ゴーイングオン。 【ディビジョン2】新防具オンゴーイングディレクティブを使ってみた感想・最強装備となるのか?

ゴーイングコンサーンとは|金融経済用語集

ゴーイングオン

ビルドコンセプト このビルドのコンセプトは、オンゴーイングディレクティブのタレントを利用した「 出血付与」です。 オンゴーイングディレクティブの「ルール・オブ・エンゲージメント」は、 ステータス効果中のキルで強力なホローポイント弾が装填される設計。 この「 ホローポイント弾」は武器ダメージを高めるだけでなく、命中した敵を出血させる効果があります。 ビルドレシピ オンゴーイングディレクティブを採用する場合、4部位中マスクとホルスターの2部位装備は確定します。 そしてライトマシンガン(LMG)を採用する場合はグローブの枠が埋まり、オンゴーイングディレクティブのボディーアーマーもしくはバックパックどちらかを選択しなければなりません。 しかし後述のとおりボディーアーマーの導入は避けるべきですから、 必然的にバックパックに決まります。 ただしもしLMGではなくライフルを採用する場合には、ニーパッドに「 フォックスの祈り」を選択。 代わりにコントラクターグローブを外し、グローブに「CQBフィストガード」を割り当てます。 通常タレントに比べて武器ダメージ上昇値が高く、次に出血させるまでの条件も緩いです。 サディスト セカンダリのダメージも上昇させたい、もしくは武器にライトマシンガンを使いたくない場合の選択肢です。 ただしパーフェクト版に比べて武器ダメージの上昇値が低く、 出血効果も3人ではなく4人のキルが条件です。 サバイバリスト サバイバリストのタクティカルリンクとは、スペシャリゼーションの「サバイバリスト」が持つ武器ダメージ上昇に関わるパッシブタレントです。 発動条件はステータス効果を持つ敵への攻撃で、 グループメンバーに影響する点がメリットです。 弾の制限がなければ検討すべきですが、ホローポイント使用時限定なのであまり効果は高くありません。 トラウマスペシャリスト オンゴーイングディレクティブのバックパックを装備すると有効になる、装備セットのタレントです。 オンゴーイングディレクティブのボディアーマーは装備すべきではありませんから、4部位実現に必要です。 ザ・サクリファイス 専用タレントの「 パーフェクト・グラスキャノン」を備えた、ネームドのボディーアーマーです。 通常タレントに比べて利点と欠点がより際立ち、効果が高い反面被ダメージが命取りになりかねません。 そのためこの装備で生存率が安定しない場合には、 別のボディーアーマーを選択すべきです。 ビルドサンプル紹介 攻撃ビルド 防御ビルド スキルビルド 各種情報まとめ.

次の

有限会社 オン・ゴーイング|組織コミュニケーション・コンサルティング・コーチング

ゴーイングオン

ビルドコンセプト このビルドのコンセプトは、オンゴーイングディレクティブのタレントを利用した「 出血付与」です。 オンゴーイングディレクティブの「ルール・オブ・エンゲージメント」は、 ステータス効果中のキルで強力なホローポイント弾が装填される設計。 この「 ホローポイント弾」は武器ダメージを高めるだけでなく、命中した敵を出血させる効果があります。 ビルドレシピ オンゴーイングディレクティブを採用する場合、4部位中マスクとホルスターの2部位装備は確定します。 そしてライトマシンガン(LMG)を採用する場合はグローブの枠が埋まり、オンゴーイングディレクティブのボディーアーマーもしくはバックパックどちらかを選択しなければなりません。 しかし後述のとおりボディーアーマーの導入は避けるべきですから、 必然的にバックパックに決まります。 ただしもしLMGではなくライフルを採用する場合には、ニーパッドに「 フォックスの祈り」を選択。 代わりにコントラクターグローブを外し、グローブに「CQBフィストガード」を割り当てます。 通常タレントに比べて武器ダメージ上昇値が高く、次に出血させるまでの条件も緩いです。 サディスト セカンダリのダメージも上昇させたい、もしくは武器にライトマシンガンを使いたくない場合の選択肢です。 ただしパーフェクト版に比べて武器ダメージの上昇値が低く、 出血効果も3人ではなく4人のキルが条件です。 サバイバリスト サバイバリストのタクティカルリンクとは、スペシャリゼーションの「サバイバリスト」が持つ武器ダメージ上昇に関わるパッシブタレントです。 発動条件はステータス効果を持つ敵への攻撃で、 グループメンバーに影響する点がメリットです。 弾の制限がなければ検討すべきですが、ホローポイント使用時限定なのであまり効果は高くありません。 トラウマスペシャリスト オンゴーイングディレクティブのバックパックを装備すると有効になる、装備セットのタレントです。 オンゴーイングディレクティブのボディアーマーは装備すべきではありませんから、4部位実現に必要です。 ザ・サクリファイス 専用タレントの「 パーフェクト・グラスキャノン」を備えた、ネームドのボディーアーマーです。 通常タレントに比べて利点と欠点がより際立ち、効果が高い反面被ダメージが命取りになりかねません。 そのためこの装備で生存率が安定しない場合には、 別のボディーアーマーを選択すべきです。 ビルドサンプル紹介 攻撃ビルド 防御ビルド スキルビルド 各種情報まとめ.

次の

quiz.interreg4c.eu: ホワッツ・ゴーイング・オン<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様): 音楽

ゴーイングオン

背景 [ ] ゲイは当時、から帰還した弟から戦場の様子を聞き、反戦曲「」をの専属作家のアル・クリーヴランド、のメンバーのレナルド・ベンソンらと共に書き上げた。 モータウンの社長は当初この曲を気に入らず、シングルとしてリリースすることに難色を示したが、ゲイはそれに対して、リリースしなければ残りの曲のレコーディングもしないと反論した。 この曲のヒットを受けて、ゴーディは残りの曲のレコーディングを指示し、5月にアルバムが完成した。 2曲目の「ホワッツ・ハプニング・ブラザー」は、タイトル曲に引き続き弟に捧げられた反戦歌で 、更にアルバムを通じて貧困、警察の横暴、ドラッグ問題、児童遺棄、都市の退廃、秩序不安といったの社会問題について言及されている。 タイトル・ナンバーのメロディが随所で再登場する構成も相まって、と呼べる内容である。 また、ゲイは自分の表現を妥協せずに貫くべく、のアーティストとしては異例のセルフ・プロデュースに挑み、同時期にセルフ・プロデュースの路線にシフトしたにも影響を与えている。 また、ゲイが射殺された1984年にも再度アルバム・チャート入りし、154位を記録している。 イギリスではリリース当時はヒットしなかったが、1998年に11週入りを果たし、最高56位を記録した。 は、2003年度の国立録音資料登録の一つとして本作を選出した。 タイトル曲は『ローリング・ストーン Rolling Stone 』誌の「」では4位、アルバムは『』(大規模なアンケートによる選出 では6位(アフリカ系アメリカ人ミュージシャンの作品の中では最上位)にランクされている。 また、2013年に『』誌が選出した『史上最も偉大なアルバム100』では13位となった。 ジョン・ブッシュはにおいて本作に5点満点を付け「マーヴィン・ゲイの傑作というだけでなく、ソウルミュージックの中でも最も重要かつ激しいレコード」「シングルが支配的だったモータウンから登場した、圧倒的に優れたフル・レングス作品であり、ほぼ間違いなく至上最高のソウル・アルバム」と評している。 収録曲 [ ] Side 1• - What's Going on (Al Cleveland, Marvin Gaye, Renaldo Benson)• ホワッツ・ハプニング・ブラザー - What's Happening Brother (M. Gaye, James Nyx)• フライン・ハイ - Flyin' High In the Friendly Sky (M. Gaye, Anna Gaye, Elgie Stover)• セイヴ・ザ・チルドレン - Save the Children (A. Cleveland, M. Gaye, Renaldo Benson)• ゴッド・イズ・ラヴ - God is Love (M. Gaye, A. Gaye, E. Stover, J. Nyx)• - Mercy Mercy Me The Ecology (M. Gaye) Side 2• ライト・オン - Right on (Earl DeRouen, M. Gaye)• ホーリー・ホーリー - Wholy Holy (R. Benson, A. Cleveland, M. Gaye)• イナー・シティ・ブルース - Inner City Blues Make Me Wanna Holler (M. Gaye, J. Nyx) カバー [ ] は2006年、本作の全内容をカバーしたアルバム『ホワッツ・ゴーイング・オン』を発表した。 また、アルバム収録曲に関しても様々なカバーが存在する。 上記項目を参照。 セイヴ・ザ・チルドレン• - アルバム『タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング』(1973年)に収録。 ジェシ・コリン・ヤング - アルバム『オン・ザ・ロード』(1976年)に収録。 - アルバム『ドント・エクスプレイン』(1990年)に収録。 - アルバム『モータウン2』(2004年)に収録。 - アルバム『モータウン〜ヒッツヴィルUSA』(2007年)に収録。 ホーリー・ホーリー• - ライブで歌唱。 ゴスペル・ライブを収録したアルバム『至上の愛〜チャーチ・コンサート』(1972年)に収録。 』(2010年)に収録。 イナー・シティ・ブルース• - アルバム『ツイスト・オブ・モータウン』(2003年)に収録。 脚注 [ ]• SOS Publications Group. 2015年11月25日閲覧。 SoulCulture. 2015年11月25日閲覧。 Hogan, Ed. AllMusic. 2015年11月25日閲覧。 Library of Congress 2004年3月4日. 2015年11月25日閲覧。 Rolling Stone. 2015年11月25日閲覧。 Stereogum. SpinMedia 2013年6月28日. 2015年11月25日閲覧。 Bush, John. AllMusic. 2015年11月25日閲覧。

次の