さつまいも 蒸す レンジ。 焼き芋を作るにはレンジで何分?時短&おいしく作れるさつまいもレシピ

さつまいもを電子レンジで【甘〜い焼き芋】にするテク

さつまいも 蒸す レンジ

さつまいもを甘く美味しく蒸すポイントやコツ 「さつまいもって、種類によって甘さに違いが出るんでしょ?」、「高級なさつまいもじゃないから甘くないのかも?」なーんて思っている方はいませんか? ちょっと待ってください。 確かにさつまいもの種類によって、甘さの違いは多少あるかもしれません。 けれど、その差はほんのちょっとだけなのです。 実は、さつまいもの種類に関係なく甘く美味しく蒸すポイントやコツがあるんです。 それでは、さつまいもを甘く美味しく蒸すポイントやコツを紹介しますね。 ポイントとコツ、それはズバリ 「温度と時間」です。 さつまいもに含まれているデンプンは、 加熱することによって酵素が働き出します。 働き出した酵素がデンプンを分解して、 ブドウ糖を作ると言われています。 このようにブドウ糖が作られることで、さつまいもは甘くなるんです。 ( 最低でも30分以上) だから、「石焼~きいも、おいも! 美味しいおいもはいかがですか?」と売りに来る、 温められた石でじっくり焼かれた石焼いもはとっても甘く美味しく感じるのでしょう。 これで納得ですね。 このようなことから家庭でさつまいもを蒸す際は、 さつまいもを蒸す温度を一気に上げないように気をつけましょう。 また、 時間をかけてじっくり調理(加熱)すれば甘くて美味しい蒸したさつまいもを食べることができます。 こちらの記事も参考にしてください。 ちなみに、 さつまいもを蒸し際に時間に余裕を持たせることができるならば、 さつまいもを調理する前日に天日で一日干してみましょう。 グッと甘みが増してくると言われています。 一日干して甘みが増したさつまいもを 「温度と時間」を気にして調理することで、さらにあまく美味しく蒸したさつまいもを食べることができますよ。 さつまいもの蒸し方 電子レンジ、炊飯器、フライパンでは? さつまいもを甘く美味しく蒸すポイントやコツがわかったところで、電子レンジ、炊飯器、フライパンを使った蒸し方を紹介します。 色々試して、お好みの蒸し方を見つけてみましょう。 電子レンジを使用したさつまいもの蒸し方 電子レンジを使用したさつまいもの蒸し方を紹介します。 電子レンジを使うと簡単(時間が短い)にできて良いのですが、短時間でさつまいもを蒸すことになるので、「味や食感はイマイチなんだよなぁ~」と感じている人は多いのではないでしょうか。 でも大丈夫ですよ。 電子レンジを使用する時も、 低温での調理を意識することで美味しくなります。 蒸し方の手順 1.さつまいもを洗って、 3ヶ所ほどフォークで皮に穴を刺します。 2.電子レンジのターンテーブルに、 割り箸を2膳離して置いてさつまいもはその割り箸の上にのせます。 3.電子レンジの出力は 弱150W~200W(かなり低め)に設定します。 4.加熱時間の目安は、 100gあたり約6分程です。 5.竹串でさつまいもの真ん中を刺して「スーッ」と通ったら完成です。 炊飯器を使用したさつまいもの蒸し方 炊飯器を使用したさつまいもの蒸し方を紹介します。 「えーっ!炊飯器でさつまいもを蒸すの?」と思う方は多いかもしれませんね。 しかし、 一番簡単で甘く美味しくできるのは「炊飯器」を使う方法と言われているんです。 さつまいもとお水を入れて炊飯器のスイッチを入れればOKだなんて、こんなに楽で嬉しいことはないですね。 出来上がったさつまいもがホックホクとなったら最高です。 蒸し方の手順 1.さつまいもを洗って炊飯器に入れます。 この時さつまいもを小さくカットする必要はありません。 2.さつまいもを入れて、さつまいもに対して 2/3程度のお水を入れます。 3.炊飯器の蓋を閉めてスイッチを入れます。 早炊きコースを選んでもOKです。 4.炊飯完了の合図を聞いたら完成です。 フライパンを使用したさつまいもの蒸し方 「フライパン? フライパンって炒め物をするのに使う物じゃないの?」と思う方がほとんどでしょう。 しかし、「あれ? お砂糖を入れた? うっそー!」と思わず独り言を言ってしまいそうになるほど 甘くて、しっとりとして、美味しくできると言われているのがなんと「フライパン」なのです。 ぜひぜひ、こちらも試してみましょう。 ちなみにこのフライパンで作る蒸かしいもは私の一押しです! 蒸し方の手順 1.さつまいもを洗って、 適当な大きさの輪切りにします。 2.さつまいもをフライパンに並べて、 水を深さ2cmほど入れます。 3.フライパンに蓋をして 中火にかけて、水を沸騰させ蒸し煮にします。 この時、急激に火を通すと甘さを引き出すことができません。 4.フライパンの水が沸騰したら、すぐに 弱火にしてゆっくり約30分程火を通します。 (様子をみながら途中さつまいもをひっくり返す) 水が減りすぎた場合は、適宜水を足してください。 5.さつまいもに中心に竹串を刺して、「スーッ」と通ったら完成です。 まとめ 栄養たっぷりで、甘い香りが食欲をそそるさつまいもを甘く美味しく蒸すポイントは、「温度と時間」です。 これを意識すれは、「石焼~きいも、おいも! 美味しいおいもはいかがですか?」の石焼き芋にも負けません。 電子レンジ、炊飯器、フライパンで蒸し具合いを試してあなたのお好みの味や食感を見つけましょう。

次の

焼き芋を作るにはレンジで何分?時短&おいしく作れるさつまいもレシピ

さつまいも 蒸す レンジ

さつまいもは収穫したては、まだ甘くなくて、 1ヶ月などしばらく放置してから食べる必要があります。 ですので、家庭菜園などでさつまいもを作ったときも、しばらく置いておかなくてはいけないんですね。 さつまいもの保存方法はこちらをご覧ください。 ただ、オーブンやフライパンだと1時間ほど時間がかかってしまって、すぐに食べたいのに待ちきれなかったりします。 また、時間だけでなく電気代、ガス代もかかってしまいます。 それに、ご家庭によっては、フライパンはあっても、オーブンがない場合ももちろんありますよね。 そんな時に便利なのが、 電子レンジです。 今やほぼどのご家庭にもあると思われる電子レンジでもさつまいもをおいしく焼くことができるんです! 意外で驚きましたが、オーブンで焼くよりも ずっと時短になって、15分もあれば作れて、しかもおいしく食べられます。 では、その作り方、時間や方法を見てみましょう。 コツは、「加熱」した後に、 「冷凍」で加熱することです。 (大きさによって時間は変わります。 蒸す時間は合計約11分ほど、あっという間ですね。 今回は、1本200gのさつまいもの加熱時間を表示しましたが、大きさによって加熱する時間は少しずつ調整してみてください。 例えば、さつまいもが 1本500gの場合は、最初の 加熱は3分で、解凍の時は12分にしてみてください。 わが家でも時々電子レンジで焼き芋を作りますが、とってもおいしく仕上がります。 ちなみに先日、 300gの紅はるかを電子レンジで調理した時は、 加熱が2分、解凍が10分でおいしくできあがりました。 電子レンジでもオーブンやフライパンで焼くときと、ほとんど方法は変わりませんが、時間が大幅に短縮できるのはうれしいですね。 まとめ 今回は、さつまいもを電子レンジで焼き芋にする方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?私も実は最初は半信半疑で電子レンジを使って焼き芋を作ってみたのですが、ほんとに目から鱗でした。 いつもはフライパンを使ってゆっくり焼いていたのに、いとも簡単にしかも短時間で電子レンジで作れてしまうなんてと感動して、今までの時間は何だったんだろうと後悔したほどです。 電子レンジだと、「すぐに食べたい!」という衝動に駆られても食べることが可能です。 ぜひ、この簡単で時短でできる方法で、おいしいさつまいもが手に入るときに試してみてください。 スポンサーリンク•

次の

さつまいもの蒸し時間はレンジで何分?簡単!丸ごとでも甘い茹で方

さつまいも 蒸す レンジ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ•

次の