自分 の 長所。 保育士の自己PR、長所と短所、特技の事例【面接・履歴書に必須!】

面接で聞かれる”長所”の見つけ方と効果的な答え方|例文あり

自分 の 長所

就活の面接で「あなたの長所と短所を教えてください」「あなたの強みと弱みを教えてください」と質問されることがあります。 いきなり「長所と短所」のセットで聞かれても、すぐには思いつかず、回答に窮するかもしれません。 でも、大丈夫です。 わかりやすい例文をもとに、面接で「長所と短所を教えてください」と質問された時の答え方を徹底的に解説いたします!以下の例文と解説を読めば、誰でも、自分の長所と短所を上手に答えられるようになります。 長所と短所についての質問は面接では鉄板 採用面接のなかで、「あなたの長所はなんですか?」「長所と短所を教えてください」と質問されることは珍しくありません。 しかし、志望動機や自己PRほど一般的とされていないため、回答の準備をしていないと、質問があった際に、とっさの答えをしてしまったり、なかなか答えられなかったりする場合もあります。 ここでは、長所や短所を質問する理由や、答え方について紹介します。 あなたの面接力はどのくらい? 面接では、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。 今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか? それを知るために活用したいのが「」です。 質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。 結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。 無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。 【質問の意図】面接官が「長所と短所」を質問する理由 まず、そもそもなぜ面接官は「長所と短所」について質問するのか?理由を考えてみましょう。 質問の意図を理解することで、より的確な回答ができるようになります。 「長所と短所」から、会社で活躍できる人か確認したい まず、シンプルに 「長所と短所を知り、その学生が会社で活躍できる人材かどうか」を知りたいという意図があります。 会社で活躍するためには、会社が求める能力を持っていなければなりません。 長所を聞き、その就活生が企業で活躍する資質を持っているかを把握しようとしています。 また、 業務の遂行上、致命的な短所がないかも確認したいと考えています。 たとえば、「コミュニケーションが苦手です」だと仕事で困りますよね。 仕事における致命的な欠点がないかを探ろうとしています。 自分を客観的に把握できているかを知りたい 「自分の短所・欠点を素直に認める」ことは成長の第一歩です。 自身の長所・短所を客観的に理解できている人は、「入社後も自分の課題と向き合っていける」と評価されます。 自分の短所を素直に認められるかどうかを、企業はこの質問を通じて確認しようとしています。 性格検査の結果と照らしあわせて質問されていることも多いので、嘘・誇張は辞めたほうが良いでしょう。 短所に向き合い、克服のための努力をしているか知りたい 企業は「単に長所と短所を知りたい」だけではなくて「その短所にどう向き合っているか」も知りたいと考えています。 短所のない人間は存在しません。 だから、その短所にどう向き合い、対処していくのかが重要です。 短所を克服するための努力をしている人は、入社後も自分の課題と向き合い。 成長していける人材として高く評価されます。 短所だけでなく「短所にどう向き合っているか」もこの質問を通して探られています。 面接で「長所と短所」を効果的に伝えるための3つのコツ 1. 長所は「長所を発揮したエピソード」とセットで伝えること 長所から回答しよう!長所の割合を多めに答える 回答する時は、長所から回答するようにしましょう。 短所から回答すると、最初のネガティブなイメージがずっとまとわりついて、長所のパートが相手に響かなくなってしまう可能性があるからです。 「長所と短所」をセットで聞かれた時は、長所から回答しましょう。 また、面接はあなたを売り込む場所ですから、 長所のパートを多めに回答すると良いでしょう。 割合としては、長所6:短所4程度が目安です。 長所を発揮したエピソードもセットで伝える 長所だけを答えても説得力がありません。 「私はリーダーシップがあります!」とだけ言われても、それで納得する人はいないでしょう。 長所をアピールする時は「長所を発揮したエピソード」とセットで答えるようにしましょう。 「長所を発揮したエピソード」をあわせて答えると、説得力のある回答になります。 エピソードとセットで伝えることで、あなたの長所が仕事にどう役立つか?面接官がイメージしやすくなるのです。 長所の裏返しの短所を答えるとベター 長所は、自分のセールスポイントですから、比較的答えるのは簡単ですよね。 問題は「短所」です。 どう答えれば良いのでしょうか・ 長所の裏返しの短所を答えると、相手が納得しやすい コツは「長所の裏返しの短所」を答えることです。 最初に「長所」を答えているので、長所と関連性のある短所を答えると、相手も理解しやすいというメリットがあります。 たとえば、• 長所の裏返しの短所は、致命的なものが少ないので、回答としては無難になります。 致命傷レベルの短所は避けよう 「この人に仕事を任せても平気だろうか?」と相手が不安になってしまうような、致命的な短所を答えるのは避けましょう。 たとえば「人とのコミュニケーションが苦手です」「すぐ不安になってしまいます」「約束を守れません」などです。 仕事の遂行上、致命的な欠点をしゃべると、それだけで不採用になるリスクがあるので、やめておきましょう。 自分の短所のうち、致命的でないものを答えてください。 あざとい回答も嫌われる。 「長所といえるような短所」はNG よく「短所をできるだけ伝えたくない」という思いから「短所は負けず嫌いな点です」「短所は親切すぎる点です」「頑張りすぎてしまう」など、「長所ともいえるような短所」を答える人がいますが、やめましょう。 面接官は、この質問から「自分の弱点と向き合える人かどうか」も知りたいと考えています。 「親切すぎる」のような回答は「ごまかし、あざとい。 自分の欠点と向き合っていない」と思われるリスクが有ります。 短所を克服・修正する姿勢を見せよう 短所がない人間はいません。 大事なのは、短所と向き合い、克服していく姿勢です。 短所に向き合い、克服する姿勢を伝えれば、面接官に「入社後も、自身の課題と向き合い、成長してくれそうだ」と+の印象を与えられます。 自分の短所をどのように克服したいか?克服計画を語りましょう。 克服計画をセットで伝えることで、短所のネガティブイメージを軽減できます。 短所を認め、改善する姿勢を伝えること 自分の短所を認め「その短所をどのように改善したいか?短所を克服するために、どんな工夫をしているか?」を述べてください。 「直したいと思っています」だけでは評価されません。 短所を克服するためにやっている「具体的な対策案」を述べましょう。 たとえば、「せっかちでよく事務ミスをする」が短所なら「他人に二重チェックをしてもらう」「重要な作業はチェックリストをつくり抜け漏れを防ぐ」のように、『具体的な対策案』を語ってください。 努力の成果が出ていれば是非伝えてみよう 短所を克服する努力をした結果、成果が出ていれば、そのことを伝えましょう。 より説得力のある回答になります。 努力の結果、短所がどのくらい改善しつつあるのか?具体的なエピソードを交えて語れるとベストです。 なお、短所はそう簡単になおるものではないので、無理をして「短所を克服できました!」と語る必要はありません。 あくまで「短所に対処する姿勢」を説明することが重要です。 【お手本】面接で「長所と短所」を聞かれた時の回答例 それでは、面接で「長所と短所」を聞かれた時の例文を見ていきましょう。 例文 私の長所はコツコツと努力を継続できる点です。 大学1年生から1日30分の英語学習を毎日続け、地道に努力を続けてきました。 また、授業のスキマ時間や電車の移動時間も上手く活用して学習を進めた結果、最初は420点しかなかったTOEICを805点まで伸ばすことができました。 このように小さな努力を積み上げていけるのが私の長所です。 一方で、短所は、新しいことをはじめるのが少し苦手な点です。 長く続ける前提で考える癖があるため、なかなか新しいことに乗り出せないところがあります。 興味があるのに、始められていないことがいくつかあります。 この短所を克服するため「気軽にできるところからスタートする」を心がけるようにしています。 たとえば、運動をゼロから始めるのは大変なので、今は「1日10分の散歩」にチャレンジしています。 設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。 これは、私がテストした時の診断結果です。 この通り、かなり詳しく教えてくれます。 偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。 OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。 AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

次の

【長所一覧あり】就活で効果的にアピールしよう!例文もご紹介|ハタラクティブ

自分 の 長所

長所と短所は自分と向き合えば見えてくる こんにちは。 キャリアアドバイザーの北原です。 面接を受けた就活生から 「長所と短所がわからない」 「長所と短所を企業が知って何になるんだろう」 という声をよく聞きます。 長所と短所を把握していない就活生は意外に多く、答えられたとしても「なんとなく」「言われたことがあるから」というふんわりした理由です。 長所と短所は、どちらも自分と向き合わなければ見えてきません。 就活ではこの自分と向き合うという工程が必要不可欠なので、そこまでやっていないという就活生は早速取り組みましょう。 この記事では、面接官が長所と短所を質問する意図や、長所と短所の見つけ方などを詳しくご紹介していきます。 自分の長所と短所が聞かれる意図 自分を理解しているかどうか 面接官が就活生の長所と短所を聞くのは、自分のことをきちんと理解しているかどうかを知るためです。 長所と短所を聞くことで、きちんと自己分析をしたかどうかがわかります。 自己分析は就活に必須の取り組みであり、これをしていない場合は就活への意欲が低く、企業への志望度もそれほど高くないと判断されるのです。 また、自分で長所を理解しているということは、 仕事に強みを活かして活躍できると期待されます。 短所があったとしても、自分で把握していることで、事前にミスを防ぐ努力ができると思われるのです。 社会人として仕事をする上で、自分のプラス面とマイナス面を上手にコントロールすることはとても大切です。 人間性が社風に合っているか 長所と短所の質問では、人間性が社風に合っているかどうかも見られています。 人間性とは、簡単に言うと性格のことです。 長所と短所を質問することで、「企業の雰囲気や社風に合っているかどうか」「自社の求める人材像に合っているか」を見極めています。 一緒に働く仲間を見つける採用活動において、 就活生の人間性が社風に合うかどうかはとても重要なのです。 例えば「周囲の意見をよく聞いて柔軟に対応できることが長所です。 短所は、自分の意見を積極的に発言できないところです。 」と答えた場合、協調性を大切にする企業は好印象を抱くかもしれませんが、積極性や主体性を求める企業には響きません。 このように、企業の理念や価値観によって評価が変わることは覚えておきましょう。 入社後に活躍できるか 面接官は、長所と短所について質問することで、入社後に活躍できるかどうかも見ています。 新卒採用はポテンシャル採用と言われています。 中途採用ではスキルや能力が重視されますが、新卒採用では「入社後に活躍するポテンシャル」が見られています。 面接官は、長所と短所を聞くことで「どのような働き方をするのか」を考えているのです。 「ポテンシャルを見られているなら、短所を答えない方がいいのでは」と思う就活生もいるかもしれませんが、質問に対して「ありません」と答えるのはNGです。 短所は誰にでもあります。 「自分の短所とどのように向き合っているのか」を伝えることが、自身のポテンシャルをアピールすることに繋がるのです。 長所と短所の言い換え一覧 長所と短所は、表裏一体です。 「短所はあるけど長所が見つからない」「長所はあるけど短所が見つからない」というように、どちらかひとつしか認識していない人は、以下のように言い換えの表現を使ってみましょう。 長所と短所を一度に答えなければいけない場面でも、「私の長所は行動力がある所です。 しかし、落ち着きがないとも言われます。 」というように、長所の行き過ぎた点を短所にして答えることも可能です。 短所を見つける• 上記からわかる短所• 他己分析とは、自分以外の人に自分について分析してもらうことです。 親や友人、アルバイト先の同僚などに自分の印象について尋ねることで、 自分でも知らなかった長所や短所を発見することができます。 他己分析では、「なぜそう思ったの?」「どのような行動を見てそう思ったの?」など、深掘りして質問しましょう。 これにより、長所や短所となる理由を具体的に把握できます。 他己分析をした後は、自己分析の結果と照らし合わせることが大切です。 自分では気づかなかった短所を言われるかもしれませんが、新たな発見として受け入れ、改善に向けて努力しましょう。 自己分析のやり方について詳しく書いてあるので、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね! 「それって普通じゃないですか?」私が学生様を他己分析し、強みをお伝えした時に1番多いリアクションです。 例えば、部活に週6日継続して練習に取り組んでいる学生様が居たとします。 その練習を続けていること自体、凄いということに本人が気付いていないケースがありました。 自己分析をおこなう際、自分の考え方や性格から強みを探してしまう方が多いです。 しかし、他者に対して自身の強みを証明する際の根拠となるのは今までの行動です。 周囲の友人と他己分析しあい、お互いの強みを見つけ合うのもいいかもしれませんね。 診断系ツールを使う 長所と短所を見つけるには、診断系ツールの活用もおすすめです。 いくつかの質問に答えるだけで自分をあらわす性格を提示してくれるので、時間のない就活生におすすめの方法と言えます。 ただし、サイトによっては短所について詳しく解説していないこともあるので、他のタイプを確認して自分に足りないものを見つけるといいでしょう。 性格診断ができるサイトは数多くありますが、以下のサイトが内容が充実していておすすめです。 診断系サイト• 自分の長所と短所を伝える方法 結論から伝える 長所と短所を伝える時は、必ず結論から伝えましょう。 「私の長所(短所)は〇〇です。 」と冒頭で話すことで、面接官が内容を整理しながら話を聞けるようになります。 面接官が話の内容を理解できなければ、どんなにいい内容でも効果的なアピールにはなりません。 この結論から伝えるというのは、面接の基本と言えます。 簡潔でわかりやすく伝えることは、面接官とのコミュニケーションを大切にすることと同じです。 面接ではコミュニケーションの取り方から人柄を見られているため、自分の言いたいことを一方的に言うのでなく、相手の立場に立って話すようにしましょう。 根拠となるエピソードを伝える キャリア アドバイザー 長所や短所は、その性格が浮き彫りになったエピソードを提示しながら伝えることがポイント!エピソードの内容も工夫が必要だから、一緒に見ていこう。 結論を伝えたら、次に根拠となる具体的なエピソードを伝えましょう。 長所や短所が本当であることを証明するには、それらをあらわすエピソードが必要なのです。 エピソードとしては、大学時代の学業、サークル活動、ボランティア活動、アルバイトなどが挙げられます。 長所を発揮した、あるいは短所が露呈してしまった出来事を取り上げましょう。 長所を伝える際は、長所を発揮して困難を乗り越えたエピソードがおすすめです。 このようなエピソードは、「入社後に壁にぶつかった際も、同じように乗り越えてもらえそう」という再現性をアピールできます。 短所の場合は、自分で考えて行動したエピソードを選ぶように注意しましょう。 環境や周囲の人に原因があるものではなく、自分が持つ短所が影響した出来事を伝えてください。 長所は仕事への活かし方を伝える 長所と短所はエピソードを伝えて終わらせるのではなく、それぞれで異なるまとめ方をします。 長所を伝える際は「長所をどのように仕事に活かすのか」に繋げて締めます。 面接官は長所を聞くことで適性の有無を見ているため、長所が仕事に活かせる場合はポイントが高いです。 長所が活かせない場合は自身の成長が見込めないですし、企業にとっても自社に貢献できる人材とは判断できません。 長所を活かして活躍すると伝えることで、適性があることはもちろん、高い志望意欲のアピールになるのです。 長所は誰でも持っているため、企業にフィットした長所であることをアピールすることが大切ですよ。 長所の仕事への活かし方を伝えるには、まずは志望企業のビジネスモデルを理解しましょう。 どんな仕事をして、どうやって結果を出して、どう活躍できるのか?を考える必要があります。 例えば、とにかく積極的に行動をして契約を取ってくるような営業職を志望しているのに、自分のアピールした長所が「細かい作業が得意」などであれば再現性はないですよね。 たとえ素晴らしい長所だとしても、その仕事に結び付かないものであれば評価されにくいです。 しっかりとビジネスモデルを理解した上で自分の長所をアピールしましょう。 短所は克服に向けた努力を伝える 短所を伝える場合は、克服するために意識していることや努力を伝えましょう。 「短所だけを答えればいい」と考える人もいるかもしれませんが、短所をそのままにしている人と、克服に向けて努力している人では、どちらと一緒に働きたいと思いますか?多くの人が後者を選ぶのではないでしょうか。 短所があると周囲の人に迷惑をかけてしまう可能性がありますが、それは皆同じです。 企業で働く社員にも必ず短所はあります。 そのため、 短所をいかにカバーしながら仕事できるのかが大切なのです。 短所を克服しようとする意識があり、実際に努力できる人であれば、好意的に受け取ってもらえるでしょう。 こちらの記事では、面接での長所と短所の答え方について詳しく解説しています。 例文もあるので、この記事とあわせて参考にしてみてくださいね。 大学では文化祭の実行委員としてイベントの企画を担当しました。 文化祭のイベントは毎年同じプログラムでしたが、新しい取り組みをしたいと考え、他校とコラボすることを提案しました。 コラボする学校や内容、費用などを企画書にまとめたところ、実行委員会の賛同を得ることができ、無事にイベントを開催することができました。 御社に入社後も、チャレンジ精神を活かして様々な仕事を吸収していきたいです。 この例文では、長所としてチャレンジ精神をアピールしています。 根拠として、大学の文化祭で他校とのコラボという新しい企画を提案したことを取り上げています。 誰もやったことのない新しいことに挑戦するのは勇気がいるため、この具体例が強いチャレンジ精神を持っていることの裏付けになっています。 長所の内容として大切なのは「長所」+「発揮したエピソード」になることです。 「長所」としてあげたワードと「発揮したエピソード」が不一致だと面接官から違和感を持たれてしまいかねません。 量販店でのアルバイトでお客様から商品の場所を聞かれた際に、場所をよく確認せずに案内することがありました。 結果的にお客様の時間を無駄にすることになり、ご迷惑をかけてしまいました。 この経験から、今は相手の話を最後まで聞き、見切り発車で行動しないように気をつけています。 特に焦っている時ほどせっかちになりやすいので、落ち着いて行動しています。 この例文では、せっかちなところを短所として伝えています。 アルバイトでの出来事を具体的に説明できているため、「どのようにせっかちなのか」がわかりやすいです。 せっかちな性格は「落ち着きがない」「短気」などのマイナス印象を受けやすいため、克服するために気をつけていることや行動をアピールしましょう。 長所と短所のNG例文 長所のNG例文 NG例文 私の長所は、継続力があることです。 どのようなこともひた向きに取り組み、決して諦めることがありません。 大学時代はサッカー部に所属していたのですが、自分で決めた練習メニューを毎日こなし、確実に力をつけることができました。 御社に入社後も、持ち前の継続力で与えられた仕事をこなしていこうと思います。 この例文では、継続力があることを長所としてアピールしています。 根拠として自分で決めた練習メニューを続けたことを取り上げていますが、「なぜ練習メニューを組もうと思ったのか」「どのような練習メニューなのか」といったことに触れられていないため、イメージすることが難しいです。 「課題である〇〇を克服するため」「毎日2時間ストレッチとランニング」など、具体的な内容があると、練習の必要性や大変さが伝わります。 深掘りをして、内容を充実させましょう。 短所のNG例文 NG例文 私は人見知りであり、大学入学後サークルに所属していた時期もあったのですが、雰囲気に馴染めず3ヶ月で辞めてしまったことがあります。 苦手な人がいたという訳ではないのですが、知らない人と話すことが苦痛で距離を置きました。 人見知りですが、出来るだけチームワークを乱さないようにする協調性の高さには自信があります。 この例文では短所として人見知りを取り上げていますが、人見知りは仕事をする上で致命的と言えます。 企業に入社後はもちろん全員初対面ですし、親しくない人と仕事をすることもあります。 知らない人と話すことが苦痛でサークルを3ヶ月で辞めたという経験があることから、面接官は入社後の人間関係に不安を感じるはずです。 最後に協調性の高さをアピールしていますが「自分の意見を言わずに存在感をなくす」という風にネガティブに聞こえて逆効果になっています。 自身の癖や生活の習慣は改善の余地があるので、ポジティブに考えることが出来る弱みだと思います。 例えば「不器用」や「計画性がない」などであれば、「不器用」なら「人より長い時間をかけてでも正確な仕事を行う努力をする」。 「計画性がない」なら「細かくルールや目標を決めていつまでに何をするのか意識をして行動する」など改善が出来ますよね。 しかし、性格の面で「落ち込みやすい」や「飽きやすい」などのネガティブな弱みは、改善がしづらい上に、仕事に影響してしまうのではないか?という不安が生まれやすいのでNGです。 弱み・短所はそれを認めた上で改善出来ることが大切です。 その点をしっかりと考えて弱みの話題を考えましょう。 長所と短所を見つけて具体的にアピールしよう 長所と短所がなかなか見つからないという人は、自己分析や他己分析をしたり、診断系ツールを使ってみましょう。 長所と短所は誰にでもあるため、焦らずに自分自身の理解を深めることで見つけられます。 面接官は長所と短所から「自分を理解しているかどうか」「人間性が社風に合っているか」「入社後に活躍できるか」を見ているため、「ありません」と答えるのはもちろんNGです。 長所と短所は、企業に適性があるかどうかを判断する重要な要素になります。 長所を仕事に活かすことができると、企業に貢献することはもちろん、自分自身の成長に繋げることも可能です。 面接で効果的にアピールするために、具体的なエピソードを用いて説得力を持たせましょう。 長 所は仕事での活かし方、短所は克服に向けた努力していることを伝える必要があります。 長所と短所が仕事にどのように影響するのかを伝えることで、面接官に入社後の姿をイメージしてもらいましょう。

次の

長所一覧あり|面接で聞かれる”長所”の答え方、見つけ方│#タウンワークマガジン

自分 の 長所

あなたは自分の長所と短所をすぐに言えますか?自分の長所、短所というのは自分で見ているものと人から見ているものが変わっています。 自分ではこんな性格だと思っているけど、人から言われた性格と違うと言う時があります。 それは自分の長所と短所を冷静に見えていないということです。 自分の長所と短所をしっかりと知ることが人間関係良好にする近道と言われているほど長所と短所というのは常に重要視されています。 そして、短所の部分というのは人から見ると長所よりも目につきやすくなります。 その短所に気づかないことで人間関係を悪化させてしまうこともあります。 長所と短所というのは面接や就職などでも必ずと言っていいほど聞かれる部分になります。 この長所と短所を聞くということは冷静に自己分析する力があるかというのを見ています。 そのため、しっかりと自己分析をして長所と短所を客観的に見ることが面接、就職、人間関係に役立ちます。 また、短所だからと諦めないで、短所を長所に言い換えることで視点が変わってくることもあります。 今回は短所を長所に言い換える方法をご紹介します。 性格診断テストをしてみて長所と短所を知りましょう。

次の