コロナ 意味。 コロナとは

コロナ

コロナ 意味

事務処理を紙とハンコで行うのが慣習だったため、在宅勤務へスムーズに移行できないという企業は多い。 そればかりか、リモートワークを導入したにもかかわらず、ハンコを押すために社員が毎週出社しなければならない企業もあるという。 日本企業の生産性向上を阻んでいるともいわれているハンコ文化については、見直す動きも本格化してきているようだ。 4月20日に行われた総務省の有識者会議では、企業の作成した電子書類が本物であることを証明する民間の認定制度「eシール」を、2022年度から運用し始めるという計画が示された。 電子版の社印であるeシールが普及すれば、書類に社印を押し郵送するという従来のやり方に比べ、大幅に手間を省けるという。 また、現在広まりつつあるリモートワークの定着に貢献するとも期待されているようだ。 日本社会におけるデジタル化の遅れや、生産性の低さの象徴ともいえるハンコ文化をやめるには、何が必要なのだろうか。 今回は、情報社会学が専門の武蔵大学社会学部教授で、行政やビジネスのデジタル化に詳しく「脱ハンコ」に積極的な庄司昌彦氏に取材し、ハンコ文化の欠点や、改革のために重要なポイントについて話を聞いた。 日本企業の体質が、ハンコ文化からの脱却を阻んでいる 企業内でハンコは、申請や届出を本人が提出したことの証明や、稟議書・決裁書類を責任者が確認・承認したことの記録として利用されてきた。 また、他社との契約時など、企業間のやり取りや行政手続きの場面でも用いられてきたわけだが、そんなハンコには、どのようなデメリットがあるのだろうか。 「ここのところ推奨されているリモートワークでは当然、隣の人にぱっと紙を手渡すことはできません。 そうなると、紙にハンコを押さなければならないときのやり取りが、非常に大変です。 ハンコが必要な人たちに、いちいち郵送で紙を回していたら時間も手間もかかってしまうので、結局は人を直接動かしたほうが早いということになります。 会社へハンコを押しに行かなければならないという理由で外出し、新型コロナウイルスに感染するリスクを高めてしまっているのが、一番の問題でしょう。

次の

コロナの不安の中でわかるスピリチュアルな意味

コロナ 意味

コロナ禍の意味とは 「コロナ禍」の「禍」は「か」と読みます。 「禍」は不幸をひきおこす原因や喜ばしくない出来事を指す言葉となります。 よって「コロナ禍」とは新型コロナウイルスの影響で大変な不幸や大変な出来事になっている事を意味します。 コロナ禍の由来 現在、世界的に影響を与えている新型コロナウイルス。 その影響力はすごく、経済や交通など、全国でが発令される異例の出来事もあり、私達の生活全般に影響を及ぼしているのではないでしょうか。 そのような中で生まれた言葉が「コロナ禍 ころなか 」です。 「禍=災難・災い・不幸」の意味があり、新型コロナウイルスがなければ使わなかった言葉であると言えるかもしれません。 コロナ禍の文章・例文 例文1. 世界は今、としておりコロナ禍にある。 例文2. もっとコロナウイルスが拡大すると、コロナ禍が深刻化してしまう。 例文3. 三密を避け、コロナ禍から抜け出すことが先決だ。 例文4. コロナ禍でも、マスクをせず平気な人もいる。 例文5. 世界がコロナ禍でも、そのような状況に負けないように元気でいることが大切。 世界では今でも感染拡大しており、まさに今の状況がコロナ禍と言えますね。

次の

「コロナ禍」は何て読むの?正しい読み方・意味・使い方とは

コロナ 意味

テイヘイロデ博士は、パンデミックとエピデミックはどのように異なるのかという質問に対して以下のように答えた。 「エピデミックとは、局地的な流行だ。 現在、ラテンアメリカではデング熱が流行している。 この流行はブラジル、ボリビア、パラグアイ、アルゼンチンの地域で起きているが、これ以上は拡大しないだろう。 近隣諸国で流行する可能性はあるが、全ての国に広がることは決してない。 これがパンデミックとエピデミックの違いだ」 一方、テイヘイロデ博士は、「パンデミック」とは恐ろしい用語ではあるものの、パニックに陥る必要はないと強調し、次のように語っている。 「は、主にリスクグループにとって危険である。 今回のパンデミックでは、インフルエンザとは異なり、主なリスクグループは高齢者、特に70歳以上の高齢者と、慢性疾患者、心不全者、腎不全者、HIV患者や、がん患者だ。 このような人たちは全員がリスクグループに当てはまり、彼らを守る必要がある。 健康な中年層にとっては、免疫力で打ち克つことのできる軽い病気であり、特に合併症を引き起こすこともない。 」 先に、WHO健康危機対応プログラムを担当するマイケル・ライアン氏は「パンデミック」という言葉を使用しても、新型コロナウイルスに対する取り組み方は変わらないと強調した。 同氏によると、現在、新型コロナウイルスとの戦いで最前線に立つのはイタリアとイランだが、まもなく他の国々も同じ運命をたどる恐れがある。 テドロス事務局長はまた、新型コロナウイルスの感染拡大は、制御可能な史上初のパンデミックになりうると発言した。

次の