ファイヤースティックつかない。 【2020版】Fire TV Stickでできること 初期設定、4Kとの比較、対応サービス一覧

【感想】Amazon FireTVStickがおすすめか評価してみた【評判・口コミ・レビューまとめ】

ファイヤースティックつかない

もくじ• まずファイアーTVスティックとは!? アマゾンが発売している商品で、アマゾンビデオはもちろん、Netflix、AbemaTV、Hulu などの有料動画サイトの映像を自宅のテレビで見られるようにする装置です。 ) 今タブレットやスマホ端末で見てるけど、もうちょっと大きい画面で見たいなぁ…という方に超お勧め。 私はもとはスマホ(アイホンSEなので超画面小さい。。 )でアマゾンビデオを見ていたのだけど、ファイアーTVスティック買ってからかなり快適になりました。 購入してみよう スティックの購入 アマゾンから購入できます。 Fire TV Stick と Fire TV Stick 4K の違いは4K対応かどうか?つまり画像の美しさです。 家に良いTVがある人は4Kのほうでもいいかもしれませんね。 私は普通の方ですが、画質で不満に感じたことは特にないです。 ちなみに、アマゾンプライムデーなどでセール価格(1000円off)になることがあるので、購入を考えている方は近日中にセールがあるか確認するのがおススメです。 発熱対策も検討してください スティックと一緒に検討してほしいのが、スティックの発熱対策について。 口コミを見ると ・使用時にスティックがかなり熱くなる ・動作不具合時に、発熱対策をすると不具合直った という書き込みをチラホラ見つけました。 なのでヒートシンク(熱を逃がす部品)と熱伝導両面テープも一緒に購入。 これだと両面テープ買わなくていいし貼る手間も無いので楽チン。 一式届きました 全部揃ったのがこんな感じですね。 右がファイアーTVスティック。 左上がヒートシンク。 左下が熱伝導両面テープ。 ヒートシンク拡大、10個入り。 熱伝導両面テープ拡大。 結構余ったので半分くらいのサイズでも問題ないですね。 私は念のため「熱伝導」のものを買いましたが、普通の両面テープでも問題ないのだろうか…?不明です。 ファイアーTVスティックの箱の中身はこんな感じです。 左からリモコン、スティック本体、リモコン用電池、電顕をUSBに変換するやつ、HDMI延長ケーブル、そんで上がUSBケーブルです。 スティックにヒートシンクを付けていきます。 10個入りだったので片面に5個貼り付けます。 ヒートシンクを裏返して並べ、その上に両面テープを貼ると作業がしやすいですよ。 (両面テープは事前にカットしておきました。 裏表での差異はなさそうです。 片面に貼ったところ。 両面貼った感じ。 がっちりガードされている気がします。 テレビへ取り付け! 取りつけはかなり簡単です。 説明書にそってやれば分からなくなることはないです。 テレビ側はこんな感じ。 空いているHDMIに差し込み、電源ケーブルを繋ぎます。 HDMIにスティックを刺す隙間が無い方は、同梱の延長ケーブルを使用してくださいね。 電源側はこんな感じです。 ごちゃごちゃしていますが、真ん中がファイアーTVスティックです。 USB変換アダプタですね。 起動しよう! WiFiの電源をONにし、パスワードを準備しておきましょう。 あとは基本、指示に従ってやれば間違えません。 テレビを起動します。 テレビのリモコンの入力切替ボタンを押し、つないだHDMI端子のビデオ画面を選びます。 画面に映る指示どおりにWiFi設定を行います。 ここでファイアーTVスティック専用リモコンの出番です。 設定も簡単ですので間違える心配はないでしょう。 以上!簡単です! あとはスマホやタブレットで見ていた時と同様です。 電源OFFはどうやるのか? ファイアーTVスティックは電源OFFができません。 完全OFFにしたい時は主電源(USBのところ)を抜くしかないのです。 スリープ設定は出来るので、通常はスリープにしておくとスムーズに見られますよ。 スリープにするにはリモコン家ボタンを押しホーム画面に戻ります。 その状態で家ボタンを長押しすると「スリープ」が選べるようになりますよ。 最近発売された 第二世代と呼ばれるファイアースティックにはリモコンに電源ボタンが付けられたみたいですね!.

次の

Fire TV Stickリモコンが反応しない!高確率で直す手順をていねいに解説

ファイヤースティックつかない

アマゾンのファイヤースティックで困った事態が起こりました。 テレビのHDMI端子に 「Amazon Fire TV Stick」をきっちり差し込んで、Wi-Fiの設定まで完璧に済ませたのですが、何故かホーム画面が 「ホームは現在使用できません」とだけ表示されて、全く操作が出来ない状態になっていました。 まともに操作出来るのは「アプリ」と「設定」のみです。 「アプリ」でAbemaTVをダウンロードして試してみたところ、普通に番組を観ることは出来ました。 Amazonファイヤースティックの設定 ファイヤースティックの設定は簡単! ファイヤースティックの設定は至って簡単です。 Amazonアカウントは、私の場合は設定する必要がありませんでした。 自動的に連携される仕組みになっているようです。 リモコンの使い方 ファイヤースティックの操作は、付属のリモコンで行います。 ナビゲーションボタンで上下左右の移動、あとは選択ボタンと戻るボタンで大体の操作は出来ます。 画面が映らない時はどうする? 私の場合は「ホームは現在使用できません」というトラブルには見舞われましたが、解決法を色々と検索したところ、肝心の解決策を見つけることは出来ませんでした。 見つかったのは別のトラブルのことばかりです。 画面が映らないというトラブルの対処法です。 ・HDMIポートにきちんと差し込めてるか? ・電源アダプタは接続されているか? ・ケーブルは断線していないか? こういった基本的な確認を行うことが大事ですが、どうしても解決されない場合は、再起動で改善されることも多いようです。 画面が映らなくて困った時は、最終手段として再起動を試してみる価値はありそうですね。 ちなみに再起動の方法はいくつかあります。 Amazonファイヤースティックの再起動 ・リモコンで再起動 ・メニューの設定から再起動 ・電源アダプタを一度抜いて再起動 リモコンからの再起動が一番やりやすいです。 電源アダプタの抜き差しも原始的な対処法なので、あまり頻繁に行うのは控えた方が良さそうです。 リモコンが反応しなくなった等、最終手段の奥の手として使うようにしたいところです。 画面が全く映らないわけではなくて、ホーム画面が使えない状態になっているということですね。 ファイヤースティックの画面には、「ホーム」「マイビデオ」「映画」「TV番組」「アプリ」「設定」といったメニューが並んでいますが、私の場合は、「アプリ」と「設定」のみが利用出来る状態になっていました。 再起動を試みるも改善されず・・ とりあず画面は映っているので、接続は大丈夫ということです。 となればやることは一つ。 最終手段の再起動です(笑) しかし、リモコンでも、設定からでも、電源アダプタを一度抜き差ししても、再起動で「ホーム」が使用できる状態になることはありませんでした。 これを更に選択すると、「Amazonアカウント(こんにちは、〇〇〇〇さん」「Amazonコンテンツを同期」の2つが選べるようになっています。 このうち「Amazonアカウント(こんにちは、〇〇〇〇さん」を一度だけ選択すると、次に『登録を解除』という表示になります。 もう一度選択すれば、Amazonアカウントの登録が解除されます。 再び同じアカウントでログインする ファイヤースティックは、Amazonアカウントなしでは使えません。 解除した後に、再びAmazonアカウントでログインすることになります。 IDとパスワードを入力するだけなので、面倒ではありますが特に問題はないと思います。 私も、さきほど登録解除したものと同じAmazonアカウントで再びログインしました。 Wi-Fiのパスワードの保存について確認されますが、もちろん保存するでOKです。 後は、ホーム画面がちゃんと映るかどうかだけですね。 ただ、心配してたのも瞬間的なことでした。 気付けば、ホーム画面は一気に華やかになっていました。 ホーム以外も全てバッチリです! 今回のまとめ 「Amazon Fire TV Stick」は評判通りに良い製品です。 今回のようなトラブルはもう勘弁ですけどね(笑) ただ、実際に使ってみると、普通にテレビを観ているのと全く変わりません。 ネットで繋がってるの完全に忘れますね。 プライムビデオの「ウォーキングデッド」を毎日1話ずつ観ていますけど、吹き替え版がないのが残念ですが、それ以外は大大大満足です! 久しぶりにいい買い物になったと思います。 ということで、Amazonファイヤースティックで「ホームは現在使用できません」状態になった時の対処法についてお伝えしました! 人気の記事•

次の

【感想】Amazon FireTVStickがおすすめか評価してみた【評判・口コミ・レビューまとめ】

ファイヤースティックつかない

出典: 素材は枯草、乾いた樹皮や麻紐をほぐしたもの、細かい綿繊維束などが良いでしょう。 変ったものではスチールウールも電気が通ると着火します。 これらを少なくとも両手でつかめるほどの量以上を用意しておく必要があります。 少なすぎると次のステージに進めず炎が消えてしまいます。 寒かったり湿度が高い時にはさらに量を増やしましょう。 乾燥した条件の良い時であれば、フェザースティック シェービングウッドとも言います をこの第1ステージに利用することもできます。 この準備ができていれば、着火はマッチ1本で点きます。 ライターでもファイヤースチールの火花でも十分着火します。 【第2ステージ】火を持続させる 細かい物に火が着いたら、その火を絶やさないようにするのが第2ステージです。 ここで必要になるのは小枝や割り箸程度の細さの材料で、杉やヒノキのような針葉樹がおすすめです。 この材料は燃えた後、熾き おき と言う炭の基になりますので、できるだけ多く用意した方がこの後の工程が楽になります。 最低でも両手で1つかみほどは必要でしょう。 できれば両手で2つかみ用意できれば安心です。 このステージでの燃料は、第1ステージで作った火種への乗せ方にポイントがあります。 片手で1つかみ程を平らに乗せたら、そこからは山形か井桁に組むようにくべて行きます。 これは燃焼に必要な酸素と燃料の下の炎を確保するためで、空間をわずかに作ることで、炎は持続的に燃焼して安定してきます。 【第3ステージ】火力を上げる 第2ステージである程度炎が安定してきたら、次にその炎を強いものにしていく必要があります。 第2ステージまでは少し気を抜くと、せっかく安定した炎が弱くなり消えてしまうことがあるからです。 火が十分成長して落ち着くと熾き おき ができます。 この熾きの層が厚ければ厚いほど長時間たき火が楽しめます。 また、この熾きは直火よりも調理をするのに適していて、食材を美味しく仕上げてくれます。 熾きがある間は炎が無くても、また薪を置くことで炎が蘇りますので、調理のためにいったん炎を落し、食事が済んだらまた薪をくべて炎を楽しむということもできますね。 材料をそれぞれ準備したら、たき火の炉に近い所から手の届く範囲に順番にまとめて置いて行きます。 このレイアウトをするだけで、たき火はとてもスムーズに完成するのです。 たき火を地面や雪上でする場合、わずかな熱で地面から水分が蒸発し、そのためになかなか炎が成長しないと言うことがよくあります。 この場合は腕の太さほどの薪を数本地面に並べ、その上で着火をすると良いでしょう。 ただし、近くに立木の根があったり、地面が落ち葉で厚く覆われている場合は直火は避けるべきです。 この場合はたき火台を使うか、石でたき火の舞台を作るようにしてください。 また、樹木の枝の下や周りに燃えやすいものが多い場所では、台があってもたき火はできないと思ってください。 こうした場所ではコンパクトたき火ストーブ(ファイヤーボックス)程度の火以上は危険で起こせません。 雨が降ったら火は点かない? せっかくのキャンプも雨に降られたり、濃い霧で周りが濡れてしまったりすることがよくあります。 また連泊では外出をしている間に夕立が降ったりして、キャンプサイトに帰ると薪も何もかもびしょ濡れということも。 実は魔法のような自然の着火剤があります。 それが ファットウッドです。 ファットウッドとは木の中で樹脂が固まったもので、代表的な物は木の中に蓄積された松脂 まつやに です。 生木の幹から垂れている樹脂も使用可能ですが、ファットウッドは枯れて倒れた松の切り株や根に多く含まれています。 また、枯れた立木でも細い枝の付け根から採取できます。 手で横から叩いてみて、簡単にパキッと折れず硬い感じがしたら有望です。 一見枯れて腐った切り株や倒木でも、叩いて硬い音がする場合はファットウッドがある可能性があります。 辺りに松の木があったら是非チェックしてみてください。 でもくれぐれも生きている木は傷つけないように。 また、あまり多くは出回っていませんが、一部市販の物も入手できますので試してみてはいかがでしょうか。 余談になりますが、ファットウッドを使ってトーチを作る事ができます。 ランタンの電池や燃料切れ、故障の際にこれを知っていれば暗闇に怯えることは無くなります。 むしろこのトーチの灯りで夜を過ごすのも、とてもオシャレではないでしょうか。 たき火の注意点 たき火は正しく火を扱うわけですから、ちょっとした不注意で火傷を負ったり、山火事などの大惨事を引き起こす危険性があることを良くご理解ください。 火を起こす場所と風向きや強さなどの気象条件にも十分配慮してください。 また、火が点いている間は必ず火の番人を立てるようにして、火から目を離さないようにすることも大変重要です。 同時に意図しないような燃え方をしたり、炉以外に延焼した際にすぐ消せるよう、水や土がそばにあることも確認してください。 雨が降った時の焚き火にも要注意。 小雨程度の雨であればある程度火の勢いが出ているたき火は簡単には消えませんが、降雨時にはタープの下などで火を起こさなければならない可能性があります。 この場合、たき火は最小限の規模にし、タープは可能な限り高く張り直しましょう。 立ち上がる炎の3倍から4倍以上の距離が理想的です。 また、針葉樹の薪は爆ぜて火の粉が上がり、タープに穴をあける可能性もありますので、火からは絶対に目を離さないでください。 「火きりぎね」と「火きりうす」を作る まずは火を起こすメインアイテム、杵 棒 と臼 板 を作ります。 火きりぎねはヨモギの仲間やアジサイの仲間などの、長さが約1m、直径が1cmほどのまっすぐな枝を使います。 ナイフで小枝を落とします。 火きりうすは針葉樹が最適。 太めの枝を切り出し、厚さ1cmほどの板を作ります。 共に乾いたものを選ぶようにしましょう。 「火きりうす」に切り欠きを作る 火きりうすの橋から1. そしてそのくぼみに向けて三角の切り欠きを作ります。 火種を作る 厚手の葉っぱを敷き、その上で火きりうすと火きりぎねで摩擦を始めます。 両手を前後させて火きりぎねを回転させます。 続けると切り欠きから煙の出ている茶色の削り粉が出てきて火種の完成です。 火口に火種を入れる 細い枯葉を集めて鳥の巣のような火口を作ります。 先ほどの火種をくぼみに投入して軽くもみ、温かくなったら息を吹き込み発火させましょう! この4ステップできりもみ式の火起こし完了です!あとは小枝に火を移し、焚き火に移行して行きます。

次の