マヤ 暦 カレンダー。 マヤ文明が残した財産!「マヤ暦」の不思議とマヤ暦の使い方とは?

【無料】マヤ暦カレンダー

マヤ 暦 カレンダー

目次 ・マヤ暦とは何? ・暦とは ・マヤ暦の種類 ・ツォルキン暦とは ・現代では幾つもあるマヤ暦 ・マヤ暦の使い方 〈マヤ暦とは何?〉 今から4000年程前に発展していたマヤ文明、場所は昔の中央アメリカ ユカタン半島・グアテマラの高地やメキシコ南東部 でマヤ人が使っていたとされる暦 カレンダー です。 〈暦とは〉 天体の運行に基づき確立されるもので、いわゆるカレンダーです。 現在私たちが日常的に使用しているグレゴリオ暦 太陽暦 しかり旧暦 太陽太陰暦 など、様々な暦を使い暮らしに役立てていますが、マヤ暦は天文学と数字に特化した暦といわれています。 〈マヤ暦の種類〉 マヤの暦 カレンダー には、用途別で使用される短期暦や長期暦・農耕暦など17種類〜20種類もの様々な暦があります。 その中でも今現在は、260日周期 サイクル で巡るツォルキン暦というものが多く用いられています。 〈ツォルキン暦とは〉 宇宙の巡りに関わっているとされる13という数字と、マヤ文明の神官 神さま の名前が記された20個の紋章を掛け合わせた260日で成立する暦です。 今マヤ暦と言われているほとんどのものは、このツォルキン暦をベースに織りなされています。 この暦は、心に寄り添う暦といわれており、暮らしの中で地球や自然のバイオリズムを感じカレンダーとして心の目標設定することにも適しています。 生まれた日を紐解くことも出来、主に、自身や相手の使命や役割・人生サイクル・パートナーや子供・親子・仕事での人間関係や互いの間柄など、暮らしの中で起こるコミュニケーションを紐解くことも出来ます。 〈現代では幾つもあるマヤ暦〉 マヤ暦を知り、学び進めていく中で幾つかのマヤ暦と呼ばれるものに出会っていきます。 「マヤ暦」「13の月の暦」「古代マヤ暦」など様々な名前で方法も形を変えながら届けられています。 ただ、そのほとんどでベースになっているのがツォルキン暦であり、上記にある図のツォルキン表を読み解いたものになります。 ここからは私、マヤ暦アドバイザー林ゆきの視点ではありますが、マヤ文明自体、書物などが焚かれ未だ謎の多い文明と言われています。 マヤ暦 カレンダー も、現代に蘇り使われるようになってまだそれ程長い時を過ごしていません。 その上、天文学と数字を駆使し、パソコンではじき出したかのような正確な情報が組み込まれた暦だと言われており、私たちが色々な視点方法から読み解けて当たり前なのではないかと感じています。 それほどまでに優れた暦だったことで、幾つもの紐解きかたが存在し、答えはひとつではなく多面的であり立体的であるのだと思います。 どの読み解き方のマヤ暦も素晴らしく学びが多いように感じます。 ですので、良いとか悪いという目線を外し、どうぞ出会い、納得出来た暦 カレンダー を存分にお使い頂くことがおすすめです。 〈マヤ暦の使い方〉 現代でマヤ暦はどうしても占いのカテゴリーに入ってしまうものであり、それは否めない事実です。 ですが、深く使っていくと暦 カレンダー であり、自分として生きる理由や進み方のガイドになってくれる学問だと感じることが出来ます。 「自分らしさ」とは、社会の中での「役割」や「使命」とは、人間関係とは、を知るひとつのツールとして暮らしの学びとしてお使い頂けると幸いです。 それが皆さんにとって占いという言葉で当てはまるのであれば、それはそれで素敵なことですし、人生をブラッシュアップするライフセッション・カウンセリングやコーチング、そして勉強と捉えてみるのもいいかもしれません。 マヤ暦を心に寄り添う暦 カレンダー として気軽にお使い頂けることを心より楽しみにしています。

次の

古代マヤ暦シンクロ協会認定講座

マヤ 暦 カレンダー

クリックで見出しに飛ぶ• マヤ暦とは何か? マヤ暦とは、古代中央アメリカで使用されていたカレンダーの事をさします。 暦(こよみ)という言葉からもわかるように、今日は何月何日というカレンダーです。 このカレンダーが使われていたのが、マヤ文明が興ったと言われている中央アメリカの付近です。 マヤ暦にはたくさんの暦が存在する。 マヤ暦には、260日を1周期とする表す「ツオルキン暦」や、 現在の365日カレンダーと近い「ハアブ暦」というものがあります。 それらを組み合わせて、カレンダー・ラウンドと呼ばれる1周期が52年の暦を形成しています。 今でも、この52周年のカレンダーはを使っている人たちもいます。 マヤ暦?13の月の暦? 元々、ツォルキンは、13の数字と20日の名前で組み合わせた暦でした。 ただ現代においては、マヤ暦というと、 13の音響(音)と、20の紋章で構成された占いという認識が広まっています。 これは、マヤのカレンダーを基にして作られた「13の月の暦」というカレンダーが 占いという別の形で広がってしまっているからです。 13の月の暦 もちろん、紋章などを使わずに古典的な古代マヤ暦の占いをしている方もいます。 しかし、現代は13の暦を占いとして使っている人が多いのは事実です。 >> 本当のマヤ暦とはなにか? マヤ界隈では、13の月の暦をカレンダーとして使用している人が、 占いをしている人を批判するという構造が良く見られます。 それは、13の月の暦を作成したホゼ博士が、占いを目的として使用することを否定しているからです。 (もちろん著作権上の問題なども発生しています。 ) ただここでいう、マヤ暦とはなにか?という起点に変えると、 占いでもなく、古代から中央アメリカの人が使用し続けているカレンダーということになります。 現代におけるマヤ暦の役割は、占いだと思う。 私自身、マヤの業界でいろんな人の意見を耳にすることがあります。 そこで思うことは、 マヤ暦というのは古代から今までの現代を含めた、 良い物も悪いものもひっくるめた「歴史」のようなものではないか…と思います。 カレンダーして、人々の生活を整える役割、 人の特性を明らかとし、自己理解を深めたり悩みを解消するための占いとしての役割、 それらをひっくるめて、マヤ暦と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。 占いとしてのマヤ暦を必要としていて、自己理解を深めている人がいるのに、 それを抹消するのはもったいないと思います。 もちろん、13の月の暦をそのまま占いに使用するというのは、倫理上をはじめよくありません。 そのため、私の所属している協会では オリジナルの を行っています。 鑑定では、13の月の暦や、古代マヤ暦などのエッセンスも取り入れていることになります。 マヤ暦は、他の占いに比べてまだ歴史も浅く確立されていないのが正直なところかなと思います。

次の

マヤ暦の真実 浅川嘉富先生ナビゲータの番組

マヤ 暦 カレンダー

2012年12月21日マヤ暦の真実 2012年というカレンダーイヤーは、精神世界系の人では大きな話題となった年でした。 欧米からの情報では、2012年の冬至には地球規模のカタストロフィが起き、人類滅亡のようなイベントが起こるとして人々を 「恐怖」に陥れるようなことが多かったのです。 その主なトリガーが「 マヤ暦の終焉」、マヤカレンダーが2012年の12月21日に終わりをつげることだったのです。 この記事を書いている2017年の年末においては、この2012年の大騒ぎはいったい何だったのか?? 結局は欧米のメディア、情報によって振り回された 我々(おかちゃんも含まれます)、そして2012年問題で大きく収益を上げた映画、一部の精神世界系の団体。 あれから5年たった、2017年という時の流れが、浅川嘉富先生ナビゲートしたこの番組が伝えたことが「 マヤ暦の真実だった」「マヤの長老、ドン・アレハンドロ氏」のメッセージの通りだったことに愕然とするのです。 このような内容の番組を埋もれてしまっていては、もったいない、否社会にとっては、損失につながると思い、思い切って、ネットに載せることにいたしました。 (但し、限定公開です) 2012年12月21日 マヤ暦の真実 その暦は世界の終末を予言したのか。 TBS・BSの電波を使って、2010年のお正月、元旦と二日目の二夜連続に合計4時間番組でした。 第二日目のDVDをお借りして、動画をMP4に変換、YouTubeの動画サイトの「限定公開」としてアップいたしました。 30分の内容を4本に分けて、アップしております。 合計データ量は3.2ギガバイトほどになりました。 40年間にわたり、テレビを全く見ない、おかちゃんはつい最近まで、このような番組があったことがしりませんでした。 番組ナビゲータの浅川嘉富先生からDVDをお借りして、第二日目の番組を見る機会をいただいたのです マヤの長老・ドンアレハンドロ氏と浅川嘉富先生との対談 2009年10月 TBSのスタジオでの収録風景 2009年12月 2012年12月21日・マヤ暦の真実 第二日目の放映から No. 第5の太陽が終息に向かっている現在、政治、経済、社会に大きな変革が現れている。 この新たな時代に向けて我々は先祖の歩んだ本来の道に回帰しなければならない。 これより来たる第6の太陽に向かい、改めて警鐘を鳴らしたいのは、この第5の太陽の終息が我々の滅亡に繋がることは決してないということである。 人類が自ら招いた破壊活動により天変地異が顕在化してきている昨今、マヤカレンダー、第5の太陽の終息をこれらの現象と結びつけ、営利目的でマヤの名を騙り利益をむさぼっている 人々が横行しており、ゆゆしき事態が生じております。 皆様にはこれらのデマに惑わされることなく、良識を持って平常心で日々を送って頂きたい。 第6の太陽に向かい、皆で手を携え粛々と歩んで行こうではありませんか。 恐れることなく良心を持ち、それぞれの民族のルーツに回帰し、先人が歩んだ道をたゆまなく、慈しみあいながら生きていきましょう。 シリロ・ペレス・オシュラ マヤ先住民族会議大長老 ガテマラ国マヤ先住民族全権大使 メッセージ発行2010年 マヤの長老・ドンアルハンドロ氏からのメッセージ要約 番組の動画部分、最後の章でマヤの長老・ドンアルハンドロ氏から伝えられたメッセージは重要と思いまわれます。 この部分を要約してみました。 com All Right Reserved.

次の