世界 の 中心 で 愛 を 叫ぶ 映画。 映画「世界の中心で、愛をさけぶ」|映画|TBS CS[TBSチャンネル]

未だ色あせない名作映画「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地・撮影場所はここ!

世界 の 中心 で 愛 を 叫ぶ 映画

片山恭一原作のベストセラー小説「世界の中心で、愛をさけぶ」を基にしたラブストーリー。 1986年、あの夏…。 最も輝いていた高校時代に突然訪れた最愛の恋人の死。 この二人の愛は未来を紡ぐことができるのか…。 小説の中ではあまり描かれることのなかった、成長し大人になった朔太郎を主人公に、過去の甘く淡い恋と現在の愛との葛藤を、美しく切なく描いた。 成長し大人になった朔太郎に大沢たかお、その婚約者に柴咲コウ。 17歳で不治の病に死するアキを熱演しそのピュアなイメージを存分に魅せつけた長澤まさみ、映画初出演でありながら高校時代の朔太郎という大役を務めた森山未來のフレッシュコンビが高校時代を演じた。 『GO』(2001年)の行定勲監督の渾身作で、観客動員数324万人を記録した大ヒット作。 また平井堅が歌う主題歌「瞳をとじて」も大ヒット。 長澤まさみは、その光り輝く瑞々しい演技で、第28回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞をはじめ、各映画賞を総なめにし話題を集めた。 【ストーリー】 朔太郎(大沢たかお)はまだ、婚約者・律子(柴咲コウ)との結婚に現実を感じていない。 そんな時、律子は二人の新居に書き置きを残して突如失踪する。 律子の行き先が、自分の故郷の四国だと知った朔太郎は、彼女を追いかけるため故郷へと向かう。 そこには朔太郎の初恋の相手・アキとの思い出が眠っていた…。 高校生の朔太郎=サク(森山未來)とアキ(長澤まさみ)は高校2年生の夏、もどかくしも淡い恋を育んでいた。 下校時にスクーターで2人乗りをしたり、ウォークマンでお互いのことを交換日記のようにやりとりしたり、2人の初恋は純粋な瞬間の連続だった。 ところがアキが不治の病、白血病だと分かり事態は急変する。 懸命に生きようとするアキと、アキが直面する現実を信じたくないサク。 やがて二人は…。 朔太郎が律子を探すため辿る四国での道程で、当時の思い出がまざまざと甦っていく。 そこにはある「真実」が隠されていた…。

次の

世界の中心で愛を叫ぶのロケ地・撮影場所まとめ!「セカチュー」流行語も誕生した感動の大ヒット名作の舞台はどこ?

世界 の 中心 で 愛 を 叫ぶ 映画

片山恭一原作のベストセラー小説「世界の中心で、愛をさけぶ」を基にしたラブストーリー。 1986年、あの夏…。 最も輝いていた高校時代に突然訪れた最愛の恋人の死。 この二人の愛は未来を紡ぐことができるのか…。 小説の中ではあまり描かれることのなかった、成長し大人になった朔太郎を主人公に、過去の甘く淡い恋と現在の愛との葛藤を、美しく切なく描いた。 成長し大人になった朔太郎に大沢たかお、その婚約者に柴咲コウ。 17歳で不治の病に死するアキを熱演しそのピュアなイメージを存分に魅せつけた長澤まさみ、映画初出演でありながら高校時代の朔太郎という大役を務めた森山未來のフレッシュコンビが高校時代を演じた。 『GO』(2001年)の行定勲監督の渾身作で、観客動員数324万人を記録した大ヒット作。 また平井堅が歌う主題歌「瞳をとじて」も大ヒット。 長澤まさみは、その光り輝く瑞々しい演技で、第28回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞をはじめ、各映画賞を総なめにし話題を集めた。 【ストーリー】 朔太郎(大沢たかお)はまだ、婚約者・律子(柴咲コウ)との結婚に現実を感じていない。 そんな時、律子は二人の新居に書き置きを残して突如失踪する。 律子の行き先が、自分の故郷の四国だと知った朔太郎は、彼女を追いかけるため故郷へと向かう。 そこには朔太郎の初恋の相手・アキとの思い出が眠っていた…。 高校生の朔太郎=サク(森山未來)とアキ(長澤まさみ)は高校2年生の夏、もどかくしも淡い恋を育んでいた。 下校時にスクーターで2人乗りをしたり、ウォークマンでお互いのことを交換日記のようにやりとりしたり、2人の初恋は純粋な瞬間の連続だった。 ところがアキが不治の病、白血病だと分かり事態は急変する。 懸命に生きようとするアキと、アキが直面する現実を信じたくないサク。 やがて二人は…。 朔太郎が律子を探すため辿る四国での道程で、当時の思い出がまざまざと甦っていく。 そこにはある「真実」が隠されていた…。

次の

世界の中心で、愛をさけぶのレビュー・感想・評価

世界 の 中心 で 愛 を 叫ぶ 映画

【映画のあらすじ】 2003年。 松本朔太郎(大沢たかお)の婚約者である律子(柴咲コウ)。 引越しの準備を進める彼女が、荷物の中から見つけたカセットテープを持ち失踪した。 律子はテープに録音された少女の声を聞くと、喧騒の中で涙を流した。 一方、律子の行方を捜す朔太郎は、台風を報道するニュース番組の中で、偶然に映りこんでいた律子を見つける。 そこは朔太郎の生まれ故郷である、四国の木庭子町。 そしてその町は、高校時代の初恋の人・廣瀬亜紀(長澤まさみ)過ごした思い出の町だった…。 1986年。 陸上部に所属する亜紀は、学校のアイドル的存在だった。 帰宅部だった朔太郎(森山未來)も、亜紀の大ファンだった。 そんな二人が、あるラジオ番組やウォークマンの話題を通して急接近。 さらに、朔太郎が作り話を書いたハガキを投稿したことで、二人はカセットテープによる交換日記を始めた。 ところが亜紀は白血病で倒れ、辛くて長い闘病生活を強いられてしまう。 そして、時間と共に衰弱していく亜紀を見守ることしか出来ない朔太郎は、彼女が憧れる場所、オーストラリアのウルルへ連れて行こうと決意する。 ところが…!? 2003年。 朔太郎と亜紀の思い出の写真館から、朔太郎に電話を掛ける律子。 彼女は亜紀から最後のカセットテープを託されていたのだった。 全てを知った律子は空港へと向かっていた。 そして…!? 【ラブストーリーの名言】 「あなたはあなたの今を生きて。 」by 廣瀬亜紀 これは亜紀が残した最後のメッセージの文末にある言葉。 高校時代にこんな恋愛を体験した朔太郎は、このメッセージで今を生きようと再確認したんだろうね。 強いな、女子は。 追伸:高校2年の頃の夏休みを、もう一度体験してみたい。 いつの世も、女子たちは、こんな男子とこんな映画を待っているのだ。

次の