あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 意味。 「あて所に尋ねあたりません」で還付された郵便物等の還付理由を調べる方法

宛先不明で戻ってきた年賀状は再送できる?出し直しや交換についても

あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 意味

郵便物の『あて所に尋ねあたりません』について質問です。 A様に書類をお送りしたら「あて所に尋ねあたりません」とスタンプを押されて戻ってきました。 Aさんに住所を確認したところ、住所に間違いはないそうです。 そこで、新しい切手は貼らずに「Aさんに確認したところ住所に間違えはないそうです。 再配達をお願いします」 と書いて再びポストに投函しました。 そして今日またうちに戻ってきました。 郵便局に行き、このこのを話したところ、新しい切手を貼ってもう一度出して下さいとのこと。 それは違うと思います。 (郵便局の間違えなのに何故2度も払わなければならない?遅れた分サービスしてくれてもいいくらいです) こういう場合はどうすればよいのでしょうか? 補足このAさんには、3ヶ月前にも郵便物を送ったのですが、その時は何の問題もなく届きました。 住所はマンション名と503号室のように、部屋まで書いてました。 郵便配達の方が新米なのでしょうか? 今回はクロネコのメールで送ることにしました。 でもこの郵便局の対応には納得いきません。

次の

「あて所に尋ねあたりません」で還付された郵便物等の還付理由を調べる方法

あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 意味

友人のYさんにゆうパックを送った。 しかし、数日後、「あて所に尋ねあたりません」というスタンプが押され、郵便配達員がわざわざわが家にもどしにきた。 おかしいな、引っ越したとは聞いていないが、と思いながら、Yさんの奥さんに問い合わせのメールを送った。 すると、引っ越しなどしていないという。 どうなってるんだ、と少し頭にきて郵便物を手に、発送した近所の郵便局へいった。 「届かない理由がわかりましたが、個人情報なので言えません。 女性職員は理解に苦しむことを言う。 「なにが個人情報ですか。 Yさん宅にはすでに問い合わせました。 たしかに、その住所に住んでいるんですよ。 それなのに、あて所に尋ねあたりませんとは、どういうことですか」 「個人情報ですから、こちらでは詳しいことは申し上げられません」「だから、それじゃなんのことかわかりません。 「Yさんに届かないということは、Yさんの家族にも届かないということですか?この宛名は『皆様』とも書いてありますけど、奥さんにも届かないのですか?奥さんとはメールで確認したところ、この住所に現に住んでいるんですよ。 女性職員は、ふたたび奥へさがり、しばらくしてもどってきた。 「家族宛でも届かないようです」 まったく、意味がわからない。 「責任者を呼んでください!」。 女性職員は、一番奥の席にいる中年男性のところへ行き、なにかこそこそ話している。 やがて、その男性が窓口にやってきて小声で言った。 たしかに、Yさん本人は単身赴任しているかもしれませんが、家族はここに住んでいるんですよ。 「奥さんが局に電話するだけで、この問題は片付くんですか?」と食い下がると、「転送届けの延長をするか、転送をやめてこの住所に配達するように変更すればだいじょうぶです」 Yさん本人が今その住所に住んでいなくても、宛名は皆様ともしてあるから家族に届けるのが本来の郵便局の業務ではないか。 しかし、正論を言っても押し問答がつづくだけのようだった。 釈然としないまま家に帰り、Yさんの奥さんに電話して事情を話した。 ちょっと経って、奥さんから電話がきた。 最初の郵便窓口だろうと思ってその欄をクリックすると、「サービスの内容によってお問い合わせ先が異なります」と書かれている。 「集荷・配送について」(郵便事業株式会社)がさらに2つに別れていて「郵便全般について」と「集荷について」があり、それぞれの番号がある。 その他に「集荷・配送を除く郵便サービスについて」(郵便局株式会社)の「窓口業務について」という電話番号もある。 とりあえず、「郵便全般について」の番号にかけると、担当のAという人が出てきた。 Yさんの奥さんとさっき電話で話したばかりだという。 Aさんの説明を聞いても、いまひとつ要領を得ない。 「転送の手続きをしているのはYさん本人だけですから、家族宛なら届くはずです」と言う。 それなら、「Y様、皆様」としていた郵便物を送り返してきた責任はどこにあるのか。 「家族宛でも届かないようです」と言ったあの女性職員の言葉は、明らかに嘘だった。 ちゃんと確認もしないで、適当に答えたのだろう。 かつての国鉄は民営化されてJRとなり、態度がころっと変わってサービスがうんと良くなった。 郵便は民営化されて、むしろ悪くなったんじゃないか。 今回の返送騒ぎはもちろん論外で、怠慢、ずさん以外のなにものでもない。 宅配便ならこんなことは起きなかっただろう。 郵便サービス一般を考えても、このコンビニ時代に、日曜や祝祭日にも窓口を開くことなど考えないのか。 郵便事業が分割されたことは、新聞やテレビニュースでもちろん知ってはいたが、いざ自分がトラブルに巻き込まれてみると、その実態を垣間見て驚かされた。 鳩山政権は、2009年10月20日、閣議で小泉政権が進めた民営化路線を大きく転換することを決めた。 民営化そのものより、その具体策がまちがっていたとしか思えない。 今、ひとつの郵便局に、郵便事業株式会社、郵便局株式会社、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の職員がいるのだ! あの責任者の男性は郵便局長なのだろうが、いったいどの会社に属しているのだろう。 思わず笑っちゃう木佐芳男の電子書籍、アマゾンで好評発売中.

次の

宛先不明で戻ってきた年賀状は再送できる?出し直しや交換についても

あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 意味

昨年の大晦日に友人宛に出した年賀状が「あてどころ尋ね当たりません」と真っ赤なスタンプをバーンと押されて返送されてきてました。 現在その友人は姑さんの介護のために自宅と義実家を行き来しておりますが年賀状は自宅あてに出しました。 急に引っ越すことにでもなったのかと友人に聞いてみましたが引っ越ししてはいないとの事。 年賀状に書いた住所も確認しましたが間違ってはいませんでした。 真っ赤なスタンプを押された年賀状は使いたくないので交換してもらおうと郵便局に出向きましたが、「こちらでは配達業務をしていないので確実なことは分かりませんが、配達員が現地を見てそこに住まわれていないと判断したのではないか」とのことでした。 しかも交換は不可。 この年賀状で良ければ添え書きをして再配達するよう手続きしますがと言われましたが、そのまま使う気にもなれずに断って帰ってきました。 郵便物は住所と苗字が合っていれば配達されるものだと思っていましたが、名前まで確認できないと配達されないものなのでしょうか。 ユーザーID: 4638810430 私もトピ主さんと全く同じ経験をしました。 元旦に届くよう従姉妹宛に投函した年賀状が、「配達準備中に 調べ宛先不明」とのことで処理され、真っ赤なスタンプを押さ れて戻って来たのです。 従姉妹が住む地域の郵便局の電話番号を調べ、局に問い合わせを し、何十年も賀状を送っているのに宛先不明とはどういう事か 訊きましたが、私の出した賀状以外にも配達されない郵便物が 数通あるとのこと。 でも、従姉妹の家はちゃんと表札も出してあるのに納得が行き ませんでした。 結局、新しいハガキで再度投函。 トピ主さんのように配達されなかったハガキを手元に取って置く こともせず、破り捨ててしまいました。 取って置けば「お年玉年賀はがき」の抽選で末等でも当たったかも。 ユーザーID: 9761944390• 住んでいる形跡がなかったのかも 難しいところですね。 トピ主さんは、ご友人のご実家であると知っているからそう思うけれど 配達の方から見れば、同姓ではあるが居住者の名前では無いのですから 忠実に業務を遂行するのであれば、持ち帰るのが当然の処置だと思います。 今回は(敢えて言いますけど)たかが年賀状なので 誤配があったとしても、他人に住所が知られた程度で被害は済みますが もしも、なにか重要書類の誤配などがあった時には 取り返しのつかない事態に発展することもあると思います。 そうなるくらいなら、一旦送り主に戻す。 送り主にしか確認する術はありませんからね。 お手数でも送り直してくださいというのは 仕方がないんじゃないかな、当然だよなと思います。 トピ主さんの望むように配達されていたら 全国で、誤配で困る人が多発するでしょうね。 今回のような場合には、宛名に (ご友人実家姓)様方 (ご友人氏名)様 とか (ご友人実家姓)様気付 (ご友人氏名)様 とすれば、普段は住んでいない人だが こちらを連絡先にしている人宛てなんだなと判断されて 配達されたことと思います。 ユーザーID: 3751343486• 住人の名前ではないとダメでは? 私がその友人だったならですが、その尋ね当たりませんというスタンプ押したままの物を、添え書き付けてでも再配達して欲しいです。 その友人自身、介護で行き来しているだけで、住所は自宅な訳ですよね。 転送届も出していなくて、そんな介護で行き来しているだけなのに、勝手に郵便局に居住判断されて郵便物を返送されているなんて、今回の年賀状に限らず他の郵便物だって今までどうされていたのか心配。 トピ主さん側からの郵便局では、発送先の配達状況を判断するのは難しいと思うけど(それでも送料を払っているのですから調査はして欲しいと思う)、その友人側からしたら担当局がやっている事でしょうから、「その尋ね当たりません」と言うスタンプ付きの年賀状持って尋ねに行けば、なぜ配達されなかったのか?他にもそういう郵便物があったのではないか?等、友人の方は郵便局に事情を聞く事は出来ますよね。 もちろん友人の方が特に、届かない郵便物あっても気にしないーって人なら不必要でしょうけど、私ならですが今までの他の郵便物や、今後も届かない郵便物の事を考えると、気になります。 ユーザーID: 2560452200• 人が住んでいる気配がない場合は配達しないみたいです。 以前単身赴任したばかりの夫の家に郵便物(ゆうパック)を送ると配達員の方から電話が。 夫は朝早く家を出て帰宅は20時過ぎ、カーテン買うのが面倒で寝室以外は買っておらず表札は出してましたがまるで空き家同然だったようです。 2月後には私も単身赴任先へ合流予定だったので冷蔵庫など家電も買い揃えなかった為夫不在中は電気メーターも動いてなくて人が住んでる気配が0。 配達しても大丈夫か?ここで間違いないですか?と聞かれました。 引っ越しされても転居届けを出さない人もいますし、しばらく家を開けるとチラシがポストに溜まってしまったりします。 空き家でもカーテンは日焼けについていたりもするので判断が難しいですよね。 他の方の年賀状がご友人に届いていたのにトピ主の物だけ返ってきたなら配達員のミスかと思います。 ただ、今年ご友人に送られたものが全て返送されたというのなら見た感じ人が住んでいないと判断されてしまう状況だったのでしょう。 ユーザーID: 2435164348• 手違い 年賀状の仕分けのバイトをしたことがあります。 宛名は機械で読み取るのですが、機械で読み取れないものは人の人の手で仕分けられます。 その仕分けのバイトをしたのですが、正直、ひどいものばかりでした。 確認したのかどうか、住所が途中で終わっているもの。 もしかしたら、「番地がわかんないけど、郵便屋さんなら、名前でわかるでしょ」とでも思っているのでしょうか? 達筆自慢なのかミミズがのたくったような字の人。 上手なのはわかったから、楷書で書けよ。 バイトでは判断できなかったものは社員さんが経験から判断して分けていきます。 主さんのように、住所がはっきりしていたとしても、ふだんそこに住んでない人までは配達する人もわからないと思います。 「あれ?ここ、一人暮らしのはずなのに。 」という、逆に気を利かせすぎてしまった例なのかも。 ユーザーID: 3629025542• 住所と苗字だけだと配達されないこともある この度は残念でしたね。 住所と苗字が合っているだけでは配達はしないこともあります。 郵便局側で実際に住んでいるかどうかを確認しているところがあるようです。 一度、娘の住所に私の名前で郵便が届くよう通販を手配したことがあります。 その時は住民と確認できないということで郵便局預かりとなり受け取りに行く羽目になりました。 ちょっとケースは違うのですが住所と苗字だけでは届かなかった事例です。 もし同様な扱いをされていたのであれば郵便局預かりになりそうなものですが年賀状なので返却されたのかもしれませんね。 ご友人が郵便局へ問い合わせた方が良いかもしれませんよ。 もしかしたら勝手に返却されている郵便物が沢山あるかもしれません。 ユーザーID: 9660964305• 居住していないのでしょう 配達された住所に、居住していないのなら 仕方がないのではないでしょうか。 年賀状は、ただの挨拶状です。 せっかく出されたものが返送されてきたのは 心穏やかではないでしょうが、 そこまで執念深くならなくてもよろしいのでは? 他に連絡を取れるツールがおありのようですから もういいではないですか。 その友人も、そこまでして主さんからの年賀状を 受け取りたいと思わなかったから 違う住所を言ったとも考えられます。 年賀状は年始のご挨拶をする心晴れやかなものですから その友人には今後送らなくてもよろしいかと思います。 何となくですけど、その人からは年賀状、 いただいていないのではないですか…? (その際は住所が書かれていると思いますので) ユーザーID: 5113095721• お気持ちわかります。 年賀状は特殊で、選り分けをやる人物に依ります。 日頃からその地域を配達している方なら番地と名前 フルネーム でわかるのですが、年賀状ならアルバイトが選り分け作業をやることが多いので、番地とフルネームが一致しないと撥ねられます。 また、年賀状に限らず、郵便物は人物宛ならフルネームで書かないと配達されません。 番地がひとつ違うだけで、横並びに同じ名字、しかも親戚でもなんでもない地域もありますし、郵便物というものはそれ自体が個人情報を含むことが多いので 例えば大学情報雑誌なが届いたら今高2か高3とか、クレジットカード情報や携帯電話会社からの郵便物など 、全く関係のない人に届くことは絶対に避けなければならない事が多いのです。 ましてや年賀状だと、家族ならともかく、全く赤の他人に届きでもしたら最悪なのですよ。 いわゆる誤配を避けるためのやむをえない措置です。 トピ主さんの年賀状は、様々な人たちの手によって運ばれ、選り分け作業まではやり、配達ができなかっただけですから、小銭を足して新品と交換はできません。 ちゃんと届けたいなら番地とフルネームはしっかり明記しましょう。 ユーザーID: 7893728419• 郵便局は独自の居住者名簿を持っており、宛先住所があっていても、宛名が居住者名簿にない場合は、通常は居住調査通知というハガキや文書を出して、「この宛名で郵便物が届いてますが、この方は居住していますか?」という確認が入ります。 いないという回答や、また返答がない場合は宛て所不明にて差出人に返送されます。 ただ、年賀状については区分などになれていないバイトが多数入るため、宛先宛名ともに問題ないのに、宛て所不明とされる事はあるんですよね、残念ならが。 ですので、理由とクレームを入れたいのであれば、近くの郵便局(特定局)ではなく、配達のバイクや車のある地域の大きな郵便局(集配局)に確認ください。 ユーザーID: 1344535355• どうしたいのですか あて所で返送されるのは転送期間(1年)が切れた場合です ご友人は留守が多くなるので義実家へ郵便物転送願いを出されていませんでしたか? もし出されていて1年経過しているなら転送期間切れで全ての郵便物は返送されます 郵パック等電話確認してから届けるのもは届きますが 郵便局に何も手続きをしていない場合 ポストにちらしがたまったり居住していないと思われたのかもしれません 転居手続きをせず引っ越す方もいますので、何度か電話したり、訪問して居住確認ができなければ 引っ越した引越し先不明となります 居住していないと思われるお宅に郵便を投函して放置するわけにはいかないのです 留守がちなら郵便物局留めもできます 郵便局に届けを出してくださるようにお願いします ユーザーID: 3529394477• 私も経験あります 友人さんの自宅とは、友人さんの実家じゃなくて家ですよね? 不在がちだからあて先不明で判断されたということでしょうか。 私の場合は住所も名前も間違っておらず、確実に普段からそこに住んで生活していたのに返送されたことがあります。 しかも再度送ったらちゃんと届きました。 再度送る前にこのはがきは使える 返金等も のか尋ねたことがありますが「一度配達したものなので」と断られました。 確かに配達に手間もお金もかかってるだろうから、その手間について料金は支払うべきだとは思います。 でも、配達ミスしたのはそちらなのにどうして私はその分をかぶらないといけないのか釈然としませんでした。 まぁ運が悪かったと思って諦めましたけど・・・。 配達されるまで時間がかかったり 数週間後に返送されたこともある 、不達もあることだし、機械の奥とかどこか挟まったり落ちているよりはマシかなと思うようにしています。 ユーザーID: 4926251244• 困る トピを上げた後、その友人から電話があり少し話をしました。 表札も出しているし他の人からの年賀状は届いている。 正月は毎年自宅にいるのねと言っていました。 友人が自宅と義実家を行き来するようになったのは2年ほど前の事で昨年も自宅あてに出しましたがちゃんと届きました。 年末年始は膨大な量の年賀状の配達があるのでたくさんのアルバイトさんが入っているのも承知していますしそこで誤配が発生するのもある程度は仕方のないことだと思っております。 しかしそれならば誤配であったとして年賀状を交換して欲しいと思いました。 友人から来た年賀状を見せて住所や名前に間違いがないことを説明したのですが駄目でした。 年賀状はきちんとフルネームを書いて出しました。 表札は名字だけですが自宅を離れて学生寮に暮らしている次女さんの年賀状も届いたそうです。 ユーザーID: 4638810430.

次の