お ぼ 方 晴子。 小保方晴子 2019現在のグラビア画像が別人!結婚した旦那は新井勝男なのか?

小保方晴子 2019現在のグラビア画像が別人!結婚した旦那は新井勝男なのか?

お ぼ 方 晴子

実は、まだ全部は読んでおりません。 また、私はSTAP細胞に対して、本を読んだところで判断できる能力もないだろうと思われます。 この本を購入しようと思った理由は、誰を傷つけようとしたわけでもない小保方晴子さんを、大手マスメディアを始め、日本国中の一般市民が、まるで「自殺してしまえ!」と言わんばかりの攻撃を続けたおぞましさを、当の本人はどのように受け取っておられたのか?またどのように傷を癒し、どのように自分の感情に折り合いをつけた上で、日本国民の過ちを是正した上で、日本の社会に役立ちたいと思えるようになられたのか?それを知りたかったのです。 全部を読むつもりではいたのですが、入院されていたこと、そして自分の助けになってくれた方への感謝の深さ、そのものが、小保方晴子さんがどれだけのダメージを受けてきたかが、ストレートに伝わってきてしまい、心が折れてしまいました。 そうですね。 若い女性一人では、とても太刀打ちできない、一億三千万人もの敵ですものね。 小保方晴子さんの人柄が、数少ないながらも、国民のバッシングを共に受けながら、あなたを助ける仲間を招いたのですね。 この本のレビューを読んでいるだけでも、小保方晴子さんへの攻撃が散見されます。 文章の能力がないって? 彼女はもともとジャーナリストでも小説家でもないでしょう? 卒業時の論文にコピーがあるって? そんなの学生なら誰でもやるでしょ? 大体、日本人学生が英語の文章を一から作って、欧米人にまともに伝わる論文が書けると思いますか? そもそも世間の人は、彼女が STAP 細胞の発見者として、表に出てきたことが許せないのでしょう? 注目を浴びたことがむかつくのでしょう? 私の知る限り、科学者というものは、数少ない例外を除けば、それほど金銭的には成功しないものです。 ほとんどの科学者が社会的な賞賛や栄光を夢見て、自分の睡眠時間を削って研究に人生を捧げております。 例えばSTAP細胞が勘違いで、それなのに、社会的な賞賛を浴びようとしたとして、それがどれほどの罪だというのです? 科学者なら当たり前のことでしょう? そもそも彼女が表舞台に立ったのは、大学の指図のはずですよね? 生命科学をこの金額で丁寧に教えてくれる本は無いです。 この本が今まで批判されないのは事実だからです。 この本は私は犯人ではないです。 犯人は他に居ますよ。 と実名で書いてある真実の本です。 スタップ現象は何故潰されたのか誰が主実験をしたのか明確になりました。 キメラに問題があるのです。 小保方博士は既にアメリカに居たときからスタップ現象を発見してる之は絶対的事実なんです。 しかも多くの人間が見ています。 勿論自家発光ではありません。 しかしこの現象は理研に何の利益にもならないだから捨てられたのです。 嵌められたのです。 其れはやはりでしょう。 毎日新聞。 NHKでしょうねえ主になるマスコミの横暴です。 若山が不正を働いたと書いてあるのです。 事実でしょう。 長いこと隠れてるのだから。 この本の5章だけを読んで見れば物凄いことが明確になります。 この本はある本に対する本です。 事実でないことをかけば大騒ぎになる本でありしかも其れは名誉毀損で数千万円の損害賠償が起こるそういう本なんです。 全部実名ですからねえ。 絶対的な本なんです。 この5章で若山のロボットにさせられでたらめなことになってるのが明確です、ノートが無いと言うより若山の命令の下で働いてる研究者の一人に箚せられ若山がノーベル賞の対象であることが明確に書かれています。 ここで理解できないのはシニアオーサーであリ大型予算が取れるしかもノーベル賞の筆頭になれたのに何で山梨なのかさっぱりです。 勿論理研を辞めたので小保方博士になったのですがわからないです。 これだけ優秀な科学者を腐ったマスメデアが駄目にしてしまったのです。 若山の罠にハマったのでしょう。 理研に騙されたと言うより理研もこのマスコミの罠にハマったのです。 それを裏で指導したのが若山です。 この本の4章。 6章をしっかり読めば見えるのです。 若山は焦っていた次の就職場所。 小保方博士のスタップがモノになれば輝かしい未来が開けるのです。 やってしまったのでしょう。 スタップ現象はもう証明されてるのです。 スタップ幹細胞が小保方さんに出来ないのです。 スタップ現象は他にも出来ています。 ESが手に入らない段階の最初からスタップ現象は出来ています。 若山之に乗るにはキメラが絶対です。 しかし10年の期限が来る後付でやっちゃえになったと見るのが正解です。 しかし論文発表から何回してもキメラが出来ないスタップ幹細胞も出来ないだから捏造したと見れば読み解けます。 196ページそして197ページには驚愕な事実が書いてあります。 絶対的事実と言っていいでしょう。 是非読んでもらいたい。 こんな事実がでてきてるのにマスコミは何をやってるのでしょうか。 松本サリン事件の河野さんと同じことをしてるのです。 12章は確定的な犯罪行為を表す発表です。 若山はこれだけの事実をどう見たのだろうか山梨大学はどう考えたのか。 大問題です。 マスコミはNHKはどうなんだろうか若山の犯罪を隠蔽し続けてもこれだけの事実を発表されたのです。 12章は驚愕な事実です。 仕組まれたES細胞混入ストーリーです。 しかも嘘の発表で若山が利権のCDBを潰したのです。 まだ全文を読み切っていないのですがとにかく胸がすかっとしました。 一部のマスコミは思いあがっていると思います。 日中仕事でほとんど事件を追えなかったので申し訳なかったですが今日記者会見の画像で記者が笑いながら(悪意がある)質問をしているのをみて言葉は悪いですが胸糞が悪くなりました。 小保方氏の自然科学に対する真摯な姿勢がよく伝わってきました。 氏のような優秀な人材を育てる風土や環境が損なわれつつある現状に危機感を強めている人たちは少なくないと思います。 また周囲の人たちが氏を支えてきた事もよく理解できました。 これからも苦難は続くかもしれませんがSTAP細胞が存在する事実が明らかになりつつある今日氏の貢献は人類史から抹殺することは出来ないと 思います。 これからも小保方氏のご活躍を祈念します。 何故か時々レビューが削除されるのですが、しぶとく再度投稿します。 あの一連の狂乱が始まった時から、2つの観点で興味をもって観察しています。 一つは、科学的な観点、もう一つは社会学的な観点です。 科学的な観点での興味は「STAP現象が可能なのか、絶対に不可能なのか」です。 学徒は、可能性の方が遥かに高いと感じています。 何故なら例えば、植物の場合、切った枝を挿し木すれば、今まで枝だった部分から根が生えて一本の木になるからです。 動物も全ての細胞がフルセットの遺伝子情報を持っているそうなので、植物の細胞分化のメカニズムと根本的な違いでも発見されない限り原理的には同じ事が可能なはずで、将来実現され ノーベル賞をもって顕彰されるものと推察しています。 そのノーベル賞に小保方晴子さんが貢献されていたのか外れていたのか、現時点で判断材料がありませんが、DNAのロザリンド・フランクリンの二の舞にならないよう、「その日」が来るまで生き抜いて下さい。 気長にしぶとく、応援しています。 社会学的な観点では、狂乱に関与した複数の集団の、それぞれの立場、意図、利害、影響力に興味があり、貴著でその一端が少し分かった一方、更に興味が深まりました。 狂乱を率先してリードする「汚れ役」を担ったのはNHKと毎日新聞社の2社でした。 うちNHKに対しては放送倫理・番組向上機構の放送人権委員会から2017年2月10日に「名誉毀損の人権侵害が認められる」「放送倫理上の問題があった」とする勧告がなされ、再発防止に努めるよう指弾されましたが、毎日新聞社は今のところ公式の指弾を免れていると認識しています。 あの狂乱を一言で「集団リンチ」と表現された方がいらっしゃいましたが、狂乱の規模から推察すると、 冷徹で確固たる意図と強い影響力をもった小集団が巧みに誘導していた事、その指導的集団とは別の集団に鬱積している 劣等感、羨望、嫉妬、憎悪、恐怖、自己嫌悪、歪んだ自己肯定感など ダークサイドの情念を解き放つ機会を与えた事、そして学徒自身を含め 良く分からない人達がまんまと付和雷同させられた結果 成立した異常現象と感じています。 貴著に対するアマゾンのカスタマー・レビューを通読しても、未だに強いダークサイドの情念を感じるレビューが何件もあります。 例えば異例に長いレビュー5件、また「不愉快、腹が立つ、・・・」といった感情表現だけのレビュー、単なる個人攻撃のレビュー、返す刀で講談社や高評価レビューまで攻撃するレビュー( いわゆる「 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い 」でしょうか )などです。 更に言えば「星1つ」低評価のレビューに対する「役に立った」投票の件数も異常で、現時点の最高は2,953件、次も1,549件、1,250件等々、まるで宗教論争か ヘイトスピーチの様に情念のかたまりです。 例えば魔女狩りや赤狩り、あるいはフランス、ロシア、中国の革命の様な社会的ヒステリー現象の研究成果によれば、一部の功利的な人間の扇動によって暴走を始めた集団が長期間に亘り偏執的で残忍な攻撃を続ける主なエネルギー源はダークサイドの情念の由です。 本件の場合 具体的にどの集団にどんな情念が鬱積しているのか興味が尽きないところです。 学究的なサーベイや、健全なジャーナリストによる調査報道など、今後も時間を掛けて丹念に真相を探り続ける事によって、出る杭を引き倒しGAFAやノーベル賞の芽を摘み取ってしまう歪んだ平等志向をはじめ、日本の将来を危うくしているダークサイドの情念の病理解明につながる事を期待しています。 因みに、NHKについては放送人権委員会から指弾されたまま なしのつぶて であり、 例えば具体的にどんな圧力が働いたのか、組織として人権侵害する意思決定を誰の責任で決裁したのか、人権侵害の実行を命ぜられた担当者は自らの倫理観とどう折り合いをつけたのか、何故 番組の最後に制作スタッフの名前を出さない卑怯を冒してまで敢えて放映せざるを得なかったのか等、NHK社内の記録の開示や関係者の証言の分析が待たれます。 毎日新聞社の場合は、内部の人間の情念を組織として制御できなかったのか、それとも外圧に組織が抗しきれなかったのか さえも不明ですが、いずれにしても司法権を持たない 一民間企業が意図的に私的制裁を犯した責任について詳細に究明される日を、これも気長にしぶとく待ち続けます。 )です。 知人と小保方さんの評価を巡って論争になった。 私は小保方さんは科学者に相応しい人ではないのではないかと思っていて、その知人は大手マスコミに叩かれても健気に立ち振る舞う彼女に同情的であった。 個人的に思い込みの激しい女性、女性に限らずそういった人物は好きではない。 しかし、この本の中に真相が書かれているのならと思い読み始めたが、残念ながらそういったものは見出せなかった。 しかしレビューの中にはこれこそ真実を書いてあると書いてある方もいて、どうしてここまで同じ本を読んで認識が異なるんだろうと正直驚いている。 STAP細胞について素人だから基礎知識もないし、本の内容についていけない部分もあったのは事実だが、私はSTAP細胞発見のニュースが飛び込んだ時の山中伸弥教授のちょっと怪訝な顔の映像が印象に残っていて、基本的にそういう目で見ているという事もあるが、今後もこのような事が起こりうると考えれば、是非対策を講じてほしいものだ。 やはり事実を追求する科学に嘘はあって欲しくない。

次の

小保方晴子の現在2019がグラドルみたい!別人すぎる最新写真も公開

お ぼ 方 晴子

スポンサーリンク 小保方晴子 プロフィール (画像引用元:) 生年月日 1983年9月25日 出身地 千葉県松戸市 出身校 早稲田大学理工学部卒業 幼少から研究者を志し、再生医療に興味を持っていた小保方晴子さんは松戸市立第六中学校、東邦大学付属東邦高等学校卒業し、2002年に早稲田大学理工学部応用化学科に入学します。 2010年には「STAP細胞」を名付けて見つけ、2013年には理化学研究所発生・再生科学総合研究センター・細胞リプログラミング研究ユニットリーダーとして、胞子様細胞・STAP細胞の研究に従事します。 そして、2014年にはSTAP研究を発表し、「リケジョの星」「ノーベル賞級の発見」として一躍時の人となります。 しかし、STAP論文や博士論文において様々な研究不正の疑義が発覚し、早稲田大学も博士論文について調査委された所、問題が発覚したとして報道されました。 小保方晴子さんは調査不服申し立てのために会見を開いたが、世間や報道、テレビからのバッシングはひどく、NHKに至ってはBPOに「名誉毀損の人権侵害が認められる」「放送倫理上の問題があった」として勧告されるほどでした。 小保方晴子が文春の原色美女図鑑でグラビアデビュー!画像は? 小保方晴子がグラビアデビュー! もともと、小保方晴子さんは2017年1月から「婦人公論」で、「あの日からの記録」ということで「小保方晴子日記」の連載が始めて露出していました。 (画像引用元:) そして、「小保方晴子日記」をまとめた本を2018年3月に発売を記念して、グラビアのような写真を披露して「グラビアデビュー」と言われてしまいました。 その時は、「グラビアデビュー」はガセでしたが、なんと 2018年5月9日発売の週刊文春のグラビア「原色美女図鑑」に登場し、本格的にグラビアデビューをしたのです。 あの小保方晴子さんんが、本日発売号の巻頭カラーグラビア「原色美女図鑑」登場です! — 文春くん公式 bunshunho2386 そんな、小保方晴子さんのグラビアデビュー作「珈琲屋台にひかれて」は以下の画像となっております。 (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) 黒のノースリーブのワンピース姿で、日記帳を抱えた写真や、ペンをとりながらカメラを見つめる写真、本を開いたままベッドで眠る写真が掲載されました。 記事によると、週刊文春に登場する驚きや、現在は料理が気分転換になっていることなどが記されているようです。 スポンサーリンク 小保方晴子が綺麗になったか時系列順で! そんなグラビアデビューをした小保方晴子さんですが、以前より綺麗になっていることが分かります。 実際に時系列順に比べてみると… 若い頃の小保方晴子 (画像引用元:) STAP細胞で「リケジョの星」と言われた小保方晴子 2014年 (画像引用元:) STAP細胞会見当初の小保方晴子 2014年 (画像引用元:) 小保方晴子と瀬戸内寂聴との対談 2016年 (画像引用元:) 「小保方晴子日記」を出した小保方晴子 2018年 (画像引用元:) (画像引用元:) 以前は研究者であまり人前に出ていないためか、研究者っぽいほぼすっぴんのようなメイクでした。 しかし、現在はメディアに出ることが多くなったせいか、化粧の仕方を覚えてさらに綺麗になったように見えますね! 小保方晴子が文春の原色美女図鑑でグラビアデビュー!鋼メンタル! STAP細胞で大バッシングを受けた小保方晴子さんですが、現在はグラビアデビューをしたりとその鋼のメンタルで好評のようです。 そして、更にキレイになっており、容姿も注目されており、今後はグラビアとして活躍が気になりますね!.

次の

文春のグラビアに登場した小保方晴子氏 科学技術の現状に逆行か

お ぼ 方 晴子

理研(理化学研究所)は、検証実験では確認できなかったと発表しました。 絶対に存在しないとは証明できないものの、「STAP細胞は再現できない」と結論づけ、STAP細胞の存在は事実上否定されました。 もしもSTAP細胞が存在するなら、その可能性が本当にあるなら、理研を含め世界中の研究者が研究を進めます。 科学的にもビジネスとしても、大きな発展が期待できるからです。 しかし、もはや世界では誰も本気で検証する人はいませんでした。 今回は、世間からの声もあり、このような奇妙な形での検証実験となったのでしょう。 記者会見では、「検証実験は、(小保方晴子研究員を監視するための)モニターや立会人を置いて行われた。 そういう検証実験を行ったことは、責任者としてものすごく責任を感じている。 研究者を犯罪人扱いしての検証は、科学の検証としてあってはならないこと。 この場でおわびをさせていただく」と述べられています。 真実は、小保方氏しかわかりません。 あのとき、何か奇跡が起きて、STAP細胞もキメラマウスも本当にできたのかもしれません。 あるいは、小保方氏の、悪意のない誤認、ミスで、別のES細胞が混入した結果かもしれません。 ケアレスミス、データ改ざん(見栄えを良くするための)、悪意のない誤解、誰かの陰謀、そしてねつ造(意図的な不正)と、今でも可能性としてはいろいろ考えられます()。 しかし、意図的な不正が行われた可能性が最も大きいようです。 「論文不正」(意図的なデータの改ざん)は以前から認定されていましたが、万能細胞であるSTAP細胞ができたとの実験結果そのものが意図的なねつ造だった可能性が大きくなりました。 という回りくどい言い方が報道ではなされますが、常識的には、実験内容すべてが作り話、ペテンと言われても仕方がありません。 「どのような状況下であっても必ず十分な結果をと思い必死に過ごした3か月でした。 ~魂の限界まで取り組み~」。 なかなか感動的です。 でも、とても魅力的な姿を見せましたが、小保方氏は文才もあるようです。 ただし、小保方氏の謝罪はも今回のコメントも、「未熟さ」に関する謝罪です。 「私の未熟さゆえに論文発表・撤回に際し、理化学研究所を始め多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまったことの責任を痛感しておりお詫びの言葉もありません。 」 論文の写真を加工したことなどは認めていますが、それも不勉強や未熟さのせいであり、実験そのものに意図的不正があったとは一言も述べていません。 たしかに会見の言葉や、今回のコメント見る限りでは、とても嘘とは思えません。 しかし、様々な証拠が小保方氏の嘘を示しています。 ただ、ここまで来ても、小保方氏に関する悪い評判はほとんど出ません。 小保方氏は、有能で一生懸命で、すてきな人です。 その人が、なぜこんな大それた嘘をつくのでしょうか。 応用が期待される研究で、いずれは嘘がわかります。 それなのに論文をねつ造するなど、そんなことがありえるのでしょうか。 しかし、前例はあります。 超伝導に関するすばらしい研究成果を出し続けたも同様でした。 ネイチャーに発表した研究も、世界中で講演した実験内容も、すべては彼の作り話だったのです。 しかし事件の前も後も、彼の評判はとても良いのです。 有能で、誠実で、すてきな好青年でした。 彼は、世界的研究所であるベル研究所を解雇された今も、自分の研究は嘘ではなかったと言い続けています。 なぜ、世界を巻き込むをついたのかは何も語っていません。 このような人々の、「有能さ」も「善良さ」も、おそらく嘘ではないのでしょう。 素晴らしい研究をして、世のため人のために貢献したいという思いも、真実なのでしょう。 これまでの人生での、人へのやさしさや誠実さも、嘘偽りはないのでしょう。 しかし、世界を揺るがすような大発見はできませんでした。 有能さと、一流の職場環境と、上司からの高い評価と期待。 その中で、彼らの心の中の何かがはじけてしまったのかもしれません。 この人たちの「」は、しだいに本人の心の中で嘘ではなくなっていったのかもしれません。 客観的には、不正、ねつ造が明らかになった後も、それを認めてしまっては、自分自身が壊れてしまうのかもしれません。 自分が見つけたすばらしいSTAP細胞も超伝導も実在するのだと、思い続けるしかないのかもしれません。 テレビドラマも、小説も、人の心を描いています。 舞台は江戸時代だったり、未来の宇宙だったりしますが、そこに登場するのは、愛し憎み攻撃し助け合う人々です。 作家は芸術的センスで人間の心を描き出しますが、心理学者は科学的な方法で人間の心の不思議に迫っていきます。 人は「どうするべきか」ではなく、「どうすることが効果的か」を探ります。 心は、人間の一番身近にあって、一番わからないものです。 相手の心もわからないし、何より自分自身の心がわからなくなるときもあります。 心理学を通して、自分を知り、人を知り、をよくして、幸せになりましょう。 心理学者やカウンセラーではなくても、経験や信念があります。 心はとても身近なので、人はみんな「心理学者」なのかもしれません。 それぞれの人が、それぞれの感情と考えを持っています。 世の中にはひどい人がいます。 腹を立てて当然です。 当然です。 こんなに傷つくことがあった、みんな私をわかってくれない、泣くのは当然です。 でも、ちょっと待って。 その考え、そのときのあなたの感情は、正しいのでしょうか。 その考えで、成功するのでしょうか。 その気持ちで、その行為で、仕事が上手くいき、人間関係が改善され、あなたは幸せになれるのでしょうか。 また、一人ひとりがつい陥ってしまう「自動思考」があります。 本当はそうではないのに、すぐにいつもの考えや感情が湧き出て、誤解が誤解を生み、努力も水の泡です。 これでは、とてももったいない! 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」と考えられるようになりましょう。 自分の心、人の行動。 ちょっと立ち止まって考えられると、冷静になれます。 やさしく強くなれます。 愛と勇気がよみがえります。 あなたは、もっと自由に、もっと楽しく生きられるのです。 女は話し合って問題解決しようとし、男は話題にしないことで解決しようとする。 そして互いに相手が解決を望んでいないと思い込む(男女のコミュニケーション)。 人は、問題が発覚したその瞬間に「このことは事前に予測できていたはずだ」と感じる(原因帰属)。 人間は、他者の行動を実際以上にその人の性格のせいにする。 自分自身の時には環境のせいにするのに(原因帰属の基本的錯誤)。 やる気が高すぎる人(結果を重んじすぎる人)は、子どもや部下のやる気を奪う(達成動機)。 うつ病は、もっとも周囲の理解が必要なのに、もっとも理解されにくい病気(精神医学・臨床心理学)。 本当はうつ病ではない自称うつ病の人が周囲を傷つけている(精神医学・臨床心理学)。 自分を信じることは大切だが、自分の意志力を過信する人は失敗する(認知行動療法)。 子どもを愛しているのに、愛が空回りしている親がたくさんいる(子育て・発達心理学)。 人は、自分の意見にあった情報を選び、自分の意見にあったように解釈する(認知的不協和)。 いったん否定的なセルフイメージを持つと、それが性格になってしまう(セルフ・スキーマ)• ネット・コミュニケーションは、愛も憎しみも燃え上がりやすい(社会心理学)。 凶悪事件の犯人は、孤独と絶望感に押しつぶされた人(犯罪心理学)。 心の隙間を埋めるような恋は、破滅へと向かう(恋愛心理学)。 問題があることが悪いことではありません。 悩みのない人はいません。 でも、問題がないふりをしたり、問題は解決不可能だと思い込んだりすることで、事態は悪化していきます。 たとえば…• 「ありがとう」が言える人は幸せになれる(ポジティブ心理学)。 希望は、心を開き、一歩を踏み出したときに生まれる(希望学)。 期待されている子は伸びる(ピグマリオン効果)• 大きな悲しみも、乗り越えられる方法がある(レジリエンス)。 心が張り裂ける出来事を通して、成長することもできる(PTG:外傷後成長)。 あなたは、なりたい自分になれる(新しいパーソナリティー理論)• 愛されるコツは愛すること(好意の返報性)。 「やればできる」の土台は「自分にもできる」(セルフ・エスティーム)。 心に痛みを感じている働くお母さんは大丈夫(社会心理学・役割間葛藤)• お金も腕力もなくても、あなたも人の助けになれる(カウンセリングマインド)• やる気のない部下も生徒も、上司や先生との人間関係でやる気を出せる(内発的動機づけ)• 親や先生に愛されると、やる気がわく(癒しの場と活躍の場・内発的動機づけ)。 人のために行動できる人は。 幸福になれる(ポジティブ心理学)。 ただの気休めや、きれい事ではありません。 近年の心理学は、人間の明るい側面にも目を向け始め、成果を上げています。 でも、あなたの心も癒されます。 過去の事実は変わらなくても、過去の出来事が今のあなたに与えている影響は変えることができます。 家庭や仕事や学校で、悩んでいる人もいるでしょう。 どうしようもないこともあるでしょう。 でも心理学の研究によると、お金や体の健康や容姿や周囲の状況など、環境が幸福に与える影響力は、10パーセントに過ぎません。 私なんか「どうせこんなもの」「しかたがない」と感じているのは、誤解です。 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」「ちょっと待って」と考えられれば、あなたの感情が変わります。 心理学のテクニックを活用すれば、効果的な行動が取れます。 あなたの心は変わり、結果的に現実も変化し始めるでしょう。 ゴールを決めるのは、あなた自身です。 心理学が、そのアシストをいたします。 心理学の基本的な理論とテクニック、ぜひお伝えしたい最新心理学の情報、そして心理学者からの心のメッセージをお送りしていきます。 実は、「メッセージ」は、不特定多数の人には届けにくいものもあります。 このコンテンツを選んでくださったあなたにだからこそ、お送りできるメッセージがあります。 現代社会の「今」を取り上げ、毎日のあなたのニーズに応えます。 心理学の研究によれば、泣くこと苦しむことにも意味があります。 でも、悲しみに押しつぶされ、失敗で無気力になり、時にはやる気が空回りするのが人間です。 希望と成果につながる効果的な方法を、これからお伝えしていきます。 心の傷が癒され、能力が発揮され、もっと優しく、もっと強く、良い親、良い上司、良い友人、良いパートナーになれるように。 あなたが、あなたらしくなるために。 ~~~~~~~~~~~~~~~~•

次の