麻生 久美子。 麻生久美子

麻生久美子の旦那(伊賀大介)は関東連合で画像がヤバい?子供の幼稚園に影響は?

麻生 久美子

麻生久美子のプロフィール 【名前】:麻生久美子 【読み方】:あそう くみこ 【本名】:伊賀久美子(いが くみこ) 【出身】:千葉県山武郡山武町 【誕生日】:1978年6月17日 【星座】:ふたご座 【年齢】:36歳(2015年4月現在) 【身長】:162cm 【体重】:42kg 【スリーサイズ】:B80-W59-H83cm 【カップサイズ】:Cカップ(推定) 【血液型】:B型 【デビュー】:1993年 【所属事務所】:Breath 【趣味】:陶芸、音楽鑑賞、映画鑑賞、カラオケ、ドライブ、マンガ、ショッピング、加圧トレーニング 【特技】:歌、ソフトボール 【好きな食べ物】:讃岐うどん、焼肉、黒酢の酢豚、サバ寿司、セロリの浅漬 【嫌いな食べ物】:クリームコロッケ 【得意料理】:豚しょうが焼き、鶏肉のおろしポン酢、豚クレソン丼 【好きなマンガ】:ぬらりひょんの孫 【好きな映画】:となりのトトロ 【学歴】• 山武市立山武中学校• 千葉県立佐倉南高等学校 スポンサーリンク 麻生久美子の経歴 千葉県山武郡山武町(現在の山武市)で生まれ育った麻生久美子は、 幼少時代は非常に貧しい生活をしていたという。 子供の頃からアイドル歌手になることが夢だったという麻生久美子は、17歳の時に出場した 「 全国女子高生制服コレクション」でグランプリを獲得したことがきっかけで、芸能界入りしている。 映画「BAD GUY BEACH」で女優デビューを果たした麻生久美子は、 ドラマ「気にと出逢ってから」でテレビドラマデビューを果たしている。 1998年に公開された映画「カンゾー先生」ではその演技力が高く評価され「 日本アカデミー賞最優秀助演女優賞」や「 新人俳優賞」を受賞し、ほかにも多くの映画賞を受賞した麻生久美子は、一躍女優として全国的に名前が知られる存在となった。 2000年に公開された映画「ひまわり」では自身初めての主演として出演すると、映画「 贅沢な骨」「 eiko エイコ」でも主演を演じている。 またテレビCMにも多く出演しており、デビュー当初は「 ファミリーマート」や「 雪印乳業 とろけるバターソフト」「 サントリー カンフー」などに出演し、その後も「森永製菓 ダース」や「大和ハウス工業」「 サッポロビール オフの贅沢」など2015年4月現在までに出演したCMの数は30本を超えている。 学生時代から女優の西田ひかるの大ファンだったという麻生久美子。 彼女を真似して同じ位置にマジックでホクロを書いていたら、本当にその場所にほくろができたそうだ。 昔から運動神経が悪いという麻生久美子は、泳ぐことができないという。 スポンサーリンク 性格はどうなの? さて女優としてシンデレラのように突如スターダムにのし上がった麻生久美子。 彼女の性格に関して気になる方が多いようだ。 このことに関して調べてみると、麻生久美子は自身の性格に関して・・・ 「大雑把で飽きっぽい性格です。 しかも後片付けや洗い物も大嫌いなんです。 面倒くさがり屋なんですよね(笑)」 と語っている。 しかし撮影現場で、仕事を共にした共演者からは非常に評判がよく・・・ 「麻生さんは信用できる方です」 「温かい感じのする元気で夕焼けみたいな人 笑い方が変」 「麻生さんの人格はどんな役からも染み出していくので、女優にあんなに合っている人は他にいないと思う。 」 と彼女を絶賛する声が続出しているという。 また幼少時代は貧乏な生活を送っていたということで、人に対してやさしい性格なのだろう。 撮影現場では常に穏やかな雰囲気に包まれているという。 結論を出すと彼女の性格は相当良いようだ。 スポンサーリンク 生い立ちが壮絶すぎる 幼少時代は非常に貧しい生活を送っていたという麻生久美子。 彼女は両親共に健在だったが父親の金遣いが荒く、生活費は1円も家に入れないという。 さらにギャンブルにハマり麻雀では一晩で20万円使ってきた日もあるという。 そんな生活だったため道端に生えている雑草を食べたこともあったという。 そのためいつも同じ服を着ていた麻生久美子は、 家が貧乏なことも有名になってしまいよくイジメられたという。 叩かれたり石を投げられることは日常茶飯事だったというが、 最も酷いのは車の走っている道で歩道から車道側に押されたことだったという。 さすがに母親もこれには激怒し、相手の家に行き「 命にかかわることはやめてください」と言ったという。 さらには父親が母親に対して手を上げることも珍しくなかったということで、麻生久美子が間に入り・・・ 「お母さんを殴らないでよ!」 「お父さんは家にお金を入れてくれないんだから、もう別れていいよ!」 と父親に対して言い放ったという。 それから両親が離婚し女手ひとつで自分を育ててくれた、母親の負担を少しでも減らしたいということで高校在学中に芸能事務所に履歴書を送り「全国女子高生制服コレクション」で見事グランプリを獲得しているのだ。 この頃の苦労があったからこそ、 人一倍のハングリー精神で女優としての階段を駆け上がっていったのだろう。 いかなることにもハングリー精神というものは大事なのだと再認識させられるエピソードである。 結婚した旦那は? 女優として大人気の麻生久美子だが2007年の12月には結婚を発表して話題になっている。 お相手はスタイリストの 伊賀大介さんだ。 ファッション雑誌からミュージシャンや、お笑い芸人まで幅広くスタイリストを手がけているという伊賀大介さん。 二人の出会いは麻生久美子が写真集「 いろいろないろ」での撮影で仕事を共にしたことで、そのまま交際へと発展しているという。 麻生久美子は結婚後も女優活動を続けていたが、結婚から4年が過ぎた2011年11月に妊娠を発表し 翌年の2012年5月には待望の第一子となる長女を出産している。 長女を出産後は子育てをしながら女優業も継続している麻生久美子。 今後もママさん女優として映画にドラマにと活躍していくことだろう。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 スポンサーリンク あなたにおすすめの記事.

次の

麻生久美子

麻生 久美子

ロックバンド・のが14日、東京・渋谷のNHKでBSプレミアムのドラマ『奇跡の人』(24日スタート、毎週日曜 後10:00、連続8回)の試写会に出席した。 映画作品での主演経験はあるが、連続ドラマの主演は初挑戦。 「子どもも産んでいないし何もしてあげていないので、親孝行になる」と喜び。 出演の決め手は共演する女優・だったといい、「麻生さんは恩人。 恩返ししたい」と前のめりに語った。 13年前、峯田の役者デビュー作にして初主演映画『アイデン&ティティ』(2003年)で相手役を務めたのが麻生だった。 「ずっと自分は音楽の人だと思っていたけど、初めてお芝居の仕事で麻生さんとご一緒して、お芝居のことは何もわからなかったので、何回失敗してもぜんぶ受け止めてくれた、恩人なんです。 麻生さんが出るって聞いて、会社の人の意見も聞かず『俺、やる』と手を挙げました」。 峯田のラブコールに麻生は「こんな会見の場で言っていただいて…、うれしいですね」と照れ笑い。 麻生が見る役者・峯田の魅力は「お芝居をしている感じがしないところがすごい。 そのまんまで、いつも全力で、役と峯田さんは別人なのはわかっているのに、境目がないように感じる。 いつも魂がこもっているお芝居をされるところがすてきです」とベタ褒めだった。 麻生は峯田に特別なことは「何もしていない」と謙遜すると、峯田は「今回の共演は二度とないチャンス。 何も洋服とか買ってあげられませんし、目を見て芝居をすることで恩返ししたい」と語って笑いを誘っていた。 同ドラマは、『ちゅらさん』『おひさま』『最後から二番目の恋』などの作品で知られる岡田惠和氏によるオリジナルストーリー。 連続テレビ小説『マッサン』でエリーの長女・エマを演じた子役・住田萌乃が、麻生演じる鶴里花の長女で、目と耳に障害のある海を熱演。 三重苦の障害を克服したヘレン・ケラーと彼女に奇跡を起こした家庭教師サリバン先生の物語を現代に蘇らせる。

次の

麻生久美子旦那は関東連合の伊賀大介?かわいい若い頃のインスタ画像!

麻生 久美子

ロックバンド・のが14日、東京・渋谷のNHKでBSプレミアムのドラマ『奇跡の人』(24日スタート、毎週日曜 後10:00、連続8回)の試写会に出席した。 映画作品での主演経験はあるが、連続ドラマの主演は初挑戦。 「子どもも産んでいないし何もしてあげていないので、親孝行になる」と喜び。 出演の決め手は共演する女優・だったといい、「麻生さんは恩人。 恩返ししたい」と前のめりに語った。 13年前、峯田の役者デビュー作にして初主演映画『アイデン&ティティ』(2003年)で相手役を務めたのが麻生だった。 「ずっと自分は音楽の人だと思っていたけど、初めてお芝居の仕事で麻生さんとご一緒して、お芝居のことは何もわからなかったので、何回失敗してもぜんぶ受け止めてくれた、恩人なんです。 麻生さんが出るって聞いて、会社の人の意見も聞かず『俺、やる』と手を挙げました」。 峯田のラブコールに麻生は「こんな会見の場で言っていただいて…、うれしいですね」と照れ笑い。 麻生が見る役者・峯田の魅力は「お芝居をしている感じがしないところがすごい。 そのまんまで、いつも全力で、役と峯田さんは別人なのはわかっているのに、境目がないように感じる。 いつも魂がこもっているお芝居をされるところがすてきです」とベタ褒めだった。 麻生は峯田に特別なことは「何もしていない」と謙遜すると、峯田は「今回の共演は二度とないチャンス。 何も洋服とか買ってあげられませんし、目を見て芝居をすることで恩返ししたい」と語って笑いを誘っていた。 同ドラマは、『ちゅらさん』『おひさま』『最後から二番目の恋』などの作品で知られる岡田惠和氏によるオリジナルストーリー。 連続テレビ小説『マッサン』でエリーの長女・エマを演じた子役・住田萌乃が、麻生演じる鶴里花の長女で、目と耳に障害のある海を熱演。 三重苦の障害を克服したヘレン・ケラーと彼女に奇跡を起こした家庭教師サリバン先生の物語を現代に蘇らせる。

次の