コラボ キャラ で ごう ぜ つ。 【パズドラ】エヴァコラボ 新キャラ みんなの反応! 環境に最適な性能に期待は高まる!

【モンスト】鬼滅の刃ミッション「轟絶にコラボキャラを入れてクリアせよ」アドゥブダ・極

コラボ キャラ で ごう ぜ つ

開始日時:2020年3月17日 火 メンテナンス終了後• 終了日時:2020年4月26日 日 23:59• 交換所終了:2020年5月1日 金 23:59 『盾の勇者の成り上がり』コラボ期間中のリセマラ方法 コラボ期間中のリセマラ方法は別途ページを作成しています。 実際にコラボ期間中にデータを作成して手順を掲載しています。 なお『ラフタリア』にはコラボ期間限定の真装備"真『ラフタリアの剣』"が実装されております。 真装備は特定のキャラに用意された専用装備のようなもの。 装備自体は他のキャラでも可能ですが、該当する専用キャラが装備することで追加アビリティが発動します。 たとえば今回の『スモールシールド』の場合、『岩谷尚文』が装備することで専用アビリティ"エネルギーブースト"が発動します。 真装備の入手には"虹玉"というレアな交換アイテムが必要になります。 3体とも比較的、優秀なキャラだと思います。 『盾の勇者の成り上がり』コラボユニットの当たりキャラは、ユニット紹介の後に掲載しています。 『メルティ』 ステータス +補正最大値 最大HP 6685 +999 最大攻撃力 2691 +413 最大防御力 2548 +392• 「真奥義」で味方の炎属性耐性をアップできる+ 敵の被ダメを増加• 「スキル」で味方のHP・奥義ゲージサポート可能• 「魔法5」「援護5」の装備枠 メルティは「奥義」で、味方全体の攻撃力をアップ・奥義ゲージサポートが可能なユニットです。 真奥義の敵の被ダメアップも一気にたたみ掛けたい時には便利ですね。 さて、 奥義ゲージアップ系効果はグラサマのバトルの基本にもなります。 グラサマの基本的なバトル展開は、奥義ゲージアップ系の援護装備をまず使用して、奥義ゲージが溜まったら、奥義・真奥義を使うといった感じ。 少しだけマニアックな話にはなりますが、効果の重複について簡単に紹介しておきます。 グラサマでは 各効果が「重複するか?重複しないのか?」はかなり重要な評価基準となります。 奥義ゲージアップ効果にも大まかなテーブルがあり、『メルティ』の奥義ゲージアップ効果と重複可能な同効果・重複不可能な同効果が存在します。 『メルティ』の奥義ゲージアップ効果は『ノルン』『ソニエ』といった人気キャラと同じテーブルです。 このテーブルに分類される奥義ゲージアップ効果は非常に数が多いです。 そのため、 奥義ゲージアップ効果だけで見ると、メルティの代わりやライバルは非常に多い。 逆に 『メルティ』の"奥義 奥義ゲージアップ "効果と重複するのは『フェン』の"真奥義 ゲージアップ "効果。 後述しますが、サポート系ユニットとして最高レベルの『フェン』とゲージアップ効果が重複するため、一緒に編成してあげると奥義ゲージはグングン溜まります。 パーティー編成においてサポートユニットは基本的に必須です。 今回の 『盾の勇者の成り上がり』コラボでリセマラする場合、『メルティ』か『フェン』どちらかは当てたいところです。 『メルティ』のアビリティ アビリティはまぁまぁ。 純粋に奥義ゲージ系のサポートなら、同テーブルに『ソニエ』を筆頭に強力なサポートユニットが他にも存在します。 サポート性能だけで言えば、「援護5」2枠の『ソニエ』の方が圧倒的に優秀。 そのため 『メルティ』はこれからグラサマを始める人がリセマラで取るなら、そこそこ良いのですが・・・ いずれは炎耐性アップと被ダメアップ効果の真奥義の方が光るかもしれません。 「奥義ゲージ中心のサポートなら別キャラでもいいかなー」ってところ。 『メルティ』の 奥義ゲージアップが、既存ユニットと全くの別テーブルなら評価は大きく変わったと思います。 ただしそうは言っても、これからグラサマを始める方にとっては、「覚醒が簡単」かつ「ふつうに強い」のは間違いない。 『メルティ』はリセマラ向きのユニットだと思います。 『ラフタリア』 ステータス +補正最大値 最大HP 6700 +999 最大攻撃力 3094 +474 最大防御力 2219 +342• 「真奥義」の倍率が高く、クリティカル率・スキルCTアップ効果の持続時間も長い• "庇う"効果持ちのキャラの生存力をアップさせる「奥義」• 庇うキャラと相性の良いアビリティ• 「スキル」で自身の奥義ゲージアップ可能• 「攻撃5」が2枠・「防御4」も持てる装備枠 『ラフタリア』は「コラボから始めた人は岩谷尚文と使ってね!」って感じの奥義を持っていますね。 また、真装備まで実装されている唯一のコラボガチャ限キャラになっています。 奥義は"庇う"持ちキャラと一緒に編成してあげることで、庇う系ユニットのHPを擬似的に回復できます。 真奥義でスキルCTが上昇するためゲージの回転率はけっこう優秀な部類。 新規ユーザーの方で『ラフタリア』スタートなら、盾役として当面のあいだ『岩谷尚文』を入れてあげれば良いでしょう。 岩谷尚文同様、ラフタリアも光属性のため、属性を染める必要がある属護遺跡の攻略でもけっこう活躍すると思います。 『ラフタリア』のアビリティ ラフタリアのアビリティです。 スキルCTが上がる『スキル速度UPLv2』• CTが35秒と短いため複数回の使用が可能な場面も多い 真装備らしい性能をしています。 ダメージアップはもちろん、クリ率上昇・スキルCT上昇・・・と、まさにラフタリアの専用装備って感じ。 奥義もより使いやすくなる…と。 で、実際のところ、交換すべきなんでしょうか? 一応個人的な考えを書いておきます。 【真『ラフタリアの剣』は交換すべきなのか?】ラフタリアをメインで使いたい人は交換しておきたい 『盾の勇者の成り上がり』コラボから始める人で、無課金プレイ予定の人には真装備の交換が厳しいのですが・・・ 「ラフタリアをメインで長く使っていきたい」「ラフタリアが欲しくてグラサマを始めた」という方は、可能なら真装備を取った方が良いです。 残念ながら、 イベント装備の普通の『ラフタリアの剣』だと、代替装備にはならないです。 イベント産の『ラフタリアの剣』自体は新規ユーザーの人なら、25秒と短いCTで奥義ゲージ15アップ。 けっこう優秀です。 しかしクリ率やスキルCTはアップしません。 『ラフタリア』の性能自体は、決して"ぶっ壊れ"レベルではないです。 良いユニット。 かわいいし。 かわいいし。 「ラフタリアを今後たくさん使うなら取っておくといいかな」って感じ。 ちなみに、コラボ期間は1ヶ月半くらいなのですが・・・課金なしで虹玉20個をコラボ期間で集めるのは不可能ではありません。 一応、方法だけ書いておきますが、おすすめはしないです。 早い話、クリスタルを1000個集めて英雄石を20個確保すればいいわけです。 メインストーリーやイベントクエストなど、とにかく進めるだけ進めてクリスタルを回収• 『超英雄祭・煌』を11連する度に入手できる"英雄石"を集めていく• 英霊石を錬金屋で虹玉に交換• "英雄祭・煌"を引くのが条件となります。 上記方法で一応、虹玉20個集めるのも可能だと思います。 ちなみに、おそらく4月も通常通りなら"英雄祭・煌"が開催されると思います。 どうしても「ラフタリアが好き」って人向け。 既存ユーザーでラフタリアが好きって人は、虹玉の交換レートも少ないため取ってもいいかもしれないです。 復刻されるかも分からないし。 と、少しふざけましたが、ぶっちゃけ ラフタリアのクリ率上昇やスキルCT上昇に関しては他のキャラや装備で補っても全然良いと思います。 あくまでベストは真装備・・・でも、 グラサマは1人のキャラで無双するゲームじゃなくて、あくまで4体のユニットのシナジー・装備を考えて編成してあげるゲームです。 迷っている方は真装備無しでしばらく使ってみましょう。 どうしても「欲しいな・・・」と感じたら交換を視野にいれてみましょう。 最初に書いた通り、ラフタリアは決してぶっ壊れユニットではないです。 『盾の勇者の成り上がり』コラボは新規の人には優秀なキャラが揃ってる感じです。 『フィーロ』 ステータス +補正最大値 最大HP 7171 +999 最大攻撃力 2806 +430 最大防御力 2663 +490• 『フェン』は随分と昔のキャラにはなりますが、今でも サポートユニットとしてはトップレベルの性能です。 サポート性能面だけで見れば、『メルティ』よりもはるかに優秀。 「性能の良いキャラで始めたい」という方は『フェン』はリセマラで確保しておいた方が良いでしょう。 使いやすい装備枠、サポートに徹した真奥義・奥義・スキル、そしてアビリティ。 初心者の方にはあまり強さが分からないかもしれませんが…未だに優秀なサポートキャラとして人気の高いキャラです。 ただし、フェンは覚醒素材が非常に重く、始めたばかりの方だと 覚醒で躓きやすいのがネックとなります。 魂片を一切使用しない "覚醒魂150個で覚醒させる方法"も視野に入れて良いでしょう。 こちらでリセマラして、高難易度クエストに幅広く対応可能な『サンストン』を狙うのも良いでしょう。 『フェン』に関して言えば、コラボのたびに毎回ラインナップに含まれています。 私の記憶が正しければ、コラボ英雄祭で『フェン』が外れることは無かったはず。 少なくともここ1年だと皆勤賞。 また『フェン』『サンストン』いずれも、10日目のログインで貰える限定英雄交換チケットを使えば、どちらか1体はゲット可能です。 詳しいリセマラ方法は下記のいずれかのページをご覧ください。 『盾の勇者の成り上がり』コラボ限定宝具召喚 装備ガチャ 紹介 コラボ期間中の限定装備ガチャです。 おすすめは「援護5」装備の『メルティの服』です。 特に今回のコラボから始める方は、ぜひ確保しておきたい優秀な「援護5」装備です。 『メルティの服』 7秒間、味方全体の被ダメ軽減+奥義ゲージ6アップの「援護5」装備です。 グラサマでは基本的にバトル開始後に奥義ゲージアップ系の援護装備を使用・奥義ゲージを溜めることからスタートします。 そのため、奥義ゲージアップ効果の「援護5」装備は必須です。 『メルティの服』はCT40秒。 7秒間で奥義ゲージが合計42アップ。 まだ全体奥義ゲージアップ系の「援護5」装備が少ない人は狙いに行っても良いと思います。 新規の人でしたら、無理にキャラガチャを引くよりも、コラボ限定の装備ガチャを引くことをオススメします。 グラサマは装備がとても大事なゲームです。 『フィーロの髪飾り』 麻痺付与できて奥義ゲージもアップできる魔法装備。 敵を麻痺にした場合、さらに25奥義ゲージアップなのでうまくいけば50アップ。 個人的には好きな性能。 ただし『メルティの服』か『フィーロの髪飾り』だと、優先度が高いのは「援護5」全体奥義ゲージアップの『メルティの服』です。 髪飾りは途中で引けたらラッキーって感じですね。 1個は確保しておきたい優秀な「防御4」装備です。 リセマラ終了後の進め方 グラサマを始めて1週間ほどはメインストーリーの体力消費が0になっています。 クリスタルも入手できるため、どんどんクリアしていってOKです。 また、コラボ期間中はコラボクエストの難易度がやさしめなのでそちらも並行して進めると良いでしょう。 のちほど詳しく紹介しますが、 『盾の勇者の成り上がり』コラボ期間中は『岩谷尚文』のLUCK120を目指すと良いでしょう。 コラボ以外のイベントクエストも、クリアできるところだけで構わないのでクリスタルを回収しておきましょう。 グラサマでは『盾の勇者の成り上がり』の他にも・・・ 主人公『岩谷尚文』は画像のクエストまでクリアすることでゲット可能です。 コラボクエスト「勇者の帰還」までクリアしましょう。 さて、グラサマのイベントクエストは基本的に、 周回をして、イベント装備や交換素材を集めることになります。 グラサマにはクリア時のドロップ量がアップするLUCKシステムが採用されています。 コラボイベントではコラボキャラの限界突破用ユニットがドロップするイベントが多く、今回の『盾の勇者の成り上がり』コラボでは 『岩谷尚文』のLUCKを上げていくことが可能です。 効果が即時発動。 『岩谷尚文』の強味の1つとして、奥義発動後すぐに"庇う"状態となります。 たとえば"庇う"持ちの最高峰ユニットとして『セティス』がいます。 庇う持ちとしては最高峰の『セティス』ですが・・・奥義or真奥義使用から、実際に効果が発動するまでにかなり長めのラグがあります。 それに対して『岩谷尚文』は、奥義使用後すぐに効果発動を確認できました。 奥義発動からの効果発動タイミングが即時な点はかなりの強味です。 「奥義」のため無効化ダメージが少々低く、効果発動時間も短いですが、 誰でも入手可能な配布ユニットで"庇う"効果持ちというだけでも評価に値するでしょう。 配布でこれだけの性能なら十分という印象です。 これまでも色々なコラボ限定配布キャラがいますが、『岩谷尚文』の性能は配布ならトップクラスでしょう。 アビリティも優秀です。 失敗すると単に自分を回復させるだけって感じ。 条件で真奥義の効果が変わる上、場面に応じて使い分けるということが難しい。 『岩谷尚文』は特別な状況でもない限り、奥義を使用するユニットになるでしょう。 次に真装備『スモールシールド』に関して。 性能は悪くないのですが新規ユーザーで無課金の方が取るのは、中々に厳しいです。 【コラボ期間限定装備】真『スモールシールド』 主人公キャラが配布ということで・・・なのかは分かりませんが、『岩谷尚文』には真装備が用意されています。 性能面 真『スモールシールド』は、性能面に関しては中々優秀。 次のような方には、交換の候補に入るかもしれません。 『盾の勇者の成り上がり』という作品が大好きな人や『岩谷尚文』が好きな人• 既存プレイヤーで庇うキャラを全く持っておらず、『岩谷尚文』で頑張ろうと思っている人• 期間限定装備は確保しておきたい人 他に庇うキャラを持っていれば、わざわざ『岩谷尚文』を防御枠として使うかは微妙なところ。 『セティス』や『ジェラルド』を持っている人にとって、 『岩谷尚文』は庇える運枠って感じなので、わざわざ真装備を担がせるほどではないと個人的には思っています。 チャレンジするクエストが不利属性とかキラーが乗るとか、岩谷の方が使いやすいといった場面もあるかもしれません。 たぶん私はサブ垢に犠牲になってもらうと思います。 どちらかと言えば、コラボガチャ限の『ラフタリア』の真装備"真『ラフタリアの剣』"の方が優先度は高いです。 ラフタリアが当たった人には ちなみに真装備の交換は5月1日いっぱいとなっています。 期間は十分にあるため、よく検討しましょう。 おわりに かなり長くなってしまいましたが、コラボ情報のまとめ・おすすめ当たりコラボキャラの紹介でした。 配置と攻撃順で勝敗が決する戦略ゲーム• 伝説傭兵"六魔星"がゲットできるドラフトクエストキャンペーン!• 複数コンテンツで利用可能なオート機能• 攻略が安定してくると毎週のダイヤ取得量が多い• キャラデザインがハイクオリティー 六魔星ドラフトクエストは初心者には入手・強化ともに難しい"六魔星"ユニットが強化済みの状態でゲット可能なキャンペーン。 ブラダスの自動周回機能に慣れると他のゲームのオート機能が物足りなくなります。 私のiPadは、ほぼブラダス専用機になりました。 『ブラウンダスト』.

次の

【パズドラ】エヴァコラボ遂に開催! 怒涛の新キャラ祭り!!【エヴァンゲリオンコラボ】

コラボ キャラ で ごう ぜ つ

アビリティ・毒状態の敵に対してダメージ100%アップ。 病気状態の敵に対してクリティカル率100%アップ。 蔵馬は幽遊白書コラボキャラで一番の当たりキャラです。 攻撃・援護に優れたアタッカー。 まず装備のバランスが良く、 援護装備5がある時点で初心者のうちはとてつもなく重宝します。 さらに奥義で奥義ゲージを上昇出来るため、• 奥義を発動しやすくなる• 援護装備と組み合わせると更に奥義ゲージの管理がしやすくなる あと蔵馬は援護だけでなく火力も高く、真奥義で敵の樹属性耐性を下げることが出来ます。 蔵馬自体もともと真奥義の火力が高いですが、樹属性耐性を下げることでさらに 1. 4倍くらい威力が上がります。 樹属性パーティを組む時にサブアタッカーとして活躍出来ます。 敵の闇属性耐性を下げることが出来るので、闇属性パーティを組むのであれば活躍できるキャラ。 奥義の耐性デバフ率が非常に高く• 真奥義の耐性デバフの効果持続時間は全キャラトップクラス ただし、闇属性パーティ自体、 初心者・中級者でも敷居が高く、飛影は上級者向け。 アビリティで奥義ゲージ自然上昇の効果がありますが、HPが90%以上でなければいけないのも、すこし初心者向けではない性能です。 戦闘開始時、奥義ゲージ80アップ 幽遊白書コラボガチャで 一番の外れキャラ。 ラックマックスの状態だと、クエスト開始時にいきなり真奥義を放つことが出来ます。 ただ真奥義はダメージ倍率は高い方ですが、ずば抜けて高いという訳でもないです。 なので中級者以上になると いきなり真奥義を発動できるメリットは少なくなってきます。 グラサマ初心者であればバトル開始時に真奥義を放つことが出来るのは結構重宝するので、完全に初心者向けのキャラ。 ただラック要因としては、イベントで入手出来るものと比べると強い部類です。 完全に使いこなすにはある程度グラサマをプレイしないといけないですが、CTが短かく威力の高い武器もあるので、単純に殴るだけでも強いです。 なのでリセマラはこだわらなくても問題ないです。 飛影の剣 飛影の剣は奥義ゲージを50もアップ出来るので、初心者向けの性能といえます。 ただし、クリティカル時限定なので、テラコンジャンクションなどの装備や飛影の真奥義などでクリティカル率を上げる必要があります。 この装備は通常の戦闘でもワンパンするのにも使える武器ですね。 グラサマを始めたての頃は普通に戦っていてもボスに勝てないので、ワンパンでクリアすることが多いです。 なので初心者でも使える部類の装備になっています。 敵の被ダメージアップは属性関係なく 味方全体の火力を上げることが出来るので使いやすいです。 敵を毒状態にすることができれば、 真装備クラスの被ダメージアップ効果を敵に与えることが出来ます。 ただ、毒状態に出来ないと無料で入手出来るイベント装備レベルの性能なので、そこまで強い武器とは言えないです。 毒にする確率が低い• CTが長い これらの点を踏まえると微妙な性能なので必須武器という訳ではないです。 自分自身にしか効果は適用されませんが、火力を大幅に上げることが出来ます。 ただし、条件が限定的で、.

次の

【ラスクラ】転スラコラボから始めた新規必見!最速最強攻略チャート2【ラストクラウディア】

コラボ キャラ で ごう ぜ つ

モンスター 特徴 点数 新キャラ 【スキル】フロア全範囲攻撃+気絶 【CS】周囲 24 攻撃+おびえ+七つの大罪または攻撃タイプキラー 【LS】水属性のおびえ確率を少し上げる 8. 5点 【スキル】強力な範囲指定攻撃+大やけど 【CS】周囲 24 攻撃+おびえ 【LS】ターン経過で火属性の攻撃力アップ 9. 5点 【スキル】強力な森エンハンス 【CS】フロア全範囲攻撃+気絶 【LS】10コンボ以上で攻撃力アップ 9. 5点 【スキル】ナナメ列攻撃&変換 【CS】縦3列攻撃+シビレ 【LS】七つの大罪または攻撃タイプのCS発動チェイン数を1減らす 8. 5点 【スキル】周囲 24 に七つの大罪または攻撃タイプの攻撃力に応じた攻撃 【CS】縦横ナナメ1列攻撃+やけど 【LS】七つの大罪またはドラゴンタイプからのダメージを軽減 7. 5点 【スキル】HP回復+プレイヤーの攻撃力アップ 【CS】十字ナナメ範囲 24 攻撃+HP回復+七つの大罪または悪魔タイプキラー 【LS】七つの大罪または支援タイプの攻撃力アップ 7. 0点 【スキル】ポコロンの色を無視して七つの大罪または悪魔タイプのモンスターを出現させる 【CS】全体攻撃+防御力ダウン 5. 5点 【スキル】フロア全範囲攻撃+気絶 【CS】周囲 24 に攻撃 5. 5点 【スキル】全体攻撃+毒 【CS】弓の攻撃範囲に攻撃 5. 0点 【スキル】ひし形範囲 12 攻撃+七つの大罪または回復キラー 【CS】ナナメ範囲 12 攻撃+HP回復 5. 10体のうち6体が極幻進化対象となっているぞ。 全てのコラボキャラがボイス付き 限定キャラは全てボイス付きだ。 七つの大罪コラボでは、ガチャキャラだけでなく、イベントクエストで入手できるキャラにもボイスが付いている。 10連ガチャには確定枠がある 10連ガチャは、コラボ限定キャラが1体確定となっている。 そのため、 10連で引くのがおすすめだ。 カットインがある!.

次の