こんにゃくスポンジ 作り方。 こんにゃくスポンジの家庭での作り方は?自宅で作るメリットはなに?

凍みこんにゃくとは?作り方や使い方・おすすめレシピ5選

こんにゃくスポンジ 作り方

低カロリーで食物繊維が多く、ダイエットにも最適な食材であるこんにゃくですが、食べるだけではなく、フェイスケアアイテムとしても注目されています。 湿布やスクラブなど、さまざまな美容アイテムに取り入れれれるこんにゃくですが、今回は、こんにゃくスポンジについてご紹介します。 まず、こんにゃくスポンジの箇所別の使い方についてご紹介します。 顔 まずは、定番の顔をこんにゃくスポンジを使って洗顔する方法をご紹介します。 こんにゃくスポンジは、そのままの状態だとカチカチに硬いですので、まずは水に浸して柔らかくしておきます。 水にスポンジを浸している間に、いつものように、クレンジングと洗顔を済ませておきます。 いつもの洗顔後にこんにゃくスポンジでお手入れするので、皮膚に負担がかからないように、洗顔は優しく行いましょう。 洗顔が終わったら、やわらくなったこんにゃくスポンジにたっぷり水を含ませて、顔をクルクルやさしく撫でるだけです。 こんにゃくの成分と繊維の力で、古い角質が落ち、美肌効果が期待できます。 顔にこんにゃくスポンジを使う時の注意点 強く擦ると肌の負担になるので、力は入れずに、使用頻度も週に2・3回程度に抑えるのがおすすめです。 使用後は、いつもより念入りに保湿をしましょう。 体 昨今、主にフェイスケアアイテムとして人気のこんにゃくスポンジですが、もともとは、子供や、女性が体を洗うために使っていたお風呂アイテムでした。 名前のとおり、こんにゃくを成分にして作られているので、天然成分な上に弱アルカリ性で皮膚にやさしく、乾燥肌や、敏感肌の方におすすめのスポンジです。 使い方もとっても簡単です。 お湯につけて柔らかくしたこんにゃくスポンジを、肌の上で優しく滑らせるだけで、お肌がツルツルになります。 石鹸を泡立てて、こんにゃくスポンジで体を擦っても良いですが、おすすめは、体を石鹸で洗って、泡を洗い流した後に、こんにゃくスポンジでお肌を滑らせて、仕上げる方法です。 こんにゃくの弱アルカリ性成分がお肌のターンオーバーを促して、明るいスベスベに仕上げてくれます。 ひと手間ですが、仕上がりが違うのでぜひお試し下さい。 こんにゃくスポンジの作り方 人気のこんにゃくスポンジなので、薬局や100均でもよく見かけ、手軽に手に入るのですが、自宅で手作りすることもできます。 肌に直接当てて使うスポンジなので、自分で作れれば、安心です。 自宅で簡単に作れる、こんにゃくスポンジの作り方をご紹介します。 ぜひチャレンジしてみてください。 こんにゃくスポンジ作りの手順 用意するのは、市販のこんにゃくです。 こんにゃくと一緒に入っている保存液を捨てて、こんにゃくをよく洗います。 洗ったこんにゃくの水分をふき取って、ジップロックや、タッパーなどの容器に入れて冷凍庫でカチカチになるまで3日ほど凍らせます。 しっかり凍ったら、次は、冷凍庫から出して、1日天日干ししましょう。 その後は、また一晩冷凍庫に入れます。 この作業を2・3週間ほど繰り返して、こんにゃくがスポンジ状になったら、こんにゃくスポンジの完成です。 多少時間はかかりますが、工程は、冷凍と天日干しの繰り返しのみでとても簡単です。 完全無添加で安心して使うことができるのも、手作りの良さです。 こんにゃくスポンジの効果 次に、一番気になる、こんにゃくスポンジの効果についてご紹介します。 こんにゃくスポンジの効果はさまざまありますので、効果別に詳しくご紹介します。 角栓 こんにゃくスポンジの効果1つ目は、角栓です。 こんにゃくの弱アルカリ性成分が、角栓の除去に効果を発揮します。 肌にある皮脂や、角質は弱酸性です。 この弱酸性成分とこんにゃくの弱アルカリ性成分がスポンジにたっぷり含んだ水と中和反応を起こして、毛穴の角栓をしっかり取り除いてくれます。 優しくクルクル滑らせるだけなので、ピーリングなどで肌をゴシゴシ擦るよりも肌の負担を少なく抑えることができます。 1度でごっそり落ちるわけではないので、回数を重ねて少しずつ、肌の黒ずみを落としていきましょう。 産毛 顔の産毛で悩んでいる方も多いです。 しかし、あまり頻繁に剃りすぎると、肌に負担がかかってしまいますし、そのままにしていると、化粧のりが悪くなったり、肌がくすんで見える原因にもなります。 実は、そんな産毛の悩みもこんにゃくスポンジが解決してくれます。 こんにゃくスポンジの弱アルカリ性の水の膜が、弱酸性の毛穴汚れを分解しかき出すときに、肌の産毛も一緒に洗い流してしまいます。 そのため、こんにゃくスポンジでクルクル撫でたあとは、こんにゃく成分とマッサージの相乗効果で顔がツルツルに仕上がります。 ニキビ こんにゃくスポンジはニキビにも効果を発揮するのか、ご紹介します。 こんにゃくスポンジは、天然の成分が100パーセントでできています。 この点で、肌への優しさは間違いないです。 添加物も含まれていないので、肌が弱くなっているニキビ肌にも安心して使うことができます。 次にこんにゃくスポンジの繊維には、肌の古い角質を落としてくれるターンオーバー促進の効果が期待できます。 ターンオーバーが正常化されれば、ニキビの原因になる、皮脂詰まりも防げるので、ニキビ予防が期待できます ただ、肌への刺激が強いと、ニキビが悪化するので、こんにゃくスポンジを使うときは、肌にスポンジが直接当たり過ぎないように、スポンジが含んだ水の層を肌に滑らせるように注意しましょう。 毛穴 次にご紹介するこんにゃくスポンジの効果は、毛穴です。 毛穴に汚れが詰まったままにしていると、毛穴は広がってしまいます。 しっかり毛穴汚れを落とすことが、毛穴を目立たなくする方法です。 この点でも、こんにゃくスポンジはしっかり効果を発揮してくれます。 こんにゃくスポンジを使うことで、こんにゃく成分が、余分な古い皮脂汚れや、毛穴に詰まった角栓を洗い流してくれるので、毛穴の黒ずみもしっかり落としてくれます。 しかし、毛穴を目立たなくするには、広がった毛穴をしっかり閉めないといけません。 汚れをしっかり落とした後は、すぐに化粧水で水分をしっかり与えて、肌の乾燥を押さえることがポイントになりますので注意しましょう。 肌の保水力UP こんやくスポンジを使うと、肌の汚れを力を入れずに優しく落とすことができるため、肌をむやみに痛める心配がなくなります。 このため、肌の保水力が落ちずにすみます。 さらに、古い皮脂や、角栓を優しく取り除くことで、化粧水などの浸透が良くなり、より肌の保水力をアップすることができます。 肌の透明感UP さらに、こんにゃくスポンジを使うことで期待できる効果は、肌の透明感UPです。 こんにゃくスポンジを使うことで、正常なターンオーバーが促され、肌本来の透明感と維持することができます。 定期的なピーリングを行うと、肌に負担がかかりすぎるため、肌の弱い方は、肌が乾燥してしまう原因になることもあります。 こんにゃくスポンジであれば、多少時間はかかりますが、肌を傷つけずに、透明感を維持できおすすめです。 こんにゃくスポンジの保管方法 まずは、使用後のこんにゃくスポンジですが、そのままでは、洗い流した顔の皮脂や、角栓汚れが付着していますので、しっかり洗い流す必要があります。 使用後は、水で流して軽く両手で挟んで押しながら、水気をなくします。 これを4・5回繰り返して、しっかりスポンジの汚れを落としましょう。 雑巾のようにねじって絞ったり、強く擦ったりすると、こんにゃくの繊維がちぎれてすぐに傷んでしまうので、やさしく扱います。 洗った後のこんにゃくスポンジの保管方法 しっかり洗って水気を切ったこんにゃくスポンジは、密封袋やタッパーなどに入れて、冷蔵庫で保管します。 防カビ仕様の容器であれば最適です。 あくまで食品のこんにゃくと同じと考え、そのまま放置せず、使い終わったら、冷蔵庫に入れて保管しましょう。 冷蔵庫以外の保管方法 冷蔵庫での保管が基本ですが、冷蔵庫以外の保管方法があるとしたら、乾燥させることです。 湿気の少ない、風通しのよい場所で、陰干ししてこんにゃくスポンジをしっかり乾燥させます。 しかし、すこしでもカビが生えてきたら、すぐに新しいこんにゃくスポンジと交換しましょう。 こんにゃくスポンジのカビ対策 たくさんのこんにゃくスポンジの中から、どうやって自分に合ったこんにゃくスポンジを選んだら良いのか、こんにゃくスポンジの選び方についてご紹介します。 ケミカルフリーを選ぶ こんにゃくスポンジを選ぶときに1番気をつけてほしいのが、防腐剤・漂白剤などの成分が含まれているかどうかです。 基本的に、こんにゃくでできているので、ほぼ100パーセント天然成分の製品がほとんどです。 しかし、まれに化学成分を含んだこんにゃくスポンジもありますので、成分をしっかり確認してから選びましょう。 使用前に、しっかり水で洗い流すので、気にならない方は大丈夫ですが、直接肌に触れて使うものですし、こんにゃくスポンジ自体高価なものではないので、どうせなら100パーセント天然成分のこんにゃくスポンジを選ぶのをおすすめします。 こんにゃくスポンジの大きさで選ぶ こんにゃくスポンジには、さまざまな大きさのスポンジが存在します。 体を洗うのに使いたいなら、大きめのスポンジが最適です。 また、顔用といっても、たくさんの大きさ、形のものが存在します。 小鼻の汚れが気になってこんにゃくスポンジを使いたい方には、小さめで先が尖ったしずく形のスポンジが使いやすいです。 用途に合わせて、こんにゃくスポンジの大きさを選ぶのも、効果を最大限に出す選び方のコツです。 色んなこんにゃくスポンジを見て、自分に最適なスポンジを選びましょう。 こんにゃく以外の成分で選ぶ 人気のため、炭や、緑茶・花の成分など、こんにゃく以外の成分を配合したこんにゃくスポンジがたくさんあります。 含まれている成分で、自分好みのこんにゃくスポンジを見つけるのもおすすめの選び方です。 おすすめのこんにゃくスポンジ.

次の

こんにゃくスポンジで洗顔するとどんな効果がある?|年齢に負けないスキンケアコラム

こんにゃくスポンジ 作り方

こんにゃくスポンジを家庭で作るメリットは? こんにゃくスポンジの作り方の前に家庭で作るメリットから紹介します。 まず最初に最大のメリットと言えるのが料金です。 こんにゃくスポンジを作るために必要なのは、食用のこんにゃくのみです。 その為、家庭でこんにゃくスポンジを作る場合の値段はこんにゃくを購入すればいいです。 こんにゃくの値段は一般的に300gで170円前後。 製品のこんにゃくスポンジは1個300~500円。 と、このように家庭で作ってしまえば圧倒的に安いのが分かると思います。 こんにゃくスポンジという化粧品は使用頻度が高いです。 その為、こうした金銭的な面を意識して家庭で作る人が増えているわけです。 つまり製品のこんにゃくスポンジを購入せずに家庭で作るメリットは 金銭的な理由 が最も大きく、お金を節約する方法として家庭で作る人が増えたといわれています。 こんにゃくスポンジの作り方は? こんにゃくスポンジの家庭での作り方は簡単です。 作業工程は4つです。 1、購入したこんにゃくを使用したいスポンジのサイズに切る。 この時は一般的な四角のこんにゃくを4つに切り分ける事をお勧めします。 小さければ小さいほどに作る期間は短くなりますが、小さくし過ぎると使い物にならないので注意してください。 2、小さく切ったこんにゃくをチャックが付いているビニール袋などに入れて冷凍庫へ入れ1日程度放置。 この過程での目的はこんにゃくの水分を抜くことです。 その為、使用するビニール袋は何でも構いません。 しかし、製造過程でビニール袋は何度も使うので、再利用ができるチャック付きのモノがお勧めです。 3、コチコチに凍ったのを確認したら天日干しで半日程かけて解凍する。 天日とは太陽の光でという意味ですが、要するに自然解凍です。 出来きる限り太陽の光に当てて殺菌しながら解凍することをお勧めします。 なんどもなんども冷蔵庫と天日干しを繰り返し、水分を抜いていきます。 これらの行程を10日程度繰り返すことで、市販されているこんにゃくスポンジが完成します。 少々面倒ですが、是非作ってみてください! 安いですし、愛着が持てるので効果も気持ち高いと感じられると思いますよ! 自家製こんにゃくスポンジの保存方法は? 自家製のこんにゃくスポンジの作り方を紹介しました。 こんにゃくという食べ物を使っているという事もあって保存方法が心配な方も多いと思います。 なので、ここからは自家製こんにゃくスポンジの保存方法を紹介します! 保存方法の前に自家製の使い方になりますが、市販されている物と同じで 水に軽くつけて1分程度気になる部分をくるくるする という簡単な方法です。 使用方法が一般的なものと同じ… なんとなく保存方法も予想が付いていると思うのですが、保存方法は予想通りで 市販されている物と同じく冷蔵庫で保存する という、作る際に水分を抜いたことから分かる通り出来る限り水分を取り込まないように保存してください。 こんにゃくスポンジをそのまま冷蔵庫に入れてもいいのですが、出来ればビニールなどに入れて保存しましょう。 こうすることで冷蔵庫の他の食材から出た水分を吸い込む可能性が減ります。 こんにゃくスポンジを長く使うコツは保存方法なので、出来ればビニールに入れて保存しましょう。 また水分を吸い過ぎていると思った場合は 作る際にやった天日干し をやることで水分を抜きながらこんにゃくスポンジを復活させることもできます。 あまりお勧めはしませんが緊急事態には天日干しを試してみてください。 まとめ いかがでしたでしょうか? こんにゃくスポンジという話題の化粧品を家庭で作る方法を紹介しました。 家庭で作った自家製の最大のメリットはなんと言っても安いという事! 市販されている物と効果は同じで値段は圧倒的に安い。 これは主婦としては節約術の見せ場ともいえるポイントでしょう! 作るのに日程はかかりますが、簡単な方法で出来るので節約に興味のある方は是非作ってみてください! きっと自分で作ったという事もあり、愛着もわくと思いますし効果も気持ち高い気が出来ると思いますよ。

次の

ザラつきが消えた!!手作りこんにゃくスポンジで毛穴ケアの方法♥

こんにゃくスポンジ 作り方

凍みこんにゃく4枚• じゃがいも2個• 白ワイン少々• ピザチーズ適量• 粉チーズ適量 ホワイトソース• バター30g• 小麦粉30g• 牛乳500ml• 塩コショウ少々• コンソメ適量• 戻して茹でた凍みこんにゃくを1cm幅に切る• ブロッコリーは小房にして茹でる。 じゃがいもはスライスして茹でる• ホワイトソースはフライパンにバターを溶かし、小麦粉をふるい入れ、焦がさないように炒め牛乳を少しずる加えてのばし、コンソメ、塩コショウを加える• ホワイトソースに1と2を加えてグラタン皿に入れピザソースと粉チーズをのせて220度のオーブンで焼いて完成.

次の