題名 の ない 音楽 会 関西。 題名のない音楽会 2月26日収録: 湘南ガールと兄貴の独り言・ふたり言

『題名のない音楽会』7年半ぶり司会交代 佐渡裕から五嶋龍へバトンタッチ

題名 の ない 音楽 会 関西

3月5日の『題名のない音楽会』は歴代の指揮者を語る音楽家たちです。 日本を代表する指揮者がアトリエに集まり、歴代の名を馳せた指揮者の特徴やこだわり、技術について語り合います。 番組内容をご紹介いたします。 1964年にスタートし、2014年に放送50年を迎えたテレビ朝日の最長寿番組です。 番組スタート当時から、オーケストラと異ジャンルの音楽を融合するなど、常にチャレンジし続けていることが番組最大の魅力です。 その功績が評価され、2009年5月28日にギネス・ワールド・レコーズ社より、「世界一長寿のクラシック音楽番組」として認定を受けました。 2015年にはヴァイオリニスト・五嶋龍が番組歴代最年少(27歳)で5代目司会者に就任。 「伝統を次世代に伝え、また今という時代に合わせてアップデートする」をキーワードに、固定概念を打ち破り「真の音楽の魅力」を伝えるべく展開していきます。 新しいコンセプトは「HUB(ハブ)」。 ハブ空港のように音楽家と音楽家がこの番組に集まり、出会い、交流し、コラボレーションすることで、新たな音楽を生み出す場を提供します。 スポンサーリンク スポンサーリンク 【3月5日放送予告内容】•

次の

放送予定|題名のない音楽会|テレビ朝日

題名 の ない 音楽 会 関西

ことし9月に、'08年から7年半にわたり「題名のない音楽会」 テレビ朝日系 の司会を務めてきた世界的指揮者・佐渡裕が、番組を卒業することが分かった。 これに伴い、番組内容も大胆にリニューアル。 放送開始51年目の秋、さらなる歴史を刻むべく生まれ変わる。 なお、10月からの後任は世界的バイオリニスト・五嶋龍に決まった。 現在、司会を務める佐渡は、'08年4月の放送から、急逝した羽田健太郎氏の後を引き継ぐかたちで司会に就任。 小澤征爾、レナード・バーンスタインのまな弟子であり、初代司会者の黛敏郎氏とも番組内で共演経験のある佐渡は、当時既に日本を代表する世界的指揮者で、毎週放送の番組司会就任は驚きをもって報じられた。 佐渡の司会就任後は、番組コンセプトを示す「皆さんと一緒に新しいページをめくりましょう」という決めワードをコールに採用。 このフレーズは、番組の視聴だけにとどまらず、そこで感じた音楽の楽しさや喜びを、ページをめくるようにどんどん広げていってほしいという願いが込められている。 毎回番組の冒頭で大きなページをめくるジェスチャーと共に観衆に唱和され、番組全体に佐渡を中心とした大きな一体感を生んできた。 また、本業の指揮はもちろんのこと、関西人らしい笑いを盛り込んだトークあり、感激の涙ありと、世界的指揮者の人間味あふれる姿は常に視聴者を魅了。 世界各地でのコンサート活動を続けながら、忙しいスケジュールの合間を縫って番組の企画にも携わるなど、まさに八面六臂 ろっぴ の活躍で番組を導いてきた。 この7年半、番組は「世界一長寿のクラシック音楽番組」としてギネス認定 '09年 、東日本大震災復興支援コンサート '11年 、放送50周年 '14年 など、さまざまな節目を経験してきた。 佐渡自身もまた、念願だったベルリン・フィルハーモニー管弦楽団でのデビュー '11年 を含め、ドイツ、フランス、イタリア、イギリスなどの名門オーケストラに多数客演を重ね、世界的指揮者としてのキャリアを着実に重ねてきた。 そしてことし9月からはオーストリアの名門、トーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督に就任し、本場ヨーロッパでの指揮活動にますます専念することになり、物理的に司会を続けるのは難しいことから卒業という形で番組を去ることに。 現在26歳の五嶋がデビューを飾ったのは7歳の時。 その記念すべき舞台で共演のオーケストラを指揮したのは、現司会者の佐渡という不思議な縁で結ばれている。 これまでのクラシック音楽の醍醐味 だいごみ に加えて、さらに異ジャンルとのコラボにも挑戦。 若くして既に国際的キャリアを誇る五嶋は、アメリカ・ニューヨークを拠点とし、世界を舞台に活躍中。 幼いころから神童の呼び声が高く、同じく世界的バイオリニストである五嶋みどりの弟としても注目を集めてきた五嶋だが、成人した現在では卓越した国際感覚の持ち主としても多くの人々を引きつけ、クラシック音楽界に限らず幅広い交流を結んでいる。 リニューアル後の「題名のない音楽会」では、クラシック音楽はもちろん五嶋の持ち味を生かせる異ジャンルとのコラボレーション・プログラムも多数企画している。 クラシック音楽の知識がなくとも、誰もが引きつけられる本物の芸術を届けていく。 クラシック界のトップスター二人によるバトンリレーで、「題名のない音楽会」はこの秋、新たなページをめくる。 ヨーロッパでやっていけるかどうか自信がないという時に、番組に背中を押してもらえたことはすごく大きな力になりました。 番組との不思議な縁、強いつながりがあって、50周年という節目に司会を務めるという大役が回ってきたのだと思います」と、しみじみ振り返る。 さらに「番組を離れるのは寂しいですが、この7年半で自分が得たことを糧に、本業の指揮をこれまで以上に頑張っていかなければならないと思っています」と、さらなる夢へ向けて意気込みを語った。

次の

放送予定|題名のない音楽会|テレビ朝日

題名 の ない 音楽 会 関西

で地区はの影響で打ち切られ、4年後のにでネットが再開された、というのは間違ってるような気がする。 もうちょっといい情報をつかんでから、書き込みしてもらいたいものだ。 2005年10月21日 金 22:05 UTC それなら今、で議論するところなので、そうしてみましょう。 2005年11月30日 水 20:12 UTC 井戸端は個々の記事について議論をする場所ではありません。 「題名のない音楽界」の記事内容についての議論をするのならば、こちらでやってください。 井戸端に持ち込まないで下さい。 -- 2005年11月30日 水 12:28 UTC 失礼。 …ところで1週間、いや1ヶ月以上経っても議論等がないようなので、これから編集して変えます!! 関西地区のネットのこと。 事実と異なっててイヤだからです。 2005年12月7日 水 15:36 UTC 目次• 「題名のない音楽会」関西地区でのネットに意義あり! [ ] このセクションは井戸端から転記したものです さんが「」の関西地区でのネットのことについてに書き込んでいたので、初めての参加ではありますが、この井戸端で議論したいと思います。 私も同感で、ので一旦打ち切られ、4年後のにでネットが始まった、というのはありえません。 やはり、61. 199. 185. ですから、もうちょっと詳しい方、修正してもらえませんか? 現在wikiに掲載されてるのは、全くといっていいほど信用できません。 2005年11月30日 水 20:33 UTC 個々の記事の内容についてはその記事のノートでやってください。 記事の議論が井戸端に持ち込まれたら、井戸端はえらいこっちゃになってしまいます。 -- 2005年11月30日 水 11:54 UTC 羽田氏逝去に伴う放送について [ ] すでに5月中旬で入院をしているため、そのあたりの収録から代理を立てていると思われます。 実際の放送での確認をお願いします。 -- 2007年6月24日 日 00:32 UTC 放送時間に関する記述について [ ] どうもこの件に集中している方もいるようで、いきなり書き直すとモメそうなので、ちょっと投げてみます。 紙に出力してみたのですが、実質6ページ出力された中で放送時間に関する記述が1ページ前後あります。 特に、「概要」ではいきなり放送時間の記述が180字程度書かれていて、節の半分以上が放送時間に関することになっています。 最も肝心な「オーケストラ中心の音楽番組」ということは記述されていません。 いささかバランスを欠いていると思います。 個人的に有益性の判断がつかないのですが、必要な人もいるかもしれません。 キー局以外の時差放送などはこの項目よりそれぞれの局の項目に移動した方が閲覧上有益ではないかと思います。 そういった編集で大幅に記述を整理したいと思うのですが。 -- 2008年4月12日 土 03:10 UTC 番組の放送日時(放送時間)差し替えに関しては、テレビ番組の項目のほとんどで、別に項目を作ってフォローしています。 ですからテレビ番組の項目そのものから考えれば、貴殿の考え方のほうが間違っていると思います。 テレビ番組の個々の項目を良くお読みになってください。 あくまでもここは「テレビ番組の項目」なのです。 記述整理の必要は全くありません。 -- 2008年4月12日 土 22:19 UTC ああはいはい、番組の中身よりも放送時間の方を気にする方がいらっしゃって、あちこちに書いた結果それが常識になったということですね。 -- 2008年4月13日 日 00:59 UTC 確かに、「概要」という節に放送時間が書き連ねられているのは奇異に思います。 「概要」ではどういう内容の番組か判るような記述がされているのが望ましいのではないでしょうか。 現在書かれていることは「放送時間」という節を作って移すなどした方がよさそうです。 By 2008年4月13日 日 02:08 UTC 健ちゃん様のご意見(提案)、なかなか良い提案だと思います。 「放送日時について」という節がありますので、そこに移したほうがよろしいのではないでしょうか?-- 2008年4月14日 月 21:53 UTC 何だかもめているところでなんですが、そのもめている原因は、「概要」の所で、放送日時にかなり割いているのに、番組の内容のことがほとんど書かれていないのでは? と思うのであります。 ですので「概要」に、放送内容を書き足しました。 なにぶん議論中の部分ですので、念のためここにご報告いたします。 -- 2008年4月28日 月 13:33 UTC ありがとうございます。 時間が経っているので、そろそろ手を入れようかと考えていたところでした。 別にもめているとは思わないのですが、「奇異さ」についてはご指摘の通り、番組内容にほとんど触れていない点が大きいです。 さらに「概要」とは言いがたい放送時間(何度も言いますが、編集している方々の熱心さほど広く一般に必要とされているようには思わないんですが)が詳細に書かれている(しかも、出典が無く、解説内容もに近い)ことも「奇異さ」の原因と考えています。 客観的に考えて「無くても構わない」のですがとりあえず節を作って移すことに賛成します。 -- 2008年4月29日 火 07:24 UTC 執筆実績不明のIPさんを除いて、放送時間に関する記述を移動することにご異議はないと判断しましたので、上記編集いたしました。 同時に、放送時間の解説について一般的なテレビ番組表で確認できない記述については要出典テンプレートを貼付させていただきましたので、ご報告いたします。 以前にも貼ったのですが勝手に剥がされてましたので、次に議論無く剥がした際にはルールに従って対応させていただきます。 それにしても、どー考えても地方局の事情まで番組項目に記述する必要を感じませんなあ。 広範囲に渡って書かれてしまってるそうなのでエネルギーを投じて無くすことまでしませんけど。 -- 2008年4月30日 水 03:41 UTC 独自研究の疑いについて [ ] 最近の編集を見ていますと、局側が編成方針について明確に意思表明したソースもないのに、放送結果を理由として「この日はこのように変更される」といった普遍的な記述をするユーザがいるようです。 これは明らかにの「情報の合成」であり、を満たしていません。 よって独自研究タグを貼付しましたので、記述した方は是正をお願いします。 -- 2008年8月1日 金 17:46 UTC.

次の