ご 自愛 ください コロナ。 新型コロナウイルス対応文例集|無料・著作権フリー・改作自由

ご自愛くださいの意味と正しい使い方!文例や返事の書き方も!

ご 自愛 ください コロナ

よく手紙やメールなどで「ご自愛ください」という、 言葉を使うことがありますよね。 この言葉はわりと丁寧な言い方をする際に、 便利な言葉というか、使い勝手が良いものですよね。 ただ、よく使われてるから自分も使っているけど、 そもそも 正確にはどんな意味なのか知らないことも 多いのではないかなと思います。 まあ、言葉のニュアンスで把握してる感じですかね。 そういったこともあり実際に目上の人には使うと、 失礼になるのではないかと思っている人も多いようです。 あとは実際にどう活用するのが正しいのかどうかがわからずに、 なんとなくニュアンスで使ってみたり、そもそも使わないなどもありますね。 そうなるとどうやって活用するのかの文例だったり、 返事や返信などの書き方なんかも気になるところですね。 そこで今回は「ご自愛ください」の正しい意味と使い方や、 文例や返事・返信の書き方などをご紹介します。 ご自愛くださいの本来の意味とは? まず大前提としてご自愛くださいの意味って、 正確にはどんなものなのか知らないと活用できません。 言葉のニュアンスからすると、「自分を愛してください」だから、 「 自分の身体を大切にしてください」って意味ですね。 簡単に言えば「健康でお元気でいてください」とか、 「あまり無理しないでくださいね」とかでも使いますね。 こういった意味合いもあるので、 使い勝手の良い言葉でもあります。 さらに男女問わず使える上に、丁寧な言葉でもあるので、 手紙やメールなどで使う機会は社会人になれば多くなりますね。 ご自愛くださいの使い方! ご自愛くださいの使い方として気になるのが、 目上の人に対して使ってもいいのかですね。 そもそもなぜ、目上の人に対して使うのは失礼という認識が、 一部であるのかというは気になるところですよね。 それは言葉のニュアンスとして、 上から目線な気がするからみたいですね。 しかし、ご自愛くださいは「自分の身体を大切にしてください」なので、 むしろ目上の人に対して使う丁寧な言葉です。 普通に使っても大丈夫なので安心してください。 いちおう正しい使い方としては「 ご自愛くださいませ」なので、 そちらを使うとより丁寧な言葉になりますね。 ご自愛くださいの文例! ここでは実際にどういう時に使えばいいのかを、 文例を上げながらご紹介していきます。 文例1「寒中見舞い」 「寒中お見舞い申し上げます。 暖冬とはいえ、急に冷え出した今日この頃、 いかがお過ごしでしょうか。 くれぐれもご自愛ください」 文例2「暑中見舞い」 「暑中お見舞い申し上げます。 厳しい暑さの毎日ですが、 いかがお過ごしでしょうか。 その1「体調を悪くしている人には使わない」 これは「ご自愛ください」の意味が体調を気遣うものであり、 風邪などすでに体調を崩している人には使えません。 その際は早く治るように別の言葉を使いましょう。 「一日も早い回復を心からお祈り申し上げております。 」 などを送るといいと思います。 その2「お身体をご自愛くださいは間違い」 これはよく間違える人が多いので注意が必要です。 「自愛」には自分の身体という意味がありますから、 言葉が重複してしまうんですよね。 日本語って意外とこういう部分は難しいですよね。 重複する言葉は意外と使ってしまいますが、 間違えないに越したことはないですので。 返事・返信の書き方! ここまでは意味や使い方についてご紹介しましたが、 ここでは実際に手紙やメールが送られてきた際の 返事や返信の書き方についてです。 【書き方の例】 「お気遣い頂き、誠にありがとうございます。 」 こういった文面が一般的ですね。 「ご自愛ください」に対しては 「相手の気遣いへの感謝の気持ち+自分側も相手の体調を気遣う文面」 このパターンで返事や返信をすれば問題ないですので、 あとは自分なりの言葉を使って書けば大丈夫です。 まとめ ここまでご自愛くださいの意味や正しい使い方から 文例や返事の書き方についてご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の

敬語「ご自愛ください」の意味、ビジネスでの使い方や返事、類語、英語

ご 自愛 ください コロナ

「ご自愛ください」の辞書的な意味とは? 「ご自愛ください」は「ごじあいください」と読みますが、尊敬語を作る接頭語「ご」がついているため、尊敬表現のひとつです。 それでは「自愛ください」とはどういう意味でしょうか。 「自愛」を辞書で見てみると、「自分を愛すること」という意味があることがわかり、そこから転じて「自分を大切にすること」「自分の心身の健康に気を遣うこと」というような意味があることがわかります。 つまり、「ご自愛ください」とは、 目上の人などに対して「健康に気をつけてください」と体調を気遣う意味を持っています。 ビジネスシーンでは目上か否かにあまり関係なく使われています。 「ご自愛ください」は目上の方にも使える文語表現 「~ください」は基本的に命令になるのですが、「ご自愛ください」はさほど強い印象を与える言葉ではありません。 そのため、目上の方に対して使うことも失礼にはあたりません。 ただし、「ご自愛ください」は基本的に文語表現であり、普段の会話で登場することはありません。 普段の会話で同様の気持ちを伝えたい場合は、「お大事にしてください」などが適切です。 「ご自愛ください」の正しい使い方のポイントと例文 「ご自愛ください」の使い方には、大きく分けて「挨拶などの結び」と「目上の方への気遣い」があります。 それぞれどのような使い方をするのか、例文を見ながら確認しましょう。 挨拶などの結びとして使う場合 「ご自愛ください」は年賀状や手紙での挨拶でも、結びの言葉としてよく使われます。 「健康に気をつけて頑張ってください」よりも上品な感じがありますので、その言葉を受け取った側も嬉しく感じるものです。 「ご自愛ください」は時候の挨拶と一緒に使われることが多いので、様々な挨拶表現を覚えておくと良いでしょう。 どんな季節の表現と組み合わせても大丈夫な便利表現です。 「厳寒の折、くれぐれもご自愛くださいませ」• 「寒さひとしお厳しき折、何卒ご自愛くださいませ」• 「時節柄、くれぐれもご自愛くださいませ」• 「浅春の折、何卒ご自愛くださいませ」• 「花冷えの折、くれぐれもご自愛くださいませ」• 「陽春のみぎり、どうかご自愛くださいませ」• 「長雨の折、くれぐれもご自愛くださいませ」• 「酷暑の折でございますが、何卒ご自愛くださいませ」• 「季節の変わり目、くれぐれもご自愛くださいませ」• 「ご多忙の中かと存じますが、くれぐれも風邪など召されぬようご自愛くださいませ」 目上の方への気遣いとして使う場合 ビジネスシーンでは目上の方とのやり取りも多いですが、特に自然に相手を気遣う表現ができるのは良い印象を与えることに繋がります。 何かの折に、積極的に使ってみましょう。 また、「ご自愛ください」は目上の人だけでなく、同僚や後輩を含む不特定多数の人への広報文などでも使われます。 目上の人に使うことが多いものの、一般的に誰にでも使える便利な表現です。 「今年も一年、大変お世話になりました。 来年も引き続き宜しくお願い申し上げます」• 「今年も新型のインフルエンザウイルスが流行しており、弊社でも現在2人の感染が確認されております。 社員の皆様はくれぐれもご自愛くださり、もし症状らしいものが現れた場合は速やかに病院で受診するようご協力をお願いいたします」 「ご自愛ください」の間違った使い方・失敗例 「ご自愛ください」は実は間違った使い方をしてしまうことも多い表現です。 よくある失敗例を紹介しますので、この言葉を使う時には気をつけてください。 誤変換で「ご慈愛ください」になってしまう 手書きではまず失敗することはありませんが、タイピングを行って変換した結果、同音意義語の「ご慈愛ください」になってしまうことがあります。 「慈愛」は「いつくしむこと」を意味しますが、「ご慈愛ください」は「私に愛情を注いでください」というような意味になってしまいます。 相手を気遣うつもりが、わがままな人だと思わせてしまいますので、変換した文字が合っているか必ず確認しましょう。 病気の人に対して「ご自愛ください」はNG 「体に気をつけて頑張ってください」というつもりで「ご自愛ください」を使うとしても、病気や入院中の方に対して使用するのはNGです。 「ご自愛ください」は「自愛できる能力がある程度ある」状態の人に向かって使う表現であり、「(変わらず)体に気をつけて頑張ってください」という意味なのです。 既に体調を崩してしまった人に対しての「ご自愛ください」は、「そのままの状態をキープしてください」と受け取られてしまい、気分を害することもあるので注意しましょう。 この場合は「早いご回復をお祈り申し上げます」「この機会にじっくりご静養ください」などが適切です。 「お体にご自愛ください」という使い方は間違い 「自愛」にはもともと「(自分の体を)大切にする」という意味がありますので、「お体にご自愛ください」は「お体にお体を大切にしてください」という意味になってしまいますので注意しましょう。 使い方としては、「ご自愛ください」だけで十分です。 「お体」という言葉から始める場合は、「お体にお気をつけください」または「お体を大事になさってください」などの表現にすると良いでしょう。 「ご自愛ください」につく「どうぞ」と「どうか」のニュアンスの違いに注意 「ご自愛ください」を使う際に、その前に「どうぞ」や「どうか」をつけることで丁寧になりますが、「どうぞ」は相手の意志を尊重し、「どうか」は自分の意志が強く出る表現です。 そのため、「どうぞ」よりも「どうか」は強制力のある表現になるので、相手によっては不快に感じさせてしまうリスクがあります。 判断に困るような場合は、「何卒」にしておけば相手を気遣いつつも、やや押しの強い表現にできますのでこちらも覚えておくと良いでしょう。 各例文を挙げておきますので、参考にしてください。 「風邪など召されぬよう、どうぞご自愛くださいませ」• 「風邪など召されぬよう、どうかご自愛くださいませ」• 「風邪など召されぬよう、何卒ご自愛くださいませ」 「ご自愛ください」の例文をビジネスシーン別にチェック ここからは「ご自愛ください」を使ったビジネスシーン別の例文を紹介します。 細かいポイントをチェックし、正しい書き方・使い方を覚えましょう。 「ご自愛ください」の例文1 一緒のプロジェクトを行った社外の方へのお礼メールの例文 お世話になっております。 Aさんの御尽力なしには、納期内にこれだけのクオリティのものを作りあげることはできなかったと思います。 今後もこうした案件の折には、お声がけさせていただければと存じますので、その際にはぜひご協力をいただけましたら幸いです。 寒くなってまいりましたが、Aさんもくれぐれもご自愛くださいませ。 今後とも、よろしくお願い申し上げます。 この例文では、文章の結びに「ご自愛くださいませ」と相手を気遣う表現を入れています。 必ずしも入れないといけないわけではないものの、一言あるだけで気遣いが伝わるようになります。 このメールのようにしばらく直接会う機会がなくなるようなケースで「ご自愛ください」を使うと丁寧で今後の交流にもつながりやすいので、積極的に使っていきたいものです。 ご出席いただける方は、このメールに返信いただくか、幹事の田中までご連絡をお願いいたします。 ご多忙の折かと存じますが、万障お繰り合わせの上、ぜひともご参加いただけたら幸いです。 まだまだ寒い日が続いておりますが、皆様くれぐれもご自愛くださいませ。 同窓会のお知らせなど、普段なかなか接する機会が無くとも、相手のことを気にかけていることが伝わると反応も良くなります。 手紙では、季節の挨拶と合わせて使うのが定番となっていますが、あまり難しく考える必要はありません。 季節ごとに感じることと、ご自愛くださいを組み合わせれば自然と意味が通るようになります。 他の多くの言葉と違い、「ご自愛ください」は年間を通して使える便利な表現でもあるのです。 「ご自愛ください」と言われたら返事はどうしたらいい? メールなどのやり取りの中で、相手から「ご自愛ください」と言われた場合にはどのように返事したら良いものでしょうか。 基本的にはお礼を言えば大丈夫ですが、相手から気遣いをいただいていますから、下記の例文のようにこちら側からも相手の健康に関して気遣いを見せるのがマナーと言えるでしょう。 「温かいお気遣い、誠にありがとうございます。 「ご多忙の折かと存じますが、くれぐれもご自愛ください」• 「ありがとうございます。 類語を覚えて適宜使い分けることができると、スマートな印象を与えることができます。 それぞれのニュアンスを確認しながら、類語の例文を見てみましょう。 「お大事にしてください」は誰に対しても失礼のない口語表現 「お大事にしてください」も、「ご自愛ください」と同様に使うことができます。 ご自愛くださいと比較すると、口語でよく使われる表現である分だけカジュアルな印象になります。 最も使いやすく、また誰に対しても失礼のない表現ですから覚えておくと良いでしょう。 「寒くなってきましたが、お大事になさってください」• 「病気明けですから、無理はせずお大事にしてください」 「お労りください」は「無理をしないように」というニュアンス 「お労りください」は「おいたわりください」と読みますが、「ご自愛ください」と同様に自身をいたわるようにお願いする、つまり相手を気遣う表現です。 この場合、「ご自愛ください」よりも仕事や勉強などで根をつめがちな人に節制を促す、無理をしないようにお願いするニュアンスになります。 「無理しないようにね」というようなニュアンスだと思えば良いでしょう。 「今日は早めに帰宅し、お労りください」 「ご健勝をお祈り申し上げます」は文書や公的スピーチで使われる 「ご健勝をお祈り申し上げます」は、健康を願う気持ちをこめたひとつの定型文で、文章の結びに使われます。 「健康をお祈りする」の文語表現ですので、基本的には文書や公的なスピーチなどでしか登場しません。 固い、かしこまった言い方になります。 また、「健勝」には個人の健康を願うという意味がありますので、団体や企業を相手に使うことはなく、「皆様のご健勝をお祈り申し上げます」と一人ひとりに向けて使われます。 「おいといください」は「煩わしいことを避け静養してください」というニュアンス 「おいといください」は「お厭いください」と書き、「お体をいたわり、大事にしてください」の意味になります。 「お労りください」に近いニュアンスになりますが、こちらは「煩わしいことを避けて静養してください」というニュアンスです。 「厭う」は「嫌う、避ける」というネガティブな意味がありますので、あまり漢字表記にしない方が無難です。 しかし、ひらがなで入力すると自動変換や入力補助で「おいといてください」になってしまう場合がありますので、使用の際はチェックを忘れないようにしてください。 「ご自愛ください」は目上の方や同僚などに幅広く使える 「ご自愛ください」はビジネス文書でよく見られる表現ではありますが、使える機会に意識して使うようにしていかないとなかなか使えないものです。 目上の方から同僚、部下など幅広い相手に対しても使え、季節も問わない便利な表現ですのでぜひ身につけておきたいものです。 誰でも気遣いを受けたり、心身の健康を気にかけてもらえたりするのは嬉しいものです。 普段のやり取りでも「ご自愛ください」が自然に出てくるような気配り名人を目指して頑張ってみましょう。

次の

「ご自愛ください」の意味と使い方は?春夏秋冬使える例文集も紹介!

ご 自愛 ください コロナ

「どうぞご自愛ください」は相手を選ばず使える文ですが、丁寧な印象なので、友人や同僚よりは目上の方や上司に使うことが多くなります。 「どうぞご自愛ください」は、どのような相手に、どう使えば良いのでしょうか。 ここでは、相手別に「どうぞご自愛ください」の使い方をご紹介します。 目上 目上の方への手紙やメールに、「どうぞご自愛ください」の結びの文を添えるのは正しい使い方です。 目上の方へは「どうぞご自愛ください」に加えてさらに、のちほどご紹介する時候の挨拶を季節によって使い分けると、より丁寧で時期を踏まえた文章になります。 また、より丁寧に使いたい場合は「どうぞ」の代わりに「何卒(なにとぞ)」を使い、「何卒ご自愛ください」とします。 上司 上司に対しても、手紙やメールの最後に「どうぞご自愛ください」が使えます。 状況に応じて、目上の方と同じように時候の文を添えるのも良いでしょう。 さらに丁寧さをプラスするには、「くれぐれも」をつけ、「くれぐれもご自愛ください」としたり、「ご自愛くださいませ」、「ご自愛くださいますよう」、「ご自愛くださいますよう、お願い申し上げます」としたりする方法もあります。 入院中、病気の方 「どうぞご自愛ください」は相手の体調を気遣う言葉なので、入院中や病気の方にも使いたくなりますが、実は「どうぞご自愛ください」は入院中・療養中の方に使ってはいけません。 「ご自愛ください」には「今後も変わらず、お元気で」という意味が含まれているため、既に病気や怪我をされている方に使うのは間違いです。 その場合は「どうぞお大事になさってください」、「一日も早いご回復をお祈りいたします」といった文にします。 敬語 「どうぞご自愛ください」は丁寧な表現なので敬語だと思われがちですが、「どうぞご自愛ください」の「どうぞ」は正確には敬語ではなく、丁寧語となります。 また「ご自愛ください」の「ご」は尊敬を表す接頭語、「ください」は丁寧語です。 「どうぞ」をさらに丁寧に、敬語表現で表すには「何卒(なにとぞ)」を使います。 「どうぞご自愛ください」を敬語で表すと、「何卒ご自愛ください」となります。 年賀状 年賀状には、寒い冬に相手の健康を願う意味を込めて、「どうぞご自愛ください」が多く使われます。 年賀状の場合は、昨年お世話になったことへのお礼の言葉、「今年もよろしくお願いします」という文章の後に、時候の文を入れて「どうぞご自愛ください」を使用します。 例として、「寒暖の差が激しくなっておりますので、どうぞご自愛ください」、「厳寒の折、風邪など召されませぬよう、どうぞご自愛ください」などが挙げられます。 「どうぞ」と「どうか」ご自愛くださいの違い 「どうぞご自愛ください」は、季節を問わず結びの言葉として使える便利な言葉です。 しかし、「どうぞご自愛ください」の前に時候の挨拶を足すことで、さらに季節感をプラスして活用できます。 「どうぞご自愛ください」を季節によって使い分けるには、どのような言葉を足せば良いのでしょうか。 ここでは季節別の「どうぞご自愛ください」の使い方をご紹介していきます。 春 春は季節の変わり目であり、年度の変わり目でもあるため、天候や新年度に関して体調をいたわる言葉を足します。 例として、「花冷えの季節、風邪など引かれませんよう、どうぞご自愛ください」、「陽春のみぎり、どうぞご自愛ください」、「何かと忙しい季節の変わり目かと存じますが、どうぞご自愛ください」などの文が挙げられます。 また、5月は暦の上では夏なので、「暑い季節に向かいます。 どうぞご自愛ください。 」などとします。 夏 夏は暑中見舞いや残暑見舞いに、「どうぞご自愛ください」を使うことが多くなります。 例として、暑中見舞いなら「これからも暑さが続きますので、どうぞご自愛ください」、「猛暑厳しき折、どうぞご自愛ください」となり、残暑見舞いなら、「暑さはまだしばらく続きそうです。 どうぞご自愛ください。 」、「残暑厳しき折、どうぞご自愛ください」となります。 6月ならば、「梅雨空が続きますが、どうぞご自愛ください」とします。 秋 秋は残暑を気遣う文と、冬に向けて寒さに配慮する文が入り交じります。 残暑が厳しい時期なら「残暑なお厳しき折、どうぞご自愛ください」、「夏の疲れが出やすい時節、どうぞご自愛ください」となります。 寒さが増してくる時期なら、「秋が深まりゆく季節、どうぞご自愛ください」、「秋冷の折、どうぞご自愛ください」、「向寒の折、どうぞご自愛ください」、「本格的な寒さに向かう時節、どうぞご自愛ください」となります。 冬 冬は寒さや年末の忙しさに対して気遣いを表す文を添えます。 例として、「寒い日が続きますが、どうぞご自愛ください」、「年末ご多忙の折ではございますが、どうぞご自愛ください」となり、寒さが厳しくなるにしたがって、「厳しい寒さが続きます。 どうぞご自愛ください」、「厳寒の折、どうぞご自愛ください」となります。 また、2月は暦の上では春のため、「春とはいえ厳しい寒さが続きます。 どうぞご自愛ください。 」とします。 「どうぞご自愛ください」は、手紙やメールの最後に使用し、相手の健康を気遣う意味が込められた一文です。 「どうぞご自愛ください」は相手を選ばず使える文ですが、丁寧な印象のため、友人や同僚よりは目上の方や上司に使うことが多くなります。 また、さらに丁寧な敬語表現にする場合は、「何卒ご自愛ください」とします。 「どうぞご自愛ください」はさまざまな場面で使えますが、病気や入院中の人に対して使ってはいけません。 また「どうぞご自愛ください」の前に季節に合わせた文を足すことで、季節感を出し、より相手に気遣いを表せます。 「どうぞご自愛ください」の使い方を学んで、日常に活用しましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の