プリコネ 種族。 ユニ(プリコネ)とは (ユニとは) [単語記事]

【プリコネR】メインストーリー考察

プリコネ 種族

「ギはね、困っている人がいると、あげたくなっちゃうんだ! そのかわり…困ってない人は、ちょっと困らせたくなっちゃうの!」 概要 探検好きのイタっ子。 らしく腕な9で、自分のイタで驚く人を見るのが好きで、特にとにイタを仕掛けることが多い。 様々なイタ具を持っており、、、、とナップが豊富な上、一部はしているなどイタに賭ける情熱は並大抵のものではない。 また内でを掘る描写が多いが、その掘りは常軌を逸しており、深さ数はありそうなを何度も掘ったり、中やのの様な、絵を見る限りが掘れそうにない場所にすらをを掘っている この辺は気にしたら負けなのかもしれない。 困っている人を見ると助ける一面もあり、ゴロツキに絡まれているを助けたことがあり、これが交流のきっかけとなった。 のことを「にいちゃん」と呼び、一緒に遊んだり探検を行っている。 また、警なはギにとってイタを仕掛ける理想的な標的であり、よくイタを仕掛けている。 しかし、あまりにも防備なため逆に心配をするようになり、イタに引っ掛からないように訓練をするようになった。 イタの他にも探検が好きで、将来の夢も探検。 宝のを見つけては探検ごっこを行っている。 遺跡に仕掛けられたを正確に解除する技術を披露しており、探検として有望と言える。 勉強は苦手だが機転が利き、イタ具やを用いることなくやを翻弄してのけたこともある。 族と族をで苦しめるを倒するため、、と共に【】を結成し、三人で一緒に遊ぶようになった。 ちなみに結成直後にの正体がギであることが判明している。 この項は、成分を多く含んでいます。 ここから下はで突っ走ってください。 『あっち』での本名は「穂高みそぎ」(ほだか みそぎ)。 に懐いており、イタを仕掛けたり一緒に探検を楽しんでいる。 が探検で更にイタ好きであり、みそぎの探検好きとイタ好きはのであることがうかがえる。 イベント『リトル・リリカル・アドベンチャーズ!』 「ほんとはだって、勉強やってからみんなと遊びたかったのに……もうに会えないのかな……絶交って言われちゃったし……」 のとして出演。 と細なことでカをしてしまう。 仲直りのためにの好物のカプを作るが、うまくきりだせないままで寝込んでしまったのためにとと共にをめて冒険に挑むことになる。 オリジナルドラマ『パジャマパーティーとお姉ちゃんなミミ』 「のお、ツルツルで柔らか~い」 「E G 05」収録のに出演。 一人でをすることになったのために、のでを行った。 イベント『リトル・ブレイブ・ハロウィンナイト!』 「オト~!」 のとして出演。 をにしたをし、のとでを集めていたが、ギの提案で向かったでと、屋敷から閉め出されてしまう。 を見つけ脱出するために、と共にの探索に挑むことになる。 オリジナルドラマ『小さな冒険隊と聖なる学舎の異端児 リセエンヌ 』 「ギはねえちゃん好きだよ?」 「E G 12」収録のに出演。 女学院の開催する地域交流会にで参加し、が用意したレーションに挑戦した。 イベント『激走!ランドソルギルドレース』 「大成功! つーぎーはー!」 にとして出演。 走りにくいはずのを慣れた足取りで走りながら、言葉巧みにミフユとを障物に誘導して妨。 やイタ具を用いることなく翻弄してのけた。 ユニットとしての能力 ミソギ 通常 説明 【】最前衛で、敵の攻撃を邪魔する。 の前の敵を暗闇状態にし、命中率を大幅に下げるほか、敵一体の攻撃を下げるを持つ。 前衛・ 「」 自分から2番に近い敵を中心とした範囲内の敵すべてに中を与える。 1 「ク」 自分から2番に近い敵1に小を与え、さらに暗闇状態にする。 さらに 範囲内の敵すべての攻撃を小させる。 2 「」 最も攻撃が高い敵1に小を与え、攻撃を小させ、さらに自分の攻撃を小させる。 「」 開始時に自分の防御を中させる。 対を暗闇にする「ク」でのアタッの妨が可な。 ただし、などの必中攻撃には効果がない。 との攻撃対が特殊なで、「」と「ク」は自分から二番に近い敵を、「」は最も攻撃が高い敵を対とする。 このはで運用する際に特に重要となり、タンクをすり抜けて後ろにいる敵を妨、爆破できる。 専用装備を作成すると、クに範囲内の敵に攻撃が付与される効果が追加される。 このは永続する上に効果が累積するため、長期戦で高い効果を発揮する。 ミソギ ハロウィン 説明 【】前衛で範囲攻撃を放つ、の悪戯。 敵に5ントでするを仕掛けたり、のを投げつけたりと、様々な範囲攻撃で敵を弄ぶ。 前衛・ 「オック!」 【】前方の敵すべてにを設置し、5ント後に起爆する。 はそれぞれ、起爆後に敵全体に中を与える。 1 「ペング」 前方範囲内の敵すべてに中を与える。 2 「びっくり」 前から3番の敵を中心とした範囲内の敵すべてに中を与える。 「」 開始時に自分の攻撃を中させる。 に報酬の限定として登場したのギ。 とはどれも範囲攻撃のアタッ。 敵の数が多いやで活躍が見込める。 「オック!」が非常に特徴的で、5ント後に敵全体にを与えるを敵の数だけ設置する。 敵の数が多い程が増えるが、発動からを与えるまでがあり、中に敵が倒れると、その分も減るという癖が強い技。 その分、などでハマった時の破壊は凄まじいものがある。 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目• ンディ(のの座をかけてのでと 遊んだ 対決した)• (が保護した)• ( 恐い顔をしてるおねえちゃん).

次の

ユニ(プリコネ)とは (ユニとは) [単語記事]

プリコネ 種族

2020年春アニメ 『プリンセスコネクト!Re:Dive』のメインキャラクターで美食殿の設立者・ ペコリーヌを大特集! 物語を明るく彩る彼女の魅力やおなじみの口癖、そしてその やばい正体についてまとめました! ペコリーヌ キャラクター紹介 『プリンセスコネクト!Re:Dive』に登場する主要キャラクターの1人。 世界最大の大陸「アストライア大陸」の中心に位置する巨大都市ランドソルを一人で旅していた女性剣士。 空腹で行き倒れていたところを主人公のユウキらに助けられ、縁を持ちます。 種族はヒューマンで、年齢は17歳。 オレンジ色の髪を腰まで伸ばし、王冠のような形のティアラをつけています。 一応鎧を装備していますが、胸元はかなり開いており、ドレスのようなデザインです。 ユウキたちと共に行動するにあたり、食べ歩きを目的としたギルド 「美食殿」を結成。 言い出しっぺである彼女が ギルドマスターに就いています。 底抜けに明るく大らかで、人見知りを全くせず、常に笑顔を絶やさない元気な子。 食べることが大好きで、何でも美味しそうに食べますが、特におにぎり(米飯)は大好物のようです。 自らの手で命を奪った相手に対しては全て美味しくいただくというポリシーを持ち、倒した魔物も調理して食しています。 多くの言動が楽観的かつ脳天気なため、おバカキャラと誤解されることもありますが、自らの食費を稼ぐためにアルバイトしたり、戦闘時には勝負所を見極めた上で必殺技を放ったりと、しっかりした面も持っています。 (過去が)重い、(処理が)重いとよく言われていますが、体重は重くありません。 担当声優は M・A・O(まお)さん。 正体は「ワケあり」のお姫様! ペコリーヌという彼女の名前は、一度聞いたら忘れないくらい特徴的で、彼女にピッタリですよね。 ただ、これは 本名ではありません。 出会って間もない時期、コッコロが彼女を呼ぶための仮の名前として付けたものです。 本人もこの愛称をいたく気に入り、その後は誰もが彼女のことをペコリーヌと呼ぶようになりました。 美食殿の仲間であるキャルからは「アホリーヌ」呼ばわりされるなど派生語まで誕生しており、完全に定着しています。 しかしこれはあくまで 世を忍ぶ仮の姿。 彼女の真の名は 「ユースティアナ・フォン・アストライア」と言います。 プリコネRの舞台となっている ランドソルを統べる王族の長女、すなわち お姫様であり王位継承者なのです。 では、なぜそんな高貴な身分のペコリーヌが危険な一人旅などしていたのでしょうか? 実は彼女、 王女の地位を奪われてしまい、王宮から離れるしかなかったのです。 こんなに明るくて優しくて人懐っこい子が地位を剥奪されるほど周囲から嫌われるなど考えられないことですが……やはりそこには深いワケがありました。 王宮の人間たちが洗脳され、ペコリーヌを王女と認識しないよう仕向けられていたのです。 犯人は 覇瞳皇帝(カイザーインサイト)という存在。 前作『プリンセスコネクト!』のラスボスで、アニメにも登場していますね。 最終決戦でユウキと相打ちになり、ユウキは記憶の大半を失い、覇瞳皇帝は再起不能となったはずでしたが……プリコネRの世界では健在で、洗脳装置を駆使しランドソル王家を乗っ取り、支配しているのです。 しかも覇瞳皇帝はペコリーヌの本名であるユースティアナを名乗り、彼女に成り代わっています。 よって、ペコリーヌの方が 「王女の名を騙る不届き者」と王宮内で認識されてしまい、逃げるしかなかったのです。 どうにか逃れることに成功したペコリーヌですが、覇瞳皇帝は当然彼女を見過ごす気はなく、 キャルをスパイとして送り込み、監視を行っています。 当然、 最終的には命を奪うつもりです。 常に明るく振る舞っているペコリーヌですが、その笑顔の裏には壮絶な過去を背負っていたのです。 しかしペコリーヌは決して自分の地位や身分を奪い返すために美食殿を結成した訳ではありません。 彼女の目的は 美味しい物を食べる喜びを得ること、そして大好きな人たちとその時間を共有すること。 ペコリーヌは美食殿の他のメンバーを巻き込む気はなく、半ば諦観したような状態で、やがて失われるであろう美食殿での何気ない日常を笑顔で過ごし、少し長めの最後の晩餐を楽しんでいたのでしょう。 原作ゲームのメインストーリー第1部では、そんなペコリーヌに訪れる最大の危機、美食殿の絆、そして覇瞳皇帝との決着が描かれています。

次の

海外の反応【プリンセスコネクト!Re:Dive】第6話 まさかの超展開!(プリコネR)

プリコネ 種族

概要 リマはのスマートフォンRPG『』のキャラクター。 無印版でも同名のキャラ名で登場していた。 肉体年齢は4歳。 人物 の世界は未来の我々の世界の現実。 フィクションだからやが出てくるのもまぁわからなくもない…かも。 だが、 明らかに日本に馴染みのない動物がゲームに参加してるってどういうことなの…。 しかも無印版のストーリーを見るにこの個体は野生らしい。 マジすか。 ちなみに「リマリマ~」と鳴き、リンゴが好物。 …という来歴があり、人間ではなくまんまなキャラクターがゲームに参加したらさぁ大変。 Re:Diveの世界ができたときに「見た目がアルパカの獣人」という記憶を植え付けられ、種族同一性障害ともいうべき事情を抱え込むことになった。 しかし身長・体重は平均的なのものだし、名前もラマから取られている。 ただ、知名度の問題からかプレイヤーからはアルパカと呼ばれている。 まぁラマとアルパカは近縁種だし、力仕事が得意というラマの性質と毛皮がもふもふというアルパカの性質を兼ね備えているため、混同されるのも仕方ない話ではある。 見た目や身体的特徴がラマやアルパカなこと以外は普通の人間とあまり変わらず、こちらの世界では普通に人語を話す。 心も人間の10代の少女といったものであり、恋やロマンチックなシチュエーションに憧れている。 しかし見た目がラマなため事情を知らない人から魔物と勘違いされてしまうことも。 街に出る時はきぐるみを着てるとしてごまかしている。 また、動物だからか興奮すると唾を吐くクセがある。 2019年以降ののイベントに登場する、リマの姿をした謎のロボットのこと。 ストーリーの詳細についてはを参照。 2019年4月1日、ランドソルに「ロボリマ」が突如襲来。 HP1兆を 全ユーザーが総出で討伐という新たなレイドバトルで、新規プレイヤーにも考慮してか攻撃が全て割合ダメージという試験的なイベントだった。 付随ストーリーは案の定エイプリルフールによるということでからお詫びが来た。 夢の出処を訝しがっていたが、その具現化にはが一枚噛んでいた。 当初は2019年エイプリルフールの一発ネタだと思われたが、2020年4月1日にまたしてもロボリマが襲来する。 ちなみに今回のオチはリマ自身の夢だったというものである。 TVアニメ版 「こんなオシャレしたロバがいるわけないでしょっ!! 」 アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」にも登場。 第4話にて出演し、迷い込んだ森の中で荷馬車のロバが逃げてしまい、困った・により野生動物と間違えて捕獲される。 最初は怒っていたがすぐに彼女らと和解、その自慢のパワーで荷馬車を引いてくれることに。 途中で盗賊に襲われてしまうが「もふもふストライク」を使い追い払った。 原作版ではかなり育てないと見ることが出来ない人間体も披露している。 「メタモルアップル」という特殊なリンゴを食べたことで人間の状態へと変身。 そのシーンは通常形態のリマの中から、着ぐるみのように人間リマが出るような演出となっている。 原作におけるプロフィールの身長が150cmなのに対し、アニメ版では2m近い巨体で現れ、コッコロとスズメだけでなく視聴者をも驚かせた。 おそらくプロフィール値は四足歩行時 つまりは普通のラマ の数値で、それが二足歩行したためこうなったのだと思われる。 ちなみにわざわざ彼女の為に リマ変身シーン原画と リマ作画監督 が用意されるという謎の優遇を受けている。 第6話では再び出演。 他のエリザベスパークのメンバーと共にタルグム村へと向かっていたのだが、その途中、謎の存在である「シャドウ」に襲われてしまう。 そのためリマはもふもふストライクでシャドウを追い払おうとしたが、リマのシャドウが同じ技を使いだしたため、メンバーは驚いていた。 その後にも襲撃を受けてしまうが、リマの丈夫な体と腕力で、傷が大きかったやを第7話にて運んで、間一髪タルグム村で救援を受けた。 そして、第4話で顔見知りとなっていたコッコロから治癒魔法をもらい、どこかへ消えてしまったの捜索に向かう。 途中でクリスティーナと対峙した際は、彼女の権能「絶対攻撃」を食らいピンチになってしまうが、ユウキの「」の力によって再び人間形態へと変身。 通常の姿の時とは異なる軽い身のこなしによってクリスティーナに一矢報いた。 バトル開始後、しばらくしてから最前線まで突進してきて、敵の目の前に立ちはだかる。 全キャラ中最も前に立つ物理タンク…なのだが来歴が異質なら性能も異質、タンクとして、いや、あらゆるキャラの中で一際異彩な性能を持つ。 Rank1なら普通のキャラクターだが、Rank2になると「もふもふアサルト」の効果により 初期配置が画面左枠外になり、1ターン目の行動が画面外からの突進攻撃になる。 このときリマは先頭にいないため、敵は2番目のキャラの前まで距離を詰めてくる。 例えば2番目がならその目の前まで迫ってくる。 またリマ以外のキャラが少し後退する。 お互いの距離が近くなるので、互いの範囲攻撃の射程が伸び、また1ターン目と2ターン目でキャラの順番が変化するため、敵の1or2番目狙いの攻撃対象がずれる。 この独特の仕様を利用することで、かなり遠くにいる後列キャラを範囲攻撃で仕留めたり、開幕の厄介な2番目狙い攻撃を3番目に受けさせるといった戦法が取れる。 もう一つの「もふもふヘッドバット」も性能自体は普通だが、スキルのローテーションの関係で 通常攻撃と交互に撃つため、敵の先頭キャラを延々と妨害し続けられる。 ユニオンバーストは範囲攻撃で単発あたりのダメージは低いが、多数巻き込める状況なら(タンクにしては)かなりの総ダメージを叩き出す。 尚、このユニオンバーストは密かに 行動をキャンセルさせる効果があり、厄介なスキルをこれでキャンセルさせられれば占めたもの。 しかし回復スキルを持たないため、支援無しだとあっさりやられてしまうことも。 総じて中・上級者向けのキャラだと言える。 2019年2月29日に実装された専用装備「アンビシャスドレス」をつけると「もふもふアサルト」に 味方全体に物理無効バリアを展開という効果が追加される。 一度しか使わないが開幕で張ってくれるのでアリーナにおけるを筆頭とした物理範囲アタッカーからを護る…といった使い方ができる。 上述した隊列圧縮性能も買われてなどの範囲アタッカー組んでいる場合も多い。 ただ、物理無効バリアという効果そのものが強力なうえ、アリーナに蔓延る厄介な範囲アタッカーは主に物理攻撃なため、特にシナジーを意識せずとも使いやすい性能となり、攻めでも防衛でもリマが使える機会はかなり多くなっている。 高難易度コンテンツ「ルナの塔」でも起用する場面がちょくちょく出てくる、頼りになるスキルである。 ユニオンバーストが「もふもふストライク」から「 メリーウールストライク」に変化し、セットボーナスによってHP・物理防御力が大きく上昇する。 あくまでもファンサービスの一環といったところか。 余談 上述の通りリマは誰よりも前に立って戦うのだが、• 戦闘不能時「乙女なのに傷だらけよ~!」 言ってることとやってることが逆ではないかと突っ込みたくなる要素が多い。 関連イラスト pixivでは人間状態のイラストが多く投稿されている。

次の