絆2 一枚絵。 激励の絵手紙に絆実感 栄村に震災から4カ月余の今も続々と|東日本大震災

(2ページ目)「タンタンは日本一やと思う」まもなく帰国の神戸のアイドル・タンタンと飼育員の絆

絆2 一枚絵

設定集・ギャラリー 設定集・Gallery ここでは、本作のおおまかな設定及び、サイトに使用したイラスト等を集めてあります。 設定編 ここでは、本作「Zeal of Ultralady」の各種基本設定を公開しています。 ただし、ネタバレになりそうな範囲の情報は伏せさせてもらっています。 文字通り、怪獣の各種設定。 本作の主人公ジールの設定及び能力の紹介。 第二話以降、主人公が所属する事になる組織の概要。 人格を持つ登場キャラクターの基本設定。 作中で登場した順に欄を増やしていく予定です。 ただし、情報量は個人(個体)によって違います。 本作独自の用語の注釈。 ここに載っていない情報でも、説明を求められれば随時追加を予定しています。 Gallery 本作のイラスト・挿絵を集めてあるコーナー。 ハイネ・ロッカ様 当HPのTOP絵・キャラクター設定を引き受けて頂いている絵師様です。 ぜひ、その繊細かつ大胆で美麗な世界をご堪能ください。 カラーイラスト 記念すべき初代TOP絵です。 このイラストこそ、「Zeal of Ultralady」のイメージそのもの言って過言ではありません。 二代目TOP絵。 弾けるような笑顔の和人は、本作の陽の部分を象徴するビジュアルです。 第三話をモチーフにした三枚目TOP絵です。 洋美と恭一郎の別離をテーマとした一枚。 それぞれの複雑な心境が、表情としてよく表されています。 四話のTOP絵。 洋美と秋宏の取り合わせ。 家族の絆を題材にした、とても暖かい雰囲気のイラストです。 五代目TOP絵。 第二部開始に伴い、ますます加速する展開を表した、非常に躍動感あるイラストです。 TOP絵ではなく、2008年の暑中見舞い画像として頂きました。 こういう雰囲気の絵が欲しかった、という一枚です。 六代目TOP絵。 仲間同士の絆を描いた一枚。 とてもいい雰囲気が出ています。 七代目TOP絵。 二人の女戦士を題材にした、躍動感ある一枚です。 モノクロイラスト(設定画) ユウヤ様 小説の挿絵を描いて頂いている絵師様です。 臨場感に満ちたビジュアルを、ぜひここでもご覧頂ければと思います。 カラーイラスト 挿絵版ジールのビジュアル設定です。 とてもイメージしやすい良いデザインに仕上がっています。 怪獣フィギュア化計画の第一弾として、第一部最強怪獣ゼロットスをデザインをして頂きました。 ジールとの身長対比付きで、迫力満点のビジュアルです。 怪獣フィギュア化計画第二弾は、ジールのライバルこと真紅の戦姫ギゼンダです。 作中の力強さがより明確に形になったビジュアルです。 モノクロイラスト(本文挿絵) 輝櫻様 第二部からの挿絵を担当して頂く事になった絵師様です。 高い画力による、圧倒的な存在感を誇るビジュアルをお楽しみ下さい。 モノクロイラスト(本文挿絵).

次の

リゼロにも2枚掛けペナルティが存在!下パネル○○台は超危険!!

絆2 一枚絵

パネルで状態を見抜く! めちゃくちゃ怖いペナルティですが、 下パネルで状態を見抜くことが可能なようです。 パネル点滅台に注意 下パネルが消灯したまま or 点滅していれば注意。 ホールが導入時に適切な作業を行わなかったりユーザーが誤って 「2枚掛けで遊技」して無抽選状態になっている可能性が高いです。 この状態のまま打ち続けると損をしてしまうので以下の手順を実行して下さい。 営業中の設定変更は禁じられていますがとりあえず店員に知らせてみて下さい。 引用元:さん 下パネルが点灯している状態が正常、 消灯している場合は絶っっっ対に打ちたくないですね! 下パネルが点滅している場合は、 特定の手順を踏むことで正常な状態へ 戻すことが可能なようです! 間違えて2枚掛け遊技になってしまう事もあるので、 復帰手順は出来るだけ覚えておきたいですね。 まとめ さて今回は 2枚掛け遊技・ゼロボについて まとめさせていただきました。 元の版権がアニメ系ということで、 中にはその作品が好きで初めてスロットを打つ! なんて人もいらっしゃると思います。 初心者の方にゼロボを入賞させるな! 2枚掛けをするな!と言ってもわからないので… いかに自分がゼロボ中の台を打たないかという、 リスクヘッジが非常に大事になってきますね。 下パネルで状態を見抜いて、 下パネルが点灯以外であれば 台を避けるのも一つの手です。 個人的に2枚掛け中の一枚絵は綺麗なので、 見たい気持ちは一ファンとしてはわかります。 ですが一枚絵を見て満足した後は 細心の注意を払って復帰作業を行いたいですね。 以上「 Reゼロから始める異世界生活 リゼロ の2枚掛け・ゼロボ復帰手順」でした! パネル消灯はペナルティ状態が目視で確認できる状態であるのは確定していますが、目視で確認できないペナルティ状態の存在があるようです。 見た目は他の台と何ら変わりはないごく普通の状態なのに、内部的にペナルティ状態で無抽選、モード転落、前兆遅延、様々な状態異常が潜んでいるようです。 メーカー側は数万分の一の特定役入賞ででパネル消灯するとの発表しかしていません。 ですが、連続して2枚がけをしまくった場合、数万分の一の特定役を入賞せずともペナルティ状態に移行するという事が有力な情報として浮かび上がってきました。 故意に2枚がけを連続するというのは、実際にどれぐらい連続させると状態異常に移行するかはまだわかっていませんが、2Gや3Gではなく、10G以上連続し続けると状態異常が発生した報告が実際にありました。 100の倍数のG数では、ガセ前兆、本前兆に移行する大事なタイミングですが故意に2枚がけを連続し続けた後、通常遊戯に戻すと前兆遅延、または天井突き抜け、本前兆並の強い演出が否定されるなど、あり得ない状態異常が発生しています。 白鯨討滅戦初当りG数782Gとか謎の458G当選など、データカウンターが正常に作動している実際のホールで確認されています。 白鯨討滅戦中も連続2枚がけを行い内部ペナルティに移行してしまった場合はモード転落、つまり確定していたはずのゼロかラッシュが消失…。 恐ろしい事になっています。 一回ぐらいの2枚がけでは故意にペナらせる事はほぼ不可能であるが、連続2枚がけによる状態異常移行は簡単にペナらせる事ができる可能性が高いという事がわかってきました。 そんな恐ろしい事が起こってしまう6号機の2枚がけ仕様をどうにかしてほしいものですが…。

次の

[B!] バジリスク絆1枚絵からの異色BCはBT示唆らしい。黄門ちゃま表堅実に変更してからすこぶる好調!

絆2 一枚絵

「 きょうのタンタン」を発信しているのは 新型コロナで休園している間、タンタンの様子を知る手段として、人気を集めていたのがツイッターだ。 再開した現在も、毎日発信されている。 食べたり、寝たり、タンタンの日常がうかがえる「 きょうのタンタン」。 これは誰が発信していたのだろうか。 「ツイッターは、主にぼくが担当させてもらってます」と梅元さん。 「梅元君が休みの日だけ、ぼくや事務所の広報の人が担当していました。 でも、ほぼ梅元君が一人でやっているようなものやね」と吉田さん。 「 きょうのタンタン」には、タンタンのあられもない寝姿や、おいしそうに竹を食べる姿などが、多いときで、1日5回から6回アップされている。 油断しきった姿が魅力の「 きょうのタンタン」 「いまはコロナの関係で、動物園に来たいけど、来られないという人が大勢います。 ですので、遠方の方にも、リアルなタンタンを見て欲しいと思って始めました」と、梅元さん。 なるべく回数を、多くアップするようにしているのだという。 「いつものタンタンの様子がわかるように、食べているところや、寝ている姿などの日常の姿をメインに、アップしています。 つぶやく回数が多いので、内容が同じにならないように、気をつけていますね。 文章もちょっと面白くしたいなと思って、タグなどをいろいろ工夫しているんです」と話す。 (同前) 梅元さんが付けるタグは、ほほえむような表情の写真につけられた「 あなたが笑うとぼくもうれしい」や、カメラの方へ寄ってくる動画に添えられた「 おねだりなこの子」など、近くにいるからこそ書ける、タンタンへの愛にあふれたものが多い。 ツイートにつけられた、タグも魅力のひとつ 「タンタンのファンの方々にも、喜んでいただけているみたいで、だんだんハードルが上がって来ています」と、梅元さんが笑う。 ツイートにはファンからの感謝や、タンタンへのメッセージのコメントも、たくさんついている。 さらに「今日のタンタンをやりはじめてから、タンタンっていう名前が、ちょっと身についたかな」と梅元さん。 一体、どういうことだろうか。 「実は、ぼくらはタンタンのことを、中国名のソウソウ(爽爽)って呼んでるんです」と、横から吉田さんが補足してくれた。 タンタンとは、日本に来たときに一般公募で付けられた愛称で、もともとの名前は「爽爽」。 中国語ではシュワンシュワンと読むのだが、吉田さんいわく「むずかしくて言えなかったから、ソウソウと呼んでいる」とのこと。

次の