鬼 滅 の 刃 ぎ ゆ し の 漫画。 『鬼滅の刃』完結?ジョジョ方式で続く?予想合戦が過熱 過去ジャンプ作品から展開考察

『鬼滅の刃』の次は『呪術廻戦』がブレイク? バトル漫画としてのポテンシャルを考察|Real Sound|リアルサウンド ブック

鬼 滅 の 刃 ぎ ゆ し の 漫画

少年ジャンプ• 週刊少年ジャンプ 2020年 30号• ジャンプGIGA 2020 WINTER• 最強ジャンプ 7月号• 少年ジャンプ+ 2020年 30号 イチオシ情報• そろそろ連載1周年記念!キミの考えるスパイを大募集!• 12月18日 金 映画「約ネバ」公開!! 全順位の完全データを公開!• キミがどの呪術師と似たタイプなのかがわかる!• 夢のスペシャルマッチが実現!! 漫画賞• ガリョキンPro用ネーム公開!9月30日 水 締切!! WEBでの持ち込み受付を始めました!• 第100回手塚賞&第93回赤塚賞 投稿受付中!• 受賞作品一覧• 漫画賞Q&A• 編集部ツイッター• 11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の

『鬼滅の刃』の次は『呪術廻戦』がブレイク? バトル漫画としてのポテンシャルを考察|Real Sound|リアルサウンド ブック

鬼 滅 の 刃 ぎ ゆ し の 漫画

『週刊少年ジャンプ』にて連載中の芥見下々『呪術廻戦』が、ネクストブレイク漫画として注目されている。 2019年におこなわれた「みんなが選ぶTSUTAYAコミックス大賞」では、TSUTAYAネクストブレイク大賞にかがやいた。 また、「書店員の選ぶ『鬼滅の刃』の次にくる漫画」としてお昼のワイドショーでも取り上げられている。 本作は、人間社会に蔓延する呪霊を、呪力をもつ人間が祓うオカルトバトル漫画。 いうなれば、毒を以て毒を制すのだ。 本稿では、そんな『呪術廻戦』のポテンシャルを考察していきたい。 ロジカルな駆け引きが魅力のバトル 『呪術廻戦』の魅力としてまず挙げられるのは、バトルの面白さだ。 ロジカルな駆け引きがサスペンスを生み出し、さらに躍動感にみちた描写が、つぎつぎと繰り広げられるのが魅力だ。 例えば、主人公の虎杖悠仁は持ち前の常人離れした運動神経に加えて、身体に宿した特級呪物「両面宿儺」の呪力を合わせた肉弾戦を得意としている。 通常の2. 5乗の威力となる「黒閃」を、いかに相手に打ち込めるかが勝利の鍵だ。 また、哲学的・数学的モチーフを利用しつつのハッタリで押し切る攻撃は、SFファンなどにもウケそうだ。 そうしたキャラごとの攻撃特性に加えて、「領域展開」と呼ばれるシステムがあるのも、『呪術廻戦』のバトルをいっそう奥深いものにしている。 領域展開をすると呪術師のステータスが上昇し「領域内で発動した術式は絶対に当たる」とされているため、大きな駆け引きが発生するのだ。 また、渋谷の街中など、現実世界を舞台にしているのもポイントである。 呪術師ごとの能力、領域展開、地形など、あらゆる設定が影響するなかでの戦闘は非常にスリリングである。 登場人物たちの魅力 本作の登場人物たちの性格やキャラクターデザインも、みな個性的で魅力にあふれている。 伏黒恵が表紙となった『呪術廻戦(2)』 主人公の虎杖悠仁は、不良っぽい見た目や腕っぷしの強さから肉弾戦が得意なタイプではあるが、心優しく繊細な一面もある。 呪術の高等専門学校で悠仁の同級生である伏黒恵は、クールで、相手との距離やその他様々な戦況を見すえた頭脳戦を得意とするが、元々はヤンキー気質だ。 しかし、生徒への愛情には並々ならぬものがあり、その核心にも「腐った呪術師界をリセットするため、聡い仲間が必要だ」との熱い想いがある。 特に男性キャラクターはビジュアルも魅力的なので、それぞれ熱狂的なファンを獲得しそうだ。

次の

『鬼滅の刃』完結?ジョジョ方式で続く?予想合戦が過熱 過去ジャンプ作品から展開考察

鬼 滅 の 刃 ぎ ゆ し の 漫画

キャラクターがみんな好ましい!えー~、なにこいつって思ってても話が進むと「…好きだ…!!」となります。 鬼は個体差ありますが…。 ただ話の展開が早いので割と重要キャラクターが鬼に殺されてしまうと喪失感が半端ないです。 ストーリーに深みを持たせるために一人一人のエピソードがいちいち感動モノで涙なしでは読めない。 でも主要ストーリーから脱線してしまうほどながながとしないのでテンポよく読めます。 凄く悲しい話から、ふふっと笑わせてくれたりそのリズムがたまりません。 絵柄も最初は癖があるかと思いましたがこのタッチの絵柄だからこその世界がでしょう。 着物の帯や裾の角度、帯締めの結び目など丁寧に描かれています。 絵が下手と評価する方をたまに見受けますが、好みじゃない=下手と表現しているだけで、そのように語彙力の欠けた人が偉そうに作品を評価しないで欲しい。 素晴らしい漫画です。

次の