ドロヘドロ アニメ 評価。 おいでませ、混沌。アニメ「ドロヘドロ」と時計メーカー「セイコー」が初コラボ!|株式会社BANDAI SPIRITS ネット戦略室のプレスリリース

2020冬アニメ感想・評価まとめ vol.2 ドロヘドロは中々面白い気がする・・・。│あふさの館 ~独断的アニメレビューとゲームレビューのブログ~

ドロヘドロ アニメ 評価

[] 2000年の連載開始から18年にわたって愛され続けた林田球の名作「ドロヘドロ」 全23巻。 唯一無二の世界観によって国内外で熱狂的なファンを獲得し人気を誇っている。 そのあまりにショッキングでカオスな内容が故、映像化不可能と思われていた衝撃作が「どろろ」「ゾンビランドサガ」などハイクオリティで挑戦的な作品を数多く手掛けてきたMAPPAによって、ついに奇跡のTVアニメ化! ドアの向こうからやってくる 魔法使いの『練習』 陽気な笑顔と鋭いナイフ ビールを飲んでスカッとしよっと 黒いケムリと美味しいキノコ ホールか…胸クソワリィ場所だ これだとケツが丸見えになるし 大葉ギョーザ時々ゾンビ 死にたくなければよく聞いてください 三遊間に底なし沼 なんでフォークを投げんだよ? ナイフだろ、フツー 口の中にもう一人男がいるぞ お前は違う こうなったらヤケ酒だ これらの要素が作り出すもの。 それはまだ……混沌の中。 それが……ドロヘドロ! カイマン: ニカイドウ: 煙: 心: 【良い点】 凶悪でいてあっけらかんと進むストーリー カイマンの謎を軸にしながら様々な事件が起こるが、カイマンの謎への追求がメインのエピソードでないあたりが、ブラックユーモアとしてむしろ面白さを引き立てさせている。 狂気のOPと毎回かわるEDと少し贅沢な感じがするし、エンさんチームが憎めないキャラたちと仕上げているのも役立っていると思う。 【悪い点】 痒いところに届きそうで届きそうにない毎回のストーリー展開。 【総合評価】 バイオレンスな展開でいて、ところどころ笑えるブラックユーモアが絶妙な感じで混ぜられた面白い作品。 カイマンが自分をトカゲ男にした魔法使いを捕まえようと、魔法使いを躊躇無く殺していくし、魔法使い世界の大実力者でカイマンの友人のニカイドウを追っているエンもあっさりと刺客を茸にして殺すというグロいバイオレンス物だが、カイマンの仲間達もエンの仲間達も登場人物たちが憎めないキャラばかりなので、見ていて楽しくなる。 映像面ではCGキャラらしく違和感なく溶け込んでいるのを見て日進月歩の世界を強く感じた。 今期分はいいところで終わったので是非とも続きがみたい作品だった。 最終話まで視聴したのでコメントから評価に。 【良い点】 ・方向性が判らない。 まさにカオス。 ストーリーは謎に次ぐ謎。 猟奇残虐ゴア描写と人死にが延々、かつあっけらかんと 展開されるブラックユーモアが強烈。 次から次へと変人怪人が登場。 主人公コンビと 相対する魔法使いの始末屋コンビに加え、三下魔法使い藤田と恵比寿のコンビにも 強く焦点が当たる展開で、段々と誰が主役か全く判らなくなっていく。 混乱しがちな 筋運びだが、これらは「わざと」で、あえてカオスを志向していると思う。 ・音楽は作風に合致して優良。 しかもEDがたびたびPV調に変わる豪華仕様。 ・独自のキモグロ美術センスが横溢する作風はなかなか見応えがある。 ・結局12話でオチはつかなかったが、逆に下手に詰め込まなくて正解だったのではないか。 二期かOVA、あるいは劇場版は確定だろう。 11、12話でも新キャラが登場し変わらず バカの乱痴気騒ぎみたいなストーリーが展開する様に、良くも悪くも唖然とした。 【悪い点】 ・方向性が判らない。 このカオスが楽しめないと駄作としか思えないのでは。 また、「辻褄」と言う意味では 破綻しそうな雰囲気に満ちておりひたすら「ノリを楽しむ」作品だと思う。 そういう意味で視聴者はかなり選ぶ。 ゴアがダメなら最初から無理。 ヘンテコで薄汚い街「ホール」を舞台に、魔法でトカゲ頭に変えられてしまった 記憶喪失の男 バカ カイマンが、カンフーチャイナ食堂女の二階堂と共に、ホールに やってくる侵略者、魔法使い達をブッ殺しまくる。 というスタートから始まり、 カイマンの正体は? カイマンの「口の中の男」は誰なのか? 二階堂の正体は? 下っ端魔法使い、 藤田の運命は? 恵比寿の記憶の秘密は? 十字目の魔法使いのボスは? 栗鼠とカイマンの関係は? と次から次へと謎が出てくる。 しかし、登場人物達は嬉々として殺しまくり、死に、復活し、 と残虐な殺戮シーンに反してやたらにバカで明るいのが、さらにカオスな雰囲気を強調する。 「ドロヘドロ」の題名通りの残虐ブラックユーモアにノレる性質ならお奨め。 ま〜話はご都合主義に畳まれそうだが、それも良し。 結局畳まれもせず話はまだ途中のままEND。 しかし続編を前提としたシメで二期あるいは劇場、 OVAかと夢は膨らむ。 例えそれが雲散霧消しても・・・「それがドロヘドロ」。

次の

【アニメドロヘドロ2話感想】キャラクター描写が非常に良い

ドロヘドロ アニメ 評価

Netflixドロヘドロアニメ第一話感想評価は? ついにドロヘドロが動画でアニメで動いた・・・すごいぜ!映像も美しい・・・・。 特に背景は最高。 ホールの世界観の構築は完璧でした。 オープニングはドロヘドロの混沌な世界観をケミカルな世界観で描いたクソみたいな安易な芸大の学生作の映像(褒めてない)と小洒落た音楽。 まぁ映像のせいでくそ。 エンディングは淡々と暗い空間を進み続ける。 ラストに恵比寿とカイマン。 意味わかんないけどこれが一番ドロヘドロしていた気がする(ほとんど暗がりで映像がないから?)。 音楽は普通。 物語全般は1巻をまるっとアニメ1話にぶっこんだあたり、上手くはしょっているのは見事だと思った。 が、肝心の映像はせっかく綺麗な背景なのにかんじんのブサイクな主人公カイマンと二階堂の声の演技で台無し。 それでも第一話のおすすめは虫の魔法使いと恵比寿のやりとりが原作世界観に声も動きも迫力があって好き。 見ていてニンマリした。 が、原作ファンとしては物足りない。 特に二階堂。 特にハングリーバグで虫の魔法使いに対し「この辺は魔法使いが多くてな〜」 と説明するセリフ。 笑いながら説明をつづける二階堂。 二階堂がキャハって・・・。 なんだろう、原作での二階堂の声は淡々と喋っている印象があったけどアニメでは感情ががっつりと入った演技。 きっとこれがアニメでは普通なのでしょうが、これはドロヘドロ。 あのドロドロしたダークな世界観には似つかわしくない演出過多な声、 なんか自分の演技に酔っているのかな? そう感じた。 もちろん私は原作ファンでアニメ素人の個人の感想です。 カイマンの声おじいちゃんかな? おじいちゃんでした。 カイマンの声は高木さん。 シワがれ枯れ渋声が強みの声優なのでしょうが、 ずーーーーっとこの声を聞くたびに おじいちゃんが頑張って演技している そんな光景が想像できてしまい無理でしたわ。 虫の魔法使いの声が一番世界観にも想像通りにしっくりきた。 カイマンがブサイク。 二階堂もブサイク。 だがプロポーションはこれでいい。 カイマンの皮膚の色が黄緑。 なんかなぁ。 二階堂の顔がブサイクなのはPVの時点でしっていたけどやっぱりがっかり。 声も変だしね。 だけどプロポーションは原作よりもタイトな作業着をきているからおっぱいの形が見えてエッチ。 ドロヘドロでやっとまともなエロが出てきたから嬉しかった。 PR Netflixドロヘドロアニメ第一話「みんな」の感想評価は? 最高すぎた!個人的覇権 唯一無二のアニメ、よく映像化したな CGなのに手描きに錯覚するの凄え! 世界観も良い味出てるぜ 地上波でも遠慮なくグロいの好きw いやもう話も面白いし最高よ とりあえずOP映像見て これ好きだわってなったら絶対見ろ そう、餃子を作るだけのOPを… =============== 餃子食いたくなったw =============== アニメ最高。 18年にわたってファンだった私が納得の出来です! =============== 今夜はワイの 最推しアニメ『ドロヘドロ』! ドロヘドロはイイゾ〜 奇妙な世界観に濃いキャラクター 独特な設定に餃子、餃子、餃子 Welcome トゥ 混沌! =============== ドロヘドロ先行配信なう!! 知らない人は原作からアニメまでガッツリじっくり観てほしい!!! 原作のタッチ?質感?とか色遣いがカッコよくて、カオスな世界観が魅力的でお洒落でおちゃめで最高だから! 恵比寿とギョーザ男がすき PR ドロヘドロストーリーネタバレ 第一話では• カイマンと二階堂の二人が藤田を襲い逃られる。 藤田、煙(えん)に泣きつく• カイマンと二階堂虫化の魔法使い(へたくそ)をぶっ殺す• 骸骨マスクの恵比寿を襲う。 カイマンの喉写真撮ったけどなんも映らない。 第二話は人気キャラ恵比寿の ヌード姿が拝める可能性があるのでお楽しみに。 ドロヘドロアニメを無料で見る方法とは? ぶっちゃけるとYouTubeで画質も音質もくそでOPもEDも削除された速攻で通報されて削除されそうな違法動画がありますね。 それは嫌なら、Netflix一択。 現時点で配信しているのはNetflixだけなのと、1ヶ月間無料で見放題できるお試し期間あがるから今すぐに高画質版ドロヘドロアニメを観たいならこれしかないですぜ。 まとめ:Netflixドロヘドロアニメのネタバレ感想評価と原作との違い紹介 映像化不可だけど頑張ったアニメスタジオ拍手。 カイマンと二階堂の顔は嫌。 カイマンと二階堂の声はとっても嫌。 慣れるまで我慢かな? プロポーションはエロい。 恵比寿の声を怯えた顔は最高。 第一話のおすすめは虫と恵比寿。 無料で観たいならネットフリックス一択。 第二話で恵比寿のおっぱい見れるかも。 なんだかんだ原作好きだから見るけど。 魔のおまけ入れてくれ。

次の

おいでませ、混沌。アニメ「ドロヘドロ」と時計メーカー「セイコー」が初コラボ!(2020年6月30日)|BIGLOBEニュース

ドロヘドロ アニメ 評価

作品紹介 あらすじ カイマンは自分の頭を元に戻すために、そして記憶を取り戻すためにニカイドウと共に「ホール」にやって来る魔法使いを狩っていく。 彼は何者なのか、なぜ記憶がないのか、口の中の男は誰なのか。 それはまだ……混沌の中。 それが……ドロヘドロ! 初期がやや見辛いのとアクションシーンの動き辺りには不足はあるが、魅力が勝って絵に関して相当に長期連載ながら全くブレない。 画集としても価値あり ・伏線 が多い 漫画。 後述の根気を求める部分はありつつも、あそこはそういうことだったのかと驚くところが多く、最終的にはほとんど回収されている ・荒々しく見えてスッキリした感もある絵なのでグサグサは来ないが図抜けたグロバトル バラバラでも魔法で回復可能なので遠慮なし 、それでいて不思議と明るいブラックユーモアがある作風 【悪い点】 ・謎への回答で基本的なこれは先に示さないと世界観に入り込みにくいのが後半以降に頻出。 話の楽しさは前半にあると思うが、無駄に掴みにくい引っかかりを引きずった。 自分としては不評もある後半の方が一気に明かされて来たような感覚で話に入れたのもあって一長一短に。 面白くないことはないがピークを感じにくかった ・18年に渡る連載期間、作者もあとがきで半ば認めているように後半に迷走感 主人公コンビ一時解散。 多すぎるようなキャラによる群像になって場面転換が多用など。 次第に収束して行って、終わってみればこれもタイトル通りドロヘドロではあったが 【総合評価】 短所を感じにくい完結後に一気に読んで良かった。 アニメ化企画中らしいが、アニメ化するならば逆算してもっと整えた構成にした方がとは思う。 評価は「良い」寄りの「とても良い」 【良い点】 敵も味方も魅力的なキャラクターがたくさん。 女性キャラがおざなりにならない。 伏線が多く、それらが繋がり謎が解けていくのが面白い。 細かく入り組んだ世界観。 ストーリーも終わりまで丁寧に練られていることがわかる。 後半シリアス回が多くなり始めると、続きが気になる引きがずるい。 【悪い点】 悪いというわけではないが、面白くなるまで時間がかかるので 気が長くない人はすぐ切ってしまうかも。 値段が高い。 独特の画風で画面が見づらい。 バトルシーンに迫力がない。 世界についての説明、魔法についての説明がほぼ無いので、 突然特殊な設定が出てきたとき、読者から見るとご都合主義に見える。 【総合評価】 謎解きとこの世界観が好きになれるか。 キャラクターに愛着を持てるかというところだと思う。 登場人物達がどうなってしまうのかを知りたいと思うか、 そこが続きを読みたくなるかどうかの違いだと思う。 私はとても面白いと思った。 【良い点】 人がバンバン死ぬしグロいのにほんわかしている。 はっきり言ってこの雰囲気は世界にこの漫画だけじゃないかと思うくらいすごい。 「著者は、この作品は「歌詞がメチャクチャダークで凶暴なのにメロディーは踊りたくなるくらい楽しい曲」からインスピレーションを受けて生まれたと語っており[1]、退廃的で殺伐とした世界観と、グロテスクでハードコアな作風に、剽軽なキャラクターとブラックな笑いをちりばめることで独特のユーモアさを醸し出している。 」wikipediaより ドロヘドロの魅力の9割はこの雰囲気だと思う。 逆に言えば、この雰囲気を面白いと思えなければ、単にグロくてブラックユーモアのあるファンタジーとしか思えないだろう。 ユーモア自体ちょっと独特なので、それも楽しめないなら駄作に見えてしまうだろう。 ドラゴンボールで悟空をかっこ良く思えないようなもの 残りの1割もそれはそれでかなり魅力的だ。 魔法の独創性 指や口から煙を出し、その煙が対象に変化を与える はファンタジーとして画期的。 絵がかっこいい。 上述の唯一無二の雰囲気を出すのに間違いなく一役買っている。 食べ物が旨そう 食い物描写の良い漫画に外れはない云々。 キャラがだいたい皆たってる。 だんだん明らかになる謎が面白い。 【悪い点】 自分の観察力が足りないのかもしれないが、内面世界の描写がわかりにくい。 出版ペースが遅い。 ちょっと高い。 本屋に置いてなかったりする。 【総合評価】 魅力の9割が雰囲気と断じたが、その根拠として同じ作者の魔剣Xが自分にはあまりに面白くなかったことがある。 魔剣Xはユーモア性0の完全シリアスなものだ。 本の終わりに魔のおまけという単行本のみの話があるのだが、それは全部ユーモアな話でとても面白い。 終盤に差し掛かって話がシリアスなのが多いため、魔のおまけが本当に楽しみになってしまった。 本当に素敵な作品なので是非オススメしたい。 出会って良かったと思える漫画である。 作品DB内ブログ記事 1. by エスパー... 、 それ目当てなら別にハズレじゃないのかなー。 DMCはやはり中二心をくすぐらせるからなあ。 1でダンテが新たな力を得る際、剣にブッ刺されながらオサレポーズ取っていたのは当時唆ったぜ。 あとただでさえプレイヤーの高揚感を高めるBGMが最高。 鉄子の旅 黒柳徹子の旅番組 ではなく今は無き月刊IKKI ぼくらの、 ドロ ヘドロの連載誌... by 陣兵... キャラを1体デザインし、一点透視図法を使って目線の高さを調べる 「 実践作業 」をして授業を進めるみたいです。 【林田球先生】 「ソファーちゃん」、「魔剣X ANOTHER」、「 ドロ ヘドロ」 連載中... by rickenbacker... 方なら分ると思いますが、 これは本当に傑作です。 これほど考えさせられ、感銘を与えられた作品を私は他に知りません。 作者の岩均等先生は他にも優れた作品を世に出していますので、是非チェックしてみてください。 現在連載中の「ヒストリエ」もぐいぐい引き込まれる素晴らしい作品です。 次点で「ヴィンランド・サガ」「 ドロ ヘドロ」が好きです... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の