うつぶせ寝 大人 心理。 大人の「うつぶせ寝」のメリットは?性格や心理もわかるって本当?

うつ伏せで寝る人の性格と心理15選!寝方別の性格と心理も紹介

うつぶせ寝 大人 心理

うつ伏せで寝ると腰痛は悪化します。 うつ伏せ寝は、枕を使うことでデメリットは軽減されますが、あくまで少数派である、うつ伏せで寝る人たちの心理の謎に迫ります。 念の為、赤ちゃんがうつ伏せで寝るような場合は窒息や突然死の危険があるため絶対にNGです … 寝方の特集記事の目次はこちらからどぞ。 一般的な寝方は約半数(43. 日々の習慣で慣れ親しんだ寝方には十人十色ですが、少数派として未だ 根強い支持がある寝方の真相に迫ります。 うつ伏せで寝るには理由があった、今日はうつ伏せ寝の特集です。 目次はこちら• うつ伏せとは うつ伏せとは胎児の寝方です。 うつ伏せで寝るという寝方は、胎児の寝方に近く、うつ伏せで寝ること自体に安心感を得ることが出来る寝方です。 野生動物の本来の寝方(急所を守る)だとも言われ、まさに 遺伝子に刻まれた究極のポーズ(姿勢)がうつ伏せで寝ることと言っても過言ではありません。 赤ちゃんが抱っこだと眠りやすいのも、単に人肌が恋しい訳ではなく、体の前面に急所が多いことから、その部分を隠してくれるため、安心感が高まり眠りに陥りやすくなります。 例えば、エステやマッサージなどで、仰向けよりもうつ伏せで寝ることが多いのも、施術によるリラックス効果よりもうつ伏せという寝方に安心感を感じリラックス効果が高まるようです。 その証拠に、仰向け寝でもタオル1枚でもお腹にかけるだけで安心感を感じて眠りやすくなります。 このことから、寝方(仰向け寝、横向き寝、うつ伏せ寝)の中で最も安心できる寝方のため、眠りに落ちる早さ(入眠)は1番早いことがわかります。 入眠障害などの不眠症を抱えている場合に推薦される寝方というのも納得できます。 また、うつ伏せ寝にはもう1つ、睡眠の質をワンランク上げてくれるメリットが隠されていますので、後ほど順番に説明します。 うつ伏せで寝る心理(性格) うつ伏せで寝る人の心理や性格には傾向があります。 寝方には性格は表れるため、その人の心理がわかると言います。 自分の性格や心理を掴むのも良いですが、パートナーがうつ伏せで寝るならば、チェックしておきましょう。 先ほども説明しましたが、うつ伏せで寝るというのは寝方の中でも、最も安心感を得られる寝方(胎児型・半胎児型)です。 逆に言えば、安心感を得たい、必要としている人に多いのがうつ伏せで寝る寝方です。 うつ伏せで寝る人の特徴は、傷つきやすく、 他人のちょっとした言動にも ショックを受けて落ち込んだりします。 例えば、恋愛面では構ってもらえないと不安になってしまう傾向もあります。 うつ伏せで寝るのは、寝る時くらい安心したいという現れで、日中に強いストレスを受けている可能性があります。 うつ伏せで寝るのが習慣になっている人は、性格としても象徴されていることが多く、 警戒心の強い一方で協調性を大切にする相反する性格ですが、言い方を変えればバランス感覚が取れているため周りに安心感を与えてくれる性格だとも言えます。 うつ伏せで寝るメリットとデメリット うつ伏せで寝るメリットとデメリットを紹介します。 うつ伏せ寝で寝るメリットは、大きく2つで姿勢による絶対的な安心感が1つ目です。 2つ目は呼吸量の確保です。 もともと、うつ伏せで寝る寝方は、隔膜を運動させ腹式呼吸を促すことから、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療や寝たきりの人向けにバイタルや呼吸管理の視点から生まれた経緯があります。 睡眠中には舌や気道付近の筋力の脱力により、うつ伏せで寝る以外の寝方だといびきや無呼吸症候群(SAS)になる人も少なくありません。 そのため、いびきやSAS予防として、うつ伏せで寝る人たちが増えています。 うつ伏せで寝ると他の寝方(仰向け寝・横向き寝)より、呼吸量の確保ができるため、入眠の速さと睡眠の質を高めてくれます。 これらは、 寝方を変えるだけで、簡単かつ即効性のある方法なので、慣れ親しんだ寝方を変える違和感がありつつも、実際に試してみる人も多いようです。 一方で、うつ伏せ寝にはデメリットもあります。 代表的なデメリットは、• 顔面に枕などが密着するため肌荒れの可能性 などがあります。 うつ伏せ寝は、枕を使う事と正しいうつ伏せで寝ることでデメリットも少しは軽減できます。 うつ伏せで寝ると腰痛が悪化 間違った姿勢のまま、うつ伏せで寝ると腰痛を悪化させてしまいます。 間違ったうつ伏せ寝は、反り腰(腰が反った状態)となってしまい、腰への負担を集中させてしまいます。 うつ伏せで寝ることが原因ではなく、人(腰痛の状態)によって最適な寝方が変わってきます。 例えば、腰から足にかけて痛みが伴う 腰部脊柱管狭窄症の人は、うつ伏せ寝は腰が反った状態なるため悪化します。 背筋が後ろに傾倒している 反り腰の人は仰向けによって、腰が浮いて支えのない状態が続くため腰痛が悪化します。 足腰に痛みや痺れを感じる 腰椎椎間板ヘルニアの人は、横向きで寝ていると腰椎を十分に支えられず悪化してしまうなど、自分の 腰痛の状態によって最適な寝方を選ぶことが大切なポイントになります。 うつ伏せで寝る正しい方法 正しいうつ伏せ寝は、前傾側臥位(ぜんけいそくがい)です。 妊婦の人に馴染みのある言い方をすればシムス位です。 なので、うつ伏せ寝というより横向き寝というのが正しいうつ伏せ寝の寝方です。 言葉通り、うつ伏せのまま寝てしまうと、うつ伏せで寝るデメリットを全て受けてしまいます。 順を追って、うつ伏せで寝る正しい方法(手順)を紹介します。 リラックスしやすいよう、左右どちらでも体が楽な方に横になります• 体の下側になった足を伸ばします• 上側になった足は、曲げて前に出します• 体の下側になった手は、背中の方に回すか、頭の下に伸ばしてもどちらでも構いません• 上側の手は力を抜いて前におきます• 上側になった曲げた足の下に、クッションをおきます• 上側の手の間にクッションをおきます 顔を左右どちらか向きやすい方に向けて、枕の端(枕なしの場合はバスタオルなど)に顔を乗せます。 顔を向けた側の手を曲げ、顔の前に置きます。 すると、胸の下に空間ができるので、ここにクッションや丸めたバスタオルを入れます。 枕は、胸の真ん中より顔を向いた側に寄せて入れましょう。 顔を向いていない側の腕は、体に沿うように伸ばし、体はうつ伏せで寝る。 うつ伏せで寝るポイントは、胸側のクッションの方が頭の枕より少しだけ高めにすることです。 うつ伏せで寝る時に正しい姿勢になると、頭からお尻にかけて綺麗なアーチができ、効率よく呼吸ができるようになります。 注意したいのは、うつ伏せで寝る時に、両足をまっすぐ伸ばした姿勢だと、腰や背中に余計な負担をかけてしまうことです。 どちらかの膝を曲げて股関節を開いたほうが、背骨への負担は軽くできます。 また、首が反り返るような姿勢になってしまうので、 枕の高さには要注意です。 うつ伏せで寝るなら枕は必須 うつ伏せで寝るなら枕は必須です。 現時点で、うつ伏せで寝る時に使える万人向けの枕はニトリ一択かもしれません。 その理由は、そもそもうつ伏せで寝る健康法(腹臥位療法)を広めたのが 氏で、その日野原式枕は今は販売されていませんが、羽毛枕でした。 素材が羽毛だということには理由があります。 羽毛枕の利点は、通気性と軽さ(コンパクトさ)を両立している点です。 うつ伏せで寝るために作られた日野原式枕の特徴は、素材が羽毛だという他に、薄さ(さらにコンパクト)という点でした。 一般的に人は睡眠中に数十回もの寝返りを打ちます。 うつ伏せで寝るためだけに作られた枕(クッションと一体型など)は、寝返りをした時に うつ伏せ以外の寝方に対応できない(邪魔になる)場合が多いのでおすすめできません。 ニトリの枕が、うつ伏せで寝る人たちに人気な理由は他にもあり、一般的な通販と違い全国に実店舗があるので実際に試した後に購入できるというのことも安心感があります。 ちなみに、うつ伏せで寝る時に使えるニトリの枕は「」で、枕の必須機能である高さ調整ができるため、オーダー枕以外であれば万人向けです。 うつ伏せで寝る枕の選び方はこちらの記事で詳しく説明しています。 ほとんどの読者さんは、大人のうつ伏せで寝る情報を探しにきてこのページに辿り着いたと思いますが、啓蒙の意味でお伝えさせてください。 赤ちゃんは、うつ伏せで寝ると窒息と乳幼児突然死症候群(SIDS)の確率が高まります。 実際に、窒素による死亡事故も少なくないため窒息はから、SIDSはから警告が出ています。 窒息の死亡事故は、直近5年間のデータによると全国で毎月2〜3件、SIDSは毎月8件前後もあり、決して他人事ではありません。 赤ちゃんが、うつ伏せで寝るのは1歳を過ぎてから(赤ちゃん自身が寝返りが出来るようになってから)ということを知っておいて損はありません。 うつ伏せで寝る赤ちゃんの危険性については、こちらの記事で詳しく説明しています。

次の

寝相で分かる心理とは?8つのタイプから自分や相手の性格をチェック

うつぶせ寝 大人 心理

逆に、ゆっくり眠れなかったりすると、倦怠感、食欲不振など不定愁訴が起きてしまいます。 をしっかりとるためのポイントの1つに「眠っているときの姿勢」があります。 多くの人は、子どものころからの習慣で、大人になっても同じ体勢で寝ている場合が多いようです。 たとえば、入眠時の姿勢。 いつも同じ姿勢になっていませんか? この入眠時の姿勢について、「自分の癖」と思っている方も多いことでしょう。 ところが、実は腰や膝の痛みなど、身体の具合で同じ姿勢になっているのかもしれません。 また、睡眠時の環境も同じ姿勢になる要因のひとつです。 枕や布団の硬さによっては、体勢が固定されてしまう場合もあるのです。 意外に知られていない!?寝返りの効果 健康な人であれば、寝ている間に寝返りをしています。 1日に20~30回が健康的とされていて、それより多くても少なくても「熟睡できていない」と考えてよいでしょう。 ヒトは同じ姿勢で長時間寝ていると、体重がかかる部位の血管が圧迫されて血流が滞りやすくなります。 寝返りは、このときにかかる重力を分散させて、身体にかかる負担を防いでいるのです。 また、肩や腰にかかる力を分散させ、や腰痛を防いでいるともいえます。 さらに、寝返りには熱や湿度を逃がして、布団内の温度調節する働きもあります。 くわえて、寝返りがリズムを作るきっかけにもなっています。 なぜならば「レム」と「ノンレム睡眠」の切り替わりの時に寝返りを打つことが多いからです。 寝る時の正しい姿勢は… ここまでお話したように、健康であれば誰しも寝返りを打っています。 ですから、ずっと同じ姿勢で寝ているわけではありません。 ではその中でも正しい睡眠時の姿勢は、仰向け・伏せ・横向きのどれなのでしょうか? その答えは、仰向けです。 血液の循環が無理なく行われ、また呼吸も深くに適しています。 仰向けで寝る場合、手足は、スムースに放熱できるので、広げた状態が理想的です。 しかし、口を大きく開けたまま仰向けで寝ると舌が落ちて気道を圧迫してしまうことがあります。 そのため、や時無呼吸症候群、風邪の原因になりやすく、注意が必要です。 うつ伏せの効果と注意点 伏せ寝は、顎関節症が時の姿勢と関係があると指摘されています。 仰向けで寝た場合、顎にかかる負担が約5kgであるのに対し、伏せでは約8~kgの負担重量がかかってしまいます。 つまり、 顎関節症や歯並びの乱れにもうつ伏せ寝は、影響があるということです。 また子どものうつ伏せ寝は、「乳児突然死症候群」の発症率が高まるということで、危険だとされています。 ところが、大人のなかにも「うつぶせ寝が好き」「うつぶせのほうがよく眠れる」という人もいます。 実際「うつぶせ寝健康法」という方法もあるくらいで、次のような効果があります。 注意事項もあわせてみていきましょう。 <うつ伏せの効果> ・が少なくなる 顔が下を向くことで、舌の付け根が下がらず気道が確保でき、いびきを少なくすることができます。 それにより、睡眠時無呼吸症候群の症状が改善される可能性もあります。 ・腰痛の改善になる 腰痛がある場合、背中への負担が減り、腰痛が楽になり寝やすくなります。 <うつぶせ寝をする場合の注意事項> ・身体に負担をかけない枕選びを行う 枕は、頭を支えるだけでなく上半身を支えられるような枕を選びましょう。 首に無理は負担がかからないように、また柔らかすぎる枕を選ぶと呼吸が苦しくなったりします。 このように、伏せには効果が期待できることもありますが、健康に良いからといって、無理にすることはやめましょう。 「苦しい」「寝にくい」という感じた場合は、身体に負担がかかっています。 無理のない状態で行うことが基本です。 横向きの効果と注意点 腰痛がある場合、横向きで寝ることが多いようです。 横向きで足の曲げる角度で、腰の楽な位置が決められ負担なく寝ることができます。 また時無呼吸症候群がある場合は、舌が落ちにくいので適しているといえるでしょう。 さらに、お腹が大きくなった妊婦でもシムス位(横に寝て、上になった方の足を軽く曲げて前に出して寝る姿勢)があり、適しています。 消化器系に不調がある場合は、右向きに寝ると腸の働きを助けることになりますし、が低い場合は左向きに寝ると全身の血液が心臓に戻りやすくなりますので、この寝方がラクでしょう。 ただし、横向きの場合、寝返りが少ない人は左右どちらかの時間が長くなって、負担が偏ってしまいます。 これが影響して、身体の歪みの原因になる可能性があります。 気持ちよく眠るためには寝具も大切 寝具もぐっすり眠るためには重要なアイテムです。 たとえば、布団と身体の間に熱がこもり過ぎると眠りが浅くなりがちですし、寒いとなかなか寝付けません。 季節にあった掛布団をかけましょう。 枕も大事です。 自分に合っているのかどうか不安な場合は、専門店で適切な枕を計測し、合った枕に交換するのもひとつの方法でしょう。 目覚めたときにすっきりとした快適な気持ちになれない人や、があるといわれたことがある人は、検討してみましょう。 人生の3分の1を占める時間。 「正しい姿勢は仰向け」といいましたが、大事なことは、自分の一番落ち着く姿勢で寝ることです。 普段意識することのない時の姿勢。 この機会に見直して、自分にあった姿勢で寝る習慣をつけたいものですね。 執筆:南部 洋子(助産師、看護師) image by:.

次の

うつぶせ寝って大人もOK?知っておきたいメリット・デメリット | 女性の美学

うつぶせ寝 大人 心理

なぜうつぶせで寝る?大人の心理と特徴 安心したいから うつぶせで寝る人は、 安心したいという強い思いを持っている場合があります。 そこには、自分は一人ぼっちなのだという孤独感や、優しくされたい、認めてほしいという心理が潜んでいるのです。 安心したいという思いがうつぶせ寝に現れる人には、気持ちが落ち着く物やグッズをいつも触っていたり、他人の言葉を過剰に気にしたり、コンプレックスがあったりという特徴が挙げられます。 改善するためには、 美しい風景の写真や絵を見て心を落ち着かせたり、自分の好きなことをしてリラックスする、日常的に自分の気持ちを人に伝えるよう心がけるなどの意識を持つことが大切です。 そうすることで、孤独感やコンプレックスに思う気持ちが和らぎ、表情が明るくなったり人に対して優しくなれたりと、心にゆとりが生まれます。 精神が疲弊している うつぶせで寝る人は、 精神が疲弊している場合があります。 そこには、ミスをして焦っていたり、ひどく落ち込んでいたり、自分自身に嫌気がさしていたりと、マイナスの心理が影響しているのです。 精神の疲弊によってうつぶせ寝をしている人は、いつでも周囲の評価が気になったり、ついつい他人と自分を比べてしまったり、大事な場面でモチベーションが上がらなかったり、責任転嫁してしまうなどの特徴が挙げられます。 精神が疲れたままでは、人の目を気にするあまり自分の意見が言えなくなったり、投げかけられた言葉をマイナスの意味でとらえてしまったり、集中力が低下してしまうなど、日常生活においても何かと支障をきたします。 改善するために、まずは 自分の身の回りを見直すことから始めましょう。 生活習慣は乱れていないか、自分のキャパシティを超えた行動をしていないか、何事も自分一人で抱えていないか、逆に他人に頼り過ぎていないかなど、気づいたことがあれば修正していくことが大切です。 そうすることで精神の疲労が回復し、他人の目や評価を過度に気にしなくなったり、モチベーションを高めることができたりと、良い方向へと向かいます。 もし、精神が疲弊している人と接する場合には、 否定せず苦しさを共有したり、ストレス発散の機会を作ってあげるなど、その人を受け入れてあげるようにしましょう。 毎日の生活に充実感がないから うつぶせで寝る人には、 毎日の生活が充実していないと感じている場合があります。 その根底には、欲求不満、環境が悪いと感じている、明るい未来を想像できない、他人が羨ましいなどの心理が潜んでいるのです。 毎日が充実していないからうつぶせ寝をする人の特徴として、常に体がだるい、休日でも暇を持て余す、物事に対して関心が薄い、自分で楽しみを見つけようという意欲や行動力がない、他人にやらされているという意識が強いなどが挙げられます。 毎日が充実していない、つまらないと感じていると、誰にも相談できず一人で思い詰めてしまったり、今の自分に絶望してしまったり、他人に嫉妬したり、何も考えなくて良いようにゲームやギャンブルばかりしてしまったりと、本人にとってもマイナスです。 改善するためには、 食生活の見直しや適度な運動を心がける、十分な睡眠をとる、気分を変えるために部屋の模様替えをしてみる、続かなくても良いから気軽に何か新しいことをしてみる、今まで付き合ったことのない人と交流を持ってみるなど、できる範囲で現状を変えることが大切です。 そうすることで、充実していないと感じていた毎日が少しずつ変わり、ネガティブ思考がなくなり、将来への希望が持てたり、没頭できる趣味や目標ができたりと、良い方向へ向かいます。 また、毎日が充実していないと感じている人と接する場合は、趣味やスポーツなどに誘ってみたり、いろんなと交流を持たせてみたり、何か目標となるものを一緒に探してみるなど、つまらないと思っている日常を変えられるよう導いてあげましょう。 プレッシャーを抱えている うつぶせで寝る人は、 プレッシャーを抱えている場合があります。 そこには、周りの期待を裏切りたくないという強い思いや、常に最悪の状況を想像してしまう、自分は大丈夫だと前向きに考えられない、1番以外は無意味に感じるなどの心理が潜んでいます。 プレッシャーを抱えているためにうつぶせで寝てしまう人の特徴として、 過程よりも結果を求めすぎている、失敗が怖くてたまらない、何事も心配し過ぎる、周囲からの期待を一身に背負っているなどが挙げられます。 プレッシャーを抱えていると、それがストレスになり、常に不安や焦りを感じていたり、イライラして心が落ち着かなかったり、不安から何度も確認してしまったり、いざ失敗したときに対処できなかったりと、本人にとってマイナスです。 改善するためには、 好きな音楽などを聴いてリラックスできる時間を作る、気分転換をしてみる、誰でも失敗するのは当たり前だと開き直ってみるなど、好きなことや気分がすっきりすることをして、押しつぶされそうになる気持ちを解放してあげることが大切です。 そうすることで、物事を前向きに考えられるようになったり、独自のリラックス方法を見つけられたり、自分の実力を発揮できたり、失敗してもすぐ対処できたりと、良い方向へ向かいます。 また、プレッシャーを抱えている人と接する場合には、 プレッシャーを少なくするために情報を提供してあげる、リラックスできるようなグッズや環境を整えてあげる、プレッシャーを抱えてしまうことを理解してあげることなどが大切です。 悔しさによる不眠 うつぶせで寝る人は、 悔しさのあまり不眠状態になっている場合があります。 そこには、他人に対する嫉妬、陥れたい気持ちやコンプレックス、自分に自信が持てない、本当は羨ましいなどの心理が潜んでいます。 悔しくて不眠になっている人の特徴として、口数が少なく一人で思い詰めている、没頭できる趣味や仕事がない、ネガティブな発言が多いなどの特徴が挙げられます。 不眠を解消できなければ、うつ病や肥満のリスクが高くなったり、身体にも悪い影響が出たり、精神的に辛くなったり、老化が進んでしまうなどのマイナス面が出てきます。 他人への悔しさ、嫉妬を改善するためには、 嫉妬している自分と向き合い、自分の弱さを自覚することが大切です。 また、近くにいることで自分に自信がなくなるのなら、意識して距離をとることも一つの方法です。 そうすることで、本当に大切なものは何かということに気づき、人の行為を許せるようになったり、自分自身に磨きがかかったりと、人としての向上につながります。 また、悔しくて不眠になっている人と接する場合には、 自分の幸せを自慢しない、相手を肯定してあげるなど、嫉妬の対象にならないように振る舞うことが大切です。 なぜうつぶせで寝る?子供の心理と特徴 これまでは、うつぶせで寝る大人の心理や特徴についてご紹介しました。 それでは、子供がうつぶせで寝るときは、大人とは理由が違っているのでしょうか? うつぶせ寝など寝相が悪い子供は、 悪夢を見ている場合があります。 そこには、いつもストレスを抱えている、緊張状態から抜け出せず眠りが浅くなってしまっている、自分や環境を変えたいと思っている、今の状況から逃げ出したいなどの心理が潜んでいます。 悪夢をよく見てしまう子供の特徴として、日々の生活の中でストレスが多い、将来に対して不安を感じている、友達と上手くいっていない、食生活が乱れている、良質な睡眠がとれていないなどが挙げられます。 悪夢ばかりを見てしまうと、寝ているときでもリラックスできなかったり、いつまでもストレスから解放されなかったり、睡眠不足、朝起きるのが辛くなってしまったり、視力が悪くなってしまったりと、マイナス面が出てきます。 改善するためには、 お風呂にゆっくりつかってみたり、寝る前にホットミルクを飲むなど、リラックスして就寝できるよう意識することが大切です。 良質な睡眠ができるようになれば、集中力の向上や勉強の効率が上がり、気持ちも上向きになります。 また、成長ホルモンも活発に働くので、子供の成長や肥満の予防、肌トラブルの改善などにもつながります。 悪夢ばかり見てしまう子供に対しては、良質な睡眠がとれる環境づくりをしてあげたり、リラックスして就寝できるよう導いてあげましょう。 うつ伏せで寝るだけで腰がやばいんだよな…… あのーねぇ、腰が堅過ぎて後ろに反らないの…… うつ伏せって反っちゃうから痛いの! うつ伏せで寝る人のデメリットは何でしょうか。 息苦しさ• 窒息の危険性• 嘔吐の危険性• ニキビの悪化• 肩の脱臼 そして うつ伏せで寝ると腰が痛いという口コミが多くありました。 うつ伏せで寝ると腰痛が緩和されるとメリットに書いていましたが、体質、骨格、ベッドによってデメリットにもなるようです。 あなたもうつ伏せで寝るならデメリットにお気を付けください。 ベッドによっても安眠や腰痛など違いが出ますが、今は高級ベッドのレンタルもあるので購入するよりレンタルが良いと言われています。 高級ベッドが月で2000円~3000円でレンタルできるので、便利な時代になりましたね! うつ伏せで寝るのは、メリットもデメリットもあることが分かりました。 うつ伏せを続けるか、続けないかはあなた次第です。 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の