東方 ヤンデレ。 「ずーっと一緒…だよね…?」 上級者向け属性“ヤンデレ”な女の子イラスト集

東方ヤンデレ 小説家になろう 作者検索

東方 ヤンデレ

上白沢慧音が自らの夫の方によって来た。 別に、それだけならばよくある事だ。 稗田阿求と違って、幸いにも彼女は肉体的魅力に対して、非常に恵まれているから。 よくそれを武器にして遊んでいるし、旦那が相手であれば遊ばれることも大歓迎であった。 しかし今はお日様が高くのぼっている時間帯であるので、そういう事は『あまり』ないし……何より上白沢慧音は手元に、封書を。 一目見ただけで、高級品だと分かる封書を。 チラリと蜜蝋での封印も上白沢の旦那の目には見えた。 そこまでやれる存在の中で、自分に手紙を『送り付けてくる』者は、一人しか思いつかなかった。 登壇を強制する以外には、思いつかないのだ。 上白沢の旦那は、諦めと苛立ちの感情を均等に混ぜ合わせながら、立ち上がって外出用の衣服に手を取った。 「ああ……運悪く、お手洗いにいるときに人力車が来たんだ。 そう、もちろん稗田だ」 「人力車が見えると見えない、これだけで心の準備がまるで違う……」 上白沢の旦那はぶつくさと言いながら、着替えをしている。 彼はまだ稗田阿求からの手紙をまだ確認していないし、実は慧音ですらそうであったのだが。 この手紙を持ってきた、稗田家の奉公人が人力車と一緒に来た時点で。 あの者が上白沢の旦那を、ともすれば両方に来いと言っているのは、まず間違いない。 だから上白沢慧音にしては非常に珍しい事だが、彼女ですらこの手紙をまだ、ちゃんと確認していなかった。 「ああ、私も誘われている」 だから今回、稗田阿求が彼女の登壇も『命じた』事については、今まさに知ったのであった。 そう考えれば、稗田阿求は一番の娯楽から遠ざかってしまい、飢えてしまっている。 ほんとに大きくても、苛立つだろうってところだ!」 だがこの話がどちらに転ぼうとも。 稗田阿求直々のお願いに対して、断るという選択肢は存在していない。 天狗の射命丸ですら、唯々諾々と従わなければならないのに。 ならばたかが寺子屋の教師夫妻なんぞ……乱暴な言い方だけれども、それが真理であった。 「やぁ。 来てくれたね、ありがとう」 稗田邸の門前で、稗田夫妻は待っていてくれた。 以前の事があるので、上白沢の旦那はやや恐々と稗田阿求の服装を確認したが。 幸いにも洩矢神社に射命丸を呼びつけた時とは違って、重装備に重装備を重ねたような、耐寒装備ではなかった。 そうであるのだから、おしゃれにも気を配る余裕と言う物が存在している。 山を登り、洩矢神社に向かった時と比べて随分と機嫌が良いのは、おしゃれが出来るという部分を、無視する事は出来ないだろう。 どうやら今回の話は、人里の内部だけで済んでくれそうであるので。 そこに関してはホッとしたが、裏を返せば稗田の庭で何かやるんだ。 「今なら、件の男は外に出ているから。 はちあってしまう可能性はない、乗り込むには絶好の機会だ」 ほらな!と上白沢の旦那は思って、眉が少しばかり吊り上がったが。 もういい加減慣れた、眉が吊り上がってもまだ笑顔の範囲内であった。 ただし、皮肉気なと言う補足は、絶対につけなければならない笑顔だけれども。 懐から初めて見る、歯に衣着せずに表現すればよく分からない工具を取り出してきて。 その工具を、玄関のカギ穴に突っ込んだかと思えば。 ものの1分だって経たないうちに。 「開いた。 もっと高い鍵に交換しないと……雲居と物部のどっちに頼んでも、資金を出してくれるだろう」 そんな言葉でうそぶきながら、玄関扉を開けてしまった。 護衛と監視を行わせているはずだ。 聞いてみたいという感情まで消えたわけではないが、不可能かなと言うあきらめの感情も同時に出てきた。 普段から呼び捨ての間柄ではあるが、今回のこれは明らかに感情と意味を乗せていた。 何もしないと言っているくせに、部屋の中身を引っ掻き回して。 とくに家具の後ろや、屋根裏なんかまで覗き始めた。 故に、ため息は余計に大きくなる。 初めは不法侵入であることに後ろめたさと言う物があったから、突っ立ったままでいたけれども。 動かずに何分も経っていたら、却って疲れてしまうので、結局座布団を失敬することになってしまった。 ため息をついた。 上白沢の旦那もそれにならうと……一人分と言うには多いぐらいの食器が見えた。 三人分はありそうであるからだ。 件の歩荷と、肌の触れ合いもある雲居一輪と、雲居の恋敵の物部布都。 三人分と言う事は、この三名分の食器……。 いっそ立ち上がってとも思ったが……視線を感じた。 チラリと見たら稗田阿求からの物であった。 それ自体は、別に構わない。 問題は上白沢の旦那が立ち上がろうかなと、腰を動かしたら。 妻である上白沢慧音に対して、やや狂わんばかりという部分が気になるとはいえ、婚姻も結んでおり。 他の男に走る危険性は、考慮の外とまで言えるはずなのに。 自分の肉体的魅力の低さから嫉妬心にまみれ、デカい体等と罵り。 今度は男相手にも、もはや妄想に近い警戒心を抱いている。 その事実を目の当たりにして、目を見開いてしまったし。 友人である上白沢の旦那と目が合って、やや困った笑顔を見せてくれたが。 それもすぐに鳴りを潜めて、稗田阿求の方に意識を傾けた。 ……疑問や問題はあるけれども。 稗田阿求は、手のものを付ける際に護衛などと表現しているが。 下手なことをしないようにと言う。 それを考えると、ため息しか出てこなかった。 それに、この秩序だった。 明らかに知性を感じさせる動きには覚えがあった。 喫茶店で報告書を受け取った時の事を思い出したからだ。 先ほどは、稗田阿求に振り回されているなと、同情で見れたが。 今回は少し苛立った。 寺子屋の教師をしている、上白沢の旦那からすれば生徒が襲われたのと同じか、もっと酷いはずだ。 「すぐに返す。 稗田阿求は稗田阿求で、射命丸に1円札を何枚も渡して。 恐らく仕事量からすれば、多すぎると言えるぐらいの金額のはずだ。 それぐらい渡していた。 しかし稗田阿求がなぜそのような事をするのか、何となく理解できる。 多額の金銭を渡すことにより、射命丸の存在を矮小化させているのだ。 これも自らの肉体的魅力の低さに苛まれるが故の、なのだろうか。 確かに射命丸は、健康的で美人だ。 だとしてもあんまりだという思いはあるけれども、早く逃げたい……実際、わざとらしい笑顔を作りながら、現金を握りしめて。 射命丸は即座に、どこかに……つまり逃げてしまった。 以前と同じであった。 飲食を提供する以上は、衛生的に忌避されるネズミなどと言う存在がいるのは、喫茶店としても大問題であるはずなのに。 店主も店員も、まるで問題にせずに席へと案内してくれた。 稗田阿求の方を見た、彼女は相変わらず楽しそうであった。 水を差してしまう事に恐れを感じてしまうには、十分な姿であった。 すると即座に。 しかし、支払いが無いのはありがたい。 そう思ってやる事にして。 「きつねうどんと、食後にコーヒーで」 少しばかり高めの一品を頼んでやる事にした。 妻である慧音は遠慮して、飲み物だけだったので、もっと高いのにすればよかったなと考えた。 どうせ稗田の財政力を考えれば、射命丸にあれだけ払えるのだから。 ここでの支払いなんぞ、物の数ではないだろうから。 この喫茶店は、決して閑古鳥(かんこどり)が鳴いている訳ではない。 そこそこの客がいる、むしろ閑古鳥であっても満員であっても、それが異常であるのに。 いきなり多くの人間が、出入りではない、入りっぱなしであった。 全て整然とした、整列した様子を崩すことなく、である。 その上、都合のいい事に自分たちが座っている隣の席が、ポカンと空いてくれた。 「大丈夫だ」 上白沢の旦那が、その整然とした様子に少し以上に驚いた様子で目をやった時に。 それが本当に、上白沢の旦那としては癪(しゃく)でならない。

次の

#17 東方ヤンデレ⑰ 青娥

東方 ヤンデレ

そう、それはある日のこと。 私が芳香を連れて歩いていると、一人の男が話しかけてきた。 私は柔和な笑みで迎えた。 男の第一声が「ご飯を分けてくれ」だった。 私は正直なところご飯は余り食べないので、お金を渡し「これで買うといいわ」と言った。 しかし男は首を振った。 ふむ… 私は芳香にお使いを頼んだ。 芳香はにこにこして食べ物を買ってきた。 「えらい、えらい。 うふふ…さぁ、これでいかが?」 「あ、ありがとうございます…」 男は苦笑いをして品物を受け取った。 そして立ち尽くした。 「あら?どうなさいました?」 「あの…台所を貸して頂けませんか?」 「え?」 驚いた…家に帰って調理すればいいものを。 …いやまて。 さっきも、なぜ私に買い物を頼んだ?十分にお金はあったはずだ。 「…もしかしたら、帰る場所がない…とか?」 「…お恥ずかしいことに」 私は当たっていたことに気を良くし、しばらく質問をした。 へぇ、平和そうな人里だけれども…差別なんてあるのね…。 またかわいそうに。 それに、見た感じだと優しい。 頭も悪くはなさそうだし… 人間性に欠点はなさそうだが。 「あの、お名前は…?」 「あぁ、そう言えば私はまだ名乗ってませんでしたわね。 私は青娥。 青娥娘々、とも呼ばれます。 」 私はつらつらと言葉を重ね、男をどうしようか迷っていた。 ほうっておくか、連れて帰るか。 「…あの」 「…はい?」 「台所…貸して下さいますか?」 あ、忘れてた。 男を連れて家へ。 芳香はいつもの所へ配置してある。 22時になったら起こさなきゃ。 「ねぇ、何を作っているの?」 「あ、ただの野菜炒めです。 」 「頂けるかしら?」 「はい、いいですよ。 」 小皿に盛られた野菜を眺め、口にする。 …美味しい。 私はこの味、好きだわ。 …いい人ね。 何でこんな人ほうっておくのかしら。 私はもぐもぐ食べながらそう思った。 「んー、仙人は別にあれだけど…ご飯、作ったほうがいいかしらね」 思い立ったら行動するのみ。 私はここにある材料を駆使し、朝食を作った。 …我ながらなかなかに。 私は笑顔で食卓へ運んだ。 「…おはようございます。 多分泊めてくれた相手が朝食を作ってくれるなど思いもしなかったのだろう。 部屋の掃除も、洗濯も、料理も。 殆どの家事をこなすのだ。 私は嬉々として台所に立つ。 そして、ふと思った。 ー…? 何故私は嬉々として料理を作ろうとしているのだろう。 「できましたよ~」 私は数々の皿を宙に浮かしテーブルへ持っていく。 「青娥さん…手品ですか?」 「ん…あぁ、言ってなかったわね?私…いや、何でもないわ。 手品よて・じ・な。 」 私はくくくと笑う。 私はそれを見て頬杖をつく。 私は里へいつものように買い物に出かけた。 すると、とある人を見つけた。 里の人とは明らかに容姿の違う人。 妖怪ではない。 ならば、外来人ー…? そうか! 私は心から込み上げる喜びにしばし頬を緩めた。 よくはみなかったが、あれは絶対里に溶けこんでいる。 まるで里にはいきたくなさそうに… あ、そうか。 「ごめんなさい…里には、良い思い出なんてないかしら…?」 顔を伏せる。 「いいえ…大丈夫です。 」 「本当?じゃあ、善は急げ。 私は里の色々な所を案内した。 そして蕎麦屋で蕎麦を食べた後、寺子屋を案内した。 私は上白沢慧音を呼んだ。 するとすぐに彼女は出てきた。 そして、こう言ったのだ。 「いや、すまないな。 何でも自称 ここ重要 婚約者だとか。 そうだ。 当たり前だ。 私のことを一番に気にしてくれる、私の僕にするのだから。 彼女が提案した。 だからすぐにお別れになった。 [newpage] …私はいつも気付くのが遅い。 だからあの人を置いていったあと、少し後悔したのだ。 でも、今回は違うわ。 深く、深く。 …目が覚めた。 しかし一体なんだろう?何だか雰囲気がいつもと違う。 何だか…とっても、寒い。 私は窓を開けた。 そして、驚いた。 「…え、うそっ…」 雪だ。 雪が、降っている。 おかしい! 私が眠りについたのは、春。 …つまりは。 私は里を見に行った。 「…?」 寺子屋がない。 代わりに綺麗な家が建てられている。 な、何故?どうしてっ…? 私は扉をノックした。 その懐かしい顔を見て、思わず抱きしめた。 「あの…どちらさまでしょうか?」 …え? 「わ、私よ?青娥、娘々…」 泣き笑いで酷い顔になっているだろう。 でも、それ位衝撃的だったのだ。 「セイガ…?」 そうして暫くすると、ワーハクタクが顔を覗かせた。 「おやおや、いつぞやの仙人さま。 何かご用で?」 にこりと笑う彼女。 私は悪意が詰まった笑みを彼女へ向けた。 「今日は先生と、お話がしたくて参りましたわ」 「いや、どうぞおかけになって。 」 私は椅子に座りワーハクタクを睨みつけた。 「どういうことなのかしら」 「…さてはて。 何のことやら。 」 彼女は首を振りにやりと笑った。 挑発するような笑みに苛立ちを覚える。 ガン、と机を叩いて彼女に迫る。 指輪が見えるだろう?」 ワーハクタクは左手を見せる。 だが、私が聞きたいのはそっちじゃない。 どうしたのよ」 「ん…?あぁ、君の存在が邪魔でね。 少し…歴史を消した」 …歴史を消した。 「さぁさぁ如何かな?もう用はないだろう。 」 「…ないわけないわ」 私は渾身の一撃を彼女にかます。 ワーハクタクは半人半獣。 軽く吹っ飛んでいった。 私はキッチンから包丁を持ち出す。 「…なに、するんだ」 「…私の、可愛い可愛い…僕にしてあげる」 丁寧に丁寧に。 私は彼女に印をつけるように…刻んでいく。 さぁ、早く起きて。 「ただいま……………え?」 大惨事。 「…おかえり。 何をする?料理、作ろっか。 しかし、私は歩みを止めない。 私はガバッと抱きつく。 …え? 会えたよ、会えたのに… どうして?どうして? やめて、そんな言葉あなたには似合わないわ。 私はにこりとして死体を手にとった。 「…ようやく、ようやく。 」 私は二人を持ち帰ってキョンシーにした。 片方の女は毎日いたぶり、片方の男は顔がくずれるまで愛した。 「…本当は、もっと素直に愛したかったのに」 そう呟きながらキョンシーを壊れた笑みで抱きしめる、邪仙がいた。

次の

東方病愛録

東方 ヤンデレ

ヽ l:. : :. :l:. : :. l :. : `ヽミ l:. :l:. : :. : :. : :. : `............ /l:. : :. : :::::::.... :l:. : <ふふふ、ランキングを作ってみましたよ ' ::::.. : :. : :. : :. :i:.

次の