バタフリー 育成。 バタフリー|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

バタフリー

バタフリー 育成

バタフリー Butterfree 英語名 Butterfree 012 026 - - 026 - - - - - - 019 019 010 - - 019 019 010 - - 015 - - 分類 ちょうちょポケモン 1. 1m 32. 0kg 白 キョダイマックス 17. kg 15サイクル• 第二世代: 3840歩• 第三世代: 4096歩• 第四世代: 4080歩• 第四世代以前: 160• 第五・第六世代: 173• 第七世代: 178• ポケモン徹底攻略• バタフリーとはのNo. 012のポケモンのこと。 初登場は。 特徴 の進化形であり、の最終進化形である。 のような白く大きな羽が特徴。 ただ、モンシロチョウよりも羽の黒い筋がはっきりとしている。 大きく赤い複眼に小さいながらも手足が付いている。 雌雄は、にだけ下の羽に紫の模様があることで判別が付く。 の個体は、複眼が鮮やかな緑色をしている。 また、本来青い手・足・口元が赤く、羽も赤みがかっている。 細かく素早く羽ばたくことで、羽に纏われた毒性の強い燐粉を風に乗せて飛ばして身を守る。 また、この燐粉には高い撥水性(水をはじく力)があり、雨の中での飛行を可能にしている。 花の蜜が好物で、風で飛ばされてくる花粉から、10km圏内の花のある場所を探し出すことが出来るだけでなく、その花の種類も識別できる。 蜜のある花を見つけると足に生えた産毛に蜜を塗って巣に持ち帰る習性を持つ。 10で ポケモンずかんの説明文 、、 ハネは みずを はじく りんぷんに まもられている。 あめの ひでも そらを とぶことが できる。 漢字 羽は 水を 弾く りんぷんに 守られている。 雨の 日でも 空を 飛ぶことが できる。 、、 こまかく はやく はばたいたら もうどくの りんぷんが かぜに のって とんでくるぞ。 漢字 こまかく 速く 羽ばたいたら 猛毒の りんぷんが 風に のって 飛んでくるぞ。 キョダイマックス ソード キョダイマックスの パワーが けっしょうとなり まばゆく ひかる もうどくの りんぷんに なっている。 漢字 キョダイマックスの パワーが 結晶となり まばゆく 光る 猛毒の りんぷんに なっている。 、、 ハネの もうどくの りんぷんには みずをはじく せいしつが あるので あめのひ でも とびまわれる。 漢字 ハネの 猛毒の りん粉には 水を弾く 性質が あるので 雨の日 でも 飛びまわれる。 、、 まいにち ミツを あつめまわる。 あしの うぶげに ミツを ぬりこんで すに もちかえる しゅうせいをもつ。 漢字 毎日 ミツを 集めまわる。 脚の 産毛に ミツを 塗りこんで 巣に 持ち帰る 習性をもつ。 キョダイマックス シールド 10トントラックをも ふきとばす たつまきに まきこみつつ もうどくの りんぷんで とどめを さす。 漢字 10トントラックをも 吹きとばす 竜巻に 巻きこみつつ 猛毒の りんぷんで とどめを 刺す。 、 ハネの りんぷんは みずをはじく。 どんな あめが ふっていても ミツを あつめるため とびまわる。 ミツをあつめに はなから はなへ とびまわる。 とおくで どんな はなが さいたかも さぐりあてる。 ・、 おいしい はなの ミツを さがす のうりょくに すぐれ すみかから 10キロはなれた ばしょに さく はなから ミツを あつめて はこんでいる。 漢字 美味しい 花の ミツを 探す 能力に 優れ すみかから 10キロ離れた 場所に 咲く 花から ミツを 集めて 運んでいる。 ・、、、 はなの ミツが だいこうぶつ。 わずかな かふんで はなばたけの ばしょを さがしだすことが できる。 漢字 花の ミツが 大好物。 わずかな 花粉で 花畑の 場所を 探し出すことが できる。 おおきな めを よく かんさつすると じつは ちいさな めが むすうに あつまって できているのが わかる。 漢字 大きな 眼を よく 観察すると 実は 小さな 眼が 無数に 集まって できているのが わかる。 ほかの ポケモンに おそわれると どくの りんぷんを まきちらしながら はばたいて ていこう するのだ。 漢字 他の ポケモンに 襲われると 毒の 鱗粉を 撒き散らしながら 羽ばたいて 抵抗 するのだ。 ハネを つつむ りんぷんは もうどく。 キャタピーを ねらう とりポケモンを みつけると ふりかけて おいはらうぞ。 漢字 羽を 包む りん粉は 猛毒。 キャタピーを 狙う とりポケモンを 見つけると ふりかけて 追い払うぞ。 きれいな はなの ミツが こうぶつ。 はなばたけで アブリーとの しれつな なわばりあらそいを くりひろげる。 漢字 綺麗な 花の ミツが 好物。 花畑で アブリーとの 熾烈な 縄張り争いを 繰り広げる。 種族値 第1世代 60 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 第八世代 その他の世代: , , 遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP このポケモンにタマゴわざはありません。 太字のわざはタイプ一致です。 10 をレベルアップさせる。 金 Lv. 7 朝 Lv. 10 をレベルアップさせる。 10 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 7 朝、昼 Lv. 14 Lv. 14 Lv. 10 Lv. 10 をレベルアップさせる。 30 でのタルグからする()。 10 をレベルアップさせる。 HG Lv. 7 朝 Lv. 50 揺れる草むら Lv. 10 をレベルアップさせる。 W2 Lv. 30 Lv. 10 をレベルアップさせる。 10 をレベルアップさせる。 10 をレベルアップさせる。 色違いの色:桃色• 毎日花の蜜を集める習性があるという設定になっているが、特性がの個体は存在しない。 ホワイト2では、のに隠れ特性を持つ野生のバタフリーが出現する。 でのが80から90になった。 赤緑のドット絵を見ると、ではなくにそっくりである。 開発中にのドット絵と入れ違ってしまったのではないかと噂されるが、インタビューなどで公式見解が発表されたことはない。 特性のふくがんと、技のどろぼうを両立でき、育てやすいため、 野生ポケモンからしか入手出来ない アイテム集め要員として優秀といえる。 アニメにおけるバタフリー• のポケモン。 のポケモン。 のポケモン。 にはピンク色のバタフリーが登場。 サトシのバタフリーと恋に落ちた。 声優は。 にも野生の群れが登場。 ではの部屋に野生の個体がやって来た。 マンガにおけるバタフリー ポケットモンスターSPECIALにおけるバタフリー• のポケモン。 ポケモンカードにおけるバタフリー• 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の

バタフリー

バタフリー 育成

害悪型バタフリーの技構成と戦術 害悪型バタフリーの技構成は、• 眠り粉• 身代わり• 蝶の舞• 暴風 であることが多く、「暴風」以外が必須の技になります。 暴風以外には「エアスラッシュ」「むしのさざめき」など。 戦術としては相手のポケモンが自身より遅く、火力の無い耐久ポケモンなどに交換出し、または自身のポケモンがやられた後で繰り出し、「眠り粉」から「身代わり」で安全に持ち物「食べ残し」で回復し、「蝶の舞」を積み、全抜きを狙ってきます。 「眠り粉」の効かない草タイプのポケモン、又は、「ダイフェアリー」などで「眠り粉」を無力化できる場合を除いてほとんどの場合突破不可能に陥ります。 また、性質上相手の交換行動にかなり強く、パーティー次第では即詰みの状態に陥ります。 害悪バタフリー対策のおすすめはこのポケモン! 私のおすすめの対策ポケモンは 「ブリムオン」「エーフィー」「ネイティオ」です。 理由はもちろん特性 「マジックミラー」で相手の「眠り粉」を完全に無効化できるからです。 中でもオススメは「ブリムオン」になります。 「ブリムオン」は高い特防とタイプ耐性 飛行、虫が等倍 、 攻撃技では「マジカルフレイム」を覚え、効果抜群と特攻ダウンが狙えます。 さらに、非常に高い特攻を持っているのでバタフリーを引いてきた際に交換先のポケモンに非常に大きなダメージを与えることが出来ます。 しかしながら、バタフリーの暴風はブリムオンがH振りだけだとやられてしまうので、対策としては、 ブリムオン• 性格・・ひかえめ• 努力値・・H252C164D92• 持ち物・・とつげきチョッキ とし、技構成は• マジカルフレイム• マジカルシャイン• サイコキネシス• ほっぺすりすり お好みで変えてください これで、相手のバタフリーによる「ダイジェット」でのごり押し突破が不可能 特攻ダウン込確定4発 になり、ダイマックス相手にマジカルフレイムで 確定3発とかなり狩りやすくなります。 もし急所など不慮の事故でブリムオンが負けそうなときは、ダイマックスを切り、「 ダイフェアリー」で後続の眠りを無効にし、バタフリーを安全に狩ることが出来ます。

次の

バタフリー|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

バタフリー 育成

バタフリーの歴史 第一世代 シナリオでは御三家を除けばニビジム挑戦時点でマトモな特殊技が使える唯一のポケモンとして役に立った。 も比較的早期に覚えるので、捕獲に役立つ場面もままあった。 特に飛行タイプを持つポケモンで眠らせる技を覚えるポケモンはバタフリーのみであり、でのの捕獲には大いに貢献する。 しかしこの世代の対戦環境は典型的な速攻環境であったため、特別も高い訳ではなく耐久性能も最低レベルのバタフリーが対戦に使用されることはほとんどなかった。 共に理想個体で全振りの場合であっても、レベル50のにレベル55バタフリーが確定2発に沈められる計算なので、如何にバタフリーの物理耐久が低いかが窺えよう。 一応、確実にすばやさを下げる技()と、眠らせる技を両方覚えるのはバタフリーのみなので、第一世代の仕様上 目が覚めたターンには攻撃できない 1対1ではあらゆるポケモンを封殺できる可能性はある。 第二世代 とくしゅが・に分かれるという仕様変更ではどちらの能力も減らされなかったが、やはりというべきか耐久力の低さがネックとなり、補助要員としてはやに役目を譲った。 の強化、登場などによる技の普及、とのコンボが横行していたこともバタフリーの価値を下げた。 バタフリー自身の変化と言えばでタイプ一致の攻撃が打てるようになった程度。 第三世代 ふくがんを獲得。 バタフリーはこれによってアイデンティティを確立した。 ねごとの仕様変化によってねむるとねごとのコンボが弱体化したことも追い風。 しかし対策のの役割破壊が蔓延する中、努力値の仕様変更による耐久面の低下は如何ともし難かった。 例として、のをHPに努力値4振りのバタフリーが受けた場合、最低乱数で101. シナリオにおいて、タケシのポケモンがを覚えたので、バタフリーで挑むのは逆に危険になった。 第四世代 タイプ一致の強力な特殊技を獲得、めざめるパワーの特殊化もバタフリーを味方した。 シャドーボールやエナジーボールなど、攻撃手段が十分に揃うに至った。 きあいのタスキの登場で、ふくがんとねむりごなのコンボが成立しやすくなった。 の使用が眠らせる側に有利になったのも追い風。 第五世代 を獲得。 ちょうのまいやこれらの戦術の相性が非常に良く、環境でも十分仕事をすることが可能に。 第六世代 が80から90に強化されたが、実質的な上位互換となるが登場。 ねむりのターン経過カウントの仕様変更、やタイプの仕様変更によってねむりごなが通じなくなるケースも増え、との2匹体制にする旨味もこの世代では感じられない。 しかしビビヨンよりもむしろの登場がきつく、ビビヨンも含めた全体に言えることだが、ファイアローのどちらのタイプも弱点とするバタフリーにとっては非常に厳しい世代となった。 PGLレーティングバトル統計データから察するに、主流技は、、であったことがうかがえる。 は速度が出るが好まれ、はが大多数であった。 持ち物は低耐久を補うが需要を伸ばした。 第七世代 第六世代で猛威を振るったがの仕様変更により弱体化したことで環境的にはわずかに救済されている。 またを覚えたため、の完全下位互換は脱した。 その一方、数少ない差別化点であったを覚える上に素早さで圧倒的に上回るの登場によって霞んでしまった。 PGLレーティングバトル統計データからはSM・USUM両リーグのシングルバトルでは、、、、という技構成でほぼ確定であり、持ち物はでほぼ固定、性格は一択、特性はほぼ確実にという状況であった。 アローラ地方で手に入るポケモンとしては唯一のと持ちという差別化点が存在し、アイテム集めに重宝する。 では産のからを採って手に入るで代用が効くが、入手難易度はこちらの方が明らかに低い。 ではが自然なで覚えないと化したため、での使い勝手が悪くなった。 一方、唯一とを両立できるポケモンという差別化点があり、特にいとをはくはにおける素早さ操作手段として役に立つ。 ただし、が飛び交う上にも存在しないピカブイでは安心し切れない。 第八世代 キョダイマックスを獲得。 の効果が判明すると特にダブルバトル勢が戦々恐々としたが、発売当初のランクバトルではキョダイマックスは使用できなかった。 シーズン2ではキョダイマックスが解禁。 通常型ではの後釜としてのコンボを使う型が一般的に。 今作からを習得したため、で強化されたステータスを引き継ぐ型も存在するようになった。 が流行っているが対面ならすばやさが勝っているためねむりごなで眠らせることが可能。 念願の飛行高火力であるも獲得している。 また、対戦以外では上述の+がに近い命中率になるため、同速となる不参戦のに代わってののエースとなった。 ただし、などのように、如何にを積んでも素早さ的にどうにかしづらい相手もある。 ではを撒きたい相手がの始動役である場合が多いため、素早さの70というがそれほどハンデになりづらい。 における唯一の要員という立場もあり、ほぼ必中のねむりごな、いかりのこなを使える唯一の存在であるということから、第五世代から第七世代におけるに近い存在となったと言える。 最速ので素早さを強化してねむりごなを上から撒くのも強力であり、素早さを削った型のドラパルトなら味方のダイマックス後のねむりごなで上から動きを止めることができる。 ルールのダブルバトルではキョダイマックスが解禁。 第1回のレギュレーション発表でキョダイマックス使用可能ポケモンの1体として名前が挙がった。 一般的な育成論 ととのコンボが強力。 命中率97%で相手をことができ、そこから特殊技のを繰り出すコンボもある。 しかし耐久は脆いので、やのサポートが必要である。 が高いので攻撃技は、、、、などがよい。 また眠らせた後すぐ交代するためにを習得させるのも手。 第五世代では強力な自己強化技であるを習得できるので、眠らせた隙に積むという手もある。 を補うために、の時点でやを覚えさせることもできる。 耐久型にする場合、を16の倍数にしつつとを極振りできるようにHPのを18か19にするという調整も考慮される。

次の