麹 だけ で つくっ た あま さけ。 手づくり甘酒・麹

甘酒を飲んで血糖値を測ってみた~砂糖の代わりに甘酒を使うことについて~

麹 だけ で つくっ た あま さけ

飲む点滴??甘酒の糖質 時々「砂糖の代わりに甘酒を使っているんですけどいいですか?」 このような質問を受けます。 甘酒なら砂糖よりマシですよね? 無加糖の甘酒なら使っても大丈夫ですよね? このような意味のご質問だと思います。 僕も砂糖をやめたはじめの頃、しばらく『砂糖無添加』の甘酒飲んでました。 砂糖は入ってないし、材料は米麹だけだし、糖質には変わりないけど砂糖よりずっと「やさしそう」です。 穏やかに吸収されて、身体への負荷が少ないんじゃないかと思っていました。 でも先日ある人から、 甘酒は飲む点滴じゃないんですか?? という質問を受けて、強い違和感を覚えた。 「飲む点滴」という表現は、はじめて聞いたんです。 だれさ、そんなこと言ってるの。 で、早速ググってみると、出てくる出てくる(笑) 甘酒は飲む点滴とも言われ栄養豊富 栄養豊富で本物の点滴に成分が近い やさしい甘さでゆっくり吸収されるから身体に良い などなど。 はて、、甘酒ってそこまでいいものかな? 普通に考えると米を麹(カビの一種)で発酵させたものなので、米のデンプンを麹が分解してブドウ糖を作っています。 そう、甘酒に含まれる糖は 「ブドウ糖」なんです。 その分、お米のまま食べるよりも急速に吸収されるはず。 つまり、血糖の急上昇をもたらすんじゃないか。 いわゆる「血糖値」とは、血液中のブドウ糖濃度のことですし。 麹がデンプンをブドウ糖に分解するので、その分お米よりも甘く感じるのが甘酒。 麹の作用によって多少は栄養価が増えているかもしれませんし、発酵食品特有のメリットは何かしらありそうです。 でも、健康上の理由から砂糖をやめた人が代わりに使うものとしてはどうなのか? 疑問が強くなってきたので、ちょっと調べてみました。 2種類の甘酒 酒粕と米麹 甘酒には2種類あります。 一つは酒粕を使ったもの。 これは日本酒を作った時に出る搾りカスに水と砂糖を加えて作る甘酒です。 もう一つは、米麹の甘酒。 これは米麹に水を加えて保温し、発酵させて作るものです。 酒粕そのものは甘くないので、砂糖の代わりに使われるのは「米麹タイプ」の甘酒でしょうね。 米麹タイプの甘酒は、けっこう甘いです。 砂糖のような鋭い甘みではなく、もう少し優しい感じの甘み。 でも、砂糖をやめたり糖質を控えたりてる人にとっては 「糖の害」「糖の影響」がどの程度あるか気になるところです。 とりあえず手元の「食品別糖質量ハンドブック」で調べたところ、甘酒湯のみ一杯、150mlの糖質量が26.8gでした。 白がゆ茶碗一杯、150gの糖質量が23.5なので、これに近いですね。 甘酒は、発酵させたお米のスープみたいなものだと思います。 砂糖が良くない理由 さて、砂糖断ちするときの事を考えてみます。 優しい甘み、ゆっくりの吸収で「砂糖中毒」から離脱する助けになるなら、 甘酒の使用も役立つかもしれません。 そもそも「砂糖が良くない」という理由はいろいろありますが、 基本的なところは次のようなものでしょう。 血糖値が上がらなければいいかというと、そうとも言いえませんが、 食後血糖値の急激な上昇は血管に炎症を起こすと言われています。 やはり、避けた方がいいでしょう。 特に、体調の良くない人や砂糖依存状態の人は、しばらく血糖値を安定的にコントロールする必要があります。 健康上の理由で砂糖をやめなければいけないような人の多くは血糖調整機能が乱れ、疲れてしまっているからです。 甘酒と血糖値 そこで、甘酒を飲んで血糖値を測る実験をしてみました。 まず、近所のスーパーで「米麹タイプ」の甘酒を買ってきて、 裏に書かれているとおりの分量で水を足し、鍋に火をかけて作ります。 それを湯のみ1杯分、150ml飲んで血糖値の推移を見ました。 そして空腹時の血糖値を測ったあと、温めた甘酒を飲み干しました。 おう、、甘い。 普段甘いもの飲まないので、けっこう強い甘みを感じました。 でも、飲めないほどじゃありません。 その後の血糖値推移は次のようになりました。 これ、、僕の身体がおかしいのかな。 コーラだったらどうなる? とりあえず他の甘いドリンクと比べてみようと思い、翌日にコンビニで買ったコーラで同様の実験をしました。 カロリーゼロとかじゃなくて、ちゃんとした普通のコーラです。 量は同じ150ml、味は、、 すげー甘かった。 甘酒と比べても、ドギツイ甘さです。 さて、、結果は次の通り。 上昇幅を知りたかっただけなので、とりあえず2時間まで測りましたが、 コーラ大したことないですね。 普段甘いものや穀物も食べないので、甘酒にびっくりして急上昇したのかと思いましたが、 「急激に吸収されて危険」と言われる異性化糖入りのコーラを飲んでも、 血糖上昇は大したことありませんでした。 (量は甘酒150mgより少ないですが) でも、味覚的には甘酒よりもキツイ感じがしました。 (もう飲みたくない) 再び甘酒にチャレンジ その翌日、一回目の甘酒実験の結果に不信感があったので、 空腹時にもう一度甘酒を飲んでみました。 このレベルの糖質負荷で、血糖コントロールが乱れています。 この時、ほんの少しくらくらしてたので立派な低血糖状態です。 たぶん、違う人がやれば違った結果が出ると思います。 僕は以前、低血糖症の症状がかなり出てましたが、今でも強い糖質の負荷には耐えられないのかもしれません。 完全に健康な人の場合、空腹時の水準を大幅に下まわることはないらしいです。 ある程度の糖質負荷をかけても140mg程度までの上昇に抑えられ、下がった後も負荷前の空腹時血糖値より下がらないとされています。 ま、、元々大量の糖質食べていたので正常じゃなくても不思議はないのですが。 でも最近、趣味みたいな感じで時々血糖値を測っていて、このような急激な変化は初めてでした。 特に急上昇から一転、急降下して、元の半分近い低血糖になってしまったのは初めてです。 甘酒、、だからですかねぇ? 妻も甘酒にチャレンジ! 甘酒による血糖急上昇、、もしかしたら僕の「血糖調整機能」が壊れているだけかもしれません。 そこで、妻にも協力してもらいました。 妻は2時間も空腹を我慢するのは嫌だと言うので(笑) 寝起きで血糖値を測り、甘酒飲んだあと1時間までの血糖値推移を測りました。 これは僕よりも少ないですが、甘酒が血糖急上昇を招くことは僕以外でもありそうですね。 コーラは味覚が壊れそう もちろん、あくまで僕と妻の場合であって個人差があると思います。 でも、この体験からすると砂糖をやめて代わりに甘酒っていうのは、、あんまり意味ないかも。 やってみると次次といろんなことを思い付いて、糖質で同量のコーラだったらどうなるか? 甘酒と同じ糖質量の白砂糖を、お湯に溶かして飲んだらどうなか? さらに実験を続けたくなっちゃいましたが、 立てつづけにやると身体を壊しそう。 すでに今朝は調子が悪かったです(笑) しばしダメージを回復して、 そのうちまた続きをやりたいと思います。 (気が向いたら) ちなみに、コーラの血糖上昇は大したことありませんでしたが、 味覚的にはすげー甘かった。 あれ、、味覚壊れると思います。 個人的な体感ですが、味覚を壊す作用と歯を壊す作用は、 同じ量なら甘酒よりもコーラの方が強いと感じました。 「飲む点滴」と言うなら味噌汁でしょ ちなみに、 甘酒は飲む点滴んで栄養豊富 点滴にと同じ栄養が含まれる このようなことを書かれているサイトがいくつかありましたし、実際にそう思っている人がけっこういるようです。 でも、甘酒の栄養価は特別に高いものじゃないし、もちろん病院で使う点滴の成分とはぜんぜん違います。 点滴って、ベースは生理食塩水(0.9%の食塩水)ですから。 「飲む点滴」のような表現をするんだったら、出汁の効いた味噌汁の方がずっと適切だと思います。 甘酒が「飲む点滴」だと言われるのはおそらく、速やかに血糖値が上昇して一瞬 「満たされた感じ」がするからじゃないかな。 それって、砂糖や甘いドリンクがもたらす満足感と同じです。 習慣になれば身体を害してしまうでしょう。 健康にいいと思って、積極的に飲むようなものじゃなさそう。 調味料として砂糖の代わりに使うことについても慎重になった方が良さそうですね。 僕としては、あまりお勧めできないと思いました。 参考文献 『食品別糖質量ハンドブック』 江部 康二 監修.

次の

麹だけでつくったすっきりあまさけ新発売 | 八海山

麹 だけ で つくっ た あま さけ

【スポンサードリンク】 甘酒の作り方は米麹だけで作る! 材料は米麹と水だけです。 あとは、魔法瓶とキッチン用の温度計があれば簡単に作る事ができます。 これ以上高くなると、 酵素自体が破壊されてしまうので高温になり過ぎないように注意しましょう。 (温度が高過ぎても低すぎてもうまくできません。 米麹の発酵には温度管理が大切ですので温度計でしっかり温度管理をして下さい。 低すぎるようであれば発酵に影響が出ますのでもう一度温度を測って調整して下さい。 一度魔法瓶にいれたら、普通は触らなくてもいいのですが、もし、ご使用の魔法瓶の保温時間が短い場合や保温機能が良くないような場合は、途中で温度を測ってみます。 甘酒の保存方法は? 出来上がった甘酒はすぐに飲み切れる量であれば、 冷蔵庫に入れてなるべく早く飲み切ります。 大量に作って保存したい場合は、 出来上がった甘酒を加熱する事で長持ちします。 加熱の仕方は、中火でコトコトひと煮立ちさせて火を止めます。 こうすることで 日を追うごとに酸っぱくなっていくのを防ぐことが出来ます。 火を入れると 冷蔵庫で2週間ぐらいは持ちます。 もっと 長期で場合は冷凍保存もできます。 少しずつ小分けにすれば少しずつ使えて便利です。 ただ、せっかく手作りで甘酒を作るなら、酵素パワーも一緒に頂きたいものです。 火を入れると保存性は高まりますが、酵素は破壊されてしまいます。 余裕がある方は毎日少しずつ作り、作りたての新鮮な火入れをしていない状態で頂くのもいいかもしれませんね。 甘酒の酒粕と麹の違いは? 甘酒と一言で言っても、 甘酒には、原料と製法が違う 「酒粕(さけかす)で作る 甘酒」と 「米麹(こめこうじ)で作る甘酒」の 2種類があります。 それぞれ違った特徴があり、好みが分かれるところです。 ・甘さを出すために砂糖を入れているのでカロリーが高め。 ・アルコールが含まれる ・お酒独特のにおいがある。 ・砂糖の甘さではなく、発酵する事による自然な甘みである。 ・ノンアルコールである。 ・においが少ない。 *子供や妊婦、アルコールのダメな人は、米麹の甘酒を選びましょう。 麹の甘酒の一番のポイントは温度にあります。 最近はヨーグルトメーカーで甘酒に適した温度に設定できる機能が付いたものも売られていますがお値段が少々お高めのようです。 その点、魔法瓶なら持っている方も多いですし、もし購入するにしてもお値段も手ごろで使い勝手がよく甘酒に使わなくても使用頻度は高いので一つあれば何かと便利なものです。 甘酒を作るには 保温時間が8時間以上あるものの方が失敗なく作れます。 美容や健康に良い甘酒を手作りしてぜひ日々の生活に取り入れてみて下さい。

次の

人気の「甘酒」の隠れた危険性と、健康のための正しい飲み方

麹 だけ で つくっ た あま さけ

【スポンサードリンク】 甘酒の作り方は米麹だけで作る! 材料は米麹と水だけです。 あとは、魔法瓶とキッチン用の温度計があれば簡単に作る事ができます。 これ以上高くなると、 酵素自体が破壊されてしまうので高温になり過ぎないように注意しましょう。 (温度が高過ぎても低すぎてもうまくできません。 米麹の発酵には温度管理が大切ですので温度計でしっかり温度管理をして下さい。 低すぎるようであれば発酵に影響が出ますのでもう一度温度を測って調整して下さい。 一度魔法瓶にいれたら、普通は触らなくてもいいのですが、もし、ご使用の魔法瓶の保温時間が短い場合や保温機能が良くないような場合は、途中で温度を測ってみます。 甘酒の保存方法は? 出来上がった甘酒はすぐに飲み切れる量であれば、 冷蔵庫に入れてなるべく早く飲み切ります。 大量に作って保存したい場合は、 出来上がった甘酒を加熱する事で長持ちします。 加熱の仕方は、中火でコトコトひと煮立ちさせて火を止めます。 こうすることで 日を追うごとに酸っぱくなっていくのを防ぐことが出来ます。 火を入れると 冷蔵庫で2週間ぐらいは持ちます。 もっと 長期で場合は冷凍保存もできます。 少しずつ小分けにすれば少しずつ使えて便利です。 ただ、せっかく手作りで甘酒を作るなら、酵素パワーも一緒に頂きたいものです。 火を入れると保存性は高まりますが、酵素は破壊されてしまいます。 余裕がある方は毎日少しずつ作り、作りたての新鮮な火入れをしていない状態で頂くのもいいかもしれませんね。 甘酒の酒粕と麹の違いは? 甘酒と一言で言っても、 甘酒には、原料と製法が違う 「酒粕(さけかす)で作る 甘酒」と 「米麹(こめこうじ)で作る甘酒」の 2種類があります。 それぞれ違った特徴があり、好みが分かれるところです。 ・甘さを出すために砂糖を入れているのでカロリーが高め。 ・アルコールが含まれる ・お酒独特のにおいがある。 ・砂糖の甘さではなく、発酵する事による自然な甘みである。 ・ノンアルコールである。 ・においが少ない。 *子供や妊婦、アルコールのダメな人は、米麹の甘酒を選びましょう。 麹の甘酒の一番のポイントは温度にあります。 最近はヨーグルトメーカーで甘酒に適した温度に設定できる機能が付いたものも売られていますがお値段が少々お高めのようです。 その点、魔法瓶なら持っている方も多いですし、もし購入するにしてもお値段も手ごろで使い勝手がよく甘酒に使わなくても使用頻度は高いので一つあれば何かと便利なものです。 甘酒を作るには 保温時間が8時間以上あるものの方が失敗なく作れます。 美容や健康に良い甘酒を手作りしてぜひ日々の生活に取り入れてみて下さい。

次の