小池百合子 無能。 小池百合子都知事は無能ですか?

小池百合子都知事は無能ですか?

小池百合子 無能

政権奪還から7年半もの長期政権を築いてきた安倍晋三首相には、初動の遅れや国民の不安に寄り添わない政策に批判が集まり、内閣支持率が低下。 一方で、強力なリーダーシップと国民目線で「命を守る」と発信し続ける東京都の小池百合子知事や大阪府の吉村洋文知事には、インターネット上で賛美する声が相次いでいる。 コロナ危機で現れた国民が求めるリーダー像、その違いを追った。 「これほど無神経な人間を他に知りません」 映画監督の白石和彌氏 、「止められる気骨のあるスタッフはいなかったのかな」 作家の辻仁成氏。 4月7日の緊急事態宣言後初めての週明けを迎えた13日、テレビでは朝の情報番組から昼のワイドショーまで安倍首相の公式ツイッターへの批判が相次いだ。 歌手・星野源氏の曲「うちで踊ろう」とともに優雅にくつろぐ様子を投稿した首相のコラボ動画には芸能界も厳しく反応し、「空気を読むことができなかったということ」 落語家の立川志らく氏 、「ちょっとバカにされている気がする」 お笑い芸人の加藤浩次氏 などの批判が渦巻いた。 だが、コロナ危機到来後の言動には「信者」の失望感も強く、もはや「大宰相」の姿はそこにはない。 ウイルス拡大の震源地となった中国や感染急拡大が見られた韓国からの入国制限は3月5日まで遅れ、欧米並みの強いリーダーシップを国民が求めていたタイミングで首相が発信したのは「1世帯に布マスク2枚の配布」。 緊急経済対策に盛り込まれた「1世帯あたり30万円給付」「中小企業200万円、個人事業主100万円を支給」も要件が厳格すぎると批判され、ほとんどの国民は置き去りになる「温度感」の違いが現表れている。 産経新聞社とFNNが4月11、12両日に実施した世論調査では、新型コロナをめぐる政府の対応を「評価しない」が一気に25. 1ポイント増えて64. 0%に上った。 全国紙政治部記者が解説する。 「首相は人と人との接触を『極力8割』抑制すると呼び掛け、接客を伴う飲食店への出入り自粛を強く要請したが、休業に伴う補償はしないと繰り返している。 しかし、出歩く人が少なくなれば飲食店の客も売り上げも減るわけで、閉店するかどうかの判断を店側に丸投げするのは無責任だ」。 共同通信社による世論調査 4月10-13日 では国が損失補償すべきとの回答は8割を超えた。 ツイッターでは「#百合子がんばれ」「#吉村寝ろ」がトレンド入りして話題になった。 2017年の衆議院選挙で希望の党代表として大敗した小池都知事は当時、 女性の活躍を阻む 「ガラスの天井」よりも厚くて硬いであろう「鉄の天井を知った」などと発言。 女性初の総理大臣への野望はこれまで、常に持ってきた。 さて、小池都知事と吉村府知事は、世論調査で8割が求めていた国の緊急事態宣言を政府が速やかに出すよう要請し、小池都知事は特措法に基づく施設の使用制限の要請に難色を示していた政府に何度も直談し、宣言対象の7都府県知事が休業要請できるよう牽引した。 カテゴリー• 4,484• 3,276• 683• 362• 139• 354• 700• 126• 104• 106• 268• 176• 152• 180• 164• blog49. fc2.... アーカイブ• 308• 789• 561• 726• 651• 539• 380• 388• 188• 136• 103•

次の

無能都知事小池百合子!ゼロ公約とは何もしないって意味だったのだ

小池百合子 無能

5月末に発売された石井妙子さんの著書「女帝 」が評判を呼ぶ中、6月12日に小池百合子・東京都知事は18日告示予定の挙に立候補を表明した。 「東京大改革2. 0」を掲げ、来月の都知事選への立候補を表明しました。 この4年間、皆様のご協力もをいただきながら、情報公開、待機児童や女性活躍、受動喫煙対策など、人に焦点を当てた政策を実現してまいりました。 政策の詳細は後日発表。。 — 小池百合子 ecoyuri 小池都知事の他、日弁連の元会長・宇都宮健児氏、熊本県の元副知事・小野泰輔氏、NHKから国民を守る党の立花孝志党首なども立候補する意向を表明しているようだ。 同日、作家のさんはTwitterにて 東京都の知事をまた小池百合子がやるの? 東京都民てバカの集まり? 小池さんというのは、政治家としては無能な上に、人間としてはそれ以下やと思うよ。 とツイートを行った。 なんとも辛辣なツイート、反響を呼び14日の時点でおよそ2万の「いいね」を集めていた。 「公約達成ゼロでよく選挙に出れますよね」 「誰ならいいの?」 「百田さんやってください」 といったような返信が寄せられていたようである。

次の

安倍の無能さはよく話題になるのに小池百合子の無能さは話題にならない理由

小池百合子 無能

安倍に置き去りにされた、全国民 史上最長となった安倍政権は、「3本の矢」に代表される景気浮揚策や強硬な外交・安全保障政策などによって保守層を中心に「安倍信者」を生み、高い支持率を維持してきた。 だが、コロナ危機到来後の言動には「信者」の失望感も強く、もはや「大宰相」の姿はそこにはない。 ウイルス拡大の震源地となった中国や感染急拡大が見られた韓国からの入国制限は3月5日まで遅れ、欧米並みの強いリーダーシップを国民が求めていたタイミングで首相が発信したのは「1世帯に布マスク2枚の配布」。 緊急経済対策に盛り込まれた「1世帯あたり30万円給付」「中小企業200万円、個人事業主100万円を支給」も要件が厳格すぎると批判され、ほとんどの国民は置き去りになる「温度感」の違いが現表れている。 産経新聞社とFNNが4月11、12両日に実施した世論調査では、新型コロナをめぐる政府の対応を「評価しない」が一気に25. 1ポイント増えて64. 0%に上った。 全国紙政治部記者が解説する。 「首相は人と人との接触を『極力8割』抑制すると呼び掛け、接客を伴う飲食店への出入り自粛を強く要請したが、休業に伴う補償はしないと繰り返している。 しかし、出歩く人が少なくなれば飲食店の客も売り上げも減るわけで、閉店するかどうかの判断を店側に丸投げするのは無責任だ」。 共同通信社による世論調査(4月10-13日)では国が損失補償すべきとの回答は8割を超えた。 株を上げた、小池都知事と吉村府知事 コロナ危機で安倍政権の脆弱性が露呈した一方で、国民が求めている強いリーダー像と重なっているのが小池都知事と吉村府知事だ。 「都民の命にかかわる問題であり、医療現場は逼迫している。 待つことはできない」「危機管理の要諦は最初に大きく構えて、状況が良くなれば緩和していく。 様子を見てから広げていくべきではない」(小池氏) 「府民の命を守るために、ガッとみんなで自粛して抑え込むのが重要だ」「新型コロナウイルス対策特別措置法自体が欠陥だらけで、国会議員はちゃんと仕事しろよと思っている」(吉村氏) 2人の知事が発信するメッセージは明快で、国が1カ月間の緊急事態宣言の期間(5月6日まで)のうち、半分の2週間をつかって「外出自粛の効果を見極める」とした点や、特措法に基づく知事の権限が不明瞭な点に疑問を投げかけ、「命ファースト」でスピード感のある対策を講じるべきと訴え続けた。 東京都と大阪府は、まだ国民のコロナウイルスへの危機感があまりなかった1月24日にいち早く対策本部を設置し、海外からの帰国者対応や感染拡大防止策などの検討を重ねてきた。 人口が多く、公共交通機関が張り巡らされ、近隣自治体から通勤・通学者らが集まる大都市のため感染者数は多いが、「海外のように医療崩壊させることなく、時に国を牽引するリーダーに共感する人々は多い」(自民党中堅議員)。

次の