三浦 貴大 go。 三浦 貴大(俳優)のプロフィール/関連ランキング

産総研:スマートワークIoH研究チーム

三浦 貴大 go

誌上発表• 一刈 良介, 梶克彦, 霜村 瞭, 興梠 正克, 大隈 隆史, 蔵田 武志: "Off-Site Indoor Localization Competitions Based on Measured Data in a Warehouse", SENSORS, MDPI AG, 2019• 一刈 良介, 梶克彦, 霜村 瞭, 興梠 正克, 大隈 隆史, 蔵田 武志: "物流倉庫における業務中の従業員とフォークリフトの測位コンペティションxDR Challenge 2018の開催", HCGシンポジウム講演論文集, 電子情報通信学会, 2018• 一刈 良介, 霜村 瞭, 興梠 正克, 大隈 隆史, 蔵田 武志: "Review of PDR Challenge in Warehouse Picking and Advancing to xDR Challenge", Proceeding of International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation, IEEE, 2018• 一刈 良介, 大西 正輝, 蔵田 武志: "共創的な身体障害者向け衣服開発のためのバーチャル着装アプリ", 感覚代行シンポジウム講演予稿集, 感覚代行研究会,産業技術総合研究所, 2018• 大隈 隆史, 一刈 良介, 新村 猛: "和食レストランにおける人間・知能機械協奏への取り組み", HCGシンポジウム2018予稿集, 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ, 2018• 関 喜一, 蔵田 武志, 一刈 良介, 石川准, 喜多伸一, 渡辺哲也, 亀田能成: "多世代共創による視覚障害者移動支援システムの開発 プロジェクト報告", 第44回(2018年)感覚代行シンポジウム講演論文集, 感覚代行研究会, 2018 口頭発表• 一刈 良介: "障害者支援技術・行動計測技術のオープンイノベーション", 豊橋技術科学大学 開発リーダー特論,豊橋技術科学大学, 2018• 一刈 良介: "屋内測位と障害者支援に関するオープンイノベーション", 2018 年度第1 回ヒューマンロコモーション評価技術協議会,ヒューマンロコモーション評価技術協議会, 2018• 一刈 良介: "身体障害者のための共創的衣服作製の 取り組みとしてのバーチャル着装アプリ開発", 日本繊維機械学会 第25回秋季セミナー,日本繊維機械学会, 2018• 一刈 良介, 梶克彦, 霜村 瞭, 興梠 正克, 大隈 隆史, 蔵田 武志: "物流倉庫における業務中の従業員とフォークリフトの測位コンペティションxDR Challenge 2018の開催", HCGシンポジウム,電子情報通信学会, 2018• 大西 淳児, 三浦 貴大, 松尾 政輝, 岡本 健, 坂尻 正次: "盲ろう者とのコミュニケーションのためのリモート点字出力システムについて", 電気学会 知覚情報研究会, 電気学会, 2018• 松尾 政輝, 三浦 貴大, 坂尻 正次, 大西 淳児, 一刈 良介, 蔵田 武志: "視覚障害者のためのマッピングツール開発: ゲーム環境から実環境への拡張", 電気学会 知覚情報研究会, 電気学会, 2018• 三浦 貴大, 曽我 晋平, 藤戸 雅也, 松尾 政輝, 坂尻 正次, 大西 淳児, 小野 束: "音響 VR 技術を用いた視覚障害者スポーツの聴覚訓練支援: ゴールボールとサウンドテーブルテニスを例にして", 第44回(2018年)感覚代行シンポジウム, 感覚代行研究会, 2018• 出澤 由利, 三浦 貴大, 中田 一紀, 岡本 健, 大西 淳児, 坂尻 正次: "スクリーンリーダーを使用した多重並行作業時の負荷を軽減する操作支援システムの提案", 電気学会 知覚情報研究会, 電気学会, 2018• 一刈 良介: "身体障害者のための共創的衣服作製の取り組みとしてのバーチャル着装アプリ開発", 日本機械繊維学会第25回秋季セミナー, 日本機械繊維学会, 2018• 一刈 良介, 霜村 瞭, 興梠 正克, 大隈 隆史, 蔵田 武志: "Review of PDR Challenge in Warehouse Picking and Advancing to xDR Challenge", International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation, IFSTTAR, 2018• 一刈 良介, 大西 正輝, 蔵田 武志: "共創的な身体障害者向け衣服開発のためのバーチャル着装アプリ", 感覚代行シンポジウム, 感覚代行研究会,産業技術総合研究所, 2018• 大隈 隆史, 一刈 良介, 新村 猛: "和食レストランにおける人間・知能機械協奏への取り組み", HCGシンポジウム, 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ, 2018• 関 喜一, 蔵田 武志, 一刈 良介, 石川准, 喜多伸一, 渡辺哲也, 亀田能成: "多世代共創による視覚障害者移動支援システムの開発 プロジェクト報告", 第44回(2018年)感覚代行シンポジウム, 感覚代行研究会, 2018• 関 喜一, 蔵田 武志, 興梠 正克, 一刈 良介: イベント名: G空間EXPO 2018, タイトル: "視覚障害者移動支援システム", 開催場所: 日本科学未来館 開催日: 2018年11月15日~17日 イベント内容: 地理空間情報高度活用社会(G空間社会)の実現へ向けて、産学官が連携し、地理空間情報と衛星測位の利活用を推進する場• 関 喜一, 蔵田 武志, 一刈 良介, 三浦 貴大, 松尾 政輝, 石川准, 喜多伸一, 渡辺哲也, 亀田能成, 福田健太郎: イベント名: サイトワールド2018, タイトル: "ワークショップ ICTを活用した視覚障害者移動支援システムの社会実装", 開催場所: すみだ産業会館9階会議室4 開催日: 2018年11月1日~3日 イベント内容: 第13回 視覚障害者向け総合イベント.

次の

朝ドラ「エール」で話題! 俳優・三浦貴大の演技にSNS騒然「泣ける」「早大志望者伸びるレベル」「百恵さんファンとしても嬉しい」

三浦 貴大 go

名前:三浦貴大 生年月日:1985年11月10日 血液型:A型 出身地:東京都 身長:178cm 趣味:写真 特技:マリンスポーツ、ライフセービング 所属事務所:アノレ 大学在籍時に俳優になることを決め、卒業間際に父親である三浦友和さんに報告したところ、反対は一切せず知り合いのプロデューサーに相談してくれたことから、映画『 RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で俳優デビューをしました。 この作品での演技が評価され、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞、第35回放置映画賞新人賞を受賞しています。 大正製薬『リポビタンD』の16代CMキャラクターに抜擢されたことで注目を集め、2011年には映画『学校をつくろう』で映画初主演を果たしました。 2012年には、『ふがいない僕は空を見た』、『あなたへ』、『わが母の記』などでの演技が評価され、 第86回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を受賞しています。 2013年に放送されたドラマ『最終特快』でドラマ初主演を務め、2015年に放送された大河ドラマ『花燃ゆ』で大河ドラマ初出演を果たしました。 三浦貴大が通った中学・高校 三浦貴大の出身中学校は 成城学園中学校です。 中学受験をしてこちらの中学校に入学しました。 中学を卒業した三浦貴大さんは、 成城学園高等学校に進学します。 高校時代は水泳部に所属し熱心に部活動に励んでいたそうですよ。 また、 シンガーソングライターとして活動する前川清さんの息子さんの前川紘毅さんらとバンドを組み、三浦貴大さんはボーカルを務めていました。 ライブではかなり人気を集めていたそうです。 三浦貴大が通った大学 高校を卒業した三浦貴大さんは、体育教師を目指すため 順天堂大学に進学しました。 しかし実は教えることが好きではないと感じたため、 2年生の時に就職課程を辞め、精神保健福祉士を目指すようになりました。 大学で学んでいくうちに、社会には様々なタイプの人がいると知り、役者になろうと決意したそうです。 また大学時代はライフセービング部に所属し、ベーシックライフセーバーの資格を取得しました。 全日本学生ライフセービング選手権大会では、オーシャンマンリレー7位、CPRコンテスト3位入賞という成績を残しています。

次の

三浦 貴大(俳優)のプロフィール/関連ランキング

三浦 貴大 go

前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。 主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、妻の音を女優の二階堂ふみが演じる。 三浦が劇中で演じるのは、早稲田大応援部5代目団長の田中隆。 ライバルである慶応大に野球で勝つには、早大の新たな応援歌が必要と考え、作曲家として無名の裕一に「紺碧の空」の曲づくりを依頼するという役どころ。 名前や功績よりも人との縁を信じる熱血漢だが、裕一に頼んだ作曲はまったく進んでいなかった。 この日のドラマでは、早慶戦まで残り1日となるなか、田中が裕一の自宅を訪問。 音から「裕一の心を動かせるのはあなたしかいない。 あなたのために応援歌を作ってもらうの!」などと説得された田中は、裕一に、自分が応援団に入った理由を話した。 田中には、清水誠二(田邊和也)という幼いころからの親友がおり、かつて、自分のせいで彼の足にケガを負わせてしまったことがあった。 それが原因で清水は学校を辞めてしまい、その後、清水に会った田中が「俺に何かできることなかれ?」と聞くと、清水は「強いて言うなら、早稲田ば、勝たしてくれや。 それが一番の楽しみやけん」と答えたのだという。 田中は「野球ば頑張ってる人らをラジオば聞いて、頑張れる人がおる。 頑張ることは繋がるんやって。 そしたら、俺にできることはなにか。 野球の技量はなか。 選手が活躍するために、応援することしかないんじゃないかと思って。 なのに、まったく勝てん。 清水に申し訳なくて…」と涙を流しながら裕一に告白。 裕一が、そんな田中に「なぜ僕なんですか?」と聞くと、「俺は、器用なヤツは好かん。 先生は、不器用やけん!」と涙を拭きながら笑った。 その笑顔に裕一も、うれしそうな表情を浮かべて「なんだ(国際作曲コンクールで)賞獲ったからじゃなかったのか…」とポツリ。 田中の「先生!書いてください!清水のために!」の説得に、裕一は「明日までだね」と答えた。 2人が泣きながら見せた芝居にネットも感動。 特に三浦の演技に注目が集まり、SNSには「団長の熱い思いに、見てる私も心動かされて涙が出ました」「これまでのエールで1番なくらい泣いた」「三浦貴大くんにやられちゃった。 泣いたー」「三浦貴大…演技に泣ける…いい俳優さんになったなぁ、感動」などのコメントが並んだ。 「三浦貴大さん演じる団長が良すぎて早稲田の志望者が伸びるレベル。 紺碧の空は実際いいからなぁ」と絶賛するネットユーザーもいた。 また、「団長の感動的な説得を観ながら、百恵ちゃんの幻影をみる」「三浦友和さんと百恵さんの息子さん。 大きくなったなぁ」という書き込みがあるように、三浦は言わずと知れた、俳優・三浦友和と山口百恵さん夫婦の次男。 そんな息子の活躍を喜ぶ2人のファンの書き込みも少なくなく、「百恵さんのファンとしても嬉しい」「三浦貴大さんの演技もお父さん譲りで演技派よねぇ」「お父様に似たような骨太さがとても良い」「どうしても二世枠で見てましたが、団長の体当たりの演技が良いです。 方言もよく勉強されたのでは?今後楽しみです!」といったツイートも見られた。

次の