卯の花 と は。 清元「卯の花(うのはな)」歌詞と解説

卯の花

卯の花 と は

おからとは、豆腐を作る際の副産物で、大豆の汁を絞って出てきた水分が豆乳、搾りかすがおからである。 豆乳はそのまま豆腐になるが、おからは産業廃棄物として処分されるか、豆腐店やスーパーなどでおからとして販売される。 食物繊維が豊富で栄養価が高く、カロリーが低いため、ダイエットや健康のために食事に取り入れている人も多い。 では、おからと卯の花にちがいはあるのだろうか。 答えは、どちらも全く同じものである。 そもそも、「おから」という言葉そのものに「しぼりかす」という意味がある。 お茶を出した後のお茶っ葉を茶がらというが、それと同じニュアンスの「から」に「お」をつけて、おからと呼んでいるということだ。 しかし、からは「空」などを連想し、縁起が悪いことから、特に関東地方などでは「卯の花」と呼ぶ。 卯の花の呼び名は、ウツギという植物が由来。 初夏に咲くウツギの花は、卯の花と呼ばれる。 卯の花は小さく真っ白で、白いおからの姿がそれに似ていることから、卯の花と呼ぶようになった。 ただし、レシピ本などを見てみると、おからはおからそのもの、卯の花は、おからを煮た料理の名前として書かれていることが多い。 卯の花(調理済みのおからの意味で使われている場合)と聞いて、白和えとの違いが気になった人もいるのではないだろうか。 卯の花と白和えは、見た目は似ているものの、全くの別物だ。 卯の花は、おからや、おからを使った煮物のことを言うが、白和えは、豆腐を使った和え物を言い、味付けも若干異なる。 卯の花は、おからと具材を炒めてから、だし汁、醤油、砂糖などで煮る。 それに対して白和えは、茹でた野菜に裏ごしした豆腐を和え、白ごまを入れることが一般的であり、卯の花よりもねっとりと水分が多いと感じるだろう。 おからは豆腐よりもエネルギー量が高く、豆腐が100gあたり56~72kcalであるのに対して、おからは111kcalだ。 しかし、食物繊維がほとんど含まれていない豆腐に対して、おからは100gあたり11. 5gも含まれているので、どちらがいいとは一概に言えない。 豆腐もおからもバランスよく食卓に登場させてみてはいかがだろうか。

次の

夏は来ぬ 歌詞の意味

卯の花 と は

おからとは、豆腐を作る際の副産物で、大豆の汁を絞って出てきた水分が豆乳、搾りかすがおからである。 豆乳はそのまま豆腐になるが、おからは産業廃棄物として処分されるか、豆腐店やスーパーなどでおからとして販売される。 食物繊維が豊富で栄養価が高く、カロリーが低いため、ダイエットや健康のために食事に取り入れている人も多い。 では、おからと卯の花にちがいはあるのだろうか。 答えは、どちらも全く同じものである。 そもそも、「おから」という言葉そのものに「しぼりかす」という意味がある。 お茶を出した後のお茶っ葉を茶がらというが、それと同じニュアンスの「から」に「お」をつけて、おからと呼んでいるということだ。 しかし、からは「空」などを連想し、縁起が悪いことから、特に関東地方などでは「卯の花」と呼ぶ。 卯の花の呼び名は、ウツギという植物が由来。 初夏に咲くウツギの花は、卯の花と呼ばれる。 卯の花は小さく真っ白で、白いおからの姿がそれに似ていることから、卯の花と呼ぶようになった。 ただし、レシピ本などを見てみると、おからはおからそのもの、卯の花は、おからを煮た料理の名前として書かれていることが多い。 卯の花(調理済みのおからの意味で使われている場合)と聞いて、白和えとの違いが気になった人もいるのではないだろうか。 卯の花と白和えは、見た目は似ているものの、全くの別物だ。 卯の花は、おからや、おからを使った煮物のことを言うが、白和えは、豆腐を使った和え物を言い、味付けも若干異なる。 卯の花は、おからと具材を炒めてから、だし汁、醤油、砂糖などで煮る。 それに対して白和えは、茹でた野菜に裏ごしした豆腐を和え、白ごまを入れることが一般的であり、卯の花よりもねっとりと水分が多いと感じるだろう。 おからは豆腐よりもエネルギー量が高く、豆腐が100gあたり56~72kcalであるのに対して、おからは111kcalだ。 しかし、食物繊維がほとんど含まれていない豆腐に対して、おからは100gあたり11. 5gも含まれているので、どちらがいいとは一概に言えない。 豆腐もおからもバランスよく食卓に登場させてみてはいかがだろうか。

次の

おからと卯の花の違いって何?おからには別名がたくさんある!

卯の花 と は

夏は来ぬ 卯の花の匂う垣根に ホトトギス早も来鳴きて 『夏は来ぬ(なつはきぬ)』は、作詞:佐佐木信綱、作曲:小山作之助により1896年に発表された日本の歌曲。 古典文学の研究や註釈、復刻にも力を尽くした。 東京音楽学校(現在の東京藝術学校)を卒業後、教授補助として学生の指導、音楽の研究や作曲に熱心携わった。 1897年(明治30年)には教授に就任。 1903年(明治36年)に同校を退職後、かつての教え子の面倒を見たり、文部省唱歌の作曲をするなどしていた。 1904年(明治37年)には、ヤマハ楽器の顧問となるなど、生涯を音楽教育・音楽活動に捧げた。 歌詞:『夏は来ぬ』 卯の花の 匂う垣根に 時鳥(ホトトギス) 早も来鳴きて 忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ さみだれの そそぐ山田に 早乙女が 裳裾(もすそ)ぬらして 玉苗(たまなえ)植うる 夏は来ぬ 橘(タチバナ)の 薫る軒端(のきば)の 窓近く 蛍飛びかい おこたり諌(いさ)むる 夏は来ぬ 楝(おうち)ちる 川べの宿の 門(かど)遠く 水鶏(クイナ)声して 夕月すずしき 夏は来ぬ 五月(さつき)やみ 蛍飛びかい 水鶏(クイナ)鳴き 卯の花咲きて 早苗(さなえ)植えわたす 夏は来ぬ 歌詞の意味は? 『夏は来ぬ』の歌詞を見てみると、古典文学者により作詞された19世紀の古い歌曲ということもあってか、普段聞きなれない若干堅めの表現が多用されている。 曲への理解を助けるため、分かりにくい単語・歌詞について簡単に補足してみたい。 1番の歌詞:ホトトギスと卯の花 1番の歌詞で冒頭に登場する「卯の花(うのはな)」。 これは初夏に白い花を咲かせるウツギの花を指す。 旧暦の4月(卯月)頃に咲くことから「卯月の花」=「卯の花」と呼ばれた。 「早も来鳴きて」とは、「早くも来て鳴いている」の意味。 「忍音(しのびね)」とは、その年に初めて聞かれるホトトギスの鳴き声を指し、『古今和歌集』や『枕草子』などの古典文学作品にも登場する古語の一つ。 2番の歌詞:山村の田植え 『夏は来ぬ』2番の歌詞では、山村での田植えの様子が描写されている。 さみだれ(五月雨)とは、旧暦の5月頃に降る雨を意味する。 五月(さつき/皐月)は田植えの月として「早苗月(さなえつき)」とも呼ばれた。 「早乙女(さおとめ)」とは田植えをする女性、裳裾(もすそ)とは衣服のすそ、「玉苗(たまなえ)」は、「早苗(さなえ)」と同様、苗代(なわしろ、なえしろ)から田へ移し植えられる苗を意味している。 3番の歌詞:「蛍雪の功」 3番の歌詞では、まずミカン科の柑橘類の一種であるタチバナ(橘)が描かれる。 『古今和歌集』でも取り上げられ、「五月待つ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする」(よみ人しらず)などと詠まれた。 歌詞の後半で「蛍飛びかい おこたり諌(いさ)むる」とあるが、これは中国の故事「」からヒントを得た表現であろう。 『夏は来ぬ』の歌詞においては、「蛍雪の功」の故事をふまえ、夏の夜も怠らず勉学に励めと、まるで飛び交う蛍に諌められているかのような表現となっている。 「」に関連する歌としては、卒業ソング『』や『』が有名。 4番の歌詞:農村の夕暮れ 冒頭の「楝(おうち)」とは、夏に花をつける落葉樹のセンダン(栴檀)を意味する。 水鶏(クイナ)は、古典文学にたびたび登場するヒクイナ(下写真)を指していると思われる。 ヒクイナの鳴き声は戸を叩くようにも聞こえることから、古典文学では「くいな」、「たたく」、「門」、「扉」などの単語と関連付けられて用いられてきた。 一例を挙げると、次のような古文や俳句が詠われている。 くひなのうちたたきたるは、誰が門さしてとあはれにおぼゆ。 <紫式部 『源氏物語・明石』> 此宿は水鶏も知らぬ扉かな <松尾芭蕉> 5番の歌詞:総まとめ 『夏は来ぬ』最後の節では、1番から4番までの歌詞で登場した既出の単語をまとめて再登場させ、歌全体を締めくくるような構成がとられている。 初夏に関連する季語をズラっと並べて、様々な風物詩を通して夏の訪れを豊かに表現している。 「五月(さつき)やみ」とは、「五月闇(さつきやみ)」、つまり陰暦5月の梅雨が降るころの夜の暗さや暗やみのこと。 関連ページ 『夏は来ぬ』、『夏の思い出』など、夏をテーマとした民謡・童謡、夏に関連する日本のうた・世界の歌まとめ こいのぼりが空を泳ぎ 田植えや茶摘みが始まる5月のうた こいのぼり、子供の日、立夏、母の日、五月祭(ヨーロッパ) 卒業ソング『蛍の光』の歌詞で有名な中国の故事・ことわざ.

次の