ポケモンシリーズ アニメ。 ポケモンファンによるレジ系が登場する脱力系アニメが話題に! SEやセリフにニヤリとしてしまう読者達

ポケモンアニメ新シリーズ27話 アニメ無料動画を全話フル視聴する方法とネタバレ・感想!キバナ登場、熱すぎるキョダイマックスバトル!サトシは新たな仲間をゲット!

ポケモンシリーズ アニメ

通称 プラチナ 発売日 2008年9月13日 世代 第4世代 ハード DS/DS Light/3DS・LL/new3DS・LL 備考 「ダイヤモンド・パール」のマイナーチェンジ版 発売3日で100万本売り上げたことでも知られる、『ダイアモンド・パール』のマイナーチェンジ版。 ストーリーは、プラチナのモチーフになったポケモン 『ギラティナ』を軸に 「やぶれたせかい」と呼ばれるもうひとつの世界にまで及び、話のボリュームは全作品を通して厚め。 とてもやりごたえのあるナンバーです。 通称 ピカブイ 発売日 2018年11月16日 世代 ピカチュウ版リメイク ハード 任天堂Switch・Switch light 備考 シリーズの本編では初の据置型ゲーム機 『ポケットモンスター ピカチュウ』をベースに遊び方やシナリオをSwitch用に再構築した作品で、 『ポケットモンスター』シリーズの本編では初の据置型ゲーム機でのソフト。 ゲームボーイからゲームボーイカラーに、アドバンス、DS、3DS… これまでもポケモンの映像の進化には驚かされてきました。 ピカチュウ/イーブイ』では、 Switch版ならではのリアルで美麗な映像を楽しみながら、今まで体験した事のないポケモンの世界を冒険する事ができます。 オーキド博士やタケシ、カスミといった昔懐かしのキャラクター達も登場。 夢にまで見たリアルタイム2人プレイやポケモンGOとの連携など、世代を問わず楽しめる作品です。 7位:ポケットモンスター ブラック/ホワイト• 通称 BW2 発売日 2012年6月23日 世代 第5世代 ハード DS/DS Light/3DS・LL/new3DS・LL 備考 「ブラック・ホワイト」の続編 BWのその後が冒険の舞台。 主人公や、一部ジムリーダー、待ち構える四天王やチャンピオンまで変わる珍しいタイトル。 前作BWからの続きなので、BWをプレイしている事が前提でストーリーが進みます。 個人的にはポケモンチャンピオンに出世していたアイリスが一押しです。 何と言ってもバトルBGMが最高でした。 通称 ORAS 発売日 2014年11月21日 世代 第3世代リメイク ハード 3DS・LL/new3DS・LL 備考 「ルビー・サファイア」のリメイク版 ゲームボーイアドバンスの人気タイトル『ルビー・サファイア』のリメイク版。 初めて遊ぶ人が新作として楽しめることはもちろん、当時GBAで遊んだ人も新鮮な気持ちで遊べるタイトルです。 当時大人気だったやり込み要素の一つ、 『ひみつきち』がパワーアップして復刻! ひみつきちは模様替えが可能で、それぞれ自分好みの基地にカスタマイズできるところが当時から人気でした。 『ラティ兄妹』をはじめ、今でもよく見かける強ポケ 『ボーマンダ』、 『メタグロス』、 『キノガッサ』はこの作品からデビュ。 通称 USUM 発売日 2017年11月17日 世代 第7世代 ハード 3DS・LL/new3DS・LL 備考 「サン・ムーン」のマイナーチェンジ版 前作サン・ムーン同様、ハワイがモチーフと言われているアローラ地方が冒険の舞台。 サン・ムーンのマイナーチェンジ版であるこのタイトルが、 3DSでは最後のポケモンシリーズ本編となります。 これからポケモンを始めるなら、 現状一番新しいこのUSUMが最適! シリーズの新要素は、1回のバトルにつき1人1回しか使えない超強力な必殺技 『Zワザ』をはじめ、 『ウルトラビースト』と呼ばれる、伝説のポケモンや、メガ進化を果たしたポケモンとはまた異なる、超強力なポケモンが登場します。 さらに、同じくこれまで登場した、全ての悪の組織(ロケット団やプラズマ団など)と、その親玉(サカキやゲーチスなど)が一挙集結! 未だかつてないスケールで、豪華なタイトルとなっています。 通称 剣盾 発売日 2019年11月15日 世代 第8世代 ハード 任天堂Switch/Switch Light 備考 Switch初の本編新作 スイッチ版ポケモンシリーズ初となる完全新作。 新要素としては、キョダイマックスバトルやレイドバトル、追加パッケージの購入によるコンテンツ拡張など、シリーズ随一のオンライン要素が魅力的の作品。 グラフィックの進化により、3DSの頃から人気の高かったトレーナーアバターの着せ替えがパワーアップ。 育成の更なる簡易化、オートセーブ、オープンワールドなど、時代のニーズにあった新たな試みが評価の高い作品です。 2位:ポケットモンスター ハートゴールド/ソウルシルバー• 通称 HGSS 発売日 2009年9月12日 世代 第2世代リメイク ハード DS/DS Light/3DS・LL/new3DS・LL 備考 「金・銀」のリメイク版 全世界で2300万本が売れ、発売当初は品薄により入手困難だった第2世代のポケモン 〝金銀〟の発売10周年の節目を記念にリリースされたタイトルが、このハートゴールド・ソウルシルバー。 『カスミ』や、 『タケシ』、 『レッド』、 『グリーン』、 『オーキド博士』など、懐かしい面々のオンパレード。 もちろん初代ポケモンの地、カントーにも行けますよ! ゲームボーイカラーからNintendo DSへとハードが変わり、ビジュアルとBGMも飛躍的に進化! ですがストーリーはほとんど当時のままなので、新規で始める方はもちろん、当時プレイした方もあの頃を振り返りながら楽しめます。 通称 XY 発売日 2013年10月12日 世代 第6世代 ハード 3DS・LL/new3DS・LL 備考 ポケモンシリーズ初の3DS ここからプラットフォームがニンテンドー3DSになり、フィールドだけでなく、バトルアクションや街並みポケモン達のビジュアルもよりリアルなものへと進化を遂げました。 また、バトル画面と一部フィールドが3D表示にも対応。 これまでプレイしてきたポケモンの中で、 一番面白いと感じたタイトルです。 その理由は、DSから3DSに変わり、よりポケモン達の動きやフィールドがリアルになった躍動感と、かっこいい技のアクションが目を引き、これまでポケモンを離れていたユーザーたちが一斉に戻り賑わっていたから! オンライン上の対戦、交換はもちろん、リアルポケモンセンターのエントランスには3DSを持った人で溢れていました。 大人気システムの 『トレーナーの着せ替え』や、 『メガ進化』をはじめ、これまでコアなユーザーの間でしか知られてこなかった〝3値〟が一般に浸透し、対戦環境の人口増加に繋がったのもこのXYから。 比較的新しいシリーズなので、いまからプレイしても十分楽しめるタイトルです。 私と嫁はストーリーそっちのけで、世界各国に分布する『ビビヨン』を集めていました!どうしてもサウジアラビア模様が手に入らず悔しい思いをしました 面白いポケモンシリーズランキングまとめ 面白いポケモンシリーズランキング• 9位:ポケットモンスター プラチナ• 8位:ポケットモンスター ブラック・ホワイト• ピカチュウ・イーブイ• 6位:ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2• 5位:ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア• 4位:ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン• 3位:ポケットモンスター ソード・シールド• 2位:ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー• 1位:ポケットモンスター X・Y 個人的に一番思い入れが強いタイトルはHGSS。 当時は嫁や友人達と、朝までポケモンをプレイしていたのが懐かしい思い出です。 一番印象的だったタイトルはXYです。 周りの大きいお友達がみんな揃ってポケモンをプレイしていた光景が忘れられません。 ゲームは〝みんなでやるから面白い!〟という本質は、今も昔も変わりませんね。

次の

ポケモンシリーズはどれがおすすめ?ポケモン作品ランキング!

ポケモンシリーズ アニメ

初めてのポケモンゲームではなかったが、一番ハマった作品だった。 インターネット経由でのポケモン交換や対戦、参加特典目当てに大会にも参加したがかなり楽しんだ。 ニンテンドー3DSでの初めてのポケモンゲームだったわけが、よくできていたと思った。 フェアリータイプが追加されただが、バランスも見事だったと思う、というかバランスを取ったのがすごいと思った。 交換のためだけではあるが、3DSのフレンドもたくさんできてうれしかった。 また、色違いを捕まえるのにもハマったし、交換で色違いを手に入れたりした。 色違いのポケモンで対戦をして自慢をしている気分になった。 あと、ゲームからはしばらく離れていた状態で始めたせいか、とにかくハマった。 面白い、楽しいことだらけだった。 7位 ポケットモンスター サン・ムーン 11票 ジムリーダー制ではなく、代わりに大試練や島の主などと戦うことになります。 そして、クリアするとZリングという物が貰え、Z技という技が使えるようになります。 ひでんマシンが無く、代わりにライドポケモンが使えます。 ポケモンに乗って海を渡ったり 岩を押してくれたり 自転車の代わりに乗ったり出来ます。 このポケモンは手持ちに数えられないので、勝負には出せないです。 ストーリーを進めると使えるライドポケモンも増えていきます。 他にも新しい機能が多数あるので、ポケモンシリーズが好きな方にはオススメです。 ストーリーはボーイミーツガール?ボーイミーツポケモンではない感じですね。 イーブイ 12票 まず、第2世代のリメイクとあって、内容的にボリューミーであったことと、ハードがDSであるのでGBAよりも扱いやすく、ある程度スムーズに遊びやすいため。 また、ポケモンの連れ歩きが出来るということや、ポケスロン(ゲーム内の遊び)にて進化の石をゲットできるため、図鑑埋めも比較的やりやすかった。 加えて、第2世代の金銀水晶では10人分しかポケギア(ゲーム内の携帯電話)の番号を登録できなかったが、このHGSSでは全てのトレーナー等を登録できるので、トレーナーとの再戦はもちろん、通話・会話に含まれる各人物の側面を知ることができて、とても面白い。 4位 ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ 30票 そんなにポケモンの数が増えたわけではないので、必死になって集める事が出来ました。 また、周りに持っている人が多かったので、対戦や交換ができ、当時はものすごく流行っていました。 また、昼夜で出てくるポケモンが違うと言う点がすごく当時では画期的だったと思います。 そのため、夜もこっそり起きてやっていたりしたので、すごく寝不足だった思い出があります。 また、フリーザーやファイヤーなどのおなじみのポケモンはもちろん、ルギアやホウオウなどの伝説のポケモンが出てくるし、金と銀で遭遇レベルが違う、また強さが全く違うことで、2台持ちをしていたと思います。 一方でつかまえて、もう一方に交換するというのが通説でした。 それ以降のポケモンのゲームはかなり、ポケモンの数が増えてしまったので、全部GETするということが容易ではなかったので続きませんでした。

次の

『ポケットモンスター』テレビアニメ新シリーズ、サトシ&ゴウのダブル主人公で11月17日(日)スタート!

ポケモンシリーズ アニメ

あらすじ ポケットモンスター、縮めてポケモン。 この星の不思議な不思議な生き物。 空に、海に、森に、街に、世界中の至る所でその姿を見ることができる。 さぁ……夢と冒険と! ポケットモンスターの世界へ! レッツゴー! キービジュアル&特別映像が公開 新シリーズのキービジュアル&特別映像が公開され、本作の2人の主人公が発表となりました。 1人は今までのシリーズに引き続きサトシ(声優:松本梨香)、そしてもう1人、すべてのポケモンをゲットするという夢を持つ10才の少年・ゴウ(声優:山下大輝)です。 声優陣からのコメント サトシ役の松本梨香さん、ゴウ役の山下大輝さんからのコメントが到着しています。 松本梨香さん(サトシ役)コメント 『ポケモン』に長くかかわらせていただいたことで、日常生活にもサトシが登場してくることがあります。 彼のまっすぐで、思いやりがあって、熱い思いがそうさせるんだと思っています。 新たな出会いと冒険を前に、どんなことが起きるのか? そして、どんなことにも立ち向かうであろうサトシを応援してください。 これからも旅をともにする仲間と力をあわせていきたいですね。 サトシはいつでも全力フルパワーで頑張ります。 山下大輝さん(ゴウ役)コメント 僕の『ポケモン』人生の中で一番最初に大好きになったのがフシギダネです。 アニメで観たフシギダネが健気で一生懸命でかわいくて大好きで、小学生だった当時「ダネダネ~!」って鳴き声の真似をしてました。 今、ちっちゃいフシギダネ(ぬいぐるみ)と一緒に暮らしているくらい大好きです(笑)。 アニメが始まった当時僕は小学生で、サトシたちを介して動くポケモンたちに出会えるのを、テレビの前でドキドキしながら観ていたのを覚えています。 サトシとともに、新たにスタートするゴウの歴史を、これから皆さんと一緒に作っていきたいです。 大好きな気持ちを声に乗せて! レッツゴー!!

次の