東武動物公園 入園料。 【最大900円オフ】東武動物公園を最安値料金でお得に安く入園して遊ぶ割引優待クーポン情報│ポントク お得で安い割引優待クーポン情報

【最大900円オフ】東武動物公園を最安値料金でお得に安く入園して遊ぶ割引優待クーポン情報│ポントク お得で安い割引優待クーポン情報

東武動物公園 入園料

Contents• 東武動物公園の場所とアクセス 住所 埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110 電話番号 0480-93-1200 専用の駐車場があり3000台駐車することができます。 駐車料金は普通車で1000円です。 かなり広い敷地なので、代表の住所を入力してしまうと駐車場のない東ゲート側にナビゲートされる可能性があるので、カーナビには西ゲートがある「埼玉県白岡市爪田ケ谷425」を入力した方がいいです。 最寄り駅は東武スカイツリーラインの東武動物公園駅で、西口を出て歩いて10分程度で着きます。 路線バスもありますが、個人的には電車の方がおすすめです。 東武動物公園の入園料や休園日は? 入園料 18歳以上・1800円 中学高校生・1500円 3歳~11歳・800円 60歳以上・1100円 (証明できるものが必要) 入園料と遊園地の乗り物乗り放題のワンデーパスもあります。 18歳以上・5100円 中学高校生・1500円 コンビニで前売りチケットが販売されていて、割引料金で購入できます。 東部鉄道のきっぷと入園券がセットになった東部動物園きっぷもお得です。 開園時間 日によって異なり、早い時には閉園時間が16時30分という時もあるので、行く前にはにホームページなどでチェックした方がいいです。 休園日 1月の火、水曜日 2月の火、水、木曜日 6月の水曜日 東武動物公園の体験談 動物の数が多かったです。 遊園地にも行ったので、全部の動物を見ることができませんでした。 見たかったのはホワイトタイガーで、真っ白で(トラの模様はあります)目もうっすら青くてちょっと神々しい感じがしました。 有料ですがホワイトタイガーにおやつをあげることができるんですよ。 おやつといっても肉ですが 笑。 毎週土曜日のみで11時から先着15組なので、気になる人は少し早めに行った方がいいかもしれないです。 長い鉄の串に肉をさしてホワイトタイガーにあげるんですが、柵越しとはいえかなりの迫力が。 子供さんはちょっと怖がってしまうかもしれません。 動物と触れ合える場所もあるんですが、そこにはアルパカがいて触ってきました。 CMでしか見たことなかったんですが、目がクリクリしててめちゃくちゃかわいい。 もふもふのふわふわでずっと触っていたかったです。 動物園をメインに考えていたので、遊園地では少ししか遊びませんでした。 一番印象に残っているのがジェットコースターの「カワセミ」 動物園と一緒にあるから、そんなに怖くないだろうと思って乗ったんですが、あなどってました。 角度が結構あって速度も速いので、かなり怖かったです。 景色を見ようと思ってたんですが、怖くてほとんど目を閉じていたので景色は見られずじまい…。 東武動物公園に行った感想まとめ とにかく広いです。 何も考えずにとりあえず奥まで行ってしまったので、見たい動物の所に行くのにかなり時間がかかってしまいました。 動物も120種類ほどいるので、前もって見たい動物を決めておくとか、園内マップで行き順を決めておいた方がいいです。 歩く距離も長くなる可能があるので、子供連れの場合は抱っこひもはもちろん、ベビーカーがあった方がいいと思います。 食事は園内にレストランがありますが、待つ可能性があるので余裕をもって行った方がよさそうです。 混んでる時には名前だけ書いて、近くの動物を見に行くという裏技?も。 園内には芝生のあるスペースもあるので、売店で何か買ってとかお弁当を持って行って食べるというのもアリですね。 動物を見て、触れてなおかつ遊園地でも遊べるので 夏場はプールもあります)、大人も子供も楽しく過ごせますよ。

次の

開園時間・休園日・入園料 | 多摩動物公園公式サイト

東武動物公園 入園料

東ゲートから入園すると出迎えてくれるカバの銅像 東武動物公園は、遊園地と動物園が融合したハイブリッド・レジャーランドです。 首都圏からアクセスしやすい埼玉県東部にあり、夏にはプールや花火も楽しむことができます。 動物園にはライオン、象、キリン、ホワイトタイガーなどの大型動物から、ヤギやモルモットなどの触れる小動物まで、全120種・1200頭の動物が飼育されています。 遊園地エリアは、2つの大型ジェットコースターを筆頭に、観覧車やSLなどのゆったりとした乗り物まで幅広くラインナップされています。 さらに、東武動物公園は夏季はプール営業を行なっており、スライダーや波のプールで涼しく遊ぶこともできますよ。 いろいろな遊び方で、1日たっぷり楽しめるレジャー施設です。 正式なイベント名は「ウィンターイルミネーション2018-2019」です。 2018年は開催10年目を迎え、過去最大300万球の電球が園内を彩ります。 入園する時間や、乗り物に乗りたいかどうかで必要なチケットが変わりますので、どのチケットを買うべきかの参考にしてください。 まずチケットの購入前に、以下の2つのポイントを押さえておきましょう。 もし乗り物に乗りたい場合は別途乗り物券を買う必要があります。 15時以降、園内のチケット売り場で販売されます。 日中に入園券のみで入園し、夜からアトラクションにたくさん乗りたいという人はこちらを追加で購入しましょう。 「コンビニ前売イルミネーションパス」は15時から入園券+のりもの乗り放題フリーパスがセットになっていて、東武動物公園のチケット窓口で購入するよりもお得な値段になっています。 詳細は次の通りです。 これは関東の都県の記念日に、子供~学生の入園が無料になるというもの。 この「県民の日ご優待デー」とイルミネーション開催日が重なり、無料で入園できる日があるんです! 2018年の開催日は11月14日(水)の「埼玉県民の日」! この日はなんと埼玉県民に限らず、全国どこに住んでいる人でも3歳〜大学生(短大・専門学生含む)までなら入園無料になります。 なお、中学生までは年齢が分かる身分証明書、高校生以上は「顔写真付きの学生証」、「顔写真付きの在学が確認できる証明書」の提示が必要になります。 証明書がないと入園無料になりませんので、忘れずに持っていきましょう! 東武動物公園のイルミネーション:アクセス 最寄り駅の東武動物公園駅西口 東武動物公園は都心からもアクセスしやすい場所にあります。 主なアクセス方法は以下の通りです。 西口を出て徒歩7分、約600mで東武動物公園の東ゲートに到着します。 西口から東武動物公園の東ゲートに向かう路線バスが出ています。 東武動物公園駅からレンタサイクルを利用する場合は東ゲートを目指しましょう。 またETC搭載車なら東北自動車道の蓮田スマートICから約15分で到着できます。 それぞれにメリット/デメリットがありますので、どちらに駐めるか決めてから出かけましょう。 先にも書きましたが、イルミネーションは主に東ゲート~園内中央エリアを中心に開催されます。 西ゲートの直営駐車場 西ゲートには東武動物公園の直営駐車場があります。 約3000台と収容台数が多く、プールや動物園エリアが近いのが魅力です。 駐車料金は次の通りです。 平日ならば直営駐車場よりも安く駐められて、遊園地エリアに近いのが魅力です。 イルミネーションも東ゲート寄りに展開されますので、混雑しない時期に行くなら東ゲートの民間駐車場を利用するのが便利です。 駐車場&園内の混雑:要注意混雑日以外は心配しなくてOK 過去5年のイルミネーションに行った人の感想を調べると、11月~2月の各週末でも基本的にそこまでひどい混雑に遭ったという情報はありませんでした。 東武動物公園は電車&徒歩、電車&バス、そして車と来園者のアクセス方法が分散するため、交通機関の混乱が起きにくいようです。 駐車場も西ゲートの公営駐車場は3000台とかなりの規模なので、超人気スポットのように「駐車場に入るまで1時間」といったことはありません。 また、開催期間中はイルミネーションを上空から見ることができる観覧車が人気の乗り物ですが、こちらも最長15分程度の待ち時間で乗れるとのこと。 東武動物公園の観覧車「エマさんのチーズ風車」は最高到達点が約51メートルなので、園内のイルミネーションを一望するのにピッタリです! 2018年の要注意混雑日:12月22日(土)~25日(火) 基本的に混雑があまり起きない東武動物公園のイルミネーションですが、混雑要注意な日はあります。 2018年の要注意日は次の4日間です。 ロマンチックなクリスマスを過ごす家族連れやカップルで混雑することが予想されますので、多少の混雑や待ち時間は覚悟の上で出かけましょう。 車と公共交通機関を選べるならば、公共交通機関でのお出かけがおすすめです。

次の

【東武動物公園】クーポンで2800円も割引に!のりものはライドパスよりワンデーパスがお得

東武動物公園 入園料

「バックステージ」東武動物公園の経費大公開? 2020年4月5日放送「バックステージ」で、東武動物園の経費が大公開されます。 「バックステージ」東武動物公園の動物たちのエサ代は? そんなリアルな「経費」を見せてくれたのは、関東最大級の動物園、東武動物公園です! 経理担当者に見せてもらったのは「メキシコ産馬肉フォア冷凍600キログラム/36万8280円」の請求書です。 こちらの馬肉を食べているのは、全世界でおよそ250頭、国内で30頭ほどしかいない希少種のホワイトタイガーです。 そして、ライオン、ヒョウなどの肉食動物たちです。 全120種類1200頭の動物たちが飼育されている東武動物公園のエサ代は、年間4000万円かかると言います。 中でも最も高額なのは「USチモシー」というもの。 イネ科の植物で、ラクダ、キリン、ゾウなどの草食動物が食べる干し草なのですが、気になるそのお値段はいくらでしょうか? さらに、シロテテナガザル、マンドリルなどが食べるリンゴは年間218万円です。 週2回仕入れる新鮮なリンゴをそれぞれの動物に合わせて切り分ける手捌きとスピードに注目です! エサの与え方にも動物の生態を知り尽くしている飼育係ならではの工夫がありました。 そのほか、年間ダンプ12台分の「真砂土」を購入する理由、あらゆるものをすぐに修理する飼育係の卓越したテクニックなど、知られざる裏側を大公開します! 「バックステージ」東武動物公園のアクセスや入園料は? 東武動物園は、渋谷駅から直通で約80分の好アクセスで、絶叫アトラクション、かわいい動物とのふれあい、さらに夏にはプールまで楽しめちゃう、遊びの全部盛りのようなレジャーランドなのです。 埼玉県宮代町と白岡市にまたがって立地する東武動物公園。 54万平方メートルの敷地に、遊園地、動物園、花と植物の広場が併設された一大レジャーランドです。 都心からなら、東京メトロ・半蔵門線直通の東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)で乗り換えなしで気軽に行けるのが魅力です。 最寄りの「東武動物公園駅」から、徒歩なら約10分、路線バスなら約5分でアクセスできます(「東武動物公園停留所」下車)。 入園料は、「入園のみ」の場合は大人1,700円・子ども700円、「のりもの乗り放題のワンデーパス」は大人4,800円・子ども3,700円です。 「入園のみ」を購入して乗り物に乗る場合は、「ライドパス(のりもの乗り放題)」大人3,300円・子ども3,000円、もしくは「のりもの券」1枚100円(アトラクションによって必要枚数が異なる)を園内で購入する必要があります。 もちろん、どちらのエリアを行き来しても大丈夫なので、好きなコースで回ることができます。 絶叫アトラクションに乗った後に動物たちに癒されるもよし、迫力のホワイトタイガーを見た後に観覧車からゆったりと景色を楽しむのもよし。 遊園地・動物園をハイブリッドに遊び尽くすことができます。

次の