ディディ フード。 フードデリバリーサービス「DiDi Food(ディディフード)」とは?

DiDiFooD(ディディフード)研修研修内容!行ってきました

ディディ フード

肉原料 FORZA10のタンパク原料となる魚・肉(鶏肉・鹿肉・ラム肉・牛肉)は、全て経済畜産・集約畜産されていないので一般的な食物過敏症の主要原因と考えられる 「化学飼料」に使用される薬品の残留物を含みません。 魚 栄養価が高く消化によい食物です。 脂肪分が少なく、ビタミンA・ビタミンD3・ビタミンBグループ・鉄分・リンといったミネラルを多く含んでいます。 また、EPA・DHAとして同化されるオメガ3系脂肪酸を多く含み、健康な皮膚やきれいな毛並みに貢献します。 シカ肉 集約畜産ではなく、野生に近い状態で生活しています。 高タンパク質(筋肉の成長を促進)で低カロリーな上鉄分やビタミンPP(ナイアシン)やビタミンBを摂取するにも最適です。 又必須アミノ酸が豊富で、オメガ3とオメガ6の配合がよく、特に飽和脂肪が少ない肉です。 ラム肉 タンパク質・ビタミン・ミネラル(特にカルシウム・鉄分といった成長に必要なミネラル)を多く含んだアレルギーのリスクが少ない動物肉の一つです。 いつもの肉の味に変化をつけることは、食欲を増進し耐性や消化を高めます。 鶏肉 低カロリーで消化に良い肉です。 それは筋肉繊維が細い為コラーゲンやエラスチンが少ないためです。 穀物に含まれるアミノ酸であるリシンを特に多く含み、枝分かれしたアミノ酸も多く含みます。 脂肪は、高度の不飽和状態であるのが特徴です。 血液中に酸素を運んだり、皮膚の健康を保つのに重要なミネラルである鉄分や亜鉛を多く含みます。 リノール酸は、皮膚や毛並みや生殖器の保護に役立ちます。 穀物原料 炭水化物の使用源は、消化やエネルギー機能を持つ組織に強い影響を与えます。 炭水化物は以下の原料を使用します。 米 本物の自然食品で、同化しやすいデンプンを含みとても消化がよく、ビタミンBを多く含みます。 主な特徴のひとつは消化の良さなので、幼年老年の年齢を問わずいずれの 食事にも適しています。 その上、グリアジンを含まないので、タンパク質の消化が苦手で 麦(穀物)過敏症に苦しんでいる子達にとって 「代替」製品 になります。 ポテト ジャガイモの栄養の特徴は、 処理方法により異なります。 デンプンを多く含むので、 適度に火を通すことにより高いレベルで消化可能な食品になります。 トウモロコシ 一般的にトウモロコシについての誤解が多く見られます。 トウモロコシ全粉・トウモロコシヌカ等をペット原料として使用している場合、トウモロコシ本来の 栄養部分を取り除き、増量剤として配合された結果、栄養価も大変低い又は含まれていない商品が存在します。 原料使用されるトウモロコシ品種は人間の食用と経済畜産のエサ用とはそもそも品種自体も違います。 消化吸収も悪く、タンパク質は大変低品質です。 給与量が多く、便量・便臭が増えるので飼い主も気づきます。 FORZA10が使用するトウモロコシは「粉挽きトウモロコシ粒粉」であり、人間が食する トウモロコシと同じ品種原料です。 その品種原料は大変高価なため、 一般的に 安価なドッグフードには使わない(使えない)のが現状です。 そして加工方法の違いも商品品質を大きく左右し、「全粒」「粗挽き」「粉挽き」では全く違うものです。 もう一つの誤解はトウモロコシがアレルギーになりやすいと思われている事です。 まず、人間へのアレルギー特定原材料にも、推奨18品目の中にもトウモロコシは含まれておりません。 そして穀物アレルギーが起こる大きな原因にグリアジンという物質があります。 これはトウモロコシのタンパク質には含まれておらず穀物アレルギーの一番多い穀物は小麦だと言われています。 また、遺伝子組み換えや農薬汚染によってトウモロコシ原料自体に問題や不安がある場合がありますがFORZA10の原料となるトウモロコシには 遺伝子組み換えではないトウモロコシの粒部分の身を使用し、 農薬を使用していない契約農場のトウモロコシを使用します。 トウモロコシは 専属契約農家より粒状のまま袋詰されてサニーペット社に届けられます。 使用品種:トウモロコシ学名 Zea Mays L. そして粉砕方法も叩いてつぶすよりも圧をかけてすり潰す方がさらに細かく粉砕されて密度が小さく表面積が広がる為、 消化性と嗜好性があがります。 消化率も高く 摂取後の便臭も減少します。 トウモロコシは原料となる「品種」「使用部位」「加工方法」で消化・吸収・嗜好性等が大きく異なります。 脂質原料 エネルギー源にもなる重要な栄養素で、炭水化物やタンパク質と比較すると倍のエネルギーを供給します。 さらに、必須脂肪酸(リノール酸、アラキドン酸など)の 大切な供給源で、脂溶性ビタミン(A・E・D3・K の吸収を促進し、食欲を増進する効果があります。 脂質は、脂肪酸の化合物で、その中に必須なものもあります。 これらの必須脂肪酸は、体内で作ることができないので食生活で摂取しなければなりません。 脂質を含むと、犬や猫にとってとても食いつきの良いフードになります。 魚油 必須脂肪酸であるオメガ3とオメガ6を多く含みます。 特にオメガ3はEPAやDHAを多く含むことが特徴です。 コーン油 リノール酸(オメガ6系の脂肪酸)を多く含み、皮膚や毛並みを健康に保ち、皮膚の乾燥や荒れを予防するのに効果があります。 皮膚と毛並みの健康にとても良い油です。 ミネラル• ビタミン ミネラルは、生体に微量存在し、エネルギーは作り出しません。 ミネラル分は、体重の約4%しかありませんがビタミンは、生命維持に重要な要素です。 ビタミンは、生体内で合成することができないので食物から摂取しなければならない栄養素の一つです。 水溶性(ビタミンC・ビタミンBグループ)、脂溶性(ビタミンA・E・D・K 必要なビタミンは、病気の有無、年齢、性別など個体の健康状態により変化します。 授乳期や妊娠期には必要量が増加します。 FORZA10製品はすべて、 体格に応じたビタミンとキレートミネラルの必要量を的確に配合しています。 特徴的な原料 パイナップル、朝鮮人参の根、Bio MOS マンナンオリゴ糖 、Bio FOS フラクトオリゴ糖 、ビタミンC、自然保存:ビタミンE パイナップル パイナップルは実や葉や茎、全ての部分に、 ビタミンAとCが相当量含まれています。 主要成分の ブロメライン酵素は、植物由来のタンパク質分解酵素を代表する健康素材です。 朝鮮人参の根 朝鮮人参の根(東洋自然医学で有名)は、以下の特長を持っています。 含まれるサポニンは何種類もあり、それぞれが違った働きをするのも特徴です。 Bio FOS フラクトオリゴ糖 果物や野菜に含まれる炭水化物です。 ビフィズス菌や乳酸菌といった各種腸内細菌の数を調整する働きがあることが証明されています。 Bio FOSは、食べ物の栄養を腸内で吸収するのを助けます。 Bio MOS マンナンオリゴ糖 ビール酵母に含まれ、腸内細菌の活動を調整します。 ビタミンC 特にローズヒップに豊富に含まれます。 ビタミンCは、抗酸化作用を持ち、フリーラジカルの酸化作用と対照的に働きます。 自然保存 本当の自然保存とするために、ビタミンEの作用で酸化を防ぎます。 (ガンマ・デルタの自然トコフェロール、そしてローズマリー抽出物を自然の酸化防止剤として利用します。 ) 世界特許 AFS ハーブや漢方・ビタミンの有効成分が製造時の熱によって変成したり、損なわれないよう、常温で特殊な圧縮を 掛けて製造する「ハート型AFSタブレット」はサニーペットの世界特許技術です。 植物の抗酸化力(フィトセラピー)を利用し、アレルギー体質に働きかけます。 このタブレットは漢方薬を作る工場で作られます。 フォルツァ10レジェンドは氷河に囲まれた北極圏のキレイな海のアンチョビを主原料として使用した シングルプロテインタイプです。 食べ飽きが少なく、安心・栄養バランス抜群のフードです。 (エブリデイビオライン) 世界認証オーガニック(有機)食 毎日食べるものだからこそ、原料と製造基準がより高くより安心できる商品を選びたい飼主の為の国際機関認定オーガニックフード お肉が大好きな愛犬愛猫の為に有機認定の肉・穀物・油と有機認定漁場の魚を有機認定工場で製造 公的な第三者機関で有機認定を受け、動物の健康を考える企業努力と高い食品安全性をペットを愛する飼主に届けます.

次の

大阪で開始!DiDi Food(ディディフード)の使い方とお得な割引、利点欠点を解説

ディディ フード

「滴滴出行(ディディチューシン:Didi Chuxing)」が、これまで「AI(人工知能)」を活用した「タクシーの配車アプリ」で培ってきた「ノウハウ」を「出前サービス」に活用した「食事宅配サービス(フードデリバリーサービス)」が「DiDi Food(DiDiフード)」なのです。 日本では4月7日から、「ソフトバンク」が共同出資する「DiDiモビリティジャパン」が「大阪府大阪市」でサービスを開始しており、今後、順次全国に拡大予定となっております。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「特徴」は、先行して日本で「サービス」を展開している「UberEats(ウーバーイーツ)」「Wolt(ウォルト)」などのように、「自転車」や「原付バイク」を持つ「個人(個人事業主)」を「配達員(配達パートナー)」として登録し、「アプリ」からの注文に応じて、「空き時間」に「食事(料理)」を運ぶ「仕組み」です。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」のように、「インターネット」で「単発の仕事」を請け負う働き方は「ギグワーク(ギグワーカー)」と呼ばれており、「宅配便」や「食事の配達」「相乗り(ライドシェア)」などの分野で、世界中で広がりをみせています このような「個人」の働き手は、「個人事業主」として、自由に働けたり、成果に合わせて収入も上がっていくという「メリット」を享受できる分、「雇用保険」や「労災」「最低賃金の保障」などを受けられないという「デメリット」も存在します。 DiDiフードとは|ディディフードとは・DiDiFood始め方・DiDi Food配達員登録方法・配達パートナー配達エリア・配達料・注文方法・頼み方・注文の仕方 「DiDiFood(DiDiフード)」の、日本での「サービス開始」は、2020年4月7日に「大阪市(大阪府)」からスタートしました。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「大阪市(大阪府)」の「サービスエリア(対象エリア)」は、「大阪市」の「福島区」「北区」「中央区」「西区」「浪速区」「天王寺区」の「6区」から始まっており(2020年4月時点)、今後、全国に順次サービスエリア拡大予定となっていますので、現段階で「サービスエリア外」の「エリア」や「地域」に住んでいる人は、「DiDiFood(DiDiフード)」の「サービスエリア」が拡大し、自分の住んでいる「エリア」や「地域」が、「サービスエリア内」に認定される日を、気長に待っていてください。 DiDiFood(DiDiフード)のサービスエリア 注意紹介している情報は、2020年4月時点の情報です。 現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。 DiDiフードとは|ディディフードとは・DiDiFood始め方・DiDi Food配達員登録方法・配達パートナー配達エリア・配達料・注文方法・頼み方・注文の仕方 「DiDiFood(DiDiフード)」では、「注文者(ユーザー)」が注文した「料理(食事)」を、「レストランパートナー(飲食店)」に取りに行き、「注文者(ユーザー)」のもとに届ける役割を、「配達パートナー(配達員)」と呼ばれる人達がやってくれています。 DiDiFood DiDiフード 配達パートナーになりたい人の「DiDi Food配達員登録方法」 「注文者(ユーザー)」が「DiDiFood(DiDiフード)」で「料理(食事)」を注文すると、「配達パートナー(配達員)」は、「レストランパートナー(加盟店)」のもとへ、調理された「料理(商品)」を受け取りに行きます。 「レストランパートナー(加盟店)」で「料理(商品)」を受け取った「配達パートナー(配達員)」は、そのまま「注文者(ユーザー)」のもとへ行き、「料理(商品)」を引き渡すと、「配達の仕事」が完了し、後日、「DiDiFood(DiDiフード)」から「成果報酬(お金)」が、指定した口座に振り込まれるようになっています。 DiDiFood DiDiフード 配達パートナー 配達員 とは 先ほども言及しましたが、「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」とは、「DiDiFood(DiDiフード)」に登録しているだけの「個人(個人事業主)」が務めます。 また、「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」は、「DiDiFood(DiDiフード)」自体が雇用している「パート」や「アルバイト」ではなく、「DiDiFood(DiDiフード)」とは「雇用関係を結んでいない」、独立した「個人」が「個人事業主」として登録しているため、「配達パートナー(配達員)」は、「DiDiFood(DiDiフード)」が外部委託している「配達の仕事」を請け負う形で、「配達業務」を行い、「報酬(お金)」を得ていることになるのです。 このように「DiDiFood(DiDiフード)」と、登録している「配達パートナー(配達員)」の間に「雇用関係は発生していない」ので、僕たちは「配達パートナー(配達員)」になるために「書類選考」や「面接」などを、自分自身を審査されることもなく、「インターネット」からの「アカウント登録」と「説明会への参加」という「2ステップ」を完了させるだけで、基本的には、誰でも「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」になることが可能です。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」の「大きな2ステップ」を以下に整理しましたので、確認しておいて下さい。 「インターネット」から、「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー登録サイト」にアクセスをして、「配達パートナーアカウント」を作成し、提出に必要な書類を、全てアップロードする• アップロードした書類が、全て承認されたら、次は「パートナーハブ」と呼ばれている「DiDiFood(DiDiフード)」の「事務所」へ行き、「登録説明会」に参加し、作成した「配達パートナーアカウント」の「有効化」をしてもらう また、「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」は、基本的には、「自分自身で所有している車両」を使って、「配達の仕事」を行っていくことになるのですが、「配達パートナーアカウント」の作成時に、「配達の仕事」で利用したい「車両(原付バイク・自転車・軽貨物)」を申請する必要があります。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」が「配達の仕事」で利用できる「車両」は、以下の「3種類」となりますので、覚えておいてください。 「DiDiFood配達パートナー」が利用できる「車両の種類」• 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」は、「DiDiFood(DiDiフード)」と「雇用関係を結んでいるアルバイト」ではなく、「DiDiFood(DiDiフード)」の「雇用関係を結んでいない個人事業主(個人)」となります。 よって、「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達の仕事」で稼いだ「所得」にかかる「所得税」などは、自分で「確定申告」を行い「納税」することになります。 DiDiFood DiDiフード 配達パートナー 配達員 メリットは 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」になると、「個人事業主」として、いつでもどこでも、自分の都合に合わせて、自由度の高い「働き方」が出来るようになります。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」なら、「1時間」だけでも、「半日だけ」でも、「週末だけ」でも、もちろん「毎日」でも、好きな時に「配達の仕事」をすることが可能なので、「専業で配達の仕事をやる人」だけではなく、普段は「会社員」として働いている人の「副業」としても、とても魅力的だと思います。 DiDiFood(DiDiフード)配達パートナーの「メリット」• 柔軟に自由に働ける• 頑張れば頑張るだけ、収入に反映される• 自転車を選択すると、運動にもなる 柔軟に自由に働ける 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」は、「個人」が「個人事業主」として働いているので、いつ・どのくらいの時間で働くかは、あなたの気分次第で決めることが可能です。 また、気を遣う上司や、同僚もいないので、仕事で人間関係に悩むことが多い人は、個人の力を存分に発揮することが出来ます。 頑張れば頑張るだけ、収入に反映される 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」になると、どのくらい稼ぐかは「あなた次第」です。 「配達の仕事」を効率的に行ったり、「配達の回数」を増やしたり、「長い距離を配達する」ことで、自分自身の意思で、稼げる収入を増やしていくことが可能です。 ですので、「ゲーム感覚」で、自分なりに効率良く稼ぐコツを発見する楽しみも、出てきます。 自転車を選択すると、運動にもなる 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」では、「配達車両」で「自転車」を選ぶ人も多くいます。 普段から「運動不足の人」は、「配達車両」に「自転車」を選ぶことで、「運動をしながら、お金を稼ぐ」ことが可能となり、一石二鳥となります。 DiDiFood DiDiフード インセンティブ報酬 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」が稼げる「報酬」には、以下のようなものがあります。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」が得られる「報酬(インセンティブ)」の一例を、以下に紹介します。 DiDiFood(DiDiフード)配達パートナーが稼げる報酬の種類• 配達インセンティブ報酬 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」が、稼ぐことが出来る「報酬」は、大まかに分けると、「2つ」に分類されます。 それは、基本となる「配達料金」と、ボーナスとなる「配達インセンティブ報酬」の「2種類」です。 また、「DiDiFood(DiDiフード)」の基本となる「配達料金」の「特徴」として、「配達パートナー(配達員)」が「レストランパートナー(飲食店)」の所まで「料理(食事)」を取りに行く(ピックアップする)際の「距離」によって、「距離料金(受取距離料金と呼ばれています)」が加算されるようになっており、これは、他の「フードデリバリーサービス」にはない「DiDiFoodの配達パートナーのみのメリット」だと言えるでしょう。 「DiDiFood(DiDiフード)」と同様の「フードデリバリーサービス」である「UberEats(ウーバーイーツ)」や「Wolt(ウォルト)」では、「配達パートナー(配達員)」が「レストラン」へ「料理(食事)」を取りに行く時の「時間や距離」に関しては、一切報酬が発生しない仕組みになっている一方で、「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」の場合は、この「レストランまでの距離に応じて、受取距離料金が追加される」ようになっている点は、実際に働いている「配達パートナー(配達員)」側にとっては、本当に有難い「仕組み」だと言えるでしょう。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達報酬」の「仕組み」 2020年7月末までは、「サービス手数料」が「無料」に設定されています。 2020年8月以降の「サービス手数料」に関しては、決まり次第、発表されます。 DiDiFood DiDiフード 配達パートナー 配達員 報酬の「支払いサイクル」 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」が稼いだ「配達料金(報酬)」の支払いサイクルは、【毎週火曜日に、前週分(月曜日0時~日曜日23時59分)の「配達料金」が、登録の銀行口座に入金される】ようになっています。 このように、「DiDiFood(DiDiフード)」では、「支払いサイクル」が「毎週」に設定されているので、急な出費や、お小遣いを稼ぎたい時など、キャッシュフローが必要な時は、すぐに働いてお金が手に入る仕組みになっているので、とても重宝します。 DiDiFood DiDiフード 配達パートナー 配達員 は「個人事業主」 「DiDiFood(DiDiフード)」の「特徴」は、先行して日本で「サービス」を展開している「UberEats(ウーバーイーツ)」「Wolt(ウォルト)」などのように、「自転車」や「原付バイク」を持つ「個人(個人事業主)」を「配達員(配達パートナー)」として登録し、「アプリ」からの注文に応じて、「空き時間」に「食事(料理)」を運ぶ「仕組み」です。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」のように、「インターネット」で「単発の仕事」を請け負う働き方は「ギグワーク(ギグワーカー)」と呼ばれており、「宅配便」や「食事の配達」「相乗り(ライドシェア)」などの分野で、世界中で広がりをみせています このような「個人」の働き手は、「個人事業主」として、自由に働けたり、成果に合わせて収入も上がっていくという「メリット」を享受できる分、「雇用保険」や「労災」「最低賃金の保障」などを受けられないという「デメリット」も存在します。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」として、「配達の仕事」を開始するためには、当たり前ですが、まず最初に「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」として登録をしていかなければなりません。 ここでは、「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」として「登録」をし、作成した「配達パートナーアカウント」を「有効化」するまでの方法を、解説していきます。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」になるためには、大きく分けて「オンラインでアカウントを作成するステップ」+「登録説明会でアカウントを有効化するステップ」の「2つのステップ」を完了させる必要があります。 DiDiFood(DiDiフード)配達パートナー(配達員)になる方法• 「インターネット」から、「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー登録サイト」にアクセスをして、「配達パートナーアカウント」を作成し、提出に必要な書類を、全てアップロードする• 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」になるための「インターネット」からの「オンライン登録」は、以下の流れとなります。 配達パートナーになるためのオンライン登録の流れ• 「配達パートナー登録サイト」にアクセスをする• 「配達パートナーアカウント」を作成する• 「アカウント登録」に「必要な書類」を、全て「アップロード」する• 「パートナーハブ」で行われている「登録説明会」に参加して「アカウントを有効化」する• 「配達用バッグ」を受け取る それぞれの、「工程」は難しくありませんので、1つずつ進めていきましょう。 「DiDi配達パートナー登録」の流れ ステップ1:DiDi配達(公式アプリ)から配達パートナー登録をする方法 まずは、「DiDiFood(DiDiフード)」の「DiDi配達」という「配達パートナー専用アプリ」を、「スマホ」に「インストール」して、その「DiDi配達(配達パートナー専用アプリ)」から「配達パートナー登録」をする方法を、解説していきます。 最初に、「アプリストア」から、「DiDi配達」という「DiDiの配達パートナー専用アプリ」を、「スマホ」に「インストール」して下さい。 「DiDi配達」が「スマホ」に「インストール」出来たら、「アプリ」を起動すると、「携帯電話番号」を入力する画面が表示されますので、ご自身の「携帯電話番号」を「空欄」に入力し、「同意」の「チェックボックス」に「チェックマーク」を入れてから、画面下にある「次へ」ボタンをタップしてください。 「携帯電話番号」を入力し、画面下の「次へ」ボタンをタップすると、「認証コードを入力」という画面に切り替わります。 「認証コードを入力」という画面に切り替わると同時に、登録した「携帯電話番号」宛に、「認証コード」が書かれた「SMSメール」が届きますので、その「SMSメール」に書いてある「認証コード」を確認して、「アプリ」の「認証コードの入力画面」に入力して下さい。 「SMSメール」で届く「認証コード」を入力すると、次は「パスワード設定」画面が「アプリ」に表示されます。 この「パスワード」は、今後、「公式アプリ」から「マイページ」に「ログイン」をする時などに必要ですので、「任意」で「お好きなパスワード」を設定し、「空欄」に入力が出来たら、画面下の「確認」ボタンをタップして下さい。 「パスワード」を決定し、「空欄」に入力が出来たら、画面下の「確認」ボタンをタップすると、「ユーザー情報を入力してください」という画面が表示されますので、「空欄」に「メールアドレス」を入力して、画面下にある「次へ」ボタンをタップしてください。 「ユーザー情報を入力してください」という画面の「空欄」に、ご自身の「メールアドレス」を入力して、画面下の「次へ」ボタンをタップすると、画面が切り替わりますので、そのまま画面下にある「登録」ボタンをタップしてください。 画面下にある「登録」ボタンをタップすると、「配達都市と配達方法を選択」画面が出現しますので、それぞれの項目を「選択・入力」して、最後に、画面下の「次へ」ボタンをタップして下さい。 「配達都市と配達方法を選択」画面の入力項目 配達する都市 「配達の仕事」をしたい「都市」を選択して下さい。 配達方法 「配達の仕事」で利用する予定の「車両」に「チェックマーク」を入れて下さい。 「配達都市と配達方法を選択」画面で、それぞれの項目を「選択・入力」して、最後に、画面下の「次へ」ボタンをタップし終えたら、「デリバリー・パートナー向けDiDi配達利用規約」の画面が表示されますので、その「規約」を読んで、画面下にある「次へ」ボタンをタップしてください。 「利用規約」を読んで、画面下にある「次へ」ボタンをタップすると、「本人情報の登録」画面が表示されます。 最後に、この画面から、「プロフィール写真」「本人確認書類」などを、全て「アップロード」して下さい。 まずは「プロフィール写真」を撮影して、アップロードしていきましょう。 「本人情報登録」画面の「プロフィール写真」をタップして下さい。 「本人情報登録」画面の「プロフィール写真」をタップすると、「プロフィール写真」の「アップロード画面」が表示されますので、「アップロードする」ボタンをタップして、「撮影した写真」をアップロードし、画面下の「送信」ボタンを、続けてタップして下さい。 「プロフィール写真」をアップロードし、「送信」ボタンをタップすると、「プロフィール写真」の項目が「審査中」となります。 次は、「本人確認書類」の項目をタップして、「本人確認書類」を「アップロード」していきましょう。 「本人確認書類」をタップすると、「本人確認書類の種類を選択」という画面が表示されますので、以下の書類の中から、提出書類を選択し、「書類の写真」を「アップロード」して下さい。 「本人確認書類」の種類• 運転免許証• マイナンバーカード• 住民基本台帳カード• 在留カード(日本籍以外の方は必須)• 学生証+健康保険証• パスポート• 小型船舶操縦免許証 例えば、「運転免許証」を選択すると、下記のような画面が表示されますので、「アップロードする」ボタンをタップして、「提出書類の写真」を撮影してアップロードを行い、最後に「送信」ボタンをタップして下さい。 「本人確認書類」の「アップロード」が完了すると、「本人確認書類」の項目が、「プロフィール写真」と同様に「審査中」となります。 最後に「よくいるエリア」を設定していきましょう。 画面下の「よくいるエリア」をタップすると、「配達希望都市」の中で、「よくいるエリア」が選択できるようになります。 この「よくいるエリア」を選択しておくと、そのエリアでサービスが開始されると、優先して「配達リクエスト(配達依頼)」が流れてくるようになりますので、「よくいるエリア」を選択して、画面下の「送信」ボタンをタップしておきましょう。 「よくいるエリア」を選択して、画面下の「送信」ボタンをタップすると、「本人情報の登録画面」の「よくいるエリア項目」に、「緑色のチェックマーク」が点灯します。 あとは、「DiDiFood(DiDiフード)」側の「承認作業」が完了するのを、待ちましょう。 「通常は5営業日以内に審査」が完了することになっていますが、僕の場合は、審査が空いていた日だったようで、書類を全てアップロードしてから、翌日には、「配達パートナーアカウント」の「登録」が完了しておりました。 「提出書類」のアップロードが、全て完了した後は、登録した「メールアドレス」の「メールBOX」に移動して、「DiDiFood(DiDiフード)」から届いている「メールアドレスの認証メール」の「今すぐ認証」ボタンをタップして、「メールアドレス認証」を済ましておきましょう。 「メールアドレスの認証メール」の「今すぐ認証」ボタンをタップすると、以下のような画面が表示されます。 これで、「オンライン」を使った「配達パートナー登録」は完了です。 「配達パートナーアカウント」の作成が出来た人は、次は「DiDiFood(DiDiフード)」の「パートナーハブ」と呼ばれている「事務所」へ行き、「登録説明会」に参加して、「配達用バッグ」を受け取ると、いよいよ「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」として「配達の仕事」を開始することが出来るようになります。 「配達用バッグ」の中には、「隙間」が発生しやすいので、自宅にある「段ボール」などをカットして、配達用バッグの中に「仕切り部屋」を作成したり、自宅にある「タオル」「包装紙」「プチプチ」などを「緩衝材」として利用し、「配達用バッグ」の中の「隙間」を埋めたり、お金がある人は、「ホームセンター」で「スポンジのブロック」などを購入して、「配達用バッグ」の中の「隙間」を埋めることで、より安定した「配達の仕事」が出来るようになりますので、是非、自分なりの工夫をしてみて下さい。 DiDiFood DiDiフード 配達パートナー 配達員 「配達の仕事の始め方」 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」として「配達の仕事」をする場合の、一連の流れは、以下の通りとなります。 DiDiFood(DiDiフード)配達パートナーの配達業務の流れ• 「配達の準備」をして、「登録車両」で「DiDiFood(DiDiフード)」の「サービスエリア」の中に入る• 「配達リクエスト(配達依頼)」を受ける• 「レストラン」に「商品(料理)」を受け取りに行く• 「配達の準備」が出来た人は、「DiDiFood(DiDiフード)」に登録している「車両」で、「DiDiFood(DiDiフード)」の「サービスエリア」の中に入りましょう。 「注文者」からの「配達リクエスト(配達依頼)」が飛んでくると、その「配達リクエスト(配達依頼)」を受けるかどうかを、「配達パートナー(配達員)」が、判断することになります。 ですので、「スマホ」をポケットに入れたままにしておくと、「配達リクエスト(配達依頼)」を見逃してしまう危険性もありますので、なるべくなら、「スマホケース」や、車両に取り付ける「」に入れて、いつでも「スマホ画面」を確認できる状態にしておいて下さい。 「レストラン」に入店する時は、元気よく「DiDi Food(ディディフード)の配達パートナーです」と、お店の人にお声かけをして、お店に入るようにしましょう。 「レストランパートナー(飲食店)」で「商品」を受け取った後は、「DiDi配達アプリ」の「商品受け取り」を完了させて下さい。 「DiDi配達アプリ」の「注文者」の「配達先住所」が表示されますので、この情報をもとに、「注文者」のもとに向かい、登録してある住所に到着したら、「注文者」に「商品」を渡してください。 「注文者」に、無事、「商品」を渡すことが出来たら、「配達業務」は完了となります。 DiDiFood DiDiフード 配達パートナー 配達員 「配達の仕事のやり方・コツ」 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」として、効率良く配達をして、お金を稼ぐコツとしては、「レストランが多いエリア=注文が多いエリア」で「待機」をして、より多くの「配達リクエスト(配達依頼)」を捌くのが、何よりも重要となります。 また、「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」に支払われる、基本的な「配達料金」には、「レストランパートナー(飲食店)」の所へ「商品」を受け取りに行く(ピックアップする)際の、「受取距離料金」も追加されています。 それ以外の「配達のコツ・やり方」は、実際に自分が「配達の仕事」を経験していく中で、「コツ」も「やり方」も学んでいくことになると思いますので、まずは早めに「配達の仕事」を開始して、「配達の経験」を積むことで、その「サービスエリア」の「特性」や「特徴」を、知っていくことが理想的です。 DiDiフードとは|ディディフードとは・DiDiFood始め方・DiDi Food配達員登録方法・配達パートナー配達エリア・配達料・注文方法・頼み方・注文の仕方 さて、ここからは、「DiDiFood(DiDiフード)」の「公式サイト」や「公式アプリ」を利用して、「料理(商品)」の注文をしてみたい人の「注文方法・頼み方」について、画像付きで解説していきます。 DiDiFood DiDiフード 料理を注文したい人の「DiDi Food注文方法・頼み方」 これから「DiDiFood(DiDiフード)」で「商品を注文してみたい人」は、「配達パートナー登録」とは別に、「注文者(ユーザー)」としての「アカウント登録」が必須となっていますので、まだ「注文者(ユーザー)」としての「アカウント登録」が完了していない人は、先に「アカウント登録」を済ませて下さい。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「注文者」としての「アカウント登録」は、「公式アプリ」もしくは「公式サイト」から、することが出来ますので、ここでは「DiDiFood(DiDiフード)」初心者の皆さんの為に、「注文者(ユーザー)」としての「アカウント登録方法」を、画像付きで解説していきます。 DiDiFood DiDiフード 注文者としての「アカウント登録」をする 「DiDiFood(DiDiフード)」の「注文者(ユーザー)」として「商品の注文をしたい人」は、「配達パートナー登録」とは別の、「注文者」としての「アカウント登録」が必須となっています。 DiDiFood(DiDiフード)注文者のアカウント登録• 「DiDi Food」の「公式アプリ」や「公式サイト」にアクセスをする• 「注文者」としての「アカウント登録」をする• 「支払い方法」を設定する• 「配達先住所」を設定する では、それぞれの工程を見ていきましょう。 「DiDi」注文者としての「アカウント登録方法」の流れ DiDiFood「公式アプリ」の「注文者としてのアカウント登録方法」 まずは、「DiDiFood(DiDiフード)」の「公式アプリ」を、「スマホ」に「インストール」して、その「公式アプリ」から、「注文者」としての「アカウント登録」をする方法を、解説していきます。 最初に「アプリストア」から、「DiDi Food」という「アプリ」を、「スマホ」に「インストール」して下さい。 「DiDi Food」という「アプリ」が「スマホ」に「インストール」出来たら、「アプリ」を起動すると、「携帯電話番号」を入力する画面が表示されますので、自分の「携帯電話番号」を入力し、「同意」の「チェックボックス」に「チェックマーク」を入れて、画面下にある「次へ」ボタンをタップして下さい。 ) 「携帯電話番号」を入力して、「次へ」ボタンをタップすると、「認証コードを入力」という画面に切り替わります。 「認証コードを入力」という画面に切り替わると同時に、登録した「携帯電話番号」宛に、「認証コード」が記載された「SMSメール」が届きます。 その「SMSメール」に記載してある「認証コード」を確認して、「アプリ」の「認証コードの入力」画面に、入力して下さい。 「SMSメール」に書いてある「認証コード」を入力すると、「注文者」としての「アカウント登録」は、完了です。 これで、「DiDiFood(DiDiフード)」の「注文者」としての「アカウント登録」は、完了です。 DiDiFood DiDiフード 支払い方法と配達先住所を設定する 「DiDiFood(DiDiフード)」の「注文者」としての「アカウント登録」が完了した後は、実際に商品を注文する前に、「支払い方法」と「配達先住所」の設定をしておきましょう。 「支払い方法」を設定する方法 まずは「支払い方法」の設定をしていきます。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「アプリ」画面の「左上」にある「人型アイコン」を、タップして下さい。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「アプリ」画面の「左上」にある「人型アイコン」をタップすると、左側に「メニュー」が表示されますので、メニューの中の「設定」をタップして下さい。 左側「メニュー」の「設定」をタップすると、「設定画面」が表示されますので、続けて「アカウント情報」をタップして下さい。 「アカウント情報」をタップすると、「アカウント情報」画面が表示されますので、「プロフィール画像」を入れて、「名前」と「姓」を入力して下さい。 「アカウント情報」が入力されたら、「支払い方法」を登録していきましょう。 再び、「アプリ」の画面左上にある「人型アイコン」をタップして、左側メニューを表示させて、次は「お支払い方法」をタップして下さい。 「お支払い方法」をタップすると、「お支払い方法画面」が表示されますので、「お支払い方法を追加」というボタンをタップして下さい。 「カード情報」を入力して、「追加」ボタンをタップすると、新しいカードが「支払い方法」として設定されます。 「支払い方法」の設定は、これで完了です。 「配達先住所」を設定する方法 次は「配達先住所」を設定していきます。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「アプリ」の画面上側に、「お届け先」と書かれている欄がありますので、ここをタップして下さい。 「お届け先」をタップすると、「お届け先住所」を入力する「検索窓」が出てきますので、ここに正確な住所を入力して下さい。 「過去に入力した住所」も表示されていますので、「過去に使用した住所」を使う場合は、下の選択肢から、「配達先住所」に設定したい「住所」を選択して下さい。 これで、「配達先住所」の設定は完了です。 お疲れ様でした。 DiDiFood DiDiフード 注文者 ユーザー のメリット 「DiDiFood(DiDiフード)」で、「出前注文」をする「メリット」には、以下のようなモノがあります。 DiDiFood(DiDiフード)は何が便利なの?• 「女子会」で「インスタ映えする料理」を注文• 「会社でのランチ」で「お弁当」や「ハンバーガー」を注文• 「家族とのピクニック」で「出来立て料理」や「タピオカドリンク」を注文• 「健康づくり」のために「サラダ」や「スムージー」を注文• 「大切な人との記念日」に「行列ができる有名店の料理」を注文 DiDiFood DiDiフード 商品を注文する際の配達料(配送料)・手数料とは 「DiDiFood(DiDiフード)」で「商品」を注文する際は、「注文した料理の商品代金」に加えて、「配達料(配送手数料)」が必要になります。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達料(配送手数料)」は、注文を確定する前の「注文内容の確認画面」で確認することが出来ますので、注文を確定する前に、「配達料(配送手数料)」が、いくらかかるかを、事前に確認しておいてください。 DiDiFood(DiDiフード)商品の注文方法・頼み方• お店を選ぶ• 食事を選ぶ• 「お店」や「料理(商品)」は、直感に従って選びましょう。 「DiDiFood(DiDiフード)」の場合は、「最低注文金額」はありませんので、最低、商品を「1個」からでも注文することが可能となっています。 ただし、「商品代金」に加えて、「配達料(配送手数料)」が必要ですので、注文を確定する前の画面で、合計料金も確認しておきましょう。 「配達方法」「配達先住所」「決済方法」を確定させて、決済を行えば、後は「商品」が届くのを待ちましょう。 どの「お店」の「料理」も、「DiDiFood(DiDiフード)」では、「約30分」程度で、「DiDiFood(DiDiフード)」の「配達パートナー(配達員)」が配達してくれます。 DiDiFood DiDiフード お友達紹介プロモーションコード(プロモコード)・クーポンコード 「DiDiFood(DiDiフード)」には、「プロモーションコード(プロモコード)」と呼ばれている、お得な「招待コード」があります。 また、不定期で開催される「イベント」毎の「クーポンコード」もあります。 これら「プロモーションコード(プロモコード)」や「クーポンコード」を適用させた上で、条件に合った「注文」を行うと、「商品代金の割引」や「配送手数料の割引」などの「お得な割引特典」が適用されますので、是非、積極的に利用していってください。 DiDiフードとは|ディディフードとは・DiDiFood始め方・DiDi Food配達員登録方法・配達パートナー配達エリア・配達料・注文方法・頼み方・注文の仕方 「DiDiFood(DiDiフード)」の「レストランパートナー(飲食店)」として、自分の「お店」を、「DiDiFood(DiDiフード)」の「公式サイト」や「公式アプリ」に携帯したい「お店のオーナーさん」は、まずは「DiDiFood(DiDiフード)」の「公式サイト」から、「レストランパートナー申請」をする必要があります。 「DiDiFood(DiDiフード)」の「レストランパートナー」に申請すると、後日、「DiDiFood(DiDiフード)」の「担当者」の方から、「連絡」が来る段取りとなっているようです。 まだ、確かな流れは把握できていないのですが、「DiDiFood(DiDiフード)」の「レストランパートナー」として申請後、「審査」に合格すると、「DiDiFood(DiDiフード)」の担当者の方と一緒に、「掲載メニュー」を決めたり、「メニューの写真撮り」などを行い、出店していく流れとなるようです。 DiDiFood DiDiフード レストランパートナーになりたい人の「DiDi Food加盟店登録方法」 「DiDiFood(DiDiフード)」の「レストランパートナー(飲食店)」は、「DiDiFood(DiDiフード)」の「プラットフォーム上」で、「注文者(ユーザー)」からの「注文」を受けて、「料理」を調理していきます。 ただし、「料理(商品)」を配達する役割は、「DiDiFood(DiDiフード)」に登録している「配達パートナー(配達員)」が、「レストランパートナー(飲食店)」の代わりに行ってくれますので、「お店側」は、「従業員」を使って、「配達」をしなくてもよくなっています。 DiDiFood DiDiフード レストランパートナーとは 「DiDiFood(ディディフード)」の「レストランパートナー(加盟店)」の役割は、「注文者」から「注文」を受けた「料理」を、調理する役割となります。 「DiDiFood(ディディフード)」の「レストランパートナー(加盟店)」として、「加盟店登録(出店登録)」をするためには、「DiDiFood(ディディフード)」の「公式サイト」から、「レストランパートナー(加盟店)」への「登録申請」を行い、送信した「飲食店情報(店舗情報)」を、「DiDiFood(ディディフード)」の「運営側」に審査してもらう必要があります。 「DiDiFood(ディディフード)」の「運営側」の「審査」に、晴れて合格すると、「DiDiFood(ディディフード)」の「レストランパートナー(加盟店)」として、あなたの「お店」を、「DiDiFood(ディディフード)」の「公式サイト」や「公式アプリ」に、掲載してもらうことが可能となります。 DiDiFood DiDiフード レストランパートナー 飲食店 登録方法 「DiDiFood(ディディフード)」の「レストランパートナー(加盟店)」として、自分の「お店」を、「DiDiFood(ディディフード)」の「公式サイト」や「公式アプリ」に掲載して欲しい場合には、まず「DiDiFood(ディディフード)」の「公式サイト」から、「レストランパートナー申請」をする必要があります。 「DiDiFood(ディディフード)」の「レストランパートナー(加盟店)」に申請をすると、後日、「DiDiFood(ディディフード)」の「担当者」の方から、「連絡」が来る流れとなっているようです。 まだ、正確な段取りは把握できていないのですが、「」のように、「DiDiFood(ディディフード)」も、「レストランパートナー(加盟店)」として申請後、「審査」に合格すると、「掲載メニュー」を決めたり、「メニューの写真撮影」などを行い、出店していく流れとなるようです。 DiDiFood DiDiフード レストランパートナー 飲食店 初期費用と手数料 「DiDiFood(ディディフード)」の「レストランパートナー(加盟店)」に「申請(登録)」するために、「DiDiFood(ディディフード)」側に初期費用を支払う必要はありません。 「DiDiFood(ディディフード)」の「レストランパートナー(加盟店)」になると、「商品」の「売り上げ」から、「プラットフォーム使用料」として「手数料」が取られる「仕組み」となっているため、「メニュー」選びで、ある程度の「利益」の確保が、初めから出来ていれば、どれだけ販売しても、「赤字」になることはありません。 この「DiDiFood(ディディフード)」の「レストランパートナー(加盟店)」が支払う「手数料」に関しては、まだ正確な数字が把握できていませんので、分かり次第、データを更新させて頂きます。 DiDiフードとは|ディディフードとは・DiDiFood始め方・DiDi Food配達員登録方法・配達パートナー配達エリア・配達料・注文方法・頼み方・注文の仕方【まとめ】 今回は、新しい「フードデリバリーサービス」の「DiDiFood(DiDiフード)」について、解説してきました。 日本では「大阪市(大阪府)」からスタートした「DiDiFood(DiDiフード)」ですが、今後、他の都市へも「サービスエリア」を拡大していく予定ですので、まだ「サービスエリア外」の人は、期待していましょう。 DiDiフードとは|ディディフードとは・DiDiFood始め方・配達員登録・注文エリア・配達料【まとめ】 今後、正式に「DiDiFood(DiDiフード)」から、「サービスエリア拡大予定」が発表された時は、この記事に「最新のサービスエリア情報」も追記していきますので、もし興味がある人は、定期的に確認してみて下さい。

次の

【速報!】ついに!DiDiFood(ディディフード)が宅配サービス開始!!

ディディ フード

もくじ• DiDi(ディディ)って何の会社? 「DiDi(ディディ)とは何の会社」か、について書いていきます。 DiDi(ディディ、中国語:滴滴出行)は、Uber(ウーバー)と同様にタクシー(車)の配車サービスを提供している会社です。 そしてそのどちらもが、フードデリバリーサービスの領域に進出するということになりますね。 ちなみに、DiDi(ディディ)は中国発の会社、Uber(ウーバー)はアメリカ発の会社です。 (どちらも筆頭株主はソフトバンク) このタクシーの配車サービスに関しては、もうすでに日本でも開始していて、サービス開始済みの都市なら街中でも見る機会があるのではないでしょうか。 どちらもシェアリングエコノミーという新しいビジネスモデルの会社でもありますね。 DiDi(ディディ)は戦闘態勢!Uber Eats(ウーバーイーツ)とガッツリやるつもりみたい! DiDi(ディディ)は、日本ですでに始まっているUber Eats(ウーバーイーツ)の不満な部分を改善しながら日本に展開してくつもりみたいです。 つまり、 がっぷり四つに組んで正面からバチバチに戦っていくってことですね!笑 その証拠にサービス開始前の今の段階で、現役ウーバーイーツ配達員を集め、説明会(配達員勧誘)&意見吸い上げが行われています。 これを、彼らが日本でより良いサービスを開始する際に反映させ、役立てるわけですね! 良いところは、 配達員側からしっかり意見を聴取していることだと思います。 結構、注文者側からの意見の吸い上げをする事はよくありますが、勤務に従事する側の声をしっかり吸い上げようとするのは良い傾向だと思いますね。 ウーバーイーツ配達員は働いてると結構アプリや運営側に不満点があったりするので、その部分がもし改善された状態でDiDiのサービスが始まり働けるなら、かなり働く側にしたら良いと思いますね。 既存のウーバーイーツ側にも競争原理が働くだろうし、お互いのサービスが切磋琢磨してたら最高だと思います。 類似サービスで、広島で始まったフィンランド発のフードデリバリー会社のWoltも、Uber Eatsの対抗馬として優秀です! 参考 >> Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDi(ディディ)の配達員バイトの仕事内容の違いは? 以下が今のところわかっている「Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDi(ディディ)の配達バイトの仕事内容の違い」です。 ピックアップまでの距離報酬が発生する ウーバーイーツでは、配達用アプリが鳴った時点からピックアップしに行くレストランまでの取り分はお金が発生しません。 ですが、DiDiでは、 ピッ クアップまでの距離報酬が発生するようにするようです! これが、本当ならマジでデカイです! この「ピックアップの道のりにお金が発生しない」というのは、ウーバーイーツ配達員にとって致命的な問題であったのですが、そこが改善されると言うのは直接収入面に影響してくるので、この時点で「DiDiの配達バイトめっちゃいいやん!!」てなりますよね。 デリバリーサービス手数料は最初はなし ウーバーイーツの場合、1回ごとに手数料というのが若干とられていたのですが、DiDiの場合、この手数料が取られない(無料)と言うことです。 ただ、これはサービス開始時のボーナス的な処置のようなので、まぁ長期的には期待できないと思います。 さすがにサービスが成り立たなくなってしまいますからね。 サービス開始時には、お得な状態で収入を得ることができると言うふうに覚えておくといいと思います。 インセンティブもウーバーイーツと同等のものを用意 ウーバーイーツと同様にDiDi(ディディ)のフードデリバリーもクエスト・ブースト的なインセンティブが用意されているようです。 現時点では詳しい事はまだわかっていませんが、基本的にウーバーイーツと同等以上のものになるとのことです。 ウーバーイーツ的な言い方でいうと、「日跨ぎクエスト」や「その日限定のクエスト」等を配達員自身が選べるようなシステムを取るみたいです。 配達用バッグは自由 ウーバーイーツも配達用のバッグは強制ではありませんでしたが、基本的には「Uber Eats」のロゴが入った四角いバッグで配達するように言われていました。 参考 >> ですが、DiDi(ディディ)では配達に使うバッグは基本自由とのことです。 ただし、ピザなど結構大きさがあったり、ドリンク・スープなどの汁物を運ぶこともあるわけなので、テキトーに選んでも大丈夫という風にはならないと思いますけどね。 ウーバーイーツと両方を掛け持ちできる さらに、ウーバーイーツと両方を掛け持ちできるようになるみたいです。 これは、アメリカなどのウーバードライバーの人たちが既にこのやり方で働いていますよね。 その働き方が日本でも可能になるということです。 具体的にどういうことかと言うと、ウーバーイーツの配達用アプリとDiDiのアプリを両方立ち上げておいて、先に鳴った方の案件をとり収入を得ていくと言う形ですね。 これにより、今までただの待機時間だった時間にもう一つのアプリで案件を取れる可能性があるわけですから、収入がアップする確率が高くなりますね。 アプリをより使いやすいものへ ウーバーイーツ配達員の永遠の悩みである、アプリのくそさ。 ウーバーイーツのドライバーアプリは結構バグも多くて、マップに刺さっているピンがズレていたり結構不満があるもの事実です.... 笑 この点もDiDi(ディディ)ではより良いものに改良したアプリ開発に力を入れているようなので、良い状態でサービスを提供されるようです。 まぁ、「実際どのくらい本当に使いやすくなるのか」というのはアプリを使ってみないと分かりませんが、これはほんとに期待したい部分ですね。 スマホアプリのみで働くのに、そのアプリがストレスの種という謎の状態を経験するのはもうしたくありませんから。 DiDi(ディディ)は大阪でいつからサービスを開始するの?エリアは? まず一番初めにDiDi(ディディ)は大阪でフードデリバリーを開始!対応エリアは? DiDi(ディディ)は、日本初のサービス対象都市として「大阪」でフードデリバリーを開始するようです。 サービス対応エリアとしては、 中央区・北区・浪速区・福島区・西区 で開始予定とのこと。 予定ではありますが、基本的に中心地でサービスが展開されると言う事ですね。 これは時も同じでしたね。 ちなみに、東京ではなく大阪でDiDiフードデリバリーが始まるのは、DiDiのタクシー配車サービスのほうも大阪で始まったからフードデリバリーも同様に大阪から始めるという理由みたいです。 義理と人情的なやつかな。 DiDi(ディディ)フードデリバリーは大阪でいつから始まる? 気になる、DiDi(ディディ)フードデリバリーは大阪でいつから始まるかですが、 「2020年初め頃」というのは決まっています。 追記:2020年4月7日に開始されました! 参考 >> >> 「初め頃」以上のことは、まだ内緒みたいです。 これは、ウーバーイーツが各都市で始まったときと同じですね。 「大体ここら辺の日」と言う事だけ伝えて「実際に具体的にどの日中は結構ギリギリになって伝える」みたいな。 これは外資サービス特有のやつなんですかね。 知らんけど。 といっても、もう2020年を迎えましたから、もうほんとにすぐ始まると思いますね! DiDi(ディディ)フードデリバリーの配達員登録は大阪でいつから可能? これもまだ一般には開始されていないみたいです。 (またわかり次第追記しますので、このページをブックマークするなりしてまたチェックしてもらえればと思います。 ) 今は、ウーバーイーツ配達員経験者のみを対象に配達員の勧誘をしているみたいです。 ただ、上にも書いたようにすでに2020年を迎えていますし、2020年の初め頃に開始されるわけなので、そろそろ一般向けにも登録説明会が始まるのでは?と思います。 まとめ:DiDi(ディディ)デリバリーバイトの期待値高すぎ!ウーバーイーツと掛け持ちで稼ぎたい! というわけで、新しく日本 大阪 でサービスが開始されるDiDi(ディディ)フードデリバリーサービスがついて書いてきました。 ウーバーイーツに真っ向から勝負を仕掛けているだけあって、やる気満々!気合十分!!だし、働く側からしても期待値はめっちゃ高いと思います。 上に書いたようなことが全て実現可能できるならば、複業・副業の仕事としても最高だと思いますね。 「ウーバーイーツとDiDiを両方同時にオンラインできる」というのもかなり収入の確率が上がりますし、良いですよね! さらに、配達員がだんだんと増えてきたせいで、今までみたいにおいしい思いができなくなってしまった都市・エリアもあると思います。 そういう場合に、ウーバーイーツだけではな今回紹介したDiDi(ディディ)のような新しい会社が参入してくれると、配達員が分散するため稼ぎ・収入が確保しやすくなると思います。 実際に、どのくらい今わかっていることが実現されるのかと言う事は期待する一方で少し疑いながら時を待ってみたいと思っています。 ただ、基本的に既存のウーバーイーツの同程度のクオリティはあると思われるので、.

次の