おそうじ 本舗 独立 開業。 独立開業は資金が不安?資金なし・低資金で始められる仕事を紹介!

おそうじ本舗フランチャイズの全貌【検証】利益率とオーナー年収

おそうじ 本舗 独立 開業

これまでもオーナーとして研修に参加しておりましたが、 研修はタイムスケジュールも決まっていましたし、 会社員と同じような管理される側の生活でした。 これからは自分でしっかり管理していかないといけないので、 そのために決めたことが2つあります• 自宅での作業時にも制服に着替え、サービス提供時と同じ服装で作業する• 朝礼を一人で行う この2つです。 サービス提供時と同じ服装で作業する 形から入るってとても大切だと思います。 特にルーティーンがなくてもスイッチを入れられる方もいると思いますが、 私はなかなか難しいので、 サービス提供できる服装で外からの視線を意識して気を引き締めています。 もちろん、ヒゲもしっかり剃って髪の毛もセットしています。 朝礼を一人で行う その日にやることをToDoリストで確認 作成 し、 ToDoリスト、理念、挨拶の1通りを声に出します。 ここでの自分的なポイントは、カメラに納めておくことです。 客観的に自分を観察する練習です。 特に挨拶は相手から見ての印象がとても大切になりますので、 サービス業の方は是非取り入れてみてください。 声の大きさ、姿勢、表情、仕草などの第一印象を大切にしていきます。 ルール決めのメリット 良いことはたくさんありますが、自分の場合は• 気が引き締まる• やることが明確になる• 目標設定能力がつく この3つです。 気持ち的な変化は前述の通りです。 やることが明確になるというのは、 To Do にリストアップすることで可視化することができるようになりました。 そして、目標設定に関しては 1日の終わりに今日は目標達成したかしていないか振り返るためには 正しく目標設定ができていないとうまくできないからです。 今後の予定 賃貸契約、車両の用意、事務作業諸々、、、 やることいろいろありますが、1つずつ終わらせていきます。 初期購入機材にプラスで購入した備品や、 開業前後の資金状況なども、今後記事にしていきます。 おそうじ本舗に限らず、独立などの不安を抱えている方などに ありのままを提供できるようにしていきますので、 今後ともよろしくお願いいたします。

次の

【おそうじ本舗】 ハウスクリーニング オーナー 募集 / 個人宅向け ハウスクリーニング 知名度 信頼度 バツグン!! 未経験OK 充実な研修あり 営業利益率70%以上 【フランチャイズ】

おそうじ 本舗 独立 開業

都内でおそうじ本舗を開業した者です。 営業経験がない、顧客がいないのであれば、かなりの覚悟が必要かと思います。 本部からの紹介は、いわゆる繁忙期6・7月と11月12月はそれなりに期待は出来ますが、地域によっても紹介の数は大幅に違います。 待っていても安定した収入は得られないと思います。 攻める覚悟があれば、成功している店舗も多くあります。 私の場合、10月に開業。 10月11月は近隣の店舗に現場に呼んでもらい 12月は、エリアに恵まれ(富裕層が割りと多く)本部の紹介がかなりあり、いいスタートを切ることができました。 その後も縁で顧客ができ、6月7月8月でエアコンクリーニングによる繁忙期を迎え、今月無事1年を迎えることが出来ました。 収入にも満足してますし、今後も続けていくつもりです。 その一方、同期開業8人のうち4人が一年以内に廃業しているというのも現実です。

次の

【注目ポイント】おそうじ本舗のフランチャイズで独立・開業・起業

おそうじ 本舗 独立 開業

このビジネスの儲けのツボ、開業詳細、支援体制等を資料で読んでみよう このビジネスの儲け方がわかる 開業資金や準備の詳細がわかる 契約やサポートの詳細がわかる ビジネスに興味を持ったらまずはビジネスモデルや売上、利益などを理解する事が大切。 実際どのくらい儲かるの?と思ったらもらえる資料で収益モデル、儲け方などを学んでみよう 独立開業を目指すとしたら実際はどのくらいの資金や準備が必要なのか。 もらえる資料を読んでみて、開業前そして開業後に必要となるものをしっかりと把握しておく事が重要です 契約内容や開業前後で受けられるサポートの具体的な内はもらえる資料や事業説明会などでしか知ることができません。 まずは比較検討を始めるための情報を手に入れてみよう おそうじ本舗のフランチャイズ経営の口コミ評判 37 件 仕事等の理由で掃除まで手が行き届かない主婦や、高齢者に対するニーズはあると思いますが、どの地域で開業するかによっても収益に差が出るのではないでしょうか。 また、都会ならまだしも、地方では未だに自分の家の掃除は自分でという雰囲気が強いとは思うので、地方の場合は顧客開拓が大変そうな気がします。 そして開業前のサポートには基礎研修が6日、現場研修が2日とありますが、これだけの短期間で高度な清掃技術が身に付くのかは疑問かもしれません。 お客に対して満足を提供しなければ固定客になってくれないかもしれません。 しかし反面、一度気に入られたらとことん利用してもらえるでしょうから、やはり長期の研修で完璧な清掃技術が身につけられるようなシステムを構築するべきだと思います。 高齢化社会が進む現代で、ハウスクリーニングは今後も需要が伸びる業態だと思います。 ハウスクリーニング業は、コンビニのように店舗を構える必要もないし、オーナー1人からでも始められる、しかも他のFCに比べて開業資金を抑えることができるので、私自身も独立する際の選択肢と考えてみています。 ただし、待っていても仕事は入りませんから、積極的な営業活動が必要でしょうし、今まで内勤であった私にできるかどうかは不安が残るところです。 また、安定した収入を得るまでに半年以上はかかるとなると、十分な蓄えも必要になりそうです。 ちなみに同業のダイオーズでは、営業活動は本部側が行い、FCオーナーは本部から仕事を受けるというスタイルだそうなので、本業に専念することもできそうに見える。 おそうじ本舗はハウスクリーニングでは大手で、コンシューマーとしては安心して利用できる知名度があるとは思っています。 開業資金で200万台と言うのは個人起業の中では比較的安価だとは思いますが、お金にゆとりがあったらこのビジネスを選ばないような気もしています。 事業内容は掃除という技術がいるような、根気さえあれば誰でもできるようなものですが、仕事としてやる分には達成感がありそうで好感は持てます。 逆に人を雇う立場になると従業員が手抜きしそうな内容でもあります。 不動産屋やマンションオーナーなどとコネクションがあるのであれば、軌道に乗るのも早そうですが、全くの部外者から業界に入る場合、地域によっては嫌がらせなども受けそうです。 先日、違う業者に換気扇のクリーニングをお願いしましたが2時間の予定が4時間かかり、追加料金は発生しなかったので賃金体系はどうなっているのか不思議に思いました。 効率的に仕事ができる能力のある人じゃないと、大変な仕事なんでしょうね。 以前からハウスクリーニングの仕事に興味を持っていたので、もし独立できたらこのような仕事をしてみたいとは思っています。 家事としての掃除などは好きではないのですが、仕事としての掃除は好きですし、TVなどでよくやっている汚部屋掃除などは好きで見るので、一度はやってみたいと思ったりします。 資金面では貯金もあるので問題なさそうですが、ただし仕事として毎日働くとなると体力面や精神面が心配になってきます。 掃除はおそらく自分が思っている以上に体力を使うものと思われますし、現在の会社ではハウスクリーニング業者とも取引をしているのですが、遺品整理の仕事がきたりと、精神的にきつい仕事がくると聞いたこともあり、その辺も不安です。 そういった面を気にしない、体力面も自信あり、という人間ならばうまくやっていけそうですが、そればかりは体験してみないと分からないですね。 30半ばの会社勤めの者です。 独立起業を考えて試しに何社かの資料請求をしました。 その中で、ハウスクリーニングなら店舗費用が不要なので開業資金もそれほど必要とはしないかもしれないと考えて研究をしました。 お掃除本舗のフランチャイズ加盟の募集ページにも、届いた資料と同じ収支モデルが掲載されていますが、実現するのは簡単ではないだろうと感じました。 初期費用の221万円(税込)は、ともかくとして、収支モデルの内容をベースに考えてみると、毎月の売上が976,000円となっています。 月に働く日を25日として1日あたりの想定売上げでいくと39,000円。 実際には営業だけの日もあれば、全く仕事がないという日も出てくるでしょうし、作業単価の安いハウスクリーニングでこの数字を出すのは難しいのかなと感じました。 お掃除本舗の競合はダスキンサービスマスターかお掃除宅配便あたりかと思います。 ダスキンの方はやはり非常に有名な分、信頼感があるようですが、値段的にはダスキンの方がお掃除本舗よりも若干高めというところかと思います。 お掃除宅配便は首都圏や関西がメインで他地方ではサービスを提供していないため割愛します。 最近はお客さんもエアコンクリーニング1つでもしっかりと他社と比較して見積もりをとっている事が多く、特にダスキンと競合する割合は高いですが、今のところダスキンよりは若干価格面で分はあるというところ。 あとは営業上、サービスの品質、仕上げの部分でダスキンに劣らないということを理解してもらう事が営業上は大切になると思います。 あくまでもインターネットの書き込みも含めてにはなりますが、儲かる人は年商1000万以上の人もいれば年商300万以下の人もいるそうです。 1000万以上の人は1割程度。 500万以下は全体の半数以上となっていると聞いた事があります。 おそうじ自体単価は低いもので毎月ロイヤルティを払ってまでやるものではないそうです。 売り上げから経費を差っ引けば手元にはそんなに残らないこと。 あくまでもインターネットに書かれているのはモデルケースでの例に過ぎませんですので、数字に関しては鵜呑みにしないこと。 最初に開業するエリアで大半の売り上げは決まるとの事。 人口10万人の地方都市で他店舗がなければ1人で立ち上げれぱ、ある程度はやっていけるそうです。 他店舗があれば本部からの紹介を奪い合いになりますので、店舗が多ければ必然的にそれだけ仕事は来ないそうです。 そのエリアに以前おそうじ本舗の有無の確認も必要との事。 やめた店舗が独立してお客さんを持っていっているケースが多々あるとの事。 人気の高いその他のビジネスもしっかりとチェックしておこう 様々なビジネスの事を学ぼう 自分の目で見極めて判断しよう 常に一歩先へ進める癖付けを 脱サラ独立を目指すにはまず何より世の中にある様々なビジネスを知り、その仕組みや売上、収益のモデルを学ぶ事が必要不可欠。 身近にある様々なビジネスがどのように成り立っているかをきちんと学ぶ事が重要です より詳しく仕組みを学ぶためには無料でもらえるオーナー希望者向けの資料や説明会をフル活用する事も大切。 独立した人がどのような準備を経て開業し、成功、失敗したのかを知り、リスクを抑えておく姿勢が重要 脱サラ独立はすぐに出来るものではありません。 興味のあるビジネス段々と絞り込みながら、必要となる資金や知識を蓄えるための時間も必要。 思い立ったらまず現状より一歩を進めてみるという癖付けも重要 脱サラしたい、将来は独立開業したいとは思っているものの、なかなか実際の行動に移せないという方はたくさんいらっしゃいます。 脱サラをして生活していけるだろうか?と悩む前に、今の仕事を続けながら小さな目標を掲げて、少しずつ準備の行動を行なっておく事が、独立開業を実現するための第一歩につながります。 まずは興味のあるビジネスの詳しい資料を取り寄せて、今よりももう一歩深く独立を検討してみる。 休日などを利用して希望者向けの説明会やセミナーに参加してみる。 必要な投資や経費、欲しい利益などを試算してみる。 そんな目標を1つずつクリアしていくことで着実に知識を深め、今よりも一歩前へ進む自信も持てるようになるはずです。 焦る必要はありませんが、「独立の夢を自分に引き寄せる」ために1つずつ行動していく事が、最も大切です。 おそうじ本舗のフランチャイズ経営に関する体験談やご意見をお寄せ下さい• 1位 40件• 2位 37件• 3位 36件• 4位 36件• 5位 33件• 6位 30件• 7位 30件• 8位 28件• 9位 28件• 10位 27件• 11位 25件• 12位 24件• 13位 23件• 14位 23件• 15位 22件• 16位 21件• 17位 20件• 18位 20件• 19位 18件• 20位 18件• 21位 17件• 22位 17件• 23位 15件• 24位 15件• 25位 15件• 26位 15件• 27位 15件• 28位 14件• 29位 14件• 30位 13件 地域からビジネスを探す.

次の