抽出 関数 エクセル。 「Excelの便利機能活用術」INDEX関数とMATCH関数で表からデータを検索して抽出する|NECネクサソリューションズ

エクセルDGET関数で条件を満たすデータを抽出

抽出 関数 エクセル

DGET関数 リストまたはデータベースから条件に従って検索し、条件に一致した 1 つの値を取り出します。 DGET関数の書式と引数 DGET データベース, フィールド, 検索条件 データベース 検索するセル範囲を見出しも含めて指定します。 フィールド 値を取り出したい列を、「見出しの項目」または、リストの先頭列からの位置を示す「列番号」で指定します。 検索条件 検索条件が設定されているセル範囲を指定します。 DGET関数の基本的な使い方 エクセルDGET関数で条件を満たすデータを抽出する使い方を説明します。 G2に、「見出しの項目」をフィールドに指定して、商品名「梨」の、金額を抽出する式を入力します。 G3に、「列番号」をフィールドに指定して、商品名「梨」の、金額を抽出する式を入力します。 単価「230」の商品名 「りんご 紅玉 」が抽出されます。 単価「120」の商品名 「りんご さんさ 」が抽出されます。 検索条件にワイルドカードを指定 G2に、「ふじ」を含む商品名の、金額を抽出する式を入力します。 ワイルドカードを使用します。 条件を満たすレコードが複数存在する場合は、エラー値を返す DGET関数は、複雑な検索条件を指定して値を抽出することができますが、条件に一致するレコードが複数ある場合は、エラー値 「 NUM! 」 が返されます。 条件に一致するレコードが1つある時のみ値を返します。 」 が返されます。 DGET関数で、複雑な検索条件を指定して値を抽出 エクセルDGET関数は条件を満たすデータを抽出できる関数です。 検索して条件に一致する値を抽出するエクセル関数には、DGET関数の他に、VLOOKUP関数、HLOOKUP関数がありますが、エクセルDGET関数は複雑な検索条件を指定して値を抽出することができます。 エクセルDGET関数以外に複数の条件、複雑な検索条件を指定して抽出することができる関数にはDSUM関数がありますが、DSUM関数が返すのは抽出した数値の合計です。 DGET関数は値を、DSUM関数は数値の合計を返す関数です。 間違えないようにしましょう。 こちらの記事もご覧ください。

次の

「Excelの便利機能活用術」LEFT関数とMID関数、FIND関数で文字列から任意の文字を抽出する|NECネクサソリューションズ

抽出 関数 エクセル

各関数の名前から、それぞれの使い方解説記事にリンクしています。 Microsoft 365でのみ利用できる新関数には 365、Excel 2019の新関数には 2019と付記しています。 分類インデックス 各分類の名前をクリックすると、一覧の該当箇所にジャンプします。 数学/三角関数 四則演算(加減乗除)、切り上げや切り捨て、四捨五入といった基本的な計算やさまざまな集計のほか、数学で使われる行列や階乗の計算、三角関数や指数関数の計算をするための関数群です。 数値の集計 数値の積と和 配列の平方計算 数値の丸め 商と余り 絶対値 数値の符号 最大公約数と最小公倍数 順列と組み合わせ べき級数 平方根 指数関数 対数関数 円周率 度とラジアン 三角関数 逆三角関数 双曲線関数 逆双曲線関数 行列と行列式 配列の作成 365 乱数 365 日付/時刻関数 現在の日付や時刻を得る関数、年月日・時分秒とその内部的な数値(シリアル値)を変換する関数など、日時に関連するデータを計算するための関数群です。 日付と時刻 年月日の取得 時分秒の取得 曜日の取得 週番号の取得 日付の変換 日付のシリアル値 時刻のシリアル値 期日 期間 統計関数 データの平均値、最大値/最小値、中央値などを求める関数や、数値の順位を求める関数、分散や標準偏差を求める関数など、統計計算をするための関数群です。 データの個数 平均値 最大値と最小値 2019 2019 度数分布 中央値と最頻値 順位 百分位数 四分位数 分散 標準偏差 平均偏差 変動 標準化変量 尖度と歪度 回帰直線による予測 2019 指数平滑法による予測 2019 2019 2019 2019 指数回帰曲線による予測 相関係数 共分散 母集団に対する信頼区間 下限値~上限値の確率 二項分布 超幾何分布 ポアソン分布 正規分布 対数正規分布 カイ二乗分布 カイ二乗検定 t分布 t検定 Z検定 F分布 F検定 フィッシャー変換 指数分布関数 ガンマ分布 ベータ分布 ワイブル分布 文字列操作関数 文字列の一部の取り出し、置き換え、連結といった処理を行う関数や、全角/半角、大文字/小文字を互いに変換する関数など、文字列に関連する関数群です。 文字列の長さ 文字列の抽出 文字列の検索 文字列の置換 文字列の連結 2019 2019 文字列の削除 ふりがな 繰り返し 文字コードの操作 表示形式の変換 文字列の比較 文字列の取得 論理関数 論理式の結果に基づいて異なる計算をするIF関数と、そのなかで使用される条件判定用の論理式をさまざまに組み合わせるための関数群です。 条件 複数条件 2019 2019 条件の否定 エラーの場合 論理値 検索/行列関数 セル範囲や配列、セル参照の位置(アドレス)などを調べたり、データの行と列を入れ替えたりする関数群です。 表の検索 365 値の選択 配列の要素の利用 セルとセル範囲の参照 行と列の位置 365 範囲内の要素 セル参照 行と列の入れ替え データの抽出 365 配列 365 365 365 ハイパーリンク ピボットテーブル サーバーデータ 365 Web関数 Excel 2013で新しく登場した、Webサービスから目的の数値や文字列を取り出すことができる関数群です。 Webサービス データベース関数 ワークシート上に作成された表をもとに、指定した条件に一致するデータを取り出したり、さまざまな集計値や分散、標準偏差を求めたりする関数群です。 データの個数 データの集計 最大値と最小値 データの検索 分散 標準偏差 財務関数 貯蓄や借入の利息計算、投資の現在価値や将来価値を得る関数、資産の減価償却費を求める関数など、金利計算や資産評価のような財務に関する関数群です。 ローンや積立貯蓄の計算 投資期間と利率 正味現在価値 内部利益率 固定利付債の計算 固定利付債の日付情報 固定利付債のデュレーション 満期利付債 割引債 米国財務省短期証券 ドル価格の表記 減価償却費 エンジニアリング関数 数値の単位変換や記数法の相互変換、ビット演算や複素数の計算、ベッセル関数の値を求める関数など、科学・工学系の特殊な計算をするための関数群です。 単位の変換 数値の比較 記数法の変換 ビット演算 複素数の作成と分解 複素数の極形式 複素数の四則演算 複素数の平方根 複素数のべき関数 複素数の指数関数 複素数の対数関数 複素数の三角関数 複素数の双曲線関数 ベッセル関数 誤差関数 情報関数 セルに入力されているデータの状態の検査をはじめ、空白セルやエラー値、文字列、数値、数式かどうかを調べたり、セルやシートについての情報を得たりするための関数群です。 セルの内容と情報 操作環境の情報 ワークシートの情報 エラー値の種類 データの種類 エラー値の数値変換 引数の数値変換 キューブ関数 Microsoft SQL Server Analysis Servicesで利用される分析用データの集まりである「キューブ」から、特定のデータやデータ構造、集計値などを取得するための関数群です。 メンバーや組の取得 プロパティ値の取得 セットの取得 セットの項目の数 集計値 メンバーの順位 KPIプロパティ 関数の基礎知識 Excel関数を使う上で知っておきたい、引数や演算子、論理式の基礎知識、関数の入力方法、エラーへの対処などを解説しています。 関数と演算子 関数の入力 数式の修正とコピー 配列の利用 エラーの取り扱い• この一覧は関数の機能で分類しており、Excelの[数式]タブにある[関数ライブラリ]グループや[関数の挿入]ダイアログボックスの表示に基づいています。 関数の使用目的から探したいときは「」、関数名のアルファベット順で探したいときは「」、関数の基本的な使い方を知りたいときは「」を参照してください。

次の

INDEX+MATCH関数で条件に合った行の値を抜き出す基本的な使い方

抽出 関数 エクセル

フィルタで抽出された値のみ集計する SUM関数では不可能なワザ Excelの集計表で「列の値の合計」を表示させることは日常茶飯事です。 代表格の SUM関数 は「列の値の合計」を算出するのに便利な関数ですが、フィルタをかけた時には「 フィルタで抽出された値のみの合計」は表示されません。 とはいえ、エクセルを使って仕事をしていると、フィルタの条件によって「 フィルタで抽出された値のみの合計」を表示したい場合もありますよね。 こんな時に便利なのが SUBTOTAL関数 です。 SUBTOTAL関数 SUBTOTAL関数とは SUBTOTAL関数とは、リストまたはデータベースの「集計値」を返す関数で; =SUBTOTAL 9, C2:C9 このように入力します。 一見、SUM関数と同じように見えるのですが、違いはフィルターをかけると明白になります。 B列にフィルタをかけて「プリンター」のみ表示させます。 すると; 上の画像のように、B列が「プリンター」の売上額だけが集計され、16,680 という合計値が表示されます。 SUBTOTAL関数の集計方法 ここで SUBTOTAL関数の中にある「集計方法」の値について触れておきます。 「集計方法」は合計値(SUM関数)だけではなく、MAX, MIN, COUNT関数などいろいろな集計方法を選択することができます。 以下の表示に集計方法の種類をまとめておきます。 集計方法 (非表示の値を含める) 集計方法 (非表示の値は無視) 関数 1 101 AVERAGE 2 102 COUNT 3 103 COUNTA 4 104 MAX 5 105 MIN 6 106 PRODUCT 7 107 STDEV. 以上で「エクセルのフィルタで抽出した値の合計を表示する方法」は終了です。 他の関連記事と合わせてぜひ仕事に役立ててください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 グループ化 行や列を折りたたむ「グループ化」の機能について解説。 たたむ・展開するの切替えはワンタッチで簡単!この グループ化 で見た目もすっきり、そして機能的な作表に挑戦しましょう。 条件付き書式・MOD関数・ROW関数 Excelでセルを1行おきに色づけする方法について解説します。 条件付き書式とMOD関数・ROW関数をつかってデータの並べ替えに強い色付けを解説します。 テーブル エクセルで見やすい表の作り方について解説。 見やすい色や罫線、そのほか小さな工夫で表は見違えるほど見やすい表に変わります。 テーブルスタイルなど便利な機能についても説明します。 ページ設定・タイトル行 エクセルで件数の多いデータを扱っていると、1行あるいは複数行の「タイトル行」を固定して印刷したいときがあります。 タイトル行の設定により解決する方法について解説! 入力規則 エクセルの入力規則をマスターしよう。 結果による色分けや入力規則の解除方法、ユーザー設定を使用した数式による条件指定や入力規則をコピーする方法など完全網羅しました。

次の