タンク ソルジャーズ。 タンク・ソルジャーズ【完全版】 DVD

タンク・ソルジャーズ ~史上最大の戦車戦に挑んだ兵士たち~ あらすじ

タンク ソルジャーズ

字幕あり 音声:ロシア語 激動の時代に翻弄された若者たちを、圧巻のスケールで描く戦争ドラマ大作!! ソ連とナチスドイツの激しい戦いが続く、1942年。 戦車訓練兵のワシリーは、医学生のマリアと出会い恋におちる。 だが2人の愛は、激化する戦争に引き裂かれていった。 前線に送られたワシリーは、強力なドイツ戦車軍団と戦いながら、兵士として逞しく成長してゆく。 女性戦車兵ナタリアとの出逢いもあった。 一方のマリアは、結婚した夫が戦死、野戦病院で看護師として働きながら過酷な運命に立ち向かってゆく。 再会と別れを繰り返しながら、運命に翻弄される2人。 その関係が燃えあがると共に、 ソ連とナチスドイツの激しい戦いが続く、1942年。 戦車訓練兵のワシリーは、医学生のマリアと出会い恋におちる。 だが2人の愛は、激化する戦争に引き裂かれていった。 前線に送られたワシリーは、強力なドイツ戦車軍団と戦いながら、兵士として逞しく成長してゆく。 女性戦車兵ナタリアとの出逢いもあった。 一方のマリアは、結婚した夫が戦死、野戦病院で看護師として働きながら過酷な運命に立ち向かってゆく。 再会と別れを繰り返しながら、運命に翻弄される2人。 その関係が燃えあがると共に、戦いも最終局面に突き進む。 1943年夏、史上最大の戦車戦「クルスクの戦い」は、目前に迫っていた……。

次の

タンク・ソルジャーズ【完全版】 DVD

タンク ソルジャーズ

全8話からなる最新ドラマで、ムービープラスでの放送が 日本初放送となります。 リアルな戦闘シーンに戦車ファンもアクション映画ファンも大満足いただける、迫力満点な映像が魅力です。 ぜひ、この機会にムービープラスでお楽しみください。 <放送日時&エピソードタイトル> 9月15日(日)9:00~11:15、ほか 1「若者たち」/ 2「それぞれの戦場」 9月22日(日)9:00~11:15、ほか 3「運命の糸」/ 4「激戦」 9月29日(日)9:00~11:15、ほか 5「撤退」/ 6「反攻」 10月6日(日)9:00~11:15、ほか 7「再会」/ 8「クルスク」 第二次大戦物の中でも、特に人気があるのが、『戦車』をテーマとした戦争作品。 往年の「パットン大戦車軍団」「バルジ大作戦」、近年でも「フューリー」など、記憶に残る作品は多い。 また、大ヒット・アニメ「ガールズ&パンツァー」シリーズの人気からも分かる通り、『戦車物』は、ミリタリー系の中でも特にマニアックなファンが多いジャンルでもある。 本作は、1942年から1943年にかけてのソ連とナチスドイツの戦い=『独ソ戦』を舞台に、残酷な運命に翻弄されてゆく若き兵士たちの愛と戦いを大スケールで描いた、ロシア発・全8話のテレビシリーズ、注目の戦争大作ドラマである。 ロシアの映画界・ドラマ界のエンタテインメント作品は近年注目だが、特に戦争作品は実績も豊富で、ファンの信頼も厚い。 言わばロシアは『戦争映画大国』であり、リアルで大スケールの戦闘描写には定評がある。 本作には「T-34」「ティーガー」といった独ソ両軍の戦車車輌が多数登場。 特に「T-34」の実物車輌はマニア必見だ。 加えて近年のロシア映画界でクオリティアップが著しいCG映像も駆使し、壮絶な戦車バトルを描いている。 ドイツ側約2,800輌、ソ連側約3,000輌の合計約6,000輌の戦車が戦闘に参加した。 ドイツ軍の作戦名「ツィタデレ(城塞)作戦」と呼ばれるこの戦いは、独ソ戦でドイツ軍が大規模な攻勢に出た最後の戦闘であった。 「クルスクの戦い」以降、戦争の主導権は完全にソ連軍のものとなったのである。 「ロシア版 戦争大河ドラマ「タンク・ソルジャーズ」見どころ」(全4回).

次の

ロシア版 戦争大河ドラマが日本初上陸「タンク・ソルジャーズ ~史上最大の戦車戦に挑んだ兵士たち~」9月15日(日)よりレギュラー放送開始!│ニュース│映画専門チャンネル「ムービープラス」

タンク ソルジャーズ

全8話からなる最新ドラマで、ムービープラスでの放送が 日本初放送となります。 リアルな戦闘シーンに戦車ファンもアクション映画ファンも大満足いただける、迫力満点な映像が魅力です。 ぜひ、この機会にムービープラスでお楽しみください。 <放送日時&エピソードタイトル> 9月15日(日)9:00~11:15、ほか 1「若者たち」/ 2「それぞれの戦場」 9月22日(日)9:00~11:15、ほか 3「運命の糸」/ 4「激戦」 9月29日(日)9:00~11:15、ほか 5「撤退」/ 6「反攻」 10月6日(日)9:00~11:15、ほか 7「再会」/ 8「クルスク」 第二次大戦物の中でも、特に人気があるのが、『戦車』をテーマとした戦争作品。 往年の「パットン大戦車軍団」「バルジ大作戦」、近年でも「フューリー」など、記憶に残る作品は多い。 また、大ヒット・アニメ「ガールズ&パンツァー」シリーズの人気からも分かる通り、『戦車物』は、ミリタリー系の中でも特にマニアックなファンが多いジャンルでもある。 本作は、1942年から1943年にかけてのソ連とナチスドイツの戦い=『独ソ戦』を舞台に、残酷な運命に翻弄されてゆく若き兵士たちの愛と戦いを大スケールで描いた、ロシア発・全8話のテレビシリーズ、注目の戦争大作ドラマである。 ロシアの映画界・ドラマ界のエンタテインメント作品は近年注目だが、特に戦争作品は実績も豊富で、ファンの信頼も厚い。 言わばロシアは『戦争映画大国』であり、リアルで大スケールの戦闘描写には定評がある。 本作には「T-34」「ティーガー」といった独ソ両軍の戦車車輌が多数登場。 特に「T-34」の実物車輌はマニア必見だ。 加えて近年のロシア映画界でクオリティアップが著しいCG映像も駆使し、壮絶な戦車バトルを描いている。 ドイツ側約2,800輌、ソ連側約3,000輌の合計約6,000輌の戦車が戦闘に参加した。 ドイツ軍の作戦名「ツィタデレ(城塞)作戦」と呼ばれるこの戦いは、独ソ戦でドイツ軍が大規模な攻勢に出た最後の戦闘であった。 「クルスクの戦い」以降、戦争の主導権は完全にソ連軍のものとなったのである。 「ロシア版 戦争大河ドラマ「タンク・ソルジャーズ」見どころ」(全4回).

次の