パソコン ブルートゥース。 Bluetoothアダプタのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

パソコンでBluetoothイヤホンを使う方法を解説。設定方法は?

パソコン ブルートゥース

デスクトップにBluetoothを増設するには? Bluetoothを増設するには、大まかに3つの方法があります。 BTOパソコン購入時にカスタマイズで「拡張ボード」を追加する【万人向け・パソコン購入前】• Bluetoothアダプタを購入して追加【万人向け・パソコン購入後OK】• Bluetoothの拡張ボードで増設【自作PCする人向け・パソコン購入後OK】 では、それぞれ解説していきます。 【万人向け】BTOパソコン購入時にカスタマイズで「拡張ボード」を追加する【パソコン購入前】 1つ目は、BTOパソコンの購入時に、 カスタマイズ画面の「拡張ボード」という項目からBluetoothを増設できるものを選択することです。 この方法は、 これからパソコンを購入しようと考えている方向けです。 パーツのカスタマイズだけなので追加方法としては簡単ですね。 ただ、BTOパソコンのモデルによって、拡張ボードを選択できる場合と全くできない場合があるので注意です。 選択できる場合でも、その拡張ボードが、Bluetoothを追加してくれるボードなのかを確認する必要があります。 ちなみに拡張ボードには、サウンドを高音質にするものやUSBポートを追加するもの、無線LAN(Wi-Fi)接続するためのものなどがあります。 例えば、マウスコンピューターを例に挙げて説明します。 これは、パソコンを選んだ後のカスタマイズ画面の一部分となっています。 拡張カード(=拡張ボード)という項目がありますが、ここで変更することができます。 ちなみに、Bluetoothと無線LANは、一緒になっていることが多いので、Wi-Fiも使えて、Bluetoothも使えてお得ですね。 ただ、BTOメーカー、選択したパソコンのモデルでは、拡張ボードが全く選べない場合もあるので気を付けましょう。 まずは、BTOパソコンを探したいという方に向けて、価格別、デザイン別、BTOメーカーの特徴など色々な観点から紹介しているので、参考にしてみて下さい。 【万人向け】Bluetoothアダプタを購入して追加【パソコン購入後OK】 2つ目は、USBポートに接続して使えるBlutoothアダプタを購入して使う方法です。 USBポートは1つ使いますが、誰でもできる簡単・手軽な方法です。 実際に私が使っているアダプターを紹介しておきます。 【自作PCする人向け】Bluetoothの拡張ボードで増設【パソコン購入後OK】 3つ目は、パソコンを開けて、Bluetoothの拡張ボード(PCパーツ)を購入して、増設する方法です。 こちらは、 自作PCをする方やパソコンを開けて作業するということに抵抗が無い方でないと厳しいと思います。 自作PCする方にとってはパーツの増設は簡単だと思います。 また、自作PCをしたことがある人しかダメなのか?と言われればそういうわけではありません。 拡張ボードの増設だけであれば、比較的簡単なので、手順さえしっかり守れば自作PC未経験でも十分可能です。 これを機にプチ自作PC的な感じでしてみるのも良いかもしれませんね。 (笑) この方法のメリットとしては、• USBポートを消費しない。 Wi-Fiが使えるようになる。 の2つかなと思っています。 Bluetoothの拡張ボードは、Wi-Fiとセットで付いている製品が多いので、デスクトップパソコンでWi-Fiも使えるようになります。 一軒家・一戸建てで違う階にルーターがある場合や自室とルーターの距離が遠いという場合は、有線LANではケーブルの設置が一苦労ですから、Wi-Fiがあった方が便利ですね。 まとめ:Bluetoothで、デスク周りをスッキリさせよう デスクトップパソコンでBluetoothを使えるようにする方法を紹介しました。 ノートパソコンには、標準でBluetoothが付いていることも多いですが、デスクトップパソコンには無いですよね。 3つ目の拡張ボードのメリットを感じない方は、2つ目のアダプターの方をおすすめします。 その方が圧倒的に簡単ですからね。 (笑) ちなみに私も、2つ目の方法でアダプターを取り付けています。 最近、Bluetooth機器が増えているので、この機会に無線アダプタ形式や有線のものから乗り換えてみてはいかがでしょう。 デスク周りのコード類が無くなってスッキリしますよ。 ケンさん 今まで入っていたドライバーを削除することで作動しないでしょうか? Windows10の場合は、10に入っている標準のドライバである程度動作するようになっているみたいなので、Windows 8の時に入れたドライバーと干渉して作動しなくなった可能性があると思います。 使用されているBluetoothアダプターや詳しい環境が分からないので何とも言えませんが、同じくWindows 10にアップグレードして作動しなくなった方もいるみたいですね。 その方もドライバー削除で作動するようになったようです。 custhelp.

次の

富士通Q&A

パソコン ブルートゥース

パソコンとBluetoothイヤホンを接続すると、ワイヤレスで音楽を聴くことができます。 また動画を視聴する、マイク付きイヤホンでビデオ通話をするといった利用法も考えられます。 所有しているパソコンとBluetoothイヤホンを接続するにはどんな手順を踏めばいいのか、その方法をご紹介します。 どんなパソコンならBluetoothイヤホンの接続ができる? BluetoothイヤホンをはじめとするBluetoothデバイスと接続できるのは、Bluetooth機能が搭載されているパソコンに限ります。 ノートパソコンの中には最初からBluetooth機能が搭載されているものが多くあります。 近年の機種なら大抵備わっていると言っていいでしょう。 一方、デスクトップパソコンではコンパクトな機種では大抵Bluetooth機能を搭載していますが、大型のデスクトップパソコンでは搭載されていない機種もあるようです。 Bluetooth機能が搭載されていないパソコンでも、Bluetoothアダプターを購入して追加すればBluetoothを使用できるようになります。 USBアダプター形式の製品なら、ごく小さなアダプターをUSBポートに差し込むだけなので装着も簡単ですし、使用する際に邪魔になることもありません。 通販サイトや家電量販店などで1,000円程度から販売されていますので、手軽に購入することができます。 自分のパソコンにBluetooth機能が搭載されているかの確認方法 所有しているパソコンにBluetooth機能が搭載されているかどうかは、以下の操作で確認できます。 Windowsの場合 システムトレイにBluetoothのアイコンがあれば、Bluetooth機能が搭載されていて、有効な状態になっています。 その他、「デバイスマネージャー」を開いてBluetooth機能について確認することもできます。 Windows10とWindows8. 1なら、画面左下(タスクバーの左端)のスタートボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー(M)」を選ぶとデバイスマネージャーが開きます。 Windows7では、スタートボタンをクリックして、「コンピューター」を右クリック、「プロパティ」を選択、開いた画面の左上にある「デバイスマネージャー」をクリックするとデバイスマネージャーが開きます。 そして次に、「デバイスマネージャー」内に「Bluetooth」の項目が表示されていれば、使用可能です。 搭載されているはずなのに項目が表示されていない場合は、Bluetoothが無効になっているか、なんらかの原因で不具合を起こしている可能性があります。 macOSの場合 メニューバーにBluetoothアイコンが表示されていれば、Bluetooth機能が搭載されていて、使える状態になっています。 あるいは、「Appleメニュー」からBluetooth機能の有無を確認することもできます。 「Appleメニュー」から「システム環境設定」を選択し、「Bluetooth」をクリックします。 システム環境設定の「Bluetooth」パネルに、Bluetooth を「入」にするオプションや、デバイスを検出するオプションが表示されていれば、Bluetooth機能が使用可能です。 パソコンとBluetoothイヤホンを接続(ペアリング)する方法 Windowsの場合 パソコンとBluetoothイヤホンの接続方法について、まずWindows10の場合で説明します。 手順は次のとおりです。 デバイスの画面の左にある「Bluetooth」という項目を選択します。 すると周囲にあるBluetoothデバイスの検索が始まります。 Bluetoothイヤホンをペアリングモードにします。 ペアリングモードにする方法はBluetoothイヤホンの説明書を参照してください。 イヤホンが検出されると、イヤホンの名称が表示されます。 しばらく待つとペアリングの準備が完了し、「ペアリング」というボタンが現れるので、それをクリックします。 続いてパスコードかPINコードの入力を求められることがあります。 その場合は指示に従って、キーボードでコードを入力してください。 その後、「接続済み」と表示されたらペアリング完了です。 macOSの場合 1. アップルメニューから「システム環境設定」をクリックし、「システム環境設定」へと進みます。 システム環境設定画面の中から、「Bluetooth」という項目を選択します。 すると周辺にあるBluetoothデバイスを検索するモードになります。 もしも「Bluetooth:切」になっていた場合は、「Bluetoothを入にする」をクリックしてください。 Bluetoothイヤホンをペアリングモードにします。 ペアリングモードにする方法はBluetoothイヤホンの説明書を参照してください。 イヤホンが検出されると、イヤホンの名称が表示されます。 その横にある「ペアリング」または「接続」ボタンをクリックします。 続いてパスコードかPINコードの入力を求められることがあります。 その場合は指示に従って、キーボードでコードを入力してください。 その後、「接続済み」と表示されたらペアリング完了です。 完全ワイヤレスBluetoothイヤホンの詳細は [HP-T100BT] 一度、Bluetoothデバイスをペアリングした後は、そのデバイスが通信範囲内にあって電源が入っていれば、いつでも自動的にパソコンと接続されるようになります。 上記を参考にパソコンとBluetoothイヤホンの接続をして、パソコン使用時にもワイヤレスで音楽を楽しめるようにしてみてはいかがでしょうか。

次の

デスクトップパソコンにBluetoothを追加・増設する方法

パソコン ブルートゥース

デバイスマネージャーを開く Bluetoothをパソコンで利用するには、特定のハードウェアを必要とします。 ほとんどのノートパソコンにはBluetoothが搭載されていますが、多くのデスクトップパソコンには搭載されていません。 デバイスマネージャーでパソコンを構成しているハードウェアの一覧を見ることができ、Bluetoothのハードウェアが搭載されているかを確認できます。 デバイスマネージャーを開く方法はWindowsのバージョンによって若干異なります。 検索結果からデバイスマネージャーを選択しましょう。 Windows XP - スタートメニューをクリックして、「マイコンピュータ」を右クリックします。 「プロパティ」を選択して「ハードウェア」タブをクリックします。 Device Managerボタンをクリックします。 注意: システムトレイにBluetoothのアイコンがある場合には、Bluetoothハードウェアはパソコンに搭載されており、有効な状態です。 「Bluetooth Radios」カテゴリを探す 既定の状態で、デバイスマネージーには搭載されているデバイスの全カテゴリ(ディスクドライブ、ディスプレイアダプター、プロセッサなど)が表示されます。 「Bluetooth Radios」カテゴリを探しましょう。 カテゴリはアルファベット順に表示されるため、それは上の方に表示されるはずです。 そのカテゴリがあれば、Bluetoothはパソコンに搭載されています。 カテゴリを展開してハードウェアが正しく動作しているかを確認しましょう。 ハードウェアの上に黄色の感嘆符のアイコンがあれば、Bluetoothが動作するために適切なドライバをインストールする必要があるかもしれません。

次の