ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 401。 ハスクバーナ・ヴィットピレン「エアロ」はまだか?

ハスクバーナSVARTPILEN401の試乗インプレ [バイク] All About

ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 401

この記事は2018年4月6日当時の情報に基づいて制作されています。 ども、最近ハスクバーナにヤラれっぱなしのRyoTです。 何にヤラれてるかっつーと、そらぁもうデザインですよデザイン。 上の写真は、先日のジャパンプレミアで展示されていた2台。 手前がスヴァルトピレン(SVARTPILEN)401で奥がヴィットピレン(VITPILEN)401。 初めて実車を目にしたとき「斬新とかアヴァンギャルドって言葉は、こういうバイクにこそ使うべきなんだろうナー」と思ったほどです。 今年いよいよ一連のシリーズがストリートを走り出すのかと思うと、ワクワクもハンパないのですが「あれ、アイツどうなった?」と思いだしたモデルがひとつ。 2016年のEICMA(ミラノショー)で登場したコンセプト「VITPILEN 401 AERO(エアロ)」です。 会場ではそれこそ何百台というバイクを見ましたが、一番衝撃を受けたのがコレでした。 僕自身、この年が初めてのEICMAだっただけに、特に印象深い1台です。 ロケットカウル付きのカフェレーサーは昔から大好きです。 例えばRICKMANのCRシリーズとか、AVONカウル付きのエグリ・ヴィンセントとかマジツボです。 その一方でコミネデュアルとかイノウエのロケットをセンス良くマウントしたジャパニーズ街道レーサースタイルも大好きだったり。 ま、洋の内外問わず、オールドスクール・スタイルが好きだったんですけど、このAEROを見て自分の感覚が大きく変わりましたよね。 「新しい時代が来た!」って。 平凡ですけど素直にそう思いました。 タンク&シートはヴィットピレン401のまんまに見えます。 追加されてるのはカウルと、エンジン両サイドのカウル。 にしてもカウルが低い。 どこから眺めても既視感ナシ。 でもロケットカウルとかセパハンとかカフェレーサーに必要な装備はちゃんとある。 昔からのセオリーを守りながらまったく新しいデザインに仕立て上げたハスクバーナ&KISKAデザインのセンスに脱帽です。 ひと昔前だと「ショーに出てくるコンセプト=市販する気なし」というのが僕の認識でした。 逆に出てきても「キミ、誰だっけ?」ってくらい変わっちゃってることも多くて。 だからヴィットピレン&スヴァルトピレンをショーで見たときも、市販版ではだいぶ変わるんだろうな……と思ってたんですけど、いい意味で裏切られましたよね。 この写真は2016年のEICMAで撮影したヴィットピレン701です。 今日バイクブロスのWebにヴィットピレン701のインプレが掲載されましたが、デザインはほぼこのまんま。 これも2016年のEICMAでのスヴァルトピレン401&ヴィットピレン401。 2016年に撮影したヴィットピレン401 TA。 この「TA」はツートンカラーやバーエンドミラーなどオプション追加車だったのかな? そうだ。 ハスクバーナの一連のシリーズには次の「矢」もすでに構えられてるんですよ。 2017年のEICMAでお披露目されたスヴァルトピレン701(SVARTPILEN 701)です。 フラットトラック(ダートトラック)マシン好きな人にはたまらないスタイル! これもこの姿のままストリートを走るのでしょうか。 あ、順番的には「AERO」が先ですかね? 今日の日刊バイクブロスは「AEROどうなってるん!?」って思ってた方のために書いたようなものです。 AEROファンが声を大にして叫べば、市販も近づくかもしれません。 さて、バイクブロスではハスクファンのための記事もしっかり用意してあります。 冒頭にもお伝えしましたが、海外で行われたヴィットピレン701試乗会の模様が早速アップされていますのでしっかりチェックしてくださいね。

次の

Svartpilen

ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 401

北欧の古豪、ハスクバーナに新しい風が吹いている。 今シーズンになって独自のコンセプトに基づく新型オンロードモデルが続々と登場しているのだ。 その中で今回ご紹介するのは排気量373ccのヴィットピレン401。 都会をプチツーリングしながら、その走りを味わってみた。 ハスクバーナ ヴィットピレン401……777,000円 簡素で進歩的というアンチテーゼ ヴィットピレンとはスウェーデン語で「白い矢」という意味。 先日、試乗したスクランブラーテイストのスヴァルトピレン 黒い矢 とはエンジンと車体を共有する兄弟車である。 カラーリングも対照的で、まるで白鳥と黒鳥のような雰囲気だ。 これら新しいスウェディッシュスタイルは「SIMPLE. PROGRESSIVE. 」をコンセプトに掲げている。 簡素かつ進歩的であるということ。 懐かしさと未来感が調和したシンプルで美しいデザインの中に、現代的な水冷単気筒エンジンと足まわりが詰め込まれている。 余分なものを削ぎ落したミニマリズムの美学と言ってもいいだろう。 過剰なほどの排気量やパワーを電子制御でなんとか操っている、現代のモーターサイクルへのアンチテーゼでもあるのだ。 ハートと運動神経はKTM譲り さて、ヴィットピレン401についてもう少し詳しく見ていこう。 最高出力44psを発揮するパワフルな水冷単気筒DOHC4バルブ373ccをスチールトレリスフレームに吊り下げるように搭載する基本構造はスヴァルトピレン401と同様で、さらに言うとKTM390DUKEのプラットフォームを共有化している。 前後サスペンションにWP製の倒立フォークとモノショックを装備し、ブレンボのOEブランドであるByBre製ブレーキとボッシュ製ABSユニットを採用するなど最新コンポーネントを装備している点も共通だ。 このことからも走りの性能に手抜きはないことが分かる。 ライポジとタイヤに性格が表れる 気になるのはスヴァルトピレン401との具体的な違いだろう。 異なるのはまずハンドルで、スヴァルトピレンのバーハンに対しヴィットピレンはセパハンで低めの位置に設定。 また、タイヤもスヴァルトピレンが林道走行などにも適したセミブロックタイヤを履いているのに対し、ヴィットピレンは完全なオンロード用スポーツタイヤを採用。 細かいところではフロントフォークのスプリング設定が異なり、スヴァルトピレンが初期は柔らかく奥で踏ん張るプログレッシブレートであるのに対し、ヴィットピレンはシングルレートを採用するなど、よりオンロードでのスポーツ性能を重視。 また、シートもスヴァルトピレンの前後分割タイプに対しヴィットピレンは前後一体タイプとなっている。 充実の中速トルクで弾ける加速 見た目はとてもスリムかつコンパクトで、国産250ccスポーツぐらいのサイズ感だ。 跨ってみると、シートはやや高めで逆にハンドル位置は低いため前傾は強めに感じる。 外観はネイキッドだが、ライポジはフルカウルのスーパースポーツに近い。 エンジンは390DUKE譲りで鼓動感があってトルクフル。 低速から粘りがあるしハンドル切れ角も十分あるためUターンも得意だ。 最も美味しいのが4000~7000rpm辺りの中速トルクを活かした加速で、軽量な車体とのマッチングも良く、弾けるように加速していく。 さらに現代的なショートストロークとツインカムの組み合わせにより高回転域での伸びもいい。 というように、単気筒ではあるが味わい重視ではなく、しっかり走りの性能を重視している。 一方でデザインは個性的で、違う次元の世界からやってきたようなアバンギャルドな雰囲気を醸し出している。 タンクサイドやラジエターガードにさりげなく施された楕円デザインやフラッシュイエローが印象的だ。 丸型ヘッドライトもLEDタイプで、丸型メーターもデジタル表示が重なって浮き出るギミックが施されていたり、と細かい部分にも洗練された大人のセンスを感じる。 重量級にはない俊敏なフットワーク メインステージは都会に網の目のように広がるアスファルト。 信号のタイミングさえ合えば、右折の矢印信号に滑り込んでクイックにUターンし、返すエッジで次の交差点を小さく90度に切り取るような走りもできてしまう。 大排気量マシンにはとても真似できない軽やかなフットワークがヴィットピレン401の真骨頂だ。 スヴァルトピレンと比べてもフロントフォークのしっかり感やタイヤの剛性感は高く、加えて前傾ポジションによるフロント荷重の効果などにより、さらに俊敏なハンドリングに仕上げられている印象だ。 その意味で、気軽さや楽なライポジを求めるならスヴァルトのほうがおすすめかもしれない。 一点気になったのはハンドルグリップに伝わる振動。 ハンドルバーがトップブリッジに直接マウントされているためと思うが、長く乗っているとやや手首に疲れが出た。 ともあれ、軽さを生かした機動力と弾ける加速感は爽快そのもの。 ストリートをすばしっこく動きまわる、まさに都会のスプリンターだ。

次の

軽二輪スクランブラーのド本命?! ハスクバーナ「スヴァルトピレン 250」が4月発売に!

ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 401

138位 0. 0点 評価人数:0人 台 0件 22人 1件 車輌プロフィール モダンカフェスタイルのヴィットピレン401に対し、ブロックパターンのタイヤを履かせ、アップマウントされたワイドハンドルを備えるスタイルとしたのがスヴァルトピレン401だった。 スウェーデン語で白い矢を意味するヴィットピレンの対となるスヴァルトピレンは、黒い矢のこと。 ダークでワイルドな雰囲気を醸したのは、ネーミングにも影響されていた。 市販モデルとしての登場は、ヴィットピレン401と同じ2017年のEICMA(ミラノショー)で、こちらも2018年モデルとしてのリリースが発表された。 エンジンなど、ベースとなったのはハスクバーナを2013年から傘下に収めていたKTMの390デューク。 ヴィットピレン401を含むこれらのモデルは、欧州におけるA2ライセンス所有者向けのモデル(エンジン出力35kW以下・車重1kgあたり出力0. 2kW未満)として開発されたものだ。 2020年モデルでは、リアシートの快適性を向上させる目的で、サブフレーム長を従来比で40ミリ延長した。 2020年モデル ハスクバーナ SVARTPILEN 401 373. 2ccの水冷4スト単気筒DOHC4バルブエンジンを、トレリスフレームに搭載したストリートスポーツモデル。 リアフェンダーとライセンスプレートをスイングアームマウントとすることで車体後方を切り落としたようにみせたデザインも、KTM同様にオーストリアのキスカデザインによるものだった。 なお、ヴィットピレン401とは、外観イメージこそ大きく違うが、ハンドル、シート、タイヤなどのほかは、ほぼ共通のモデルだった。 2020年モデルでは、リアのサブフレームを40ミリ長くして、タンデムシートの乗り心地を改善した。 ABS(アンチロックブレーキシステム)、スリッパークラッチを装備。 ヘッドライトとテールライトはともにLEDを採用。 そのため、日本仕様車のスヴァルトピレン401はシート後方にグラブバーを装着していた。 タイプグレード名 SVARTPILEN 401 モデルチェンジ区分 マイナーチェンジ 発売年 2020 発売月 4 仕向け・仕様 海外メーカーモデル ホイールベース mm 1357 最低地上高(mm) 170 シート高 mm 835 車両重量 kg 150 乗車定員(名) 2 原動機種類 4ストローク 気筒数 1 シリンダ配列 単気筒 冷却方式 水冷 排気量 cc 373. 2 カム・バルブ駆動方式 DOHC 気筒あたりバルブ数 4 内径(シリンダーボア) mm 89 行程(ピストンストローク) mm 60 圧縮比(:1) 12. 6 最高出力(kW) 32 最高出力(HP) 43 最高出力回転数(rpm) 9000 最大トルク(N・m) 37 最大トルク回転数(rpm) 7000 燃料供給方式 フューエルインジェクション 燃料供給装置形式 Bosch 46mm 燃料タンク容量 L 9. 5 燃料タンク・リザーブ容量 L 1. 0 ホイールリム形状(後) MT ホイールリム幅(後) 4. 0 タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前) 2. 00 タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後) 2. 00 ヘッドライトタイプ(Hi) LED テールライトタイプ LED スピードメーター表示形式 デジタル メーター表示:ギアポジション 有 メーター表示:燃料計 有 メーター表示:エンジン回転計 有 メーター表示:時計 有 メーター表示:ツイントリップ 有 車両装備:アンチロックブレーキ(ABS) 有 車両装備:スリッパークラッチ 有.

次の