郵便局から配達 時間。 郵便局は土日の配達もしてくれる?ポストの集荷は毎日?

郵便局の再配達依頼の受付・時間帯や追跡について

郵便局から配達 時間

配達時間帯指定郵便(書留) 配達時間帯指定郵便(書留)とは、一般書留郵便物のお届け時間帯を指定できるサービスです。 午前(8:00-12:00)、午後(12:00-17:00)、夜間(17:00-21:00)の3区分から配達時間帯を指定でき、指定できる時間帯は配達できる最速の時間帯から連続した午前・午後・夜間の3区分です。 配達時間帯指定郵便(書留)のラベルは、郵便局にしかありません。 ポスト投かんによる送付もできませんので、必ず窓口から送付手続きを行ってください。 配達時間帯指定郵便の種類 配達時間帯指定郵便のラベルは、上記のように「書留」と「普通」があります。 オレンジ色が「書留」、ピンク色が「普通」となっていますので、送付方法に合わせてラベルを選択してください。 伝票に記入する際、筆圧が弱く配達時に住所が見えづらいという事が多々ありますので、できるだけ強めに記入していただけると助かります。 参考 配達時間帯指定郵便(普通)については、下記の記事を参考にしてください。 ラベルの書き方 実際にお客様が記入すべき点は、1と2の箇所のみです。 郵便物なのでサイズと重量の計測を行う必要があり、計測後にしか最速で配達できる時間帯はわかりませんので、事前に配達指定日・時間帯の記入は行わないでください。 時間指定について 配達できる時間帯については、最速で配達できる時間帯から連続した午前(8:00-12:00)、午後(12:00-17:00)、夜間(17:00-21:00)の3区分の中から時間を指定してください。 配達時間帯を指定したら、下記のシールを郵便局員がラベルに貼付します。 専用の時間帯シールは、貼付用ラベルの右上に貼付します。 ラベルに貼付すると下記のようになります。 「配達時間帯指定郵便(書留)」に関するよくある質問と回答です。 配達時間帯指定郵便は、集荷対象ですか? 郵便物なので基本的には集荷対象外です。 配達時間帯指定郵便(書留)の配達は手渡しになりますか? 配達時間帯指定郵便(書留)の場合、配達時に授受印またはサインが必要なので手渡しになります。 窓口でラベルを貰う際、何と言えばラベルを貰えますか? 「配達時間帯指定郵便のラベルをください」と伝えてください。 その際に「普通」か「書留」かをきちんと伝えてください。 小さい郵便局だと知らない局員もいるかもしれませんので、このページにあるラベルの画像をみせてください。

次の

郵便の追跡結果が「持ち出し中」になってから届くまでどれくらい?

郵便局から配達 時間

先日友人から、 お土産のストラップを 送ったという電話をもらいました。 いつ頃着くかしらと尋ねると、 明日の 午前中という返事。 普通郵便で重量のこともあり、 郵便局で 確かめたとか。 せっかちな彼女は、着いたらすぐに 電話するようにとの一言も忘れません。 ハイハイとの安請け合いと、お土産への お礼をいいながら、はて、 午前中とは 何時からかと疑問を持ちました。 ここのところ忙しかったので、 明日はゆっくり寝ていようかと 思っていたところ。 9時や10時ならよいのだが、それより もっと前? 朝は家事が一番混雑する時間帯。 ほんの一時間でも、主婦にとっては 午後よりも微妙なんです。 集合住宅のメールボックスまでは、 遠くパジャマでは行けない。 一応の身支度を整えてから、と考えると じっとしてもいられません。 郵便屋さんって何時ごろ来るの? 都心まで 約1時間の住宅街。 不思議に配達の方に出くわすことが 多いです。 午後の3時ころに外出をすると、 駅までの道すがら、 配達に忙しい郵便局の 方を見かけます。 果たして、そのオートバイがわが家へと 向かっているのか、それともわが家から すでに遠ざかっていくのか。 ということで 配達時間について 調べてみました。 まずわかったことは、普通郵便・速達や ゆうパックなども含め、午前に関しては 「午前中」あるいは8時ごろ~12時ころまで ということです。 時間指定(配達時間帯指定郵便)でも 午前は8:00~12:00です。 これは、 午後がほぼ2時間ごとに 指定できるのに対してなんともおおざっぱ。 これでは早急に処理したい書類や 受け取りたい品物は ちょっと困りもの。 だいたいの時間(1・2時間程度の)だけでも わからないものかと思いますよね。 でも、これには いろいろと事情が あるような気配。 要するに 配達員の方の勤務状況が分かれば と思って辿ってみると、ありました。 現役の方やすでに退いた方々の証言です。 まとめてみるとだいたいこんな感じ。 郵便配達員の1日• 配達パターンは? 局によってそのパターンは異なるが いくつかのシフトがあるようです。 早出(7:15~16:00)・日勤(8:00~16:45) ・中勤(10:15~19:00)夜勤(12:30~21:15) など、だそうです。 「仕分け(順立てor組み立て)」とは、 道順に沿って 郵便物を並べる作業のこと。 これにけっこう時間を取られるそうで、 出発は1時間から1時間半後くらい。 速達などは、早出の人が持っていく ということで、 なるべく早く、という努力が 見られますね。• 大まかなスケジュール お昼にいったん帰ってきて昼食、 その後また出発。 とにかく その日の分はしっかり 配らなきゃいけないわけで、夕方になると 住所も読みづらくなるから大変だとか。• 配達回数 普通郵便や書留類は1日1回。 東京23区に関しては2回だそうです。 速達やゆうパック・レタックスなどは 1日3回の配達。 地域によっても異なり、時間指定がある場合は 回数は増えるそうです。 以上で分かったことは、8時くらいに 普通郵便を受けることが できるというのは相当なこと。 つまり、 担当配達員が定めたコースの はじめの方に位置していないと 8時に受け取るというのは不可能です。 午前中時間を特定するのは難しい 8時から12時までの「8時」、それも 前半で配達されているというのは 日本中で とっても一部の特別なところ ということになります。 (前記したように、速達は早いようです) 自分のところが 午前中のルートに入っていても 「仕分け」に時間を取られたら、出発が 遅くなり、 限りなく12時に近かったり あるいはお昼を過ぎることも。 配達員によっては会社や学校などには早めに 行けるよう 配慮しているそうですが、 それはあくまでも個人の心遣い。 うちはいつも午後だよ~という所だって あるのです。 自分のところが何時ごろ配達されるのか 把握しておくのも、今後受け取る予想が できていいかもしれません。 配達の方に、直に聞いちゃう という手もあります。 まとめ ただ郵便物の量も 季節ごとや月ごと、 それに月刊のものの有る無しによって 毎日変動すると考えると、きっちり何時に 配達というのは確かに難しい。 雨の日や雪の日、台風の日だってあります。 でも、それによって配達という業務が 休みになることはないわけで、少し余裕をもって 待っているのが良いかもしれませんね。 郵便屋さん、いつもありがとう、ご苦労様です。

次の

郵便局の再配達依頼は何時までなら当日配達?電話やネットでの申込みについても!

郵便局から配達 時間

サービスレベル サービスレベルとは、郵便局から発送した郵便物や荷物が配達されるまでの基準値(配達日数)を言います。 日本郵便では「普通郵便」「ゆうパケット」「ゆうパック」「レターパック」を含め多くの商品(発送方法)を扱っておりますが、サービスレベルも商品によって異なりますし、発送地域によっては航空輸送される地域も郵便物と荷物では違います。 ゆうパケットは荷物扱いですので、荷物の航空輸送地域を把握しておけば大丈夫です。 都道府県別の航空輸送地域については、下記の記事を参考にしてください。 レターパックもレターパックライト(370円)とレターパックプラス(520円)ではサービスレベルが若干異なり、配達時に最先便配達の義務があるのがレターパックプラスで、最先便配達の義務がない(配達局に到着したその日のうちに配達すればよい)のがレターパックライトになります。 上記のように細かいサービスレベルの違いもたくさんありますし、実際に業務に従事しないと見えない部分でもありますので、サービスレベルきちんと把握して荷物を発送することで、発送~配達までにかかる時間を縮める事ができます。 ゆうパケットの輸送手段 ゆうパケットは陸送が基本ではありますが、特約契約を行っていれば翌配ワイドなども利用できますので、全てが問答無用で陸送されているわけではないです。 ゆうゆうメルカリ便が遅い理由 ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットが遅いと感じる要因は、下記の3つだと思います。 発送時間の問題• ラベルの問題• 追跡情報の反映の問題 発送時間の問題 コンビニからゆうゆうメルカリ便を発送した場合、タイムリーに輸送されませんので集荷の時間を把握した上で発送しないと確実にタイムロスになります。 夕方16時以降に発送した場合、翌日のお昼くらいにしか郵便局は集荷に行きませんので、この時点で既に半日以上のロスです。 郵便局がコンビニに集荷に行く時間を予め把握する事で、無駄なタイムロスを無くすことができます。 参考 コンビニの取集時間については、下記の記事を参考にしてください。 ラベルの問題 ゆうゆうメルカリ便の場合、ラベルというより「品名」が問題です。 品名が具体的に記載されていないと振替輸送となり、到着までに通常より+1~3日くらいかかります。 北海道から発送した沖縄県宛の荷物が陸送となれば一週間近くかかってしまいますので、メルカリなんかではクレームになる可能性すらあります。 ゆうゆうメルカリ便の場合、「品名」にカテゴリー名などがそのまま記載されて「ショッピング」や「アイドル」などになってしまう事が多いので、差立てする際は厳しくチェックされると思います。 参考 品名については、下記の記事を参考にしてください。 追跡情報の反映の問題 コンビニで発送手続きした荷物の追跡情報が反映するのは、郵便局員がコンビニから荷物を集荷し、引受入力を行った時点で反映されます。 発送時間の問題でも書いてますが、夕方16時以降に発送した場合は翌日のお昼過ぎにしか郵便局は集荷に行きませんので、実際に追跡情報が反映されるのは13時前後になります。 そうなると20時間くらいタイムロスしてますし、この20時間がなければ荷物はもっとスムーズに配達されます。 参考 ゆうゆうメルカリ便を早く届ける方法については、下記の記事を参考にしてください。 ゆうパケットが陸送とのみと言われる理由 上記は、一般的な発送時に使用されている日本郵便のゆうパケットのラベルです。 手書きであて名を書いてゆうパケットを発送する際に必ずこのラベルを使わなければいけませんが、ラベルをよく見てください! 大事な項目がない事に気付きませんか? 答えは、「品名」を記載する項目がありません。 ゆうパケットは郵便扱いではなく荷物扱いになりますので、「品名」がなければ陸送一択になります。 そういう事情もあり ゆうパケット=陸送というイメージがあるのかもしれません。 実際、手書きのゆうパケットラベルを見る事はあまりないですし、ほとんどWebゆうプリで作成されたラベルを使用されていることが多いです。 引受の判断基準は各業者ごとに規定があり、日本郵便では引受できないものもヤマト運輸なら引受ができるというものありますが、航空搭載の可否は航空会社の規定に従わなければいけませんので、運送業者がどこであっても中身が何か不明な場合は、航空搭載させるわけにはいきませんので陸送一択になります。 少しでも早く届ける方法 確実に ゆうパケットの発送~配達までを早くするための発送方法のコツを元郵便局員が紹介します。 簡単なことですが、下記の4つを実践するだけで無駄なタイムロスを大幅に削減できます。 コンビニ発送を避ける 上記にも解説しておりますが、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットをコンビニから発送した場合、時間帯によっては20時間近くのタイムロスが発生してしまいます。 コンビニはあくまで預かるだけなので、引受できない内容品だったり、サイズや重量の超過による差出人返還になった場合なども無駄な時間がかかりますので、近くに郵便局がある場合は郵便局から発送されるほうがいいといえます。 必ず集配郵便局で発送する 郵便局にも色々種類がありまして、特定郵便局で発送した荷物はコンビニと同じサービスレベルになります。 特定郵便局で引受した荷物は、コンビニと同様に午前と午後に1回づつ集配郵便局が荷物を集荷をしますので、午後の集荷が終わった後に発送手続きした荷物は特定局で保管され、翌日の午前中に集配郵便局が集荷をします。 郵便局で発送すればサービスレベルが全て同じというわけではありませんので、少しでもタイムロスを減らすなら必ず集配郵便局から発送手続きを行ってください。 これだけで発送した時間帯によっては、20時間近くタイムロスを減らすことができます。 参考 全国の集配郵便については、下記の記事を参考にしてください。 発送する時間の見極め 集配郵便局から発送手続きを行う事を前提として、午前中であれば13時まで、午後であれば18時くらいまでに発送手続きを終えるという事が大事です。 午前中に発送手続きを終えた分は14時くらいに郵便局から輸送されますし、午後であれば18時くらいまでに発送手続きを終えた分はその日のうちに郵便局から輸送されます。 18時以降に発送手続きされた分は、集配郵便局でも翌日の発送まで保管されますので、荷物を発送するのであれば発送する時間の見極めが非常に大事になります。 上記の結束時間は各郵便局によって異なりますので、窓口で「何時までに発送手続きを行えば今日の便に乗りますか??」と質問すれば結束時間は教えてもらえます。 ラベルの変更 この方法はゆうゆうメルカリ便では使えませんが、手書きのラベルからタッグシールに変更しWebゆうプリで印字するという方法が一番確実です。 タッグシールは郵便局の規定のものじゃなくても問題なく印字できますので、下記のような10面 四辺余白付 のタッグシールがおすすめです。

次の