お正月 飾り の ルール。 お正月飾りはいつからいつまで飾るの?門松・しめ縄・鏡餅の飾り方と処分方法。

オフィスの正月飾りとして用意すべきものと、飾り付ける時期 |貸事務所 大阪は賃貸オフィスサービス

お正月 飾り の ルール

正月飾りとは 旧年を振り返って気持ちを新たにしたり、親しい人とゆっくりした時間を過ごしたりと、日本人にとってはやはり特別な年末年始。 お正月には、歳神(としがみ)様という穀物の神様がそれぞれの家におりてきて、家族の1年を守ってくれるとされています。 その歳神様をお迎えする準備としてしめ飾りや門松といった正月飾りをしつらえるのです。 正月飾りには他にも、家族の幸せを願うなど、いろいろな縁起物があります。 正月飾りの種類と飾る場所 正月飾りのひとつひとつに、歳神様をお迎えする、あるいは縁起をかつぐといった意味があります。 主な種類と飾り方をあらためて確認してみましょう。 集合住宅にお住まいで、飾りたい場所が門前・玄関など共用部分にあたる場合は、ルールの確認と周囲への配慮もお忘れなく。 門松 降りてくる歳神様の目印となり、神様が宿る依代(よりしろ)になると言われる門松。 家の門口に、正式には雄松を左・雌松を右として対になるように立てます。 門松というと竹の存在感が目立ちますが、実は名前の通り主役は「松」です。 松飾りを門の左右にくくって飾るだけでも代用となります。 しめ縄 しめ縄は、神社に常にあることからもわかるように、その場所が神聖な場所であることを示すものです。 門の前や玄関に飾ります。 しめ飾り しめ縄に裏白 うらじろ ・御幣 ごへい ・ゆずり葉などの縁起物をセットしたのがしめ飾りです。 吸盤やフックでドアに取り付けられる作りのコンパクトなものも多く、正月飾りの中でも取り入れやすいものかもしれません。 熊手 幸運をかき集める手の形に、商売に関する縁起物が賑やかに飾り付けられた縁起熊手は、年末、酉の市の風物詩ですね。 飾りを上にして、神棚や高い位置に飾りましょう。 干支 新年の干支の形をした置物、干支飾りは福を運び1年間家を守ってくれると言われます。 大きさもデザインもさまざまなものがありますので、インテリアにあわせてコーディネートできますね。 破魔弓・破魔矢 魔除けや後期を射止めるといった意を込め、男の子の初正月に弓矢(破魔弓・破魔矢)を贈られる習わしは江戸時代前期くらいにはじまったといわれます。 その風習から、正月の縁起物となったのが破魔矢です。 破魔矢は御札や御守と同じく初詣の授与品としてもお馴染みですね。 神棚や床の間といったスペースがない場合は、大人の目線よりも上の位置に飾るのが望ましいとされます。 羽子板 女の子にも初正月を祝う縁起物として、美しく成長することを願い羽子板が贈られます。 破魔矢と同じく素材に無患子(むくろじ)の実が使われており、「子が患わ無い」、つまり無病息災のお守りとなります。 飾り方は破魔矢と同様に考えるとよいでしょう。 子供への正月飾りの由来の伝え方 小さい子供が「これは何? 」「どうして飾るの? 」と正月飾りに興味をもってくれたら、意味や由来をわかりやすく伝えてあげたいですね。 例えばこのようにお話してみるのはいかがでしょう。 お正月は新しい1年が始まるということだよね。 お正月には、歳神様という1年間おうちや家族を守ってくれる神様が、おうちにやってくるといわれているんだ。 歳神様ようこそとお迎えするために、お正月飾りを飾るんだよ。 門松は歳神様が迷わずおうちに来られるための目印。 神様が来るきれいなところですよという入口の合図がしめ縄。 鏡餅も、神様へのお供え物なんだよ。 12種類の動物が1年ずつかわりばんこに私たちを守ってくれるのを「干支」といって、来年はねずみがそのお当番なんだ。 だからねずみのお人形を飾って、おうちと家族を守ってくれますように、いいことがありますようにとお願いしようね。 他にも、1年間元気でいいことがたくさんありますように、悪いことがおこりませんように、というお願いをこめて飾るものがいろいろあるよ。 下記では紙芝居仕立てで分かりやすく解説していますので、参考にご覧ください。 正月飾りに関する素朴な疑問 毎年当たり前のように目にする正月飾りですが、 あらためて考えてみると飾り方や片付け方など確信がもてない部分もあるのではないでしょうか。 以下に一般的なしきたりをあげてみましたが、地域差もありますので、お住まいの地域の風習を確認してみてくださいね。 正月飾りはいつ飾ったらいいの? 正月飾りは「松の内」が始まる12月13日以降に飾る決まりですが、現代では、クリスマスのディスプレイが終わった12月26日頃から飾られることが多いでしょう。 29日は「二重苦」につながるとして避ける傾向が強く、28日・30日を「末広がり」「キリがよい」として好む考えもあります。 通例よくないとされる大晦日の「一夜飾り」を避けることを考慮すると、余裕をもってととのえておくにこしたことはないですね。 12月30日については旧暦の大晦日であることからやはり一夜飾りと見なす見方もありますので、望ましいのは28日までに飾ることかもしれません。 正月飾りを飾る期間はいつからいつまで? お正月を表す「松の内」という言葉は、文字通り、松飾り(=門松)を立てておく期間という意味です。 ですので、前項で述べた通り正月飾りは「松の内」の間に飾っておくものです。 松の内の終わりの日付は地方によって違いがありますが、大まかにいうと関東で1月7日、関西で1月15日とされることが多いようです。 地域により1月3日、5日、6日、8日など異なりますので、地域の習わしに詳しい方に聞いてみるとよいでしょう。 正月飾りを片付ける時期はいつ? 正月飾りのうち歳神様をお迎えするための門松・しめ飾りは、松の内が終わり歳神様が帰る「松納め」のタイミングで外します。 その年の厄除けや縁起物である熊手・干支飾り・破魔矢(初詣で授かるもの)は1年を通じて飾っておき、翌年の正月準備の際に新たなものと入れ替えます。 初正月祝いの破魔弓・羽子板については、松納めで片付けてもよいのですが、節句の飾りとしても使えますし、厄除けとして子供が大きくなるまで常に飾っておく家庭もあります。 正月飾りは使いまわしても良い? ごく限られた時期だけ使うものなのに、毎年新調するのは少々もったいないような気もする正月飾り。 しかし、習わしからいうと使い回しはNGです。 毎年新たな気持ちで歳神様をお迎えするものですから、清浄なものでないと失礼にあたるという考えです。 とはいえ、現代では伝統行事のとらえ方もさまざまですし、エコ意識の高まりなど状況も変化するものです。 お正月飾りに関しても、神事というより季節のしつらえという面を重視するのであれば、ご家庭の判断で再利用するのもあながち否定することではないのかもしれません。 喪中の時はどうしたら良い? 喪が明けるまでは、新年の挨拶にも年明けを祝う言葉は使わないように、お祝い事・華やかな事は慎みますよね。 お正月飾りに関しても控えるのが一般的です。 ただ、お正月飾りは神道の風習であり、仏式の喪中との兼ね合いに関しては、神社への初詣と同様に考えが分かれるところです。 法事の際などにお坊様に聞いてみるのもよいでしょう。 お正月飾りの正しい処分の仕方 神様をお招きするためのものであるお正月飾りは、役目を終えてからも失礼のないように扱いたいですね。 取り外したお正月飾りの処分方法を調べてみました。 お焚き上げ 古い御守や御札を焚き上げて清める行事を、左義長(さぎちょう)・どんど焼きなどの名称でご存じかもしれません。 神社やお寺からの授与品は、神社で授かったものは神社に、お寺で授かったものはお寺にお返しするのが基本です。 奉納場所、授与品以外の正月飾りもあわせて納めてよいかなど、職員の方に確認してみてください。 その他、町内会などの単位でお焚き上げを受け付けている地域もあります。 自宅で処分する方法 お焚き上げに持って行けない場合などは、ごみ回収に出すことになると思います。 材質や出せる大きさなど、お住まいの地域の分別ルールに注意しましょう。 参考までに、神社本庁のWebサイトでは、塩を振り清めて紙に包んで出すなど、廃棄に出す場合でも丁重に扱うことを勧めています。• 参考: まとめ 慌ただしい日々の中で、伝統行事というのは、季節を感じ、歴史やこめられた願いに思いを馳せるよい機会なのかもしれません。

次の

【正月飾り】会社に飾るときの正しい飾り方、飾る時期、外す時期とは? 正月飾りの基本知識を紹介

お正月 飾り の ルール

しかし、年に1回しかない行事であるため、正月飾りの正しい飾り方やいつまで飾っていいか……などと頭を悩ませる人も多い。 会社(オフィス)に間違った正月飾りの飾り方をして恥をかかないために、今回は正月飾りの正しい飾り方について紹介したい。 正月飾りは「12月28日まで」に飾り付ける そもそもなぜ「正月飾り」を飾るか、知っているだろうか? 【正月飾りの基礎知識】年神様を迎える準備は12月26日〜28日までに! 正月飾りは、年神様(新しい年の神様)を迎えるために飾りつけだ。 現在の日本では、クリスマスが終わった後の12月26日〜28日までに飾り付けるのが一般的である。 クリスマスにこだわらなければ、関東では12月8日、関西では12月13日から正月飾りを飾っても問題ない。 神社ではクリスマス前から新年に向けての準備や飾りつけが行われているのに対し、家庭や会社は25日までクリスマスの装飾をしているのが一般的だ。 正月飾りを12月28日までに飾らなければいけない理由とは? 26日以降に正月飾りを飾るのは問題ないが、 重要なのが「28日まで」に装飾を行う、ということ。 28日までに正月飾りを飾る理由は、29日は「二重苦」「苦に通じる」などの語呂合わせで縁起が悪いとされ、31日は「一夜飾り」で神様に対しての誠意が感じられないとされているからだ。 どうしても28日までに飾り付けができなかった場合は、30日に正月飾りを飾りつけよう。 正月飾りの種類と飾る場所 正月飾りの飾る時期について押さえたら、次は正月飾りの種類とそれぞれの飾り方についてチェックしていきたい。 正月飾りの正しい飾り方を覚えて、気持ちよく新年を迎えよう。 門松は、神様が空から降りてくるのに目印となるものだ。 年神様を家や会社に迎え入れるためにも、門松は門やエントランスに飾るようにしよう。 しめ飾りは、飾っている場所が神様を迎え入れるのに清浄な場所であることを示すものだ。 神様に清浄な場所であることを伝えるためにも、しめ飾りはドアや玄関の正面につるしておこう。 破魔矢は、神様を敬う気持ちを表すための正月飾りだ。 そのため、目線より高い位置に置くとされている。 破魔矢を飾るときは、目線よりも高い位置にある神棚や梁に設置しよう。 昔の日本では床の間に飾られていたが、家の様式が異なる現在では大勢が集う場所に飾るのが一般的である。 鏡餅は、神様への最高のお供え物とされている正月飾りだ。 鏡餅の飾り方は、三方と呼ばれる台の上に半紙を敷き(大き目の半紙を前方と両側にたらすようにして敷く)、昆布・裏白・ゆずり葉などを乗せた上に餅を重ねておき、その上に橙を置くのが正式な方法。 とはいえ、そこまで格式張って飾ることはそうそうないだろう。 簡易的に半紙の上に餅を重ねるような飾り方でも十分だ。 また、橙(だいだい)はその呼び名から「代々栄える」という縁起があるものとされている。 鏡餅の一番上に乗せるのは「みかん」というイメージがあるが、最大限に縁起を良くするのであれば橙を乗せるといいだろう。 正月飾りはいつまで飾る? 松の内(1月7日まで)を過ぎたら正月飾りを外すのが一般的 正月飾りは、「松の内」と呼ばれる期間(元旦から7日まで)を過ぎたら神社に収めるのが一般的である。 しかし、地域によって小正月まで(15日まで)、二十日正月(20日まで)などばらつきがあるため、わからない場合は近所の人や職場の先輩に尋ねてみるのが無難だろう。 期間を過ぎても正月飾りを飾っているのは、とても恥ずかしいことだ。 飾る時期も大切だが、正月飾りを外す時期についてもきちんと覚えておいてほしい。 外した正月飾りを処分する方法は? 正月飾りを集めて焼くような地域もあるため、会社や家の近く神社はいつごろから正月飾りを集めだすのか?などチェックしておこう。 神社が正月飾りの回収を行っていない場合や、火を焚くことを禁止している場合は、正月飾りを小さく切って新聞紙などに包んで処分しよう。 ゴミとして処分してしまうことに抵抗があるときは、塩でお清めをしてから処分してほしい。 正月飾りで新年を気持ち良く 正月飾りの飾り方や、飾る期間などの基本的な知識について紹介してきた。 日本特有の文化である「正月」。 家庭で飾る場合もだが、会社で正月飾りを飾る場合はより「正しい飾り方」にこだわってほしい。 正月飾りをきちんと正しく飾れば、きっと新年から気持ちよく仕事を始められるはずだ。

次の

お正月飾りの処分方法まとめ!鏡餅から門松、しめ縄、破魔矢まで!

お正月 飾り の ルール

正月飾りを下げる日はいつ? 正月飾りには、 門松、鏡餅、しめ飾り、破魔矢があり、それぞれ意味があります。 その意味を踏まえると、下げる日も理解できます。 角松 新年には、年神様が家々を訪れ、今年1年の幸せや健康をもたらすと言われています。 そして、しばらく滞在します。 年神様が、訪れる際、その家の目印となるのが門松です。 また、門松は依り代でもあります。 依り代とは、神様が乗り移るもののことで、年神様は門松の姿を借りて、この世に現れるのです。 しめ飾り しめ飾りは、しめ縄に縁起物の飾りをつけたものを言います。 飾った場所が神聖であることを示します。 年神様をお迎えするために、しめ飾りを飾って、家を清めるという意味があります。 鏡餅 鏡餅は、年神様へのお供え物であり、依り代でもあります。 破魔矢 破魔矢は、悪い物を打ち破る矢という意味を持ちます。 年神様をお迎えするためのお正月飾りである、 門松、鏡餅、しめ飾りは、年神様がいらっしゃる間は下げることができません。 年神様は松の内が明けるとともに帰られるので、松の内が過ぎたら下げます。 松の内は、一般的には7日までとされていますが、地域によって違い、15日のところもあります。 また、 破魔矢の効力は1年ですので、新年には購入した神社に納め、新しい破魔矢を購入しましょう。 下げた後、どうする? 鏡餅は、鏡開きの日に餅を木槌や金槌で割って、ぜんざいなどに入れ、やわらかく煮て食べます。 食べることで、年神様によってもたらされた今年1年の幸せや健康などを体内に取り入れます。 門松、しめ飾り、破魔矢は、神社で行われる「どんど焼き」や「左義長」で炊き上げていただきましょう。 どんど焼きを行わない神社の場合は、お炊き上げを行っているか否かを確認し、行っている場合はお願いしましょう。 行っていない場合は、お炊き上げ可能な神社を探しましょう。 ただし、門松は、人の背丈以上あるような大型のものもあります。 大きなものの場合は、あらかじめ神社に確認しましょう。 もし、神社でのお炊き上げが難しい場合は、自分で処分することもできます。 門松に限らず、しめ飾りや破魔矢についても、神社へ納められない場合は、自分で処分が可能です。 自分で処分する、とはつまり、ゴミに出すということになります。 しかし、お正月飾りは神聖なものです。 先日まで年神様が宿っていたものです。 ゴミとしてしまうなんて、とんでもないことのような気がしますよね。 そこで、自分でお清めをしましょう。 半紙を広げ、その上に正月飾りを置きます。 感謝の気持ちを込めて、上から塩を振ります。 その際、左、中、右の順に3回振ります。 そして、半紙で飾りを包みます。 包みきれない場合は、半紙の下に新聞紙を敷き、新聞紙で半紙ごと飾りを包みます。 そして、指定のゴミ袋に入れますが、他のゴミとは別にしましょう。 ゴミに出す前にもう一度、上から塩を振り、清めます。 お正月飾りは、燃えるもの、燃えないものが混在しています。 地域のルールに従って、分別することも忘れないようにしてください。 次の年も使い回していいの? お正月飾りは、新年に年神様をお迎えするためのものです。 ですから、毎年、新しいものを用意しなければなりません。 とはいえ、大きな門松などを飾っている場合は、お金もかかります。 プラスチックやビニル製などの作り物で、傷むことが少ない飾りの場合は、丁寧に保管して、来年も使用して構いません。 しかし本来、正月飾りは、松の内が明けたら下げ、神社で炊き上げてもらうものなのです。 お炊き上げには、年神様をお見送りするという意味があります。 それを理解した上で、来年も使うことができるものは、きれいに手入れをして使いましょう。 年神様をお迎えするという気持ちを持って用意し、感謝の気持ちを込めて片付ければ、後ろめたさを感じることはないと思います。 関東と関西で違いはあるの? 正月飾りは、松の内が明けたら下げますが、松の内の期間には地域差があります。 もともとは、1月15日までが松の内、20日が鏡開きとされていました。 しかし、1651年(慶安4年)4月20日に、江戸幕府 第三代将軍 徳川家光が亡くなり、月命日である20を避けた11日を鏡開きとしました。 それに伴い、松の内も7日までとされたのです。 これらを幕府の命として城下町にお触れを出し、やがて各地へと広まっていきました。 しかし、関西までは伝わらず、関西ではかつてと変わらず1月15日までが松の内とされています。 ですから正月飾りも、関東地方の多くは7日、関西地方や、その他一部の地域では15日を過ぎてから下げることになります。 鏡餅を割って食べる鏡開きは、松の内が7日の地域では11日、15日の地域では15日や20日に行われます。 1月4日に行われる地域もあります。 また、1657年1月に江戸で起こった大火事により、松の内の短縮に至ったという説もあります。 これは、1月18日から20日まで江戸の町を焼き続けた火事で、明暦の大火と呼ばれています。 燃えやすい素材のお正月飾りを長く外に飾り続けることは、火事を招くとし、それまで15日としていた松の内を7日までにしました。 いずれにしても、江戸発信の情報が関西方面までは及ばなかったため、松の内の期間に地域差が生まれたのです。 門松貼ってもお正月 我が家でも、お正月の準備として、鏡餅を飾り、門松を立て、破魔矢としめ飾りを飾ります。 鏡餅は、鏡餅形のパックの中に個包装の切り餅が詰まったタイプのもの。 門松は、細長い紙に印刷されたものが1対、町内会より配られ、それを玄関の外の左右に1枚ずつ貼ります。 しめ飾りと破魔矢は、小さな小さなものですが本物を飾ります。 どれもこれも、簡易的で楽をしていることは否めませんが、鏡餅はカビの心配がありませんし、紙の門松や小さなしめ飾り、破魔矢は、炊き上げに困ることがなく、年神様をしっかりお送りすることができます。 子ども心にさえ、紙の門松は「いいのかな?」と思っていましたが、今となっては、毎年丁寧に飾り、下げ、炊き上げるということが大切なのだと考えています。 作り物の正月飾りを、丁寧に使い回すのも良いと思いますが、個人的には、簡易的なものを、毎年新しく揃え、新年を迎える …… 年神様をお迎えする方を選びます。 年神様が、新しい1年のための幸せや健康、豊作をもたらしてくださるのですから、昨年までの良くないものを全て落とし、まっさらな気持ちでありたいと思うのです。 お正月って、気持ちを切り替える、とても良い機会だと思いませんか? 困ったこと、嫌なことは昨日まで。 「あけましておめでとうございます」とともに、全てを新しく始めましょう。

次の