コロナ イベント 会社。 コロナ禍で明暗を分けた!経済影響を受けた業種・業界悪化ランキング

コロナによるイベント中止の案内文書【例文】お知らせする内容の文例|美ぶろぐ

コロナ イベント 会社

[株式会社ハレガケ] おうち時間で大人が楽しめる「謎解き」ゲーム、ゴールデンウィーク前に需要増加 リアル謎解きゲームを使ったプロモーションを制作する株式会社ハレガケ 本社:東京都豊島区、代表:黒田洋介 が販売している「謎解き」を扱った大人向けアナログゲームの売れ行きが好調です。 弊社ではリアル謎解きゲーム制作170企画以上の実績を活かし、立体・カード・絵本など、様々な形で大人が楽しめる「謎解きゲーム」を制作し販売しています。 また、謎解きファンの間でかねてより人気の高い「【謎解き絵本】マイルの謎解き大冒険」も、販売開始から12時間で 既に平常時の10倍近い受注が入っています。 <ハレガケ商品販売サイト> 【 問い合わせ 】 株式会社ハレガケ Tel: 03-6912-7596 / Email: info haregake. com 対応時間:平日9:00~18:00 <用語説明> ・リアル謎解きゲーム 参加者が頭と体を使って次々現れる謎や暗号に挑む、体感型ゲームイベントです。 物語の世界に入り込み、主人公となって謎を解くことで話が展開していきます。 また、「ひらめき」を醍醐味とするリアル謎解きゲームは、周遊するだけ、商品を遊んでもらうだけのイベントでは得られない、「経験のインパクト」を参加者に残せるマーケティング手法としても注目されています。 「1公演分が箱に詰まっている」と言われるほどやりごたえがあり、Twitter場ではハッシュタグ「謎解き無限迷宮」で多くの感想が寄せられています。 ・ 【謎解き絵本】マイルの謎解き大冒険 謎解き制作専門のハレガケが構想に4年を費やした「大人にこそ挑戦してほしい」謎解き絵本です。 可愛い見た目からは想像できないほどボリューミーな内容になっており、Twitter場ではハッシュタグ「マイルの謎解き大冒険」で多くの感想が寄せられています。 <株式会社ハレガケについて> リアル謎解きゲームの企画制作を専門とするイベント会社です。 (創業:2012年) 謎解きを使ったリアルプロモーションを提案しています。 通算160以上の企画実績 2020年3月時点 を有し、毎年受注数が増加しています。 ニーズごとにゼロから企画・制作・提案を行い、キットデザインや当日運営に至るまでワンストップで行います。 謎解き・ボードゲーム・映画・演劇・エンタメなど多方面なジャンルに特化した人材が集結していることも強みの一つです。 特に、従来の謎解きに最新テクノロジー ARやVR、スマホアプリ をプラスする自社コンテンツサービス「テク謎」にも力を入れており、参加者の新たな驚き・物語体験を生み出し続けています。

次の

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

コロナ イベント 会社

コロナ禍の自粛モードの影響をモロに受けているのがイベント業界。 企業イベントや学園祭の運営などを手掛ける「グライド・ワン」(本社・練馬区大泉)もコロナ禍で仕事が激減している。 大沼厚志社長は「売り上げは9割減。 6、7月の仕事はほぼゼロですね。 秋以降の話も数件しかありません」と惨状を漏らす。 取引先の企業がリモートワークになり、企画やイベントが軒並み中止になったことが大きいのだという。 「持続化給付金」や「雇用調整助成金」を申請するも書類の不備を指摘され、なかなか給付までに至っていない。 そんな中でも大沼社長は社員に給与を払い続けている。 というのは、「社員は財(たから)」という信念があるから。 「正直、今やってもらう仕事はあまりありませんが、ここで辞めてもらっては従業員も路頭に迷うし、会社自身の未来もないでしょう。 業界のことに精通し、経験豊富な人を手放してしまえば、コロナ後に仕事が復帰してもうまくいくわけはありません。 「講演やイベントが中止になって、せめてキャンセル料だけでももらえるようにクライアントと交渉をしています」 アイデア勝負で生き残りに懸ける 大沼社長は守りだけでなく、アイデア勝負で生き残りに懸ける。 「廃材を利用したエコな間仕切りをつくり、飲食店などに提供するのはどうか……と。 コロナ禍で困っている印刷会社とコラボして、取引のある企業広告を載せるとか。 地元の練馬区にあるレストランなどでお弁当を売っているところを募って、広いグラウンドを借りてブースをつくり、ドライブスルー方式の食フェアを企画したら面白いかなとも。 地元の活性化にもなるし、飲食店の売り上げにもなるし、参加費をもらえばうちも潤うし。 同じようにお弁当を売っているお店を集め、中規模の病院にデリバリーをしたり。 今、協力者を募集しているところです」 グライド・ワンに登録しているお笑い芸人の仕事になるのではと、知り合いの飲食店でミニ寄席を企画したりもする。 また、大沼社長自身の講演テーマである防災・防犯をネタにした寸劇の台本を書いて、仕事のない役者に仕事を提供しようと売り込みも行う。 「普段からイベントをさせていただいているエポック社さんから預かっているキッズ向けの玩具、アクアビーズやホイップるを幼稚園や小学校に100円くらいで提供して、親子で楽しめる企画ができないかと模索しています。 漫画で作った防災リーフレットもありますので、併せてお配りできれば。 ぜひうちにというところがありましたら、お声掛けをいただければと思います。 コロナだからと諦めずに、何かできることはないかと考える時が楽しいですね」 大沼社長は前向きだ。 【写真】•

次の

コロナ禍で明暗を分けた!経済影響を受けた業種・業界悪化ランキング

コロナ イベント 会社

施設の利用やイベント参加の際、QRコードを活用して利用者がメールアドレスを大阪府に登録し、同じ日に登録された方が、後日、新型コロナウイルスへの感染が判明した場合、施設の規模等に応じて、大阪府から施設等利用者にメールで注意喚起のお知らせをします。 また、クラスター発生(発生のおそれを含む)の際には、クラスターが発生したと考えられる日の当該施設の利用者に連絡を行います。 次のボタンをクリックして、立ち上がった入力画面に必要事項を記入し、QRコードを申請してください。 大阪府から施設・イベント名・日時を公表する場合は、大阪府からの注意喚起メールでも施設名等をお知らせします。 ・メールアドレスを登録した施設利用者が感染者となった場合、その感染者が立ち寄った施設・イベントの種別・規模に応じて、同日当該施設でメールアドレスを登録した方に、大阪府より一斉に注意喚起メールを送信します。 その際、注意喚起メール内では、施設名、日時、感染者に関する情報はお知らせしません。 また、個別にお問合せいただいても、一切お答えいたしません。 ・ただし、クラスターの発生(おそれを含む)が判明した場合に、大阪府より施設名・発生日等を公表した時は、注意喚起メール内にて施設名とあなたが立ち寄られた日時をお知らせいたします。 ・いただいた情報については、大阪コロナ追跡システムの事業目的のみに使用し、それ以外の目的には使用いたしません。 ・大阪府においては、本システムで収集した情報等の漏洩、滅失又は毀損の防止その他の利用者情報等の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。 ・本システムの利用に際して、大阪府の責めに帰すべき事由によらない場合、利用者が被った損害について、一切賠償の責任を負いません。 館内放送等でご活用ください 【ダウンロードはこちらから】 (音声)「大阪府からのお知らせです。 不特定多数の方が利用する施設及び参加するイベントには、大阪コロナ追跡システムの導入をお願いしています。 府民の皆様のご利用をお願いいたします。 (日本電気株式会社のAIチャットボット「NEC 自動応答」を使用しています) このページの作成所属.

次の