すかいらーく 株価。 すかいらーくHDの株価は今後どうなる?業績や利回りを分析

すかいらーくホールディングス(すかいらーく)【3197】株の基本情報|株探(かぶたん)

すかいらーく 株価

現在は【買い】 予想株価 1,988円 と判断されています。 「予想精度推移チャート」では、独自に集計した予想精度実績値を時系列で閲覧できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

すかいらーくホールディングス (3197) : アナリストの予想株価・プロ予想 [SHCO]

すかいらーく 株価

すかいらーくホールディングスの株価は今後どうなる? 結論:すかいらーくホールディングスの株価は 短期的には上昇しそうですが、長期的には厳しいかもしれません。 すかいらーくが2019年8月14日発表した2019年1月~6月までの上半期決算は好調です。 億円) 2019年12月期上半期 2018年12月期上半期 前年度比 前年度比増減 売上高 1,875 1,795 80 4. 減益傾向が続いていたので、ひとまず安心といったところでしょうか。 デジタルを活用したプロモーションやクーポンが好調だったことや業務効率化によるコスト減が要因です。 上期は売上高、経常利益ともに好調を維持しましたが、下期は非常に厳しい状況が待ち受けています。 上期が厳しい状況になる理由は主に下記の3つです。 2019年10月に消費税増税• 消費税増税に伴うレジ更新費用の負担• 禁煙化に伴う顧客減少 いずれも大きな影響があるかと思われます。 市場が消費税増税の影響や禁煙化の影響をどこまで織り込んでいるのかは不透明ですが、もし織り込んでいないようであれば、株価の下落は免れないでしょう。 特に2月発表の2019年12月決算のときの業績悪化する可能性は極めて高いと思われます。 株主優待の内容について すかいらーくホールディングスの株主優待の内容は下記のとおりです。 00円 【権利確定日】6・12月 【株主優待内容】 ・6月末日基準日• 100株~299株 3,000円相当の食事券• 300株~499株 9,000円相当の食事券• 500株~999株 15,000円相当の食事券• 1,000株~ 33,000円相当の食事券 ・12月末日基準日• 100株~299株 3,000円相当の食事券• 300株~499株 11,000円相当の食事券• 500株~999株 18,000円相当の食事券• 1,000株~ 36,000円相当の食事券 【配当利回り】0. すかいらーくホールディングスの株価を分析 ここではすかいらーくホールディングスの株価について検証していきます。 【下記の情報はいずれも令和01年08月14日時点の情報】 まずは基本的な企業情報を検証します。 証券コード 3197 企業名 すかいらーくホールディングス 株価 1,916 配当利回り 0. 33倍 PBR 連 2. 97倍 年初来高値 2,006円 年初来安値 1,650円 【百万円】 期 売上高 営業益 経常利益 最終利益 2015年12月 351,146 27,806 24,717 15,109 2016年12月 354,513 31,249 28,952 18,213 2017年12月 359,445 28,103 23,519 15,549 2018年12月 366,360 22,857 18,596 11,438 2019年12月(予想) 370,000 22,000 18,000 11,000 期 自己資本比率 有利子負債倍率 総資産 2016年12月 35. すかいらーくの売上高は順調に右肩上がりで伸びていますね。 店舗数の増加やデジタルを活用した販売促進が功を奏したためです。 特に面白いと思ったのが「天候や気温に連動したクーポンを配信するサービス」です。 AIが流行していますが、すかいらーくも活用しています。 その他RPA導入やUberEatsの導入など積極的な戦略をとっていますね。 ガストのアプリを利用したクーポンは管理人のヒゲタカも良く利用しています。 セットメニューがお得なので、お客さん一人あたりの注文量も増えているようです。 最終利益の推移 すかいらーくホールディングスの過去の最終利益を見てみましょう。 売上高は増えている一方で最終利益は伸び悩んでいます。 これは人件費の増加と株主優待費用の増加によるものです。 個人株主が多いため、株主優待に対応する費用も約30億円かかります。 わざわざIRに利益の下押し要因として記載されていますので、今後廃止される危険性ももしかしたらあるかもしれません。 すかいらーくホールディングスの財務情報 すかいらーくホールディングスの直近3年間の財務情報を調べてみました。 まとめますと下記の通りです。 ただ有利子負債が多めなのが気になります。 店舗を拡大し、積極的な攻勢をかけていますので、仕方がない部分ももちろんありますが、業績が下落すると厳しい状況になりそうです。 すかいらーくホールディングスの株価チャートについて 2年間のチャートを見ていきましょう。 すかいらーくホールディングスの株価は1600円~2000円で推移しています。 業績が不振だったことから、株価は一時期1,400円台まで下落しましたが、回復傾向にあることから再び上昇していきました。 現在の株価は1916円です。 【令和01年08月14日時点】 PERは 連 34. 33倍,PBRは 連 2. 97倍となっており、割高感があります。 株主優待の人気が高いため、買われている感じになります。 もし株主優待が廃止になったら暴落しそうですね。 配当と利回りの推移について 配当は下記の通り推移しています。 2015年12月期・・33円• 2016年12月期・・38円• 2017年12月期・・38円• 2018年12月期・・38円• 2019年12月期・・19円(予想) 業績不振により配当は減配しました。 株主優待は維持していますが、今後業績不振になったときに維持できるかどうかは不透明です。 過去の株価を踏まえた利回りは下記のとおりとなります。 株価が1600円の時、配当利回りは1. 株価が1800円の時、配当利回りは1. 株価が2000円の時、配当利回りは0. これは100株のときの利回りなので、保有株数を多くするとさらに利回りがあがります。 まとめ すかいらーくの株価は 短期的には上昇しそうですが、長期的には下落しそうというのが管理人ヒゲタカの感想です。 決算も好調ですし、2019年12月末の権利確定に向けた買いが入り株価が上がりそうな感じはしますね。 しかしながら、消費税増税や人件費の増加による影響で、2019年12月末の決算発表である2020年2月に株価が下がるという予想を立てます。 ただ株主優待は魅力的なので、来年に株価が下がったところで買いたいなぁという気持ちはあります。

次の

【すかいらーくホールディングス】[3197] 過去10年間の株価

すかいらーく 株価

8 875. 3 0. 4 1,026. 2 0. 9 1,327. 2 0. 4 1,111. 5 0. 8 905. 6 0. 22 情報提供 株価予想 業績予想.

次の