医療 保険 ランキング 女性 20 代。 女性におすすめの医療保険ランキング

おすすめの終身医療保険の会社は?性別や年代別にランキングで比較!

医療 保険 ランキング 女性 20 代

掛け捨て医療保険おすすめランキング さっそくですが、おすすめの掛け捨て医療保険を紹介しましょう。 数ある商品から厳選しているので、ぜひ参考にしてください。 1.メットライフ生命Flexi S(フレキシィ エス) シンプルタイプ ・保険料が一生涯変わらない終身保険 ・入院と手術が基本保障 ・豊富なオプション 医療保障が一生涯続く終身タイプの医療保険です。 先進医療や健康祝い金(5年ごとに5万円)、通院保障、三大疾病、死亡保障など特約保障が盛りだくさん。 特約を付帯することで、保険料は高くなりますが、自由にカスタマイズできるのは大きな魅力。 日額5,000円の入院手術の基本保障プランに加え、先進医療・健康祝い金を付帯したプランだと、年齢35歳の男性で毎月の保険料が2,467円になります。 短期の入院の保障が欲しい方や終身医療保険を求める方、そして祝い金が欲しい方などにおすすめの商品です。 2.東京海上日動あんしん生命メディカルキットNEO ・入院と手術が基本保障 ・三大疾病の入院は支払い日数無制限 ・生活習慣病治療を一生涯保障する特約 基本保障で短期入院から長期入院を保障している医療保険です。 日帰り入院でも10日分の給付金が支払われ、三大疾病による入院は支払い日数無制限となります。 また、生活習慣病治療や就業不能となった時の治療費と生活費をサポートする保障、そして女性向けの保障まで様々な特約が用意されています。 入院給付金日額1万円で、初期入院保障特則・特定疾病入院給付金・先進医療給付金特約を付帯すると、35歳男性で毎月の保険料が4344円となります。 ちなみに同プランで入院給付金日額を5000円にすると、保険料は2,229円です。 安い保険料が魅力なので、保険の見直しを考えている方などにおすすめ。 3.メディケア生命メディフィットA ・保険料がお得な終身医療保険 ・女性特有の病気やがんに備えられる特約あり 掛け捨て医療保険の中でも、特に割安な商品です。 主契約では、入院・手術・放射線治療・骨髄移植術を保障。 日帰り入院から保障されるのは嬉しいですね。 そして、通院やがん、女性特有の病気、万が一に備えられる豊富な特約が用意されています。 1日の入院給付金5000円で、先進医療特約を付帯したライトプランだと、男性30歳で毎月の保険料が1,370円です。 保障内容もしっかりしていて、保険料も割安なので、中高年や保険見直しをしたい方にもおすすめの商品。 4.オリックス生命新CURE ・七大生活習慣病を手厚く保障 ・約1,000種類の手術を保障 ・先進医療は通算2,000万円まで保障 入院と手術を基本保障とした終身医療保険です。 注目ポイントとしては、糖尿病や高血圧性疾患などの七大生活習慣病を手厚く保障していること。 七大生活習慣病による入院だと、支払限度日数が2倍の120日まで拡大。 さらに、三大疾病だと支払日数は無制限になるのです。 入院の有無にかかわらず1,000種類の手術を保障します。 先進医療の技術料は通算2,000万円まで保障され、一時金が支払われるのも魅力的。 また、特約を付帯することで保障が充実します。 入院給付金日額5,000円だと、30歳男性で毎月の保険料が1,531円になります。 5.アフラックちゃんと応える医療保険EVER ・入院、通院、三大疾病を基本保障 ・ライフステージに合った特約追加可能 ・短期入院も手厚く保障 ライフステージの変化に合わせて、特約の追加を行える終身医療保険です。 主契約で保障しているのは、入院・通院・三大疾病。 入院保障は、日帰り入院でも一律5日分支払われ、特約付帯することで入院初期にかかる費用にも一時金で備えられます。 また、プランによっては通院が主契約で保障されているのも嬉しいポイントです。 入院日数が短くなった現在の治療に合った医療保険。 加入後も、ライフステージの変化に合わせて、柔軟に保障の追加ができるのは魅力的。 入院給付金日額5,000円で通院保障ありのプランに、35歳男性が加入した場合、毎月の保険料は2,524円になります。 掛け捨ての医療保険の特徴や貯蓄型との違いとメリットデメリット 医療保険と一口に言っても、様々な種類に分かれます。 しかし、大まかに分けると掛け捨て型と貯蓄型に分かれるのです。 掛け捨て型は保険料が安いとばかり思われていますが、それ以外にも商品数が多いなどの特徴があります。 まずは掛け捨て医療保険の特徴や貯蓄型との違い、そしてメリット・デメリットを見ていきましょう。 掛け捨て医療保険の特徴 掛け捨て医療保険の特徴は、保険料が安い・商品数が多い・保障内容が分かりやすいの3つ。 それぞれの特徴について、具体的に解説します。 1.返戻金がない代わりに保険料が安い 掛け捨て医療保険は保険料が割安です。 契約条件にもよりますが、月2,000円以下で保障に備えることもできます。 掛け捨て医療保険の保険料が割安の理由は、解約返戻金がないから。 解約返戻金とは、保険を解約したときに、それまでに支払った保険料の一部もしくは全額戻ってくるお金のこと。 掛け捨て医療保険には、この解約返戻金が一切ないため、保険料が割安になっているのです。 分かりやすい保険料イメージは以下の通り。 ・掛け捨て型医療保険:毎月の保険料=保障分保険料 ・貯蓄型医療保険:毎月の保険料=保障分保険料+貯蓄分保険料 よく誤解されるのが、保険料が安いから保障は充実していないということ。 しかし、上の保険料イメージを見ると、それが間違いだと分かりますよね。 余計な保険料がかかってないからこそ、同じ保障内容でも掛け捨て型は保険料が安いのです。 ちなみに、保険料は人件費や広告費なども構成要素となっているため、大手保険会社よりネット保険会社のほうが保険料が安くなります。 2.豊富な商品ラインナップ 現在の医療保険の主流は、貯蓄型ではなく掛け捨て型です。 あなたが知っている多くの医療保険も掛け捨て型でしょう。 掛け捨て型が主流となっているため、商品ラインナップは本当に充実しています。 入院と通院に備えられる医療保険、三大疾病に備えられるもの、さらには就業不能まで保障したものまであるのです。 そのため、あなたのライフスタイルやニーズに合った保障をピンポイントで見つけられるでしょう。 これは、貯蓄型医療保険にはない魅力です。 3.商品内容が分かりやすい 保険と聞けば、複雑で難しいというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか? 多くの保険商品が複雑なのは事実です。 しかし、掛け捨て医療保険は別で非常にシンプルな保障内容となっています。 その理由は、掛け捨て医療保険は保障に特化しているからです。 保険内容が複雑な理由は、保障内容や解約返戻金などがごちゃごちゃしているから。 しかし、掛け捨て医療保険は保障のみなので、内容がとても理解しやすい。 簡単に理解できて、商品比較しやすいのはメリットになるでしょう。 掛け捨て医療保険と貯蓄型医療保険との違い 掛け捨て医療保険と貯蓄型医療保険の大きな違いは、解約返戻金の有無です。 貯蓄型医療保険では、保険を解約した時に、それまでの支払保険料総額から給付金を差し引いた額が戻ってきます。 ただし、注意したいのが「貯蓄型」となっているものの、支払保険料よりも多くの解約返戻金を受け取ることはありません。 あくまでも、支払保険料総額が上限です。 また、貯蓄型医療保険では途中解約すると、支払保険料総額のほんの一部しか受け取れません。 理解しやすくするために具体例を見ていきましょう。 契約者年齢35歳で、70歳で満期を迎える貯蓄型医療保険に加入したとします。 満期まで加入した場合の払保険料総額は300万円とするお、解約返戻金額は以下の通りになります。 使わなかった保険料が戻ってくるため、「貯蓄型」というよりも「リターン型」と言ったほうが正しいかもしれません。 解約返戻金の有無のほかにも、掛け捨て型との違いがあるので、表にまとめました。 保険タイプ 毎月の保険料 解約返戻金 商品数 商品内容 保障 掛け捨て医療保険 割安 なし 多い 簡単 同じ 貯蓄型医療保険 高め あり 少ない 複雑 同じ 注意点は、保険料です。 毎月の保険料だけ見ると、掛け捨て医療保険の方が安いですが、長期的視点で見ると貯蓄型医療保険の方が安くなります。 その理由は、掛け捨て医療保険のデメリットで詳しく解説します。 また、保険料こそ異なるものの、保障内容は同じなので好みのタイプを選ぶといいでしょう。 掛け捨て医療保険のメリット 掛け捨て医療保険のメリットは3つあり、ここからはそれぞれのメリットを見ていきます。 1.低コストで健康リスクに備えられる 掛け捨て医療保険の最大のメリットは、コストパフォーマンスが抜群に良いこと。 短期間の医療保障に備えたいなら、掛け捨て医療保険が非常におすすめです。 一般的に、掛け捨て医療保険の毎月の保険料は4,000円以下。 若い人に限れば、2,000円以下になることもあります。 1回の飲み会代で必要な医療保障に備えられるのは大きな魅力でしょう。 2.保険の見直しが簡単にできる 貯蓄型の医療保険は、途中解約するとわずかな解約返戻金しか戻らないため、途中解約しにくいというデメリットがあります。 対して、掛け捨て型は解約返戻金がないので、いつでも好きな時に途中解約できるのです。 病気の治療は常に変化しているため、途中解約しやすいのは大きなメリット。 昔は長期の入院治療が一般的であり、多くの医療保険は1,000日入院保障などを用意していました。 しかし、医療技術が進んだ現在では、通院治療が基本となっているので、長期の入院保障は必要ないのです。 実際に、多くの最新医療保険は入院保障よりも、通院保障に重点を置いています。 その時々によって、医療スタイルは異なるので定期的な保険の見直しが必要です。 掛け捨て医療保険なら、定期的に見直すことで、その時代に合った保障に備えられるでしょう。 3.必要な保障に備えられる 各生命保険会社が様々な種類の掛け捨て医療保険を販売しています。 そのため、希望する予算やニーズに合った医療保険を見つけられるでしょう。 どの医療保険に加入するか迷うと思いますが、現在のトレンドは健康割引と三大疾病(七大疾病)への手厚い保障です。 健康割引とは、血圧や喫煙しない人などを対象にしたもので、各保険会社の審査を通過すると保険料が割安になります。 そして、入院が長期化しがちな三大疾病(七大疾病)での入院は、支払い日数が無制限となる商品が多いです。 これはあくまでも参考となるトレンドで、重要なのはあなたのニーズに合った保障を選ぶということ。 商品数の多い掛け捨て医療保険だと、あなたが求める保障に備えられるでしょう。 掛け捨て医療保険のデメリット 掛け捨て医療保険には知っておくべきデメリットが3つあります。 特に、死亡保障と保険料についてのデメリットは重要です。 それでは見ていきましょう。 1.解約返戻金が一切ない 見方によっては、解約返戻金が一切ないのはデメリットとなります。 掛け捨て医療保険の場合、支払った保険料の元を取るのは非常に難しいです。 ただし、多くの方はそれほど入院することはないので、元は取れないでしょう。 保険は万が一のためなので、保険料を失うのは仕方がありません。 しかし、損得で考えた場合は、掛け捨て医療保険は割がよくないです。 損したくない方は、貯蓄型の医療保険がいいかもしれません。 2.死亡時の保障がない 医療保険には死亡給付金がありません。 定期医療保険なら問題ありませんが、終身医療保険の場合は大きなデメリットとなります。 終身医療保険の場合、死ぬまで保険料の支払いが続きます。 被保険者が亡くなった時、死亡給付金が出ないのは残念な点です。 3.長期的に見ると保険料が高くなる 定期タイプの掛け捨て医療保険は、終身タイプよりも毎月の保険料が割安です。 しかし、契約更新を続けた場合、終身医療保険のほうが保険料は安くなります。 その理由は、契約時の契約者年齢が高いほど、保険料が高くなるという性質が保険にはあるから。 例えば、35歳の時に終身医療保険に加入すると、死ぬまで契約時の保険料のままです。 しかし、掛け捨て医療保険だと最初は35歳の保険料が10年続き、次は45歳の保険料が10年続くことになります。 契約のたびに保険料が高くなるので、長期間加入することを考えると、終身医療保険のほうが割安です。 掛け捨て医療保険はもったいない?損をする? 損得で考えると、掛け捨て医療保険は損をする保険です。 ただし、保険というのは万が一に備えるもので、その万が一は起きないほうがいいですよね。 そのため、損得で保険に加入するのはあまりおすすめできません。 掛け捨て医療保険はもったいないと思うかもしれませんが、家計に負担かけない保険料で必要な医療保障に備えられるのは魅力的です。 わずかな保険料で、もしもの医療費に備えられると考えればお得ではないでしょうか。 どうしても損する気がするのなら、医療保険に加入しない、もしくは貯蓄型医療保険に加入するといいでしょう。 掛け捨て医療保険の月額支払い保険料の相場はどれくらい? 掛け捨て医療保険は保険料が割安ですが、具体的な金額を見てみないとイメージできませんよね。 そこでここからは、掛け捨て医療保険の毎月の保険料相場を紹介します。 計算方法としては、主な掛け捨て医療保険の保険料を平均化しました。 それでは年齢別の保険料相場を見ていきましょう。 ・25歳男性:1984円 ・30歳男性:2432円 ・35歳男性:2847円 ・40歳男性:3460円 ・45歳男性:4216円 ・50歳男性:4864円 女性の場合は、男性よりも保険料は安くなります。 50歳でも保険料が5000円を下回るのは、掛け捨て医療保険ならではです。 ただし、保障金額や特約などによって保険料は大きく異なるため、あくまでも参考程度にしておいてください。 掛け捨て医療保険をおすすめできる人 掛け捨て医療保険をおすすめできる人を紹介します。 その理由は、国民健康保険が非常に頼りになり、他にも医療費をサポートする公的制度があるからです。 しかし、十分な貯金がない方は、万が一の時のためにも掛け捨て医療保険に加入するのがおすすめ。 掛け捨てなら保険料も割安なので、つなぎの役割として最適です。 公的制度が充実しているとはいえ、多いと月に10万円の医療費がかかるため、十分な資金が貯まるまで医療保険に加入するといいでしょう。 自分の健康に不安な人 医療保険の加入時は、自身の健康に不安を覚えた時です。 健康に不安の時に加入すべき理由は2つあります。 1つ目が、無保険の時に病気になったら遅いからです。 十分な貯蓄がある場合は別ですが、貯蓄も保険もない時に病気になると、生活を圧迫する可能性があります。 2つ目が、健康問題が生まれると保険に加入できなくなる可能性があるから。 保険には加入審査があります。 病歴や手術歴などが審査対象となり、大きな病気になった後では、審査に通らない可能性が出てくるのです。 病気になってからでは遅いので、不安を覚えたら、とりあえず掛け捨て医療保険に加入するといいかもしれません。 自営業者 自営業は会社員とは異なり、傷病手当などの働けない時期を保障する制度がありません。 そのため、1人当たり30万円の貯金では足りない可能性があります。 医療費に加えて、働けない時期の生活費も必要となるため、掛け捨て医療保険に加入しておくのがおすすめです。 子どもを望んでいる女性 20代・30代の女性が入院する原因で最も多いのが、妊娠・出産によるトラブルです。 妊娠から出産にかけて、様々なトラブルが予想されるので、妊娠期間中だけでも医療保険に加入するのがおすすめ。 注意点は、妊娠する前に加入しておくことです。 妊娠後に医療保険に加入しようとしても、内容が制限されることがあれば、保障が開始されるまでに入院する可能性もあります。 子どもを望んでいるのならば、早めに医療保険に加入しておきましょう。 掛け捨て医療保険がおすすめできない人 掛け捨て医療保険がおすすめできない人もいます。 もしかしたら、あなたも加入すべきではない人の可能性もあるので、ぜひ目を通してください。 健康保険証があると、医療費の自己負担は3割になります。 また、高額療養費制度という、月の医療費が一定額を超えたら超過分は払い戻される制度もあります。 月の上限は年齢などで異なりますが、高額療養費制度のおかげで、月の医療費は多くとも10万円に抑えられるのです。 基本的には1人30万円で十分ですが、心配な方は60万円ほど準備するといいでしょう。 子ども 子どものために医療保険加入を考えている方もいるはずです。 しかし、子どもの医療保障は不要だと思われます。 現在、多くの自治体が子どもの医療費サポートをしているため、子どもの医療費は大きな負担となりません。 そのため、医療保険に加入する必要性はあまり感じられないのです。 まずは、お住いの自治体の子どもの医療費補助制度を確認してみてください。 そして、必要性を感じたら、割安の掛け捨て医療保険に加入するといいでしょう。 保険料を無駄にしたくない人 どうしても保険料を無駄にしたくない方は、掛け捨て医療保険はおすすめできません。 支払った分の保険料が戻ってくる貯蓄型に加入するといいでしょう。 掛け捨て医療保険シュミレーション1 実際に医療保険が支払われるシミュレーションをしてみましょう。 まずは結婚して、子どもが1人いる35歳男性。 家族のことも考えると、これからも医療保険に加入すべきなので、終身の掛け捨て医療保険に加入します。 また、医療保険でがん治療の保障も得たいと思います。 以下が保険内容です。 【保障内容】 ・入院給付金日額10,000円 ・がん一時金100万円 ・手術保障 そして、大腸ポリープが見つかったとすると、各種かかる費用は以下の通り。 ・観察と生検:17,000円 ・切除手術:55,000円 ・入院費(3泊):40,000円 ・合計:112,000円 11万2千円もかかってしまいますが、医療保険があるため給付金が支払われます。 今回のケースでは、5日未満の入院なので25,000円支払われるとしましょう。 そして、大腸ポリープ手術で50,000円の手術給付金が支払われます。 簡単な計算ですが、合計で75,000円の給付金が支払われ、実質自己負担は37,000円で済みました。 ポリープは再発の可能性が高いですが、医療保険に加入しておくと術後も安心できます。 掛け捨て医療保険シュミレーション2 次は三大疾病への保障が手厚い医療保険に加入したとします。 契約者は40代男性で、七大疾病を始め各病気リスクが高まる年代であり、同時に働き世代でもあります。 現在は、60日入院保障が一般的ですが、三大疾病は入院が長期化しがちです。 そのため、三大疾病の場合は入院給付金額支払い日数が無制限になるものに加入します。 契約者が脳血管疾患により、90日間入院したとしましょう。 1日当たりの入院費用相場は15,000円程度なので、90日間で135万円かかります。 しかし、1日1万円の入院給付金が支払われるため、入院に関する自己負担額は45万円で済むのです。 135万円と45万円は大きな違いですよね。 掛け捨て医療保険は割安で、しっかりと保障してくれるのがシミュレーションで、少しは分かったのではないでしょうか。 まとめ 最後まで読んでくださりありがとうございます! 割安な保険料の掛け捨て医療保険は、誰でも気軽に加入できます。 病気リスクや公的保障などを考慮して、掛け捨て医療保険が必要かどうか見極めましょう。 そして、医療保険は必要性を感じた時が加入すべきタイミングです。 商品ラインナップは豊富なので、あなたにぴったりのものが見つかるはずですよ!.

次の

30代女性の医療保険料の月額平均は?30代独身女性の場合も解説

医療 保険 ランキング 女性 20 代

医療保険の種類とは 保険期間で分類すると、医療保険は「 定期型」と「 終身型」に分けることができます。 定期型は保険期間が〇年などと区切られていて、その期間が終了すると満期を迎えます。 一方終身型では一生涯(亡くなるまで)が保険期間となるため、満期はありません。 定期型は、保険期間終了ごとに更新をするタイミングがあるため、自身の状況に合わせて保障内容や保険料などの見直しがしやすいスタイルであると言えます。 また、終身型は、契約時から保険料が変わらない商品が多いという点に特徴があります。 その他のタイプの医療保険として、女性特有の病気に手厚い 女性保険、健康上の理由で保険加入が難しい人・持病がある人なども加入しやすい 引受基準緩和型保険、医師の診査や告知なしで加入できる 無選択型の保険などもあります。 【全体】医療保険加入者数ランキング 5位「メットライフ生命」の医療保険の特徴 メットライフ生命の医療保険は4種類あり、いずれも終身型です。 「 フレキシィS」では、入院・手術・先進医療の基本保障に加えて、健康であれば5年ごとに祝金が受け取れます。 他に、女性特有の病気による入院時には保障が上乗せされる「 フレキシィS(女性専用タイプ)」、持病のある人向けの「 フレキシィゴールドS」、5年ごとに健康祝金や生存還付給付金が給付される「 リターンボーナスつき終身医療保険」があります。 4位「オリックス生命」の医療保険の特徴 オリックス生命にも終身医療保険が4タイプあります。 「 新キュア」は7大生活習慣病(糖尿病など)への保障が手厚い点、先進医療の技術料が2,000万円の範囲で給付される点などが特徴です。 「新キュア」以外にも、女性特有の病気とがんに手厚い「 新キュア・レディ」、持病のある人も入りやすい「 新キュア・サポート」、医療保障と死亡保障が一生涯続く「 死亡保障付医療保険リリーフ・ダブル」があるため、ニーズに応じて選ぶことができます。 3位「日本生命」の医療保険の特徴 日本生命の「 総合医療保険」では、保険期間を定期・終身から選ぶことができ、支払限度日数も2タイプから選択可能です。 さらに、入院療養給付金の有無・女性特定疾病または特定疾病による入院への上乗せ保障の有無も選ぶことができます。 「 みらいのカタチ」は、13種類の保険を自由に組み合わせて自身に必要な保障を確保することができる設計の保険になっています。 2位「アメリカンファミリー」の医療保険の特徴 アメリカンファミリーの医療保険は3タイプです。 一生涯保障の「 ちゃんと応える医療保険EVER」は、日帰り入院などの短期入院も保障され、プランによっては通院も保障対象となります。 「 ちゃんと応える医療保険やさしいEVER」は、持病がある人も入りやすい医療保険です。 1位「県民共済」の医療保険の特徴 県民共済の医療保険(医療共済)は年齢別に分かれています。 0~満17歳を対象とした「 こども共済」は、入院やケガによる通院が1日目から保障され、手術や先進医療に対する保障もついています。 【年代別】医療保険加入者数ランキング 20代の医療保険加入者ランキング 20代は全体3位の「日本生命」が1位に入り、2位は全体と同じく「アメリカンファミリー」、3位は「県民共済」と続いています。 また全体では7位だった「第一生命」が4位、5位には「かんぽ生命」がランクインしています。 全体ランキングから順位を上げた 第一生命の医療保険には定期タイプと終身タイプがあります。 スタンダードな総合医療保険の他にも、生活習慣病による入院へ備える「 生活習慣病入院保険」や、女性のための「 女性特定疾病入院保険」などの商品が提供されています。 30代の医療保険加入者ランキング 30代では全体ランキングの1位と2位が入れ替わる形となり、1位に「アメリカンファミリー」、2位に「県民共済」が入りました。 続いて3位に「日本生命」、同数の4位に「オリックス生命」、僅差で5位に「メットライフ生命」がランクインしています。 30代のランキングは、全体ランキングと最も近い結果となりました。 40代の医療保険加入者ランキング 40代のランキングは1位に「県民共済」、2位に「アメリカンファミリー」が入りました。 そして3位に「オリックス生命」、4位に「日本生命」が続き、全体ランキングでは10位だった「 ソニー生命」が5位にランクインしています。 40代は、家族構成や年収などに変化が起こりやすい年代と言えます。 そのため、ライフプランナーが個々の状況に合わせてプランを考えてくれる オーダーメイド型保険を扱うソニー生命が順位を上げたと考えられます。 50代の医療保険加入者ランキング 50代では、1位が「県民共済」、2位が「アメリカンファミリー」となりました。 続いて3位は「日本生命」、全体の順位と入れ替わる形で4位に「メットライフ生命」、5位に「オリックス生命」と続いています。 50代のランキングで特徴的なのは、県民共済の加入者割合が全年代中で一番多い点です。 年齢を重ねるほど保険料が上がる保険も多い中、18歳から64歳まで掛金が一律である県民共済へ支持が集まったのかもしれません。 【性別】医療保険加入者数ランキング 男性の医療保険加入者ランキング 男性の医療保険加入者数ランキングは1位に「県民共済」、2位に「アメリカンファミリー」、3位に「日本生命」で全体のランキングと同じ保険会社が入りました。 全体で7位だった「 第一生命」が4位になり、5位は「メットライフ生命」です。 第一生命の「 ジャスト」は医療保障と死亡保障を兼ねる保険となっており、必要な保障を自身で選ぶことができます。 健康診断結果を提出すると結果に応じて保険料が割引となる特約が登場したこともあり、健康を気にかける男性からは今後も注目を集める可能性があります。 女性の医療保険加入者ランキング 女性のランキングは、1位に「県民共済」、2位に「アメリカンファミリー」となりました。 続いて3位に「オリックス生命」、4位に「日本生命」、5位に「メットライフ生命」がランクインしています。 県民共済以外の保険会社からは女性向けの医療保険が提供されていたり、女性特有の病気に対する保障を上乗せすることができたりするため、女性からも安定的に支持されているものと考えられます。 自分に合った医療保険の選び方とは 自分に合う医療保険を選ぶには、4つのポイントがあります。 入院給付金日額 2. 保険期間 3. 保険料払込期間 4. 入院1回あたりの限度日数 です。 入院給付金日額とは、「入院した際に支給される1日あたりの金額」です。 保険期間は「保障が続く期間」、保険料払込期間は「保険料を支払う期間」をそれぞれ示しています。 また、入院1回あたりの限度日数とは「1回の入院につき最長で何日まで保障されるのか」という点です。 一般的な医療保険では、これらの保障が手厚くなるほど保険料も上がる傾向にあります。 必要な保障や保険期間を見極め、無理なく支払える保険料の医療保険を選ぶと良いでしょう。 まとめ 生命保険会社の加入者数ランキングを紹介しました。 会社ごとに商品を比較してみてもそれぞれに特徴があり、人気の医療保険が必ずしも自分に合ったものとは限らないかもしれません。 判断に迷ってしまった場合や、もっと詳しく知りたい商品がある場合などは窓口や代理店へ足を運び、まずは話を聞いてもらうところからスタートすると良いかもしれません。

次の

おすすめの終身医療保険の会社は?性別や年代別にランキングで比較!

医療 保険 ランキング 女性 20 代

FPとして活動している中でも、20代の保険の相談となると最も多いのが医療保険の相談です。 死亡保険は確率も20代であれば特に低いですし、働けなくなる保険も最近CM等で目に増える機会が増えたものの身近なところではイメージが出来ません。 対して医療保険については自分自身の人生経験、知人・家族の経験からも想像しやすいのが大きな要因と言えるでしょう。 しかしながら、最もイメージしやすい病気である「風邪」に対して給付金が出る医療保険が仮に発売された場合、その保険に加入したいと思いますでしょうか。 …恐らくほとんどの人がNOと答える事でしょう。 「かぜの治療費位なら自分で払えるかから」「なる人が多い風邪に対しての保険なら、保険料も高くなるでしょう」等と考えられたからだと思われますが、まさしくその通りで、 保険の本質というのは「自分の収入・貯蓄では対処できない金額」で「該当する確率は少ないが、なってしまったら大変なもの」に対して備えるものです。 本文内でも解説がありますが、まず日本には世界的にも優秀な健康保険制度がありますので、その内容から理解しておくことが大切です。 高額療養費制度、 傷病手当金の二点については最低限マスターしましょう。 それらの情報が書かれているねんきん定期便についても同時に理解しておけば、医療保険の検討をするにあたっては十分な事前準備と言えるでしょう。 医療保険において、最も基本的な保障は、 「入院給付金」と呼ばれるものです。 入院給付金については、一般的な場合「入院したら1日いくら支払われる」という契約をあらかじめ結んでおきます。 そして、 病気やけがで入院をした場合、入院日数に保障額をかけたものが給付金として支払われるという仕組みになっているのです。 また、 支払い限度日数という制度が設けられています。 これは1回の入院で入院給付金を受け取れる上限日数のことで、基本的な医療保険だと60日に設定することが多いようです。 つまり60日以上入院した場合、60日以降の給付金は受け取れません。 60日で足りるの?と思った方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 では最近の平均在院日数の推移をみてみましょう。 以下のグラフのように近年の医療技術の発展により平均入院日数は短くなってきています。 入院給付金を考える際には平均入院日数をしっかり頭に入れておくことも大切です。 医療保険でもう一つ基本的な保障が 「手術給付金」と呼ばれるものになります。 この手術給給付金というのは、 病気やけがで手術が必要であった場合に、その手術の種類に応じて給付金が支払われるというものです。 手術給付金の算出については大きく2つに分かれていて、1つには、入院1日当たりの給付金額に、 約款(やっかん)所定の給付倍率をかけて支払われるものが基本的な計算となります。 また、もう一つはどの様な手術(約款で支払われると決まっている手術)であった場合でも、契約時に設定した給付金がそのまま支払われるものがあります。 医療保険を検討する場合に、その保障内容もさることながら、その 保障期間というのも大切なポイントとなります。 医療保険はその基本的な形から、 「定期型」と 「終身型」に大別することができるのですが、そもそもこの2つの基本的な違いが判らないという方も多いのではないでしょうか? ここからは、そんな定期型医療保険と終身型医療保険の違いについて、わかりやすく解説していきたいと思います。 定期型 定期型とはその漢字があらわす通り、 「期間が定まった保険」と言い換えることができます。 この期間というのは、医療保険加入の際に、あらかじめその保障期間を決めて加入する場合の期間という意味で、この契約期間が過ぎてしまうと、保障はなくなります。 定期保険のメリットは、保障期間が設けられている分、保険料が割安に設定されているところにあります。 20代の場合、それほど収入も高くなく、趣味などにお金を使いたいという方も多いでしょうから、保険料が安いというのは一つのメリットになります。 しかし、定期保険にはデメリットもあり、それはどこかで保障が切れてしまうことにあります。 その際、そのままの形で保障を再契約しなおす 「更新」という手続きを取り、期間を延長することもできます。 ただし、更新はその時の年齢で再計算されるため、それまでの保険料に比べ、高くなってしまうというデメリットも考えられます。 終身型 日本には「公的医療保険制度」というものがあり、たとえ病気やけがで入院治療を受けた場合でも、全額を負担しなければならない訳ではありません。 しかし、これはあくまで公的医療保険に該当する部分のみであって、自己負担が必要な部分というのも出てきます。 ここで、ご紹介したいデータがあります。 生命保険文化センターが発表しているというデータです。 この調査によると、 20代の方が入院した場合の1日当たりの自己負担費用平均は、男性が19,611円、女性が20,178円となっています。 この金額は病気やけがに対する治療費だけではなく、自己負担が必要な 「差額ベッド代」や 「食事代」なども含まれています。 ここからは、実際に20代の方が入院した場合にかかってくる費用についてもう少し細かく説明したいと思います。 治療費 これは、病気やけがで入院した場合に、何かしらの検査や治療・手術などが行われた際にかかってくる費用ということになります。 また、入院した場合には、その入院費用が1日当たりいくらという基本料が設定されています。 差額ベッド代 20代という年齢では、自分が病気やけがで入院するということは考えにくいものですが、絶対ないとは言い切れません。 「入院時にはどのようなお金がかかる?」の項目でもご紹介しましたが、20代の方が入院した場合の自己負担費用平均では、1日当たり約2万円程度必要というものでした。 日本の公的医療保険制度には 「高額療養費制度」という制度があり、1か月あたりの上限を定め、上限を超えた場合はその部分を補填してくれる制度があります。 しかし、その制度を利用したとしても、約22万円の平均自己負担が発生しているというデータもあります(生命保険文化センター発表「平成28年度 生活保障に関する調査」)。 もちろんそれに対応できるだけの貯蓄があれば、その貯蓄を切り崩すという方法でよいのかもしれません。 しかし、20代の方の場合、しっかり貯蓄が出来ている場合は多くはなく、出来ていたとしてもそれを切り崩しながら入院費用に充てるというのは切ないものがあります。 さらに、入院が長くなればなるほど、貯蓄だけではその費用が補えなくなる可能性も出てきます。 そんな時に、 医療保険からの給付金が支払われる仕組みを持っていれば、ある程度貯蓄を温存しながら、入院費用を支払うことができるのです。 医療保険加入を検討するにあたって、知っておきたいのが日本の公的健康保険制度についてです。 日本においては 「国民皆保険制度」をとっており、国民全員がその対象となっているため、かかった医療費の全額を支払っているわけではありません。 20代の人が医療行為を受けた場合、その医療行為が健康保険の適応となっているものであれば、個人が負担するのはかかった費用の3割で済んでいるのです。 そうはいっても、入院や手術が必要な場合、の3割と医療費の3割といっても非常に高額になることもあり得ます。 そういった場合の補完の制度として 「高額療養費制度」というものが準備されているのです。 この高額療養費制度というのは、ひと月に支払った医療費が高額になった場合に、ある一定以上の金額が支給される制度です。 具体例をあげると、20代の方が入院・手術をし、その医療費総額が1か月あたり100万円であったとします。 その場合、自己負担は3割ですので、本来の支払いは30万円になりますが、このとき、高額療養費制度が適応されると、実際の負担額の計算は次のようになります。 この例の場合ですと、本来の支払額が30万円であったものが、8万7,430円で済んだことになります。 高額療養費制度と合わせて知っておきたい制度の一つとして、 「傷病手当金制度」というものがあります。 この制度は、病気やけがで治療が長期化し、仕事ができないため給与がもらえなくなった場合、健康保険の被保険者やその家族の生活を保障するために作られた制度です。 ただし、この制度にはいくつかの制約があります。 支払われるための条件の一つとして、きちんと病院にかかり、診察した事実が必要となります。 傷病手当金は休職している期間に限りなく支払われるわけではなく、最長1年6か月までで打ち切られることになるので注意が必要です。 このように、病気やけがで入院したとしても、高額療養費制度や傷病手当金制度を活用すればよく、民間の医療保険は不要ではないかという意見もあるのです。 民間の医療保険についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。 20代といえば体力もあり、病気になりにくい時期であることは間違えありません。 実際、病気にかかったとしても、医療保険の支払い対象になるような、入院や手術が必要な場合も多くはないと考えられます。 そのような場合、使わない医療保険に毎月保険料を支払うよりは、趣味や貯蓄に回したいと考える方が多いのも事実です。 確かに、医療保険に払う分を貯蓄しておけば、色々なことにお金を回すことができます。 若い方の多くが加入する定期型の医療保険は掛け捨て型で、将来積み立てたお金が返ってくる保険ではありません。 月々2,000円の医療保険だとしても10年間払えば240,000円になります。 この間で一度も病院にかからなかった方は損をした気持ちになりますよね。 保険を金銭的な損得と考えるか、安心のためのお金ととらえるかは人それぞれなので、加入するかしないかはその人の価値観によります。 「医療保険については関心はあるが、20代では加入はしていない人が多いのではないか?」という意見をよく耳にします。 では、実際のデータを見てみるとどうなのでしょうか? ここでは、公益財団法人生命保険文化センターが出している 「平成27年度生命保険に関する全国実態調査」のデータをご紹介したいと思います。 このデータを見る限りでは 29歳以下世帯主の医療保険・医療特約の世帯加入率は91. 5%となっています。 このデータは世帯主が中心であり、子供や配偶者は含まれていませんが、実に9割以上の人が医療保険か医療特約に加入していることがわかります。 配偶者のデータを含めた加入率の推移は以下の表のようになっています。 20代独身男性の場合、医療保険選びのポイントとして一番にあげられるのが、「入院・手術に対応している」ということです。 先にも述べたように、入院・手術があった場合、公的な健康保険制度を活用したとしても、ある程度大きな出費になってしまいます。 その時に、十分な貯蓄があればよいのですが、20代でそれほど大きな貯蓄を持っている方は多くはないと考えられます。 そうなったときに、自己負担分をカバーできる医療保険に加入しておくことは、入院時の安心感にもつながるといえます。 また、退院後すぐに職場復帰できれば良いのですが、そうでなかった場合、収入減は大きな問題となってきます。 最近では、病気やけがで働けなくなった場合に保険金を受け取れる 「就業不能保険」という商品も発売されています。 会社員の場合は傷病手当金制度の活用も考えられますが、1年6か月という期間の区切りがあります。 それ以上の就労不能状態が予想される場合にそなえて、民間の就業不能保険への加入も検討に値するポイントの一つといえます。 さらに、自営業の場合、そもそも傷病手当金の制度は適応されませんので、就業不能保険についてのニーズは高くなるとも言えます。 まず、医療保険や就業不能保険を検討し、さらに金銭的な余裕がある方であれば、貯蓄型の保険である個人年金保険や終身保険の追加を検討するのもよいかもしれません。 このような貯蓄型の保険は、保険料の一定割合が貯蓄され、所定の年齢になったときに払い戻されたり、必要な時に解約したりして、将来の年金として活用することもできます。 20代独身女性の場合、独身男性と比較して保険選びの考え方に違いはあるのでしょうか? 実際のところ、 女性も男性も医療保険を選ぶ際のポイントに大きな差はありません。 やはり、入院・手術にしっかり対応できる医療保険をメインに考えることになるでしょう。 ただ、一点違いがあるとすれば、 女性特約について検討するかどうかという点になります。 女性の場合、男性と違って特有の病気(乳がん、卵巣がん、子宮筋腫、その他の卵巣や子宮の疾患)があります。 女性特約は、このような女性特有の病気について、入院・手術があった際に、医療保険に上乗せして給付金が支払われる仕組みになっている女性専用の特約です。 また、女性疾病特約の特徴として、妊娠・出産における帝王切開などについても保障される点も検討のポイントといえます。 これらを検討したうえで、さらに余裕があれば、個人年金保険や終身保険といった、貯蓄型の保険の追加を検討してもよいかもしれません。 サラリーマンの場合、会社の福利厚生という制度があり、様々な面で守られているといえます。 しかし、 自営業者の場合こういった福利厚生というものがなく、守られていない状態にあるわけです。 実際に、自営業の方が病気やけがで入院したり、働けなくなったとしてもこの傷病手当金制度は適応されません。 つまり、その瞬間から基本的には収入が無くなってしまうのです。 このような守られていない部分については、民間の医療保険等でカバーしていくしかありません。 民間の医療保険は、入院による出費の増加をカバーしてくれるものになります。 しかし、医療保険は入院している間しか支払われない仕組みとなっているものがほとんどで、収入減には対応しきれません。 退院後すぐに元のように働けて収入を得られれば良いのですが、そうはいかないケースもあります。 その場合の収入減のリスクに対応してくれるのが就業不能保険ということになります。 20代で自営業の方であれば、医療保険の検討に合わせて、就業不能保険も検討することをおすすめします。 最もシンプルな医療保険です。 月々785円で保険に加入できることを知っていましたか?この価格の保険でも手術した時の給付金は50,000円です。 貯蓄の少ない20代にとっては突然な出費は厳しいものですが、保険に入っておけば貯蓄を削る心配は和らぎそうですね。 しかし、保険の加入を決める際は勢いで決めてはいけません。 月額785円といえども、10年間払い続けると合計94,200円を支払うことになります。 手術給付金の2回分の金額と同等です。 想像してみてください。 この先10年間で2回手術すると思いますか?2回手術を受けるとすると元がとれたと言えますが、未来のことなど誰にも分かりません。 もし、自分の身体に自信がある人は保険に入らず、貯金するというのも正しい手段です。 実際、保険に入るか入らないかはその人の価値観によります。 保険は言い換えれば安心の貯めに支払う心の貯金なのです。 少しでも不安があるなら保険を検討してみてもいいでしょう。

次の