ポケモン ワイルドボルト。 【ポケモンGO】マリルリやエアームドを瞬殺!? ワイルドボルトアローラライチュウの使い道を紹介

【ポケモンGO】マリルリやエアームドを瞬殺!? ワイルドボルトアローラライチュウの使い道を紹介

ポケモン ワイルドボルト

説明文 たたかうわざ• ・・:でんきを まとって あいてに ぶつかって こうげきする。 じぶんも すこし ダメージを うける。 ・・ 漢字 :電気を まとって 相手に ぶつかって 攻撃する。 自分も 少し ダメージを 受ける。 コンテストわざ• :とても アピール できるが このあと おどろきやすく なる• といったを除けば最高威力であり、多くの電気物理アタッカーが採用している。 第四世代までは色んなポケモンが覚える汎用技の最高威力がの75であったこともあり、与えた影響は大きい。 反動という欠点はあるが、威力優先で基本的にこの技が採用される。 ポケモンカードゲームにおけるワイルドボルト 自分にもダメージを与えるワザとして登場する。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるワイルドボルト 現在未登場 アニメにおけるワイルドボルト ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 電撃をまとって突撃する。 わざの初出 電撃をまとって突撃する。 電撃をまとって突撃する。 電撃をまとって突撃する。 電撃をまとって突撃する。 電撃をまとって突撃する。 電撃をまとって突撃する。 電撃をまとって突撃する。 ミスター・エレク 電撃をまとって突撃する。 である・・・を除くと、でんきタイプの物理技では最も威力が高い。 の項も参照。 反動ダメージの小数点は四捨五入。 特性が・のポケモンが使った場合、反動によるダメージを受けない。 特性がのポケモンが使った場合、威力が1. 2倍になる。

次の

ウインディの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ワイルドボルト

技の回転が速い• ワイルドボルトが高火力• ミラーショットでブラフを張れる• ひこうとはがねタイプに二重耐性がある• スーパーリーグ3大ポケモン、マリルリ・レジスチル・チルタリス全員と戦える 短所• 耐久が低い• ワイルドボルトを撃つとさらに耐久が下がる• じめんタイプに一方的にやられる パーティ例 動画で使っているのは、ジバコイル、チルタリス、フシギバナ。 スリーパーに少し弱いのでフシギバナをメガニウムに変えてもいいかもしれません。 ジバコイルはとにかくじめんタイプに弱いので、ナマズンやマッギョなどに強いポケモンを組み合わせましょう。 効果力のワイルドボルト、当たると気持ちいいので、みなさんもぜひ使ってみてください!.

次の

【ポケモンGO】ゼクロムの種族値と覚える技

ポケモン ワイルドボルト

アローラライチュウは必ず初手に編成します。 初動でボルトチェンジを2〜3発使用してゲージを溜めたあと、デオキシスorトロピウスにすぐさま交代することで、強力な ワイルドボルトをいつでも使用可能な状態でキープしておくことが可能。 ワイルドボルトは、 当てさえすれば大幅に相手HPを削ることが可能なので、 相手のシールドが無くなったタイミングで再びアローラライチュウを繰り出し、 ワイルドボルトを連発することで一気に勝負を決めることが可能です。 状況にもよりますが、初動で溜めたワイルドボルトをそのまま使用して、 即交代することで防御ダウンのデメリットを打ち消すという立ち回りも。 しかし、 ワイルドボルトをキープ可能というメリットは捨てることになるので、慣れないととっさの判断は難しいかも。 ただ、 ワイルドボルトを警戒してほぼ確実にシールドを使わせることが可能なので、トロピウスやデオキシスが刺さりそうなポケモンを使ってきそうな気配があれば、迷わずぶちかましてシールドを削っちゃいましょう! トロピウスはナマズンやラグラージなどの対策に。 トロピウスは、耐久力の高さを活かして場に長く留まり、 相手のシールドを削ったり、等倍で殴り合って処理の難しいポケモンのHPを削るのが役割。 ナマズン、ラグラージ、チャーレムあたりにはめっぽう強い(ナマズンのふぶきやチャーレムのれいとうパンチには注意!)ので 、状況によってはトロピウスが無双してしまうこともしばしば。 遊撃的な役割を上手くこなせるポケモンなので、ゲージの溜まるタイミングなどを計算できるくらいまで使いこなせれば、勝率の底上げに貢献してくれるはずです。 ディフェンスデオキシスは基本的に壁役なので、 敵のゲージ技の直撃を止めながら、いわなだれを連発して確実にHPを削るという役回りが基本となります。 アローラライチュウとトロピウスだけでは、 トリデプスやレジスチルなどのはがねタイプが出てきた際に詰んでしまうため、その場合はデオキシスのカウンターでHPを削ります。 基本的にデオキシスではシールドを使わない方向性でいきたいのですが、 はがねタイプを倒すためならシールドは温存せずにガンガン使ってしまうのがオススメ。 はがねタイプさえ突破すれば、アローラライチュウのワイルドボルトが最後に相手を殲滅してくれることでしょう……(笑)。 戦いの様子。 マリルリやエアームドへの対応力がすごい! 実際に上記のパーティを使用している様子を画像で紹介します。 初動では必ずワイルドボルトのゲージを貯めます。 サーナイトやブラッキーがきつい…… ここまでいいことばかりを紹介してきましたが、もちろんこのパーティにも弱点はあります。 実は初手でサーナイトやブラッキーなどと当たってしまうと、 ワイルドボルトを溜めるまでにアローラライチュウのHPを大幅に削られてしまい、そのダメージが後半戦でアローラライチュウを使用するときにかなり影響してくるのです。 このパーティは、 ワイルドボルトを2発以上使用して相手のシールドやHPを削ることを前提としているため、そこが崩されてしまうと一気に作戦が崩壊してしまうのです……。

次の