陽 夏木 ミカン。 『まちカドまぞく』の陽夏木ミカンとかいう女

ニコニコ大百科: 「陽夏木ミカン」について語るスレ 31番目から30個の書き込み

陽 夏木 ミカン

2020-08-13• 2020-08-13• 2020-08-13• 2020-08-12• 2020-08-12• 2020-08-12• 2020-08-11• 2020-08-11• 2020-08-11• 2020-08-11• 2020-08-11• 2020-08-11• 2020-08-11• 2020-08-11• 2020-08-10• 2020-08-10• 2020-08-09• 2020-08-09• 2020-08-09• 2020-08-09• 2020-08-08• 2020-08-08• 2020-08-08• 2020-08-08• 2020-08-08.

次の

陽夏木ミカン (ひなつきみかん)とは【ピクシブ百科事典】

陽 夏木 ミカン

第8話「呪われた果実!! すっぱいミカンにご用心!! 」 ー私、シャドウミストレス優子。 7話から8話にかけて桃の責めっ気が強くなっていて嬉しい限りです。 ツンデレとクーデレしかいないな、このアニメw というわけでまちカドまぞく 第8話「呪われた果実!! すっぱいミカンにご用心!! 」の感想・考察になります。 8話までのネタバレがあるので、未視聴の方はご注意を! (注意: 管理人は原作未読です。 ご了承を)• まちカドまぞく 8話のあらすじ・ネタバレ たまさくらちゃんの着ぐるみを着ていた優子は、魔法少女の陽夏木みかんと出会います。 みかんに怪しまれた優子は危機管理を発動させ、その場に桃も登場します。 みかんは桃が呼んだ助っ人魔法少女でした。 翌日、学校で掃除をする優子の元にみかんがやって来て、優子の護衛のために転校してくることになったと告げます。 以上です。 8話の感想と考察 危機管理フォームになることで得られる力が思ったよりもしょぼい…w 主要キャラが出そろった感があり、ますますドタバタ具合がパワーアップしそうです。 桃の姉の話と桃が必死になる理由とは まずは、7話の内容について簡単に触れます。 7話の中で桃は優子に自分の姉について語る場面がありました。 加えて、桃は以前から「街を守れなかった」という旨の発言をしています。 徐々に桃の重たい過去が明かされてきていますね。 そして、今回の8話。 今までのように優子にスパルタ教育を課す桃ですが、 7話のお姉ちゃんの話を見てからだと少し桃の印象も変わります。 桃のお姉ちゃんが生きているのか、命を落としてしまったのかは言及されていませんが、過去の戦闘で何かしらの厄が彼女に降り注いだ可能性が高そうです。 二度と自分の姉のような存在を出さないために、特に自分にとって大切な優子には同じ目に遭ってほしくないから強くなってほしいー そんな桃の意志を感じられます。 魔法少女の「呪い」と「消滅」 8話で明かされた「魔法少女」に関する重要な内容を整理・考察していきます。 内容は少し異なりますが「呪い」という観点では吉田家も抱えているものは同じです。 となると、 みかんの「呪い」についても何らかの方法で解決する方法があるのでは…? 吉田家の呪いについては、魔法少女の生き血を奪うことで解決されました。 みかんが抱える呪いの行方についても目が離せません。 合わせて呪いの原因が「過去の事件の後遺症」と明言されています。 この事件が桃のお姉ちゃん失踪事件と関連しているのかどうかも気になるポイントです。 これは割と衝撃的な事実で、ここから色々と妄想を膨らませることができます。 そして、桃はこのことを優子には伝えていませんでした。 何となく言いにくかったというのもあると思いますが、 優子に余計な心配をかけさせまいとして言わなかったはずだ…と勝手に思い込んでおきます(尊さを上げるためにw) 桃は自分が消えるかもしれないと知っていたから、後継者として優子を育てようとしていた。 こう考えても筋が通るストーリーになっていますね。 それでいて勝手に暴走するタイプなので言動や行動を見ていて飽きない魅力があります。 物語的には、 「無口な桃」と対比して「明るいみかん」という形で描かれているので、いい塩梅に ストーリーの謎を解き明かすキャラとしても活躍してくれそうです。 これこそがみかんの呪いであり、視聴者としてはニヤニヤできるポイントですw 例えば、桃に褒められたこのシーン。 口では「なっ!急にいい笑顔向けられても何も出ないわよ!」と言いつつ、3人の間には風が吹き荒れます。 桃に褒められてみかんさん、さぞかし嬉しかったんだろうなぁ…。 桃が変身したときのみかんの満面の笑顔と言い、みかんが桃のことを好きなのは確定です。 誰が何と言おうと確定です。 でも相思相愛になりかけているのはシャミ桃…。 百合百合三角関係…来るか!? 迫る優子、かわいいもの好きの桃について語る! ブログでは何度か書いている優子と桃の「意外性」が今回も見られました。 まずは優子から。 例に漏れず、8話でも桃相手にぐいぐい押されていた優子ですが「自分が消えるかもしれない」ことを言わなかった桃に、優子は迫ります。 「考えろ」「変身しなくていいから」「敵としてだぞ!」など、 普段は敬語で話す優子が珍しく敬語を使わずに、桃に接近します。 他の人には使わない命令口調の話し方から、 優子が桃を特別視していることが伝わってきますし、何より 桃と近距離で話す優子のこの表情がかっこよくて大好きです。 頼むから2人は早く結婚して… 一方で、暗証番号がごろごろにゃーちゃんの桃はかわいいもの好きな一面を発揮していました。 たまさくらちゃんのグッズを大量に買い込んでいます。 優子が入った「着ぐるみたまさくらちゃん」に、桃が抱き付くシーンを見たかったのは自分だけじゃないはずです。 それにしても、桃が自分のメシマズさを利用して、みかんに脅しをかけるとは思いませんでしたw アニメ「まちカドまぞく」8話の感想まとめと9話に向けて.

次の

まちカドまぞく 8話 感想&考察!新キャラ陽夏木みかんの魅力と彼女の呪い

陽 夏木 ミカン

「不器用なフォローされても何も出ないわよ!!」 プロフィール 誕生日 さそり座 血液型 O型 CV 概要 に頼まれ助っ人として多魔市へとやってきた魔法少女。 かつて遭遇した事件で精神世界に入り込んだ存在の影響で「動揺すると関わった相手にささやかな困難が降りかかる」というある種の呪いを抱えてしまっており、緊張や動揺、気絶などをきっかけに(多くは笑える程度の)トラブルを引き起こしてしまう状況に陥っていた。 桃が助っ人として彼女を呼び出すことを決める際に人選にかなり悩んだ末に呼んだことから少なくとも桃の知り合いの魔法少女の中では穏健派な部類らしく、実際に魔法少女とは(一応)敵対関係にあるはずの魔族であるやなどともすぐに打ち解けて意気投合している。 当初はやや高飛車な物言いをすることも多かったが、実際のところはやや小心者で意外と打たれ弱い。 実家は果物のなどの加工食品を作っているらしく、本人も全般が好き……なのだが 買い出しの際大量に買い物かごに柑橘類をぶち込んだり(それも無意識に)、やに一緒に飲み食いする相手の同意なく柑橘類を入れようとしたりするなど悪気なく柑橘類へのリスペクトっぷりがすごいことになっている。 なお胸にはシャミ子に負けず劣らずのご立派な物をお持ち。 10年前までは多魔市に住んでおり、陽夏木家が経営している「ひなつき食品」の工場も町外れにあったが、呪いにまつわる事件によって岡山県辺りに引っ越していった。 廃工場はが買い取っており、現在は千代田桃が管理している。 魔法少女として 魔法少女としての活動名は「 シトラスレディ」。 を使った射撃、特に遠距離攻撃を得意とする(射撃対象が近いと逆に緊張などしてしまい命中率が下がるとのこと)。 矢の弾速は秒速1km(約マッハ3)に達し、霊脈を辿って目標を捕捉することで視認範囲の限界を超えた距離の魔術狙撃も可能。 ちゃん ミカンのナビゲーターであるカエル。 パッと見はミカン色の小さなカエルだが、モウドクフキヤガエル 実在する種類の毒ガエル なので 触ったら死ぬレベルの猛毒を持っており、主のミカンですら直接触れず棒に乗せて接している。 本気の攻撃の際は魔法の矢じり シャミ子曰く 「触ると死ぬ矢じり」 に変身し、毒矢として放たれてミカンをサポートする。 また、他のナビゲーター同様ある程度の会話も可能らしく、シャミ子に紹介する際もきちんと挨拶している。 サンライズアロー ミカンの必殺技。 シャミ子から必殺技について尋ねられた時名前を挙げたが、詳細不明。 ビーコン スライスした柑橘類のような形のビーコンを取り付けることができる。 ミカン側からビーコン周囲の音も聞けるため、作中では異次元に赴くシャミ子たちの現状把握&帰還の際の道しるべとして使用された。 しかし本来の用途は逃げる相手に取り付け追跡し、逃げ疲れて動きが止まったところに誘導弾をぶち込むというえげつないもの(ミカン曰く「 ろまんちっくでしょ」)。 スコーピオンアロー ミカンの大技。 スマホゲーム「」の吉田優子メモリアルクエスト内で言及された。 方面の衛星軌道に待機させていた9本の毒矢(それぞれさそり座を構成する星の名がついている)を自由落下で相手に落とす。 運動エネルギー爆撃からの猛毒で相手は死ぬ。 さそり座が出ている時にしか使えないらしい。 関連イラスト.

次の