神戸 トレーラー 事故。 【事故】国道357線で事故発生した!「トレーラーが横転した為新木場→葛西通行止め」|

山麓バイパス・事故などによる渋滞、通行止め情報

神戸 トレーラー 事故

事故概要 神戸市消防局によると、3日午前6時40分ごろ、同市須磨区車で、トレーラーなど車4台が絡む事故が発生した。 トレーラーの運転手1人が心肺停止状態で、他に2人が負傷しているという。 現場は片側1車線。 この事故の影響で、現場の市道は通行止めとなっている。 事故発生は、6時40分。 朝の視界の良い時間帯。 そして、睡魔に襲われたとは考えにくいでしょう。 この情報だけでは、あまり事故原因が想像できません。 事故現場を確認してみましょう。 事故現場 事故現場はこちら。 そして、ツイッターから入手した事故の様子を写した画像がこちらです。 えらい事故 — East Lake ReonsWangsanri ツイッターの投稿によるとインテリアハーツという店舗の近く。 橋の手前で事故は起きたようです。 大きな道路が走っていますので、事故による道路への影響は大きいことが予想されます。 事故原因の考察 時間帯や道路の様子を考えると、何かが飛び出してきたり運転手にとって予測できない事態が起きて対応しきれなかったということは考えがたいように思えます。 そうすると突発的な発作等、運転手の身に突然自由を奪われるような事態が起こったのではないでしょうか? ドライバーは63歳男性との報道ともあります。 持病などを持っていた可能性も十分に考えられるのではないでしょうか? ドライバーはなくなってしまっているようですので、正確な原因の解明は少々時間が掛かりそうです。 追加の情報が入り次第、お伝え致します。 世間の声 最後に世間の声をご紹介します。 えらい事故 — East Lake ReonsWangsanri 白川の辺事故あり。 — ダソム umji1219 事故の様子を写す、投稿がツイッター上にされています。 リツイートをみると出勤時間ということもあり、渋滞を気にする声もたくさんありました。 まだ、事故が起きて2時間ほどですので情報が少ないですが、もう少し時間も立場詳しい情報が出て来るかと思われます。 新しい情報が入りましたら加筆する予定です。 スポンサーリンク.

次の

神戸市須磨区トレーラーなど4台絡む死亡事故発生【事故概要と事故現場の紹介、原因の考察と世間の声は?】

神戸 トレーラー 事故

トレーラー事故とは? トレーラーとは、エンジンの搭載されていない、トラックなどのトラクターから牽引されるための装置をもつ車のことです。 一般的なところでいうと、キャンピングカーもトレーラーに含まれます。 そのほかトレーラーには、• セミトレーラー• フルトレーラー• ポールトレーラー などがあります。 このような車による事故のことを、トレーラー事故といいます。 海上コンテナによるトレーラー事故が多い 国土交通省が行った調査によると、横転・転落事故の割合のうち、全体の40%を占めるのが海上コンテナ 輸入貨物 を積んだトレーラー事故だそうです。 一般トラックが全体の9%ですから、海上コンテナを積んだトレーラー事故がどれだけ多いかがわかりますね。 参考:衆議院 輸入貨物での事故が多い原因は、コンテナ内の貨物のバランスが悪かったり、しっかりと固定されていなかったりしたとしても、それを日本国内で確認することができないからです。 貿易契約上、コンテナの貨物の所有権はその貨物の所有者にあり、一度施錠をしてしまうと、その後は確認をせずに走行することになります。 そのため、海外からの輸入コンテナのトレーラー事故が全体の40%を占めるという結果になっていることが考えられます。 また、トレーラーは一般車両とは異なり車体も大きく、バランスを取るのが難しいですから、スピードを出したままカーブに差しかかることで横転することも多いです。 トレーラー事故の実際のニュースと動画 トレーラー事故のニュースはなかなか後を絶ちません。 26日午前5時ごろ、福岡県小竹町の国道200号で、トレーラーと軽乗用車が衝突した。 事故のはずみでトレーラーが国道から滑り落ち、JR筑豊線の敷地内の信号機にあたって止まった。 直方署によると、軽乗用車を運転していた北九州市八幡西区の会社員女性(20)が足の骨を折るなどの重傷を負った。 トレーラーを運転していた福岡県宮若市の男性(60)にけがはなかった。 引用元:朝日新聞DIGITAL 神戸市中央区のポートアイランド内の交差点で1月30日、乗用車に衝突した大型トレーラーが歩道に突っ込み、歩行者2人をはねた事故で、兵庫県警神戸水上署は1日夜、歩行者の大阪府守口市梶町、会社員、渡辺大祐さん(30)が死亡したと発表した。 死因は脳挫傷とみられる。 引用元:産経WEST こちらの動画では、実際に起きたトレーラー事故が映し出されています。 コンテナなどのトレーラーを積んだ車での事故は、こちらの動画からもわかるように、バランスを失い車体が振られることから発生します。 種類別トレーラー事故の原因と対策 それではここで、種類別トレーラー事故の原因と対策について、3つの事例から解説していきます。 コンテナ脱落事故 コンテナが脱落する事故の原因としては、以下のことが考えられます。 コンテナ脱落事故の原因• トレーラーの重心が高く、車体が振られやすい• コンテナを固定するロックのし忘れ、ロックの緩さ• 急ブレーキによるバランスの崩れ これを防止する対策としては以下のとおりです。 コンテナ脱落事故の対策• 急ブレーキがかからないように常に速度を抑える• コンテナを固定するロックの確認の徹底 トレーラーの横転事故 トレーラーが横転する事故の原因としては、以下のことが考えられます。 トレーラー横転事故の原因• カーブに差しかかる前に減速をしていなかった• 積載するコンテナが高く、遠心力が通常よりも大きく伝わった• コンテナ内の貨物がバランスを崩し、カーブの際に転倒した この事故を防ぐ対策として、以下のことが講じられています。 トレーラー横転事故の対策• 高い背のコンテナを運ぶ際の運転マニュアルを別で用意し、運転手に徹底させる• カーブに差し掛かる前に十分に減速する• バランスを崩すことをあらかじめ想定しておく 荷下ろし中の事故 トレーラーに積んだ木材が荷下ろし中に落下したという事故から、原因と対策を考えていきたいと思います。 実際にあった事例をご紹介します。 この災害は、工場新築工事現場に運搬してきた鉄骨梁をトレーラーから荷降ろし作業中に発生したものである。 荷降ろしの作業は、工事現場で鉄骨の組み立てを行う3次下請が移動式クレーン 吊り上げ荷重35t を使用して行った。 最初に、最上段に積まれていた2枚のラックを降ろし、次に5本ずつ2段に積まれている鉄骨梁を荷台の左側から2本降ろし、次いでその隣の2本を降ろすため、それぞれの梁にクランプを2個づつ掛けて2本を一緒に地切りしたところ、そのうちの1本の張り出しプレートが残っていた1本の張り出しプレートの下に重なっていたため残りの1本が押し上げられ、右側に押し倒された形で荷台の下に落下し、丁度そこにいた被災者に激突し、頭蓋骨骨折等により死亡した。 引用元:厚生労働省 荷下ろし中の事故の原因 この事故が起きた原因としては、以下のことが考えられます。 合図での連携ができていなかった• トレーラーへの積載が適切ではなかった• 立ち入り禁止区域を設けていなかった これらを防ぐための対策としては、以下のことが挙げられます。 荷下ろし中の事故の対策• トレーラーからの積荷が落下することを想定して、あらかじめ立ち入り禁止区域を設ける• 荷台への適切な積載を徹底する 走行中でも荷崩れしないようしっかり固定する• 安全規則の周知を徹底する 参考:労働安全衛生規則 まとめ 一般車両とは異なるトレーラーでの事故は、その被害も一般的な交通事故より大きくなる可能性が高いです。 また、車に大きな積載をしているということで、車体のバランスを取ることが難しかったり、死角も多いです。 これらが原因で、思わぬ事故が起きてしまうこともあります。 ご自身の車の近くをトレーラーが走行している際は、いつも以上に車間を開けたり、譲り合う気持ちをより強く持つなどして、より一層事故への警戒を強めるようにましょう。 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、への加入がおすすめです。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。 もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の

山麓バイパス・事故などによる渋滞、通行止め情報

神戸 トレーラー 事故

トレーラー事故とは? トレーラーとは、エンジンの搭載されていない、トラックなどのトラクターから牽引されるための装置をもつ車のことです。 一般的なところでいうと、キャンピングカーもトレーラーに含まれます。 そのほかトレーラーには、• セミトレーラー• フルトレーラー• ポールトレーラー などがあります。 このような車による事故のことを、トレーラー事故といいます。 海上コンテナによるトレーラー事故が多い 国土交通省が行った調査によると、横転・転落事故の割合のうち、全体の40%を占めるのが海上コンテナ 輸入貨物 を積んだトレーラー事故だそうです。 一般トラックが全体の9%ですから、海上コンテナを積んだトレーラー事故がどれだけ多いかがわかりますね。 参考:衆議院 輸入貨物での事故が多い原因は、コンテナ内の貨物のバランスが悪かったり、しっかりと固定されていなかったりしたとしても、それを日本国内で確認することができないからです。 貿易契約上、コンテナの貨物の所有権はその貨物の所有者にあり、一度施錠をしてしまうと、その後は確認をせずに走行することになります。 そのため、海外からの輸入コンテナのトレーラー事故が全体の40%を占めるという結果になっていることが考えられます。 また、トレーラーは一般車両とは異なり車体も大きく、バランスを取るのが難しいですから、スピードを出したままカーブに差しかかることで横転することも多いです。 トレーラー事故の実際のニュースと動画 トレーラー事故のニュースはなかなか後を絶ちません。 26日午前5時ごろ、福岡県小竹町の国道200号で、トレーラーと軽乗用車が衝突した。 事故のはずみでトレーラーが国道から滑り落ち、JR筑豊線の敷地内の信号機にあたって止まった。 直方署によると、軽乗用車を運転していた北九州市八幡西区の会社員女性(20)が足の骨を折るなどの重傷を負った。 トレーラーを運転していた福岡県宮若市の男性(60)にけがはなかった。 引用元:朝日新聞DIGITAL 神戸市中央区のポートアイランド内の交差点で1月30日、乗用車に衝突した大型トレーラーが歩道に突っ込み、歩行者2人をはねた事故で、兵庫県警神戸水上署は1日夜、歩行者の大阪府守口市梶町、会社員、渡辺大祐さん(30)が死亡したと発表した。 死因は脳挫傷とみられる。 引用元:産経WEST こちらの動画では、実際に起きたトレーラー事故が映し出されています。 コンテナなどのトレーラーを積んだ車での事故は、こちらの動画からもわかるように、バランスを失い車体が振られることから発生します。 種類別トレーラー事故の原因と対策 それではここで、種類別トレーラー事故の原因と対策について、3つの事例から解説していきます。 コンテナ脱落事故 コンテナが脱落する事故の原因としては、以下のことが考えられます。 コンテナ脱落事故の原因• トレーラーの重心が高く、車体が振られやすい• コンテナを固定するロックのし忘れ、ロックの緩さ• 急ブレーキによるバランスの崩れ これを防止する対策としては以下のとおりです。 コンテナ脱落事故の対策• 急ブレーキがかからないように常に速度を抑える• コンテナを固定するロックの確認の徹底 トレーラーの横転事故 トレーラーが横転する事故の原因としては、以下のことが考えられます。 トレーラー横転事故の原因• カーブに差しかかる前に減速をしていなかった• 積載するコンテナが高く、遠心力が通常よりも大きく伝わった• コンテナ内の貨物がバランスを崩し、カーブの際に転倒した この事故を防ぐ対策として、以下のことが講じられています。 トレーラー横転事故の対策• 高い背のコンテナを運ぶ際の運転マニュアルを別で用意し、運転手に徹底させる• カーブに差し掛かる前に十分に減速する• バランスを崩すことをあらかじめ想定しておく 荷下ろし中の事故 トレーラーに積んだ木材が荷下ろし中に落下したという事故から、原因と対策を考えていきたいと思います。 実際にあった事例をご紹介します。 この災害は、工場新築工事現場に運搬してきた鉄骨梁をトレーラーから荷降ろし作業中に発生したものである。 荷降ろしの作業は、工事現場で鉄骨の組み立てを行う3次下請が移動式クレーン 吊り上げ荷重35t を使用して行った。 最初に、最上段に積まれていた2枚のラックを降ろし、次に5本ずつ2段に積まれている鉄骨梁を荷台の左側から2本降ろし、次いでその隣の2本を降ろすため、それぞれの梁にクランプを2個づつ掛けて2本を一緒に地切りしたところ、そのうちの1本の張り出しプレートが残っていた1本の張り出しプレートの下に重なっていたため残りの1本が押し上げられ、右側に押し倒された形で荷台の下に落下し、丁度そこにいた被災者に激突し、頭蓋骨骨折等により死亡した。 引用元:厚生労働省 荷下ろし中の事故の原因 この事故が起きた原因としては、以下のことが考えられます。 合図での連携ができていなかった• トレーラーへの積載が適切ではなかった• 立ち入り禁止区域を設けていなかった これらを防ぐための対策としては、以下のことが挙げられます。 荷下ろし中の事故の対策• トレーラーからの積荷が落下することを想定して、あらかじめ立ち入り禁止区域を設ける• 荷台への適切な積載を徹底する 走行中でも荷崩れしないようしっかり固定する• 安全規則の周知を徹底する 参考:労働安全衛生規則 まとめ 一般車両とは異なるトレーラーでの事故は、その被害も一般的な交通事故より大きくなる可能性が高いです。 また、車に大きな積載をしているということで、車体のバランスを取ることが難しかったり、死角も多いです。 これらが原因で、思わぬ事故が起きてしまうこともあります。 ご自身の車の近くをトレーラーが走行している際は、いつも以上に車間を開けたり、譲り合う気持ちをより強く持つなどして、より一層事故への警戒を強めるようにましょう。 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、への加入がおすすめです。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。 もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の