出水 市 事件。 鹿児島県出水市の治安【事件や事故など】|治安マップ

鹿児島県出水市の日本アルコール産業で男性従業員が原因不明で死亡

出水 市 事件

26日午前7時20分ごろ、鹿児島県出水市の路上で「女子中学生が襲われ血を流している」と通行人の男性から119番があった。 女子中学生は頭にけがをしているが、命に別条はない。 県警は現場から逃走した男を熊本県内で見つけ、同日夜、傷害などの容疑で逮捕した。 逮捕されたのは、熊本県津奈木町、養鶏作業員、長浜雄介容疑者(23)。 県警によると、容疑を認めているという。 女子中学生は登校中で、県警によると「(容疑者と)面識はない」と話している。 頭部に数カ所の切り傷があり、搬送先の病院で頭を縫うなど治療を受けたという。 関係者は「石で殴られたと聞いた」と話した。 事件を目撃し、女子中学生を救助した男性(69)によると、男性が近所をパトロールしていたところ、通学路に中学生用のかばんや小型のナイフが落ちており、近くの駐車場に熊本ナンバーの軽乗用車がドアを開けたまま止まっていた。 不審に思った男性が近くで男と女子中学生を発見。 男性は「見知らぬ男が女子中学生を襲っていたので『何しよっとか』と叫んだら、男はあわててナイフを拾って車で逃げた」という。 ナンバーを記憶していた男性は警察に通報。 「女子中学生は『血が、血が』と動転していた」と話し、救助した際に付いたとみられる女子中学生の血が、男性の上着やズボンにも付着していた。 男性は「中学生の心の傷も心配。 早くケアをしてほしい」と語った。 現場は市中心部から離れた静かな集落の一角。 近くに住む女性は「普段、外部の人が入ってくるような場所ではなく、こんな事件が起きた実感が湧かない」と声を震わせた。 【林壮一郎、菅野蘭、降旗英峰】 鹿児島県出水市で4月26日、女子中学生がわいせつな行為を受けたうえ、切りつけられケガをする強制わいせつ・傷害事件が発生しました。 犯人は現在も逃走中。 発表によりますと4月26日午前7時半ころ、出水市高尾野町の路上で、中学1年の女子中学生が面識のない男からわいせつな行為を受け、刃物のようなもので切りつけられる事件が起きたということです。 画像出典:ANN 通行人から「中学生が男に襲われ、頭をケガして出血している」などと鹿児島県警に110番通報があったことで事件が発覚。 この通報を受け警察官や救急隊らが現場に駆けつけたところ、女子中学生が頭部から出血していました。 女子中学生は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けているということですが、ケガの程度などについては不明。 幸い意識はあり、命に別状はありません。 鹿児島県警によりますと、犯人の男は犯行後、車で県外に逃走した可能性が高いということです。 当時、女子中学生は登校中で、男はレイプまたはわいせつ目的で女子中学生を襲ったとみられています。 現時点では、犯人の特徴や逃走経路などについては不明。 近隣住民の方々は戸締まりの徹底をするとともに、不審な人物を目撃した際は近寄らずすみやかに110番通報するようお願いいたします。 この事件にインターネット上では「レイプ魔が逃走中ってことか」「犯人逃走とか怖すぎる。 早く捕まることを祈ってます」「女子中学生にわいせつ行為して切りつけるとかマジで許せない」などと様々な声が多数ありました。 鹿児島県警は傷害と強制わいせつの疑いで、周囲に設置された防犯カメラに映像解析を進めるとともに、犯人の行方を追っています。

次の

鹿児島出水市で女子中学生を襲った犯人の名前や顔画像!動機や現場の場所は?

出水 市 事件

26日午前7時20分ごろ、鹿児島県出水市の路上で「女子中学生が襲われ血を流している」と通行人の男性から119番があった。 女子中学生は頭にけがをしているが、命に別条はない。 県警は現場から逃走した男を熊本県内で見つけ、同日夜、傷害などの容疑で逮捕した。 逮捕されたのは、熊本県津奈木町、養鶏作業員、長浜雄介容疑者(23)。 県警によると、容疑を認めているという。 女子中学生は登校中で、県警によると「(容疑者と)面識はない」と話している。 頭部に数カ所の切り傷があり、搬送先の病院で頭を縫うなど治療を受けたという。 関係者は「石で殴られたと聞いた」と話した。 事件を目撃し、女子中学生を救助した男性(69)によると、男性が近所をパトロールしていたところ、通学路に中学生用のかばんや小型のナイフが落ちており、近くの駐車場に熊本ナンバーの軽乗用車がドアを開けたまま止まっていた。 不審に思った男性が近くで男と女子中学生を発見。 男性は「見知らぬ男が女子中学生を襲っていたので『何しよっとか』と叫んだら、男はあわててナイフを拾って車で逃げた」という。 ナンバーを記憶していた男性は警察に通報。 「女子中学生は『血が、血が』と動転していた」と話し、救助した際に付いたとみられる女子中学生の血が、男性の上着やズボンにも付着していた。 男性は「中学生の心の傷も心配。 早くケアをしてほしい」と語った。 現場は市中心部から離れた静かな集落の一角。 近くに住む女性は「普段、外部の人が入ってくるような場所ではなく、こんな事件が起きた実感が湧かない」と声を震わせた。 【林壮一郎、菅野蘭、降旗英峰】 鹿児島県出水市で4月26日、女子中学生がわいせつな行為を受けたうえ、切りつけられケガをする強制わいせつ・傷害事件が発生しました。 犯人は現在も逃走中。 発表によりますと4月26日午前7時半ころ、出水市高尾野町の路上で、中学1年の女子中学生が面識のない男からわいせつな行為を受け、刃物のようなもので切りつけられる事件が起きたということです。 画像出典:ANN 通行人から「中学生が男に襲われ、頭をケガして出血している」などと鹿児島県警に110番通報があったことで事件が発覚。 この通報を受け警察官や救急隊らが現場に駆けつけたところ、女子中学生が頭部から出血していました。 女子中学生は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けているということですが、ケガの程度などについては不明。 幸い意識はあり、命に別状はありません。 鹿児島県警によりますと、犯人の男は犯行後、車で県外に逃走した可能性が高いということです。 当時、女子中学生は登校中で、男はレイプまたはわいせつ目的で女子中学生を襲ったとみられています。 現時点では、犯人の特徴や逃走経路などについては不明。 近隣住民の方々は戸締まりの徹底をするとともに、不審な人物を目撃した際は近寄らずすみやかに110番通報するようお願いいたします。 この事件にインターネット上では「レイプ魔が逃走中ってことか」「犯人逃走とか怖すぎる。 早く捕まることを祈ってます」「女子中学生にわいせつ行為して切りつけるとかマジで許せない」などと様々な声が多数ありました。 鹿児島県警は傷害と強制わいせつの疑いで、周囲に設置された防犯カメラに映像解析を進めるとともに、犯人の行方を追っています。

次の

【事件】出水市昭和町 工業用アルコール工場「日本アルコール産業出水工場」で作業員の62歳男性が死亡

出水 市 事件

出水警察署によりますと8日午前9時10分ごろ、出水市昭和町の「日本アルコール産業出水工場」で、 この工場に勤める出水市緑町の小村行弘さん(62)が発酵用タンクの上部で倒れているのを工場の人が発見し、消防に通報しました。 小村さんは心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、9日午後5時ごろ、死亡が確認されました。 小村さんは、屋外の発酵用タンクの蓋を開けて、ひとりで工業用アルコールの発酵状況を点検していたということです。 蓋の近くに倒れていて、外傷はなかったということです。 警察で、小村さんの作業状況や死因などを調べています。 引用元『MBC南日本放送 鹿児島』 事件現場はどこ? 鹿児島県出水市昭和町の「日本アルコール産業出水工場」です。 Twitter 工業用アルコールなどに関するツイート 消毒用アルコール エタノール 不足で次亜塩素酸水ナトリウムで消毒をすることも推奨されてるみたいだけど、アルコール エタノール と混ざったら有毒なクロロホルムが発生するから、気をつけないとヤバそう— あぼ 上京七周年 zobonn 工業用アルコールはメタノールなので消毒に使えなかったはず 有毒なので だし 買うなら無水エタノール 薄めて使えば消毒に使えるよ なんだよなぁ— つくね 卵付き kondoroitin33 財務省が酒税を徴収しているせいで安い工業用アルコールには飲めないように有毒なメタノールやイソプロパノールが入っている。 外用剤や化粧品に使われるものにも酒税を回避するため毒性が弱いイソプロパノールが入っている。 人体の消毒にも使えるアルコールは高騰していて長期的に使うのは難しい。 そのうち劇物の工業用アルコール(メタノール『有毒』)も売り切りてしまいそう。

次の