対応するはずです。 こんなに大切な女性はいない 「浮気したことは申し訳ないと思っている。 別れなければならないのも分かっているけれど、彼女のことを愛しているんだ」と別れられない既婚男性。 あなたにとっては嬉しい話しでも妻にとっては厄介なケースで、このタイプの男性の中には「奥さんも浮気相手も大事」と思っている人もいます。 どちらも選ぶことの出来ない状態で、奥さんとしては理解不能な悩みを旦那は抱えているのです。 家庭を壊しかねない不倫をする際には、とても危険な橋を渡るわけですから、それなりに好意を持っているあなたと関係を持ちました。 その結果、どんどんとハマり「既婚者である自分をこんなにも愛してくれるなんてきみしかいない」という心理を抱くようになるのです。 この気持ちが大きくなり、彼自身も彼女に対して深い愛情を抱き、別れるタイミングがあっても別れを切り出せないという状況を作り出してしまいます。 PR:ティファレト 「家庭に戻らなければいけない」と思う反面、「この女性を手放したくない」との気持ちで揺れ動いているのでしょう。 どうしよう…別れてくれない… 奥さんに不倫していることがバレたのに浮気相手と関係が続いているという場合には、旦那の意思ではなく女性がなかなか別れてくれないことが原因であるケースもあります。 旦那への愛情が本物なのか、奥さんへの対抗心なのか、ごね続けていれば離婚して自分と再婚してくれるのかと思っているのか、どれかでしょう。 あなたとしても、わざわざ既婚者と恋愛をしたくらいですから、遊びや中途半端な気持ちではなかったはずです。 悔しさも勝っていることでしょう。 妻としてはこのままではいけませんし、夫婦再構築に早く取りかかりたいものですから妻という強い立場を持って行動に移す必要があります。 慰謝料を請求すると、多額な金額を見て浮気相手に「自分がしていることはとんでもないことなんだ」と思わせる効果もありますし、「関係を続けていればもっとお金を請求される」と危機感を煽ることも可能なのです。 その際には、しっかりと探偵に調査を依頼したりした証拠を持って話しをすることもあります。 女性の両親も話し合いに同席させる画策を企てていることもあるので注意が必要です。 【こちらの記事もcheck!】 彼の背景や状況を確認しよう あなたに不倫がバレたのに彼女と別れていないことが分かれば、はらわたが煮えかえるような気持ちに妻はなります。 妻は彼の今の背景と状況を確認するでしょう。 確認した段階で最も効果的な方法探り出し、別れてもらうための行動を取るはずです。 旦那の意思なのか、彼女の意思なのかをはっきりさせる必要があります。 そして、妻という法律的にも強い立場を持っているのですから、気弱にならずにどんどんと行動に移してきます。 関係を続けるのではあれば、これらの対処法を探しておく必要があるでしょう。 【期間限定】コチラの記事を読んでくれたアナタへ! こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。 あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか? もしも、まだ 「やっぱり不安がある…。 」 「彼の本当の気持ちを知りたい…。 」 「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」 こんな感じならば、通常3000円の【】 の占いを初回無料でプレゼントします。 雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。 今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【】 を初回無料でプレゼントします。 片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

次の

風俗で働いてて客の奥さんから連絡きた経験ある?キャバ嬢は多い?

奥さんにバレたけど連絡ない

不倫関係は、奥さんにバレたのをきっかけに終わるのが定番です。 奥さんの監視が厳しくなったり、男性が罪悪感から不倫をやめたくなったりして、当然のように不倫は終わりを迎えます。 しかし中には、 奥さんにバレても不倫相手に連絡してくる人や、不倫関係を終わらせる気がまったくない男性がいます。 不倫相手としては「このまま不倫を続けて大丈夫なの?」「彼は私にどこまで本気なんだろう」と悩んでしまうことでしょう。 そんな悩みを解消するために、奥さんに不倫がバレても連絡してくる男性の心理について深堀してみましょう。 また、奥さんにバレても1ヶ月ほどで不倫を復活させたいあなたにも、その方法をご紹介します。 彼の奥さんに不倫がバレるというのは、不倫カップルには最悪の状況ですが、やり方次第では今まで以上に愛し合えるカップルになることも可能です。 そんな方法を見て、今後の参考にしてくださいね。 不倫の修羅場を経験したのになぜ?奥さんにバレても彼女と別れない既婚男性の理由 不倫相手や彼女とのセックスに依存している 不倫はとても依存性が高いので、奥さんにバレたからといって、すんなりやめられない人はたくさんいます。 これまで、不倫でストレスを発散していた人や、家庭や仕事の不満を解消していた人は、不倫相手と会えなくなると精神的に不安定になってしまい、いけないと分かっていても連絡を取ったり会いに行ったりしてしまいます。 不倫は麻薬に似ていると言いますが、実際に不倫に依存してやめられなくなる人は多いのです。 不倫に依存している既婚男性の中には、本当に不倫相手のことを愛していて離れられない人もいれば、不倫という行為に依存しているだけで、不倫相手のことはそれほど愛していない人もいます。 不倫をしていた既婚男性が、あなたに依存しているようなら、どちらのタイプなのか見極めなくてはいけません。 不倫に依存している男性は、奥さんと離婚した途端に別れると言い出したり、浮気や不倫を繰り返したりするので注意が必要です。 彼女と別れたら二度と理想の女性に出会えないとおもっている 既婚男性にとって、不倫相手が理想通りの女性だった場合は、奥さんに不倫バレした後でも、簡単に不倫相手との連絡は断ち切れません。 見た目や性格、体の相性など、自分の好み通りの女性と一度関係を持つと、なかなか忘れることはできないものです。 奥さんと離婚するかどうかは別として、水面下で不倫関係を続けようとしたり、彼女に会えなくてもLINEや電話などで関係をつなぎとめておこうとします。 自分の理想通りの女性は、そう簡単に出会えるものではありません。 既婚男性もそれを理解しているので、奥さんにバレたからといって理想通りの女性とは、簡単に関係を解消することはないでしょう。 離婚するより彼女と別れる方がツラいから 夫婦関係が悪化している男性や、妻への愛情がなくなっている男性は、離婚をするより不倫相手と別れる方がツラいものです。 冷え切った夫婦関係を忘れるように、不倫相手との情熱的な関係にのめり込んでしまった既婚男性は、不倫を解消して以前のように楽しみのない日常に戻るのは苦痛でしょう。 そんな男性は、心のどこかで「もう離婚になってもいい」という気持ちがあるので、行動を制限できなくなるものです。 離婚するには色々大変なことがあると分かっていても、不倫相手との関係を終わらせることができず、奥さんに不倫がバレた後も連絡したり会いにきたりします。 彼女が暴走しないか心配で動向を探っている 不倫相手が感情的になりやすい性格の場合は、不倫がバレたことで彼女が情緒不安定になり、なにかやらかすのではないかと心配で連絡をとり続ける男性もいます。 付き合っているとき彼女の言動に困った経験があると、男性は家族や職場になにかしないか心配で、彼女の心境や動向を探りたくなるものです。 こうした理由で連絡をしてくる男性は、とにかく不倫相手を怒らせないよう、連絡は取り続けるものの、どうにか不倫解消の話に持っていこうとします。 不倫がバレた時点で、彼女への愛情もなくなっていることが多いので、リスクを冒してまで会うことは少ないでしょう。 いずれ妻と離婚したいとおもっている 妻との離婚を視野に入れている男性は、離婚した後一人にならないよう、不倫相手をつなぎとめておこうとします。 もちろん、この場合は不倫相手に愛情を持っている男性がほとんどなので、再度不倫がバレるリスクがあっても、連絡したりデートをしようとしたりします。 ただ、一度不倫がバレてしまうと、有責側になってしまうので、自分の意思で離婚するのが難しくなります。 不倫相手をつなぎとめていても、簡単に離婚できないことも多いので、男性は苦しい状況に追い込まれるでしょう。 不倫相手も、いつ離婚してくれるのか分からない男性を待ち続けるのは、かなりの忍耐力が必要になります。 毎日顔を合わせるから急に連絡をやめるのが難しい 職場不倫などで、毎日顔を合わせなくてはいけない相手との不倫も、そう簡単に断ち切れないものです。 どんなに不倫をやめようとおもっていても、好きな女性の顔を見てしまうと、その気持ちは揺らいでしまうものです。 男性は、不倫相手がツラそうにしていれば自分が慰めてあげたいとおもいますし、逆に楽しそうにしていると他に男ができないかと不安になって、つい連絡したくなります。 会わなければ抑えられる衝動も、顔を見てしまうと理性をコントロールできなくなって、ついズルズルと関係を続けてしまう気持ちは分かりますよね。 奥さんにバレても別れないどころか前よりもっと連絡頻度が増えた既婚男性の心理 不倫相手が不安になって離れていくのが怖い 不倫がバレたことで「不倫相手が不安になって自分から離れてしまうのではないか」と心配になった男性は、今まで以上に彼女に連絡をするようになります。 不倫相手に本気になっていて、いずれ一緒になりたいとおもっている男性なら、彼女が離れてしまうのはどうにか阻止したいとおもうものです。 もう一度、不倫がバレるリスクがあったとしても、奥さんとの関係より不倫相手との関係を重視していたら、そのリスクも大きな抑止力にはなりません。 「しばらく会えないけど大丈夫?」 「嫌な思いをさせて本当にごめん」 「いつか、必ず会いに行くから」 いずれ離婚して、不倫相手と一緒になりたいとおもっている男性は、こうした連絡を頻繁にしてきては、彼女との関係を継続しようとします。 修羅場になって初めて不倫相手の方が大切だと気付いた 奥さんに不倫がバレて修羅場になったことで、不倫相手への強い気持ちに改めて気付く男性もいます。 不倫がバレたということは、ほとんどの不倫カップルが別れを考えます。 そのまま付き合っていてもリスクしかありませんし、既婚男性が離婚しないのなら、お互いに不倫を続ける意味がありません。 こうして、強制的に別れの選択を迫られたとき、既婚男性が「不倫相手と離れたくない」と強烈におもった場合は、不倫がバレる前より彼女に執着して連絡の頻度が上がる男性もいるのです。 男性は、女性に愛されるようになると、いつのまにか怠慢になってしまう人が多いものです。 特に、不倫相手は情熱的で一途に既婚男性を好きになる傾向が強いので、男性は愛されている安心感に浸って、離れる危機感を忘れてしまうことがあります。 そんな状況で別れることになった場合、急に彼女の大切さが分かり、離れていかないように連絡がマメになります。 妻が不倫相手にコンタクトをとっていないか不安 不倫が奥さんにバレた後、既婚男性が不安になるのが、奥さんと不倫相手がコンタクトをとっていないか、ということです。 妻が不倫相手の連絡先を知っていれば、電話やLINEをしていないか、不倫の状況を聞かれていないかなど、色んな不安が出てくるものです。 こうした不安が出てくるのは、不倫相手に迷惑をかけたくないという気持ちの人もいれば、奥さんに嘘をついているため、不倫相手との話に矛盾が出ないか心配するからでもあります。 不倫バレの後から、頻繁に連絡してきて「妻から連絡来てない?」「何か変わったことはない?」などと聞いてくるようなら、不安な気持ちが大きな理由でしょう。 また、何度もつじつまを合わせるために打合せしようとするのも、不安な男性がよくしてしまう行為です。 不倫を制限されたことでストレスが溜まっている 奥さんに不倫がバレると、大抵の夫婦は妻の監視が厳しくなるものです。 これは当然のことですし、それを責めることはできません。 しかし、今まで自由に不倫をしていた男性にとって、行動を制限されるのはかなりのストレスになります。 奥さんのことを愛していて、再構築を心から願っている男性なら、意識が妻にいくので不倫相手に連絡しなくなります。 しかし、それほど夫婦仲が良くなかった場合は、行動を制限されるほど意識が不倫相手に向いてしまい、連絡したい衝動に駆られるようになるでしょう。 不倫がバレたことで夫婦仲がギクシャクしたり、毎日のように責められたりすると、既婚男性はストレスから逃れたい気持ちが強くなり、隙をみては不倫相手に連絡するようになります。 不倫がバレてしまったからどうでもよくなっている 今までは、奥さんに不倫がバレないよう慎重に行動していた既婚男性でも、バレてしまったらどうでもよくなって、堂々と不倫をするようになる人もいます。 これは、夫婦仲が悪化していて、いずれ離婚したいとおもっていた男性に多く見られる特徴です。 不倫がバレるまでは、タイミングを見計らって離婚や別居の話をしようとおもっていた男性も、不倫がバレてしまえば隠す必要はなくなります。 そのまま離婚になってもいいとおもっているので、これまでは制限していた不倫相手への連絡も、自由にするようになります。 このタイプの男性は、経済力があればいいのですが、そうでなければ後からツケが回ってくることがあるので注意しなくてはいけません。 不倫がバレて興奮状態になっていると、冷静な判断ができず不倫に逃げてしまいますが、実際離婚するとなると有責者としてそれなりのペナルティを課せられることになります。 不倫相手にも、そのツケが回ってくることもあるので、付き合っている既婚男性が自暴自棄になっていたら、上手くコントロールしてあげなくてはいけません。 不倫していても妻は離婚しないと舐めている 既婚男性が奥さんを完全に舐めている場合は、不倫バレしたからといって不倫相手と別れることは少ないでしょう。 「どうせ離婚できない」「離婚しても妻は一人で生きていけない」などとおもっている男性は、不倫バレしたことで行動が大胆になることもあります。 既婚男性の中には、不倫がバレても奥さんが離婚を言い出さなければ、不倫自体が公認になったような気持ちになる人もいます。 付き合っている既婚男性が「どうせアイツ(妻)は離婚できないよ」「もう不倫は許してもらったから大丈夫だよ」などと言うようなら、このタイプの男性でしょう。 もし、あなたが付き合っている男性がこのタイプなら、再婚した途端に態度が豹変することがあるので、関係を深めるのは慎重になってください。 今の奥さんに無責任な態度をしているということは、あなたが奥さんになったとき、同じような態度をされることを覚悟しておかなくてはいけません。 不倫の修羅場を経験したなら当然?奥さんにバレた途端連絡がなくなった既婚男性の理由 不倫相手が特定されていなければ彼女を守りたい 多くの既婚男性は、不倫がバレたとき真っ先に「不倫相手に迷惑をかけたくない」という気持ちになるものです。 お互いの合意で不倫をしていたとはいえ、自分の夫婦トラブルに他人を巻き込むのは申し訳ないとおもうので、できるだけ彼女を守ろうとするでしょう。 その方法のひとつが、連絡を完全に絶つことです。 妻に不倫相手を特定されないよう、すぐに不倫相手の連絡先を消去する男性もいるので、不倫バレした途端、急に連絡がこなくなることもあります。 不倫相手としては「もう、私は捨てられたんだ」と悲しくなるかもしれませんが、連絡がこないのは彼女を守りたいだけのケースも少なくありません。 不倫バレして彼から急に連絡がこなくなっても、嫌われたり切り捨てられたりしたわけではない可能性も高いので、彼のことを好きならすぐにあきらめないでください。 奥さんに離婚されたくない一心で不倫相手の気持ちまで考えられない 不倫が奥さんにバレると、不倫相手にまで気持ちが回らなくなってしまう男性がいます。 奥さんとの離婚をまったく考えていなかった男性は、関係修復のことで頭がいっぱいになるので、不倫相手に連絡することすら裏切りだと感じるようになり、不倫相手へのLINEや電話を控えるようになります。 実際会っても、あからさまに避けることがあるので、不倫相手としてはショックを受けることもあるでしょう。 ただ、不倫相手にまで気が回らない男性の中には、不倫がバレて一時的に余裕がなくなっている人もいるので、必ずしも不倫相手が嫌われているとは限りません。 結婚生活というのは、夫婦だけの問題ではなく、子供や両親、親戚や友達なども関係してくることがあるので、離婚にでもなれば生活が一変してしまう人もいます。 そういった背景があるので、不倫バレで焦って余裕がなくなってしまう男性がいるのもわかりますよね。 情けない姿を見せてしまったので連絡する勇気がない 不倫がバレた状況次第では、男性の方から不倫相手に連絡したくてもできなくなるケースがあります。 奥さんから怒られて何も言えなくなっている姿や、奥さんとの電話で焦っている姿を見せてしまった既婚男性は、カッコ悪い自分を見せてしまったことで、不倫相手に顔向けができず連絡する勇気を失ってしまいます。 男性は、不倫相手に対してカッコいい男やいい男を演出したがる傾向があるので、情けない姿を見せてしまうと、今までのイメージが台無しになったような気になってしまうのです。 実際に、奥さんにバレたときの既婚男性の態度を見て、100年の恋が冷めてしまう女性も少なくありません。 理想としては、不倫をしている既婚男性には、奥さんにバレても毅然とした態度で自分を守ってくれる男性であって欲しいですよね。 男性の理想も同じで、本来なら不倫相手の前ではカッコよくいたいとおもっているのですが、おもったような立ち振る舞いができなかったことで、彼女に連絡できなくなってしまう人もいるのです。 奥さんの監視が厳しくて連絡したくてもできない 不倫がバレると、奥さんからの監視の目はかなり厳しくなります。 夫婦によっては、毎日スマホチェックをさせられたり、行動をすべて管理されたりする人もいるので、不倫相手に連絡したくてもできない人もいます。 奥さんの性格次第では、スマホに入っている女性すべての連絡先を消されてしまうこともあるので、連絡したくてもできない状況にある可能性も考えられます。 連絡する余裕がなくなったり、そもそも連絡先を消されたりすれば、不倫相手とつながっておくことは難しくなるでしょう。 離婚できる状況であれば、無理をしてでも不倫相手に連絡しようとしますが、どうしても離婚できない事情がある男性は、奥さんに従うしかありません。 不倫していたことを後悔して二度と不倫相手に連絡しないと決めている 不倫が奥さんにバレて、自分がどれほど家族を悲しませることをしていたのか理解した男性は、不倫相手に悪いと思いながらも、不倫関係を断ち切る決断をします。 不倫がバレて離婚が現実的になったときに初めて、奥さんがどれだけ自分のことを大切にしていたのか知ったり、家族はいるありがたさを再確認したりすることもあります。 このように、心底不倫への罪悪感を持った男性は、不倫相手に連絡すること自体、家族を裏切っているような気になってしまうので連絡できなくなってしまいます。 また、不倫相手に「寂しい」などと言われると、関係を切れなくなってしまいそうで、怖くて連絡できない人もいるでしょう。 奥さんからすると、改心してくれるのは良いことなのですが、連絡が途絶えた不倫相手からするとツラい結末になってしまいます。 ただ、このタイプの男性には真面目な人が多いので、もし彼が不倫バレを機に離婚をして、あなたと正式に付き合うことになったらとても大切にしてくれるはずです。 不倫相手に連絡したら忘れられなくて復縁してしまうのが分かっている 不倫は一度始めてしまうと、麻薬のように簡単にやめられなくなってしまいます。 久しぶりにドキドキした経験や、不倫相手との情熱的な時間、2人の甘い思い出など、既婚男性はすぐに忘れられるものではないでしょう。 そんな不倫を経験している男性は、自分の意思だけで彼女と別れるのは難しいので、連絡をしないという方法を取ることがあります。 不倫をやめたいとおもっていても、彼女の声を聞いたり顔を見たりすると、別れたいという意思が揺らいでしまい、ついズルズルと関係を続けてしまうかもしれないという不安があるからです。 そうならないために、既婚男性は不倫相手に愛情が残っていても、連絡をせずそのまま別れようとすることがあるのです。 彼からいつまでも連絡がこないからといって、必ずしも嫌われたわけではないので、今後も関係を続けたいのなら、しばらく様子を見てみるのもいいでしょう。 奥バレから1ヶ月!既婚男性と不倫関係を戻すタイミングである理由 1ヶ月より短いと完全に修羅場になってしまう可能性がある 不倫がバレてすぐは、既婚男性に対する奥さんの監視が厳しくなっていますし、感情的にもなっています。 その状態で不倫を再開するのは、かなりリスクが高いので1ヶ月以内に不倫を復活するのはやめておきましょう。 短期間で不倫を始めるのは、奥さんの立場になってみると、夫と不倫相手にバカにされていると感じて当然です。 奥さんの気持ちを逆撫ですると、課せられるペナルティは大きくなりますし、悪質と判断されやすいので慰謝料が高額になる可能性があります。 慰謝料や社会的な制裁を与えられると、不倫相手は金銭的にも精神的にもツラい状況になるでしょう。 もちろん、それ以上に彼の奥さんや子供を悲しませることになるので、罪悪感も大きくなります。 既婚男性と不倫相手の状況が悪くなると、2人の関係も悪くなります。 心の余裕がなくなれば、イライラしてケンカになったり、不安になってギクシャクしたりするので、大好きな既婚男性とも上手くいかなくなります。 そうならないためにも、彼と連絡を取り始めるまでに、最低でも1ヶ月は空けなくてはいけません。 奥バレした直後は既婚男性の気持ちが家族に向いている 不倫がバレてすぐは、どんなに夫婦仲が悪くなっていても、既婚男性は家族に意識が向いてしまうものです。 奥さんへの愛情がなくなっていても、長い期間、結婚生活を続けていた奥さんとのトラブルは、簡単に解決できるようなものではありません。 子供や両親のことを考える機会も増えますし、今まで考えないようにしていた妻との関係をどうするのか、強制的に考えさせられることになります。 そんなタイミングで、不倫相手から連絡がくると、人によっては「面倒臭い」「俺の気持ちを分かってくれていない」とおもってしまうことがあります。 人は、心に余裕がなくなると、いつもなら考えないような思考になってしまうことがあるのです。 彼があなたへの愛情を見失わないためにも、不倫がバレてすぐの連絡は控えた方がいいでしょう。 奥さんの監視が厳しい時期は証拠を握られる可能性が高い 一度目に不倫がバレたときは、決定的な不倫の証拠がない場合も多いのですが、監視が厳しくなっている期間に不倫を再開すると、証拠をしっかり握られてしまう可能性が高くなります。 離婚や慰謝料請求をするためには、夫が不倫をしている証拠がなくてはいけません。 一度目の不倫バレで決定的な証拠がなくても、その後すぐに不倫相手と会っていればすぐにバレてしまい、それを証拠に慰謝料の請求などをされるでしょう。 既婚男性にもあなたにも、慰謝料を払えるだけの豊富な貯金があればいいのですが、そうでなければ苦しい生活をすることになります。 一番ツラいのは、慰謝料を請求された上に、彼とも完全に別れなくてはいけなくなるケースです。 夫が不倫をしていると、妻は意地になることが少なくありません。 不倫相手と上手くいかないように、すんなり離婚を受け入れないこともありますし、婚姻期間中に不倫相手に会ったら、その都度罰金を支払わせる妻もいます。 そうなると、既婚男性には実質会えなくなることになります。 焦って不倫を再開すると、最悪の状況になることがあるので、不倫がバレてしばらくは大人しくしていなくてはいけません。 バレてすぐは既婚男性の気持ちも不安定になっている 不倫をして家族を裏切ったことがバレてしまったら、家にいる時間が安らげなくなり、既婚男性の精神状態が不安定になってしまうことがあります。 妻が再構築を望んだとしても、一緒にいれば常に責められているような気持ちになりますし、子供たちには罪悪感も出てくるでしょう。 そんな状態で不倫相手が連絡をすると、既婚男性をさらに追い詰めてしまう可能性があります。 不倫バレして気持ちの余裕がないときに、不倫相手から「まだ連絡できないの?」「もう私たち終わりなの?」などとメッセージがくると、既婚男性は不倫を続けるのは難しいと感じてしまうのは当然です。 彼の気持ちが落ち着いて余裕ができるまでは、あなたからの連絡はしばらく待った方が今後の2人のためになります。 1ヶ月以上経つと不倫の熱が冷めてしまうことがある 不倫バレした後、何ヶ月も連絡を絶ってしまうと、彼の不倫熱が冷めてしまう可能性があります。 不倫相手を好きで自分の意思で不倫をしていたとはいえ、妻に嘘をつき不倫デートの時間を作るのは、既婚男性にとって大変な作業です。 そんな毎日が一旦終わり、家族との時間を優先するようになると、もう一度不倫を再開しようという気力がなくなることがあります。 彼と今後も付き合っていきたいなら、1ヶ月ほど経った頃に一度連絡をしてみた方がいいでしょう。 ただし、連絡する前には可能な限り彼の近況を調べて、必ず家にいないタイミングを狙うようにしてください。 奥さんに連絡がきたことがバレてしまうタイミングに連絡をすると、彼に迷惑をかけることになります。 連絡する内容も、復縁を迫ったり質問責めにしたりするものではなく、彼を気遣ってあげる内容にするといいでしょう。 彼は、精神的に追い詰められている状況なので、それを心配してあげるメッセージを送ると、関係を再開しやすくなります。 奥さんにバレたのに別れずに不倫関係を上手に戻す方法 彼の近況をチェックして大丈夫そうなら連絡してみる 不倫バレした後、彼からの連絡がこない場合は、時間を空けてあなたの方から連絡してみましょう。 再度バレるリスクを抑えるためにも、LINEではなくショートメールや、彼が使っていたパソコンのフリーメールなどを利用するといいでしょう。 彼がSNSを利用しているなら、DMなどでコンタクトをとってみるのもおすすめです。 奥さん次第では、スマホを徹底的に管理されることがあるので、その点を考慮して慎重にメッセージを送るようにしてください。 連絡する時間帯も、必ず彼が家を出てる時間に限定しなくてはいけません。 仕事をしているであろう昼間の時間が、一番奥さんにバレるリスクがないので、彼のライフスタイルを考えてメッセージを送信しましょう。 また、メッセージの内容も、一通目は誰が送っても違和感のないような文面にしておくと安心です。 彼の状況がハッキリ分からない状態で「会いたいよ」「まだ愛してる」などと送ってしまうと、彼に迷惑をかけてしまう可能性があるので注意してくださいね。 連絡手段をスマホではなくパソコンのフリーメールなどに変更する 奥さんに不倫がバレた後は、彼のスマホはいつ見られてもいい状態にしておかなくてはいけません。 LINEなどで普通に連絡をとっていたら、すぐに不倫が再スタートしたことがバレてしまいます。 そうならないために、GoogleやYahooが提供しているフリーメールサービスなどを利用すると安心です。 さらに、アプリを使用するのではなく、毎回インターネット画面で確認するように徹底しておくと、奥さんにスマホを見られても、あなたとやり取りしていることがバレません。 お互いのメッセージをすぐに確認できない、毎回インターネットを開く手間があるなどのデメリットはありますが、確実に彼と不倫を続けるにはベストな方法です。 不便さというのは、かえって恋愛感情を盛り上げることもあるので、フリーメールで2人の気持ちをやり取りして、いい関係を築けるように工夫してみましょう。 最低でも6ヶ月間程度は会う頻度を減らす 不倫バレしたら、最低でも6ヶ月間はデートする頻度を減らしましょう。 本来なら、半年程度は彼と会わない方が無難です。 奥さんの監視が厳しくなっている時期なので、不自然な時間の使い方をしていると、すぐに不倫が終わっていないとバレてしまいます。 この時期は、彼と少し距離を置いて、プラトニックな恋愛を楽しむくらいの気持ちで過ごしてみてください。 これまで通り会っているより、2人の気持ちは強くなっていくはずです。 また、既婚男性とどうしても別れたくないない場合は、メールなどでしっかり意思疎通は続けておいてください。 彼が自分のことを嫌いになったのではないか、と不安に感じると気持ちが離れてしまうことがあります。 不倫相手ではなく友達として付き合いを継続するのもアリ 不倫がバレてしばらくは、不倫相手ではなく友達としてお付き合いするのもアリです。 不倫の不貞行為というのは、基本的に肉体関係を指しています。 パートナー以外の異性とセックスをしていれば、そこに恋愛感情があろうとなかろうと離婚や慰謝料の対象になるということです。 逆にいえば、肉体関係がなければ不貞とみなされないことが多いので、会っているのが万が一バレても言い訳がしやすいということになります。 少々卑怯な方法ですが、これからも関係を続けていくためにはいい方法です。 恋人のようなメッセージのやり取りやセックスを一旦やめて、友達としてみんなで遊びに行ったり、2人で会うときもできるだけ接触しないよう注意します。 誰に見られても言い訳ができる状況にして、しばらく彼との関係を続けていれば、いずれ彼の夫婦関係に変化が出てくる可能性があります。 彼が離婚になれば、正式に恋人として付き合えるので、それを見越して不倫バレしてしばらくは友達に戻ってみるのもいいでしょう。 自分磨きをして以前よりいい女になって彼と再会する 奥さんに不倫がバレたことは、とても大変なことですが、それをチャンスに変えることもできます。 不倫がバレたら、どんなにツラくても奥さんの気持ちが落ち着くまで、しばらくは会えない期間を過ごさなくてはいけません。 その期間中は、ただ暗い気持ちで彼からの連絡を待つのではなく、自分の見た目を磨いて、久しぶりに会った彼をドキッとさせることを目標に過ごしてみましょう。 既婚男性の中には、不倫がバレたことで不倫相手との関係を解消した方がいいのではないか、という気持ちが強くなる人がいます。 そんな思考になりやすい既婚男性と久しぶりに会ったとき、少しでもキレイになっていれば、彼の別れたいという気持ちを踏み止まらせることができます。 今までのイメージを変えてみるだけでも、彼はハッとしてくれるはずなので、あなたにピッタリのイメチェンをして、彼の不倫に消極的になっている気持ちを払しょくしましょう。 彼からの連絡は待たず自分の趣味や仕事に没頭する 彼からの連絡を待っていると、ツラい毎日を送ることになりますし、彼もそれは望んでいないはずです。 自分がツラくなると、彼や彼の奥さんに対して恨むような気持ちが出てくる可能性があるので、彼との復縁にはこうした感情が悪影響を及ぼすことがあります。 男性が久しぶりに不倫相手に電話して、恨み言やネガティブなことを言われたら、リスクを冒してまで復縁したい気持ちは失せてしまいますよね。 そうならないためにも、彼とおもうように連絡が取れない間は、自分自身のために時間を使うようにしてください。 仕事や趣味に没頭し、不倫をしていたときは会えなかった友達に会いに行ったり、週末から旅行に出かけたりして、楽しい時間を過ごしましょう。 あなたの生活が充実していると、不倫がバレてツラい毎日を送っている既婚男性は、離婚してあなたと一緒になりたいとおもってくれる確率がアップします。 ツラい状況にある人というのは、同じように暗い毎日を過ごしている人に対して、共感はあっても魅力を感じません。 彼との明るい未来のためにも、待つ時間を有意義に過ごしましょう。 奥さんに不倫がバレたのを機に2人の距離を縮めよう 奥さんに不倫がバレるというのは、不倫をしている2人にとって最悪の状況です。 しかし、やり方次第ではバレる前より仲良くなったり、奥さんとの仲が険悪になったことで離婚に進んだりと、不倫カップルにとって良い状況に転じることが少なくありません。 最悪な状況を最高の未来につなげるには、焦らず冷静に行動することがコツです。 会えないのがツラいからと焦って行動すると、奥さんを怒らせて離婚が長引いたり彼から嫌われたりすることがあります。 落ち着いて状況を把握して、バレてしまったことや彼に会えないことより、これからのことのために有意義な一人時間を過ごしましょう。 もし、不倫バレで別れることになっても、数年後再会して復縁することも珍しくないので、希望を捨てずに前向きに乗り越えてくださいね。

次の