傷 だらけ の 天使。 傷だらけの天使(1966) : 作品情報

傷だらけの天使 (映画)

傷 だらけ の 天使

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2014年12月)() なんでも屋の探偵「満」と弟分の「久」はある日、ヤクザの子供を青森の母親に送り届けてほしいと依頼される。 満は久を誘うが断られ、仕方なく子供と2人で青森へ旅立つ。 一方、久は結局2人のことが気になってしまい、途中で合流する。 キャスト [ ]• 木田満 -• 石井久 -• 立花英子 -• 倉井蛍 -• 倉井拓也 -• 倉井錠治 -• 足立源太 -• 中津和江 -• 大島正次 -• サスケ(保〈たもつ〉) -• 中津佳乃 -• 牧場長 -• 東山一郎 -• プロレスラー - 、、• リングアナウンサー -• 判子屋主人 -• 居酒屋マスター -• 桜木 -• 理容師 - スタッフ [ ]• 監督 -• 脚本 -• 企画 -• 製作 - 、、• プロデューサー -• 撮影 -• 美術 -• 主題歌、音楽 -• 音楽プロデュース -• 録音 -• 調音 -• 音響効果 -• 照明 -• 編集 -• 衣裳デザイン -• 衣裳 -• 助監督 -• スクリプター -• スチール - 脚注 [ ] [].

次の

傷だらけの天使 HDリマスター版

傷 だらけ の 天使

時代を超えてコアなファンに愛されてきた名作ドラマ「傷だらけの天使」(日本テレビ系、1974年10月~75年3月放送)の舞台となった東京・代々木のビルが今夏から解体されることが決まった。 建物の一角で営業を続けてきた居酒屋は27日の深夜12時をもって営業を終了し、28日に撤収。 「傷だらけの天使」では、萩原さん演じる修(オサム)と、当時22歳だった水谷豊(66)扮する亨(アキラ)が国鉄の線路沿いに建つ「エンジェルビル」屋上のペントハウスに住んでいる設定。 電車音と共に目覚めた修がゴーグルを額へと上げたまま、新聞紙をエプロン代わりに、トマト、クラッカー、ソーセージ、コンビーフをかじり、牛乳瓶のふたを口で開けるオープニングシーンの部屋…。 屋上に備え付けたドラム缶の風呂…。 彼らの生活が染みついていた。 このビルはJRと都営地下鉄の代々木駅改札を出て徒歩1分弱の通りに面した地上8階、地下1階の「代々木会館」。 延べ床面積は18万6888平方メートル。 解体前に営業していた店舗は3階の中国関連書店と数年前にオープンした1階外面の居酒屋のみ。 45年前の放送時点で、既に年季が入っていたビルだった印象から、逆に、まだ解体されていないことに驚く人も多かった。 このまま東京五輪を迎えるのかという雰囲気もあったが、一転して、6月24日に「解体工事のお知らせ」という標識が、「渋谷区建築物の解体工事計画の事前周知に関する条例第6条第2項の規定」によって建物に設置。 ついに、その歴史に終止符を打つことが公になった。 解体工事は8月1日から来年1月31日までの予定。 居酒屋と書店は6月末で閉店し、7月は工事に向けた準備期間になりそうだ。 最後の夜、店内は遅くまで満席状態が続き、中に入れない人たちが外で待った。 記者も含めた待機組に気さくに声をかけながら、自作だという「傷だらけの天使」の缶バッジをプレゼントしてくれた男性に話を聞いた。 「20年前までは地下にパチンコ店があった。 こだわりのある居酒屋も。 4階には予備校の教室があり、さらに上には住居もあって。 正月はなぜか(ビル内の扉が)開いていて、屋上に出られた…」と、思い出を語った。 最終回、建設会社の主任(森本レオ)が修に対し、解体工事のために立ち退きを伝える場面があるのだが、店に集った傷天ファンは「あのシーンがついに現実になってしまった。 レオが本当に来た」としんみり。 もちろん、これも時代の流れだと重々承知だが、思い入れが強いほど寂しさは募る。 それだけの力があるドラマだったのだと改めて実感した。 (デイリースポーツ・北村泰介).

次の

愚か者 傷だらけの天使

傷 だらけ の 天使

「傷だらけの天使」の舞台にも 代々木会館は1969年に建設され、中国書の専門書店「東豊書店」やパチンコ店・ビリヤード店などが入居していた。 1974年にはドラマ「傷だらけの天使」で主人公コンビの木暮修(演:萩原健一さん)と乾亨(演:水谷豊さん)が住むビルとして、撮影にも使われた。 その猥雑な外観から、香港のそれになぞらえて「代々木の九龍城」とも呼ばれていたが、高度経済成長期の様式が残る雑居ビルとしてひっそりと一部の建築マニアに注目される程度で、2019年6月までにテナントは退去し、解体を待つばかりのはずだった。 ところが7月19日に「天気の子」が公開されると、再度聖地として脚光を浴び始める。 劇中でカギを握る「神社」がこのビルの屋上にあるという設定で、代々木会館と神社はクライマックスでも重要な役割を果たす。 「天気の子」は公開以来2週連続で週末観客動員1位を記録し、7月29日時点で興行収入40億円を突破するなど、新海監督の前作「君の名は。 」に劣らない好調ぶりを維持している。 緻密な風景描写に定評がある新海監督の作品であることも相まって、映画公開後は「聖地巡礼」に訪れる多くのファンが、代々木会館にカメラを向けるようになった。 しかし8月1日から建物の解体工事が本格的に始まっている。 8月2日現在はまだ内部の資材の搬出にとどまって外観をとどめているが、遠くないうちにビル自体の取り壊しも始まると推測される。 現地の様子は 筆者は2日午前、現地を訪れた。 最高気温35度の猛暑の中、学生と思われる若者や女性が連れ立ってカメラを向けたりする様子が見られたが、現地は代々木駅から目と鼻の先。 車が行きかう中で時折建物を撮影しようとする人が現れる程度で、思ったよりひっそりとしていた。 「天気の子」公式サイトでは、劇中に登場する建物への聖地巡礼について、「近隣住人の方々への配慮、及び節度のある行動、マナーに十分心掛けていただきますようお願い申し上げます」と呼び掛けている。 (J-CASTニュース編集部 大宮高史).

次の