ブログ 稼げない人。 あなたのブログが稼げない本当の理由・収益の基本を理解しよう!

あなたのブログが稼げない本当の理由・収益の基本を理解しよう!

ブログ 稼げない人

タップできる【目次】• 売上やアクセスがなかなか増えなくても、 正しい方法でまじめにコツコツ続けられること。 ブログで稼げるかどうかは、ぶっちゃけ半分以上はこれで決まってしまいます。 どんなに才能があるひとでも、ブログを0から開設してすぐに売上をあげることは不可能でしょう。 月数万円ほどの収入を得るためには、ふつうは1年、上手い人でも半年、遅い人だと2〜3年はかかります。 質の良い記事が書けるようになるまで、検索エンジンに評価されるSEOに強いブログに育つためには、 物理的にどうしてもそのくらいの時間がかかってしまうのです。 熱しやすい=色々なことに興味を持てる 冷めやすい=役に立たないものを躊躇なく捨てられる …ということですので、 ビジネス的にはプラスの側面が大きいんですよね。 僕も昔から熱しやすく冷めやすい、ミーハーな人間だと馬鹿にされてきましたが、 ブログに関してはその性格がプラスに働いていると感じます。 色々なことに興味がある人の文章は、内容に厚みがあって面白いんですよね。 おなじことについて書かれた記事でも、他の人とは ちょっと違った視点から観察されていたりして、とても興味深い内容になります。 また、多趣味で色んなことに興味が持てる人は単純に ネタが豊富です。 ブログを長く続ける場合、 ネタの多さは大きな武器になりますからね。 あの人とか… あの人とか… 思い当たるフシはあるよね? なにかに悩んでそれを克服した経験のある人、 ひねくれていて普通とは違う視点で物事を観察できる人、 鬱屈して世の中に不平不満がある人… こういう人の方がよっぽどブログで稼ぐ素養があると思うんですよね。 実際、 ブログで稼げている人というのはおおむね変態です。 変態が書く記事には、悔しいけど勝てないなぁ〜って思いますよね。 執念が違いますから。

次の

ブログで稼げない人の理由を月6桁ブロガーが解説します【僕も1年間は稼げなかった】

ブログ 稼げない人

残念ですが、これ、全部幻想です。 ブログを始めてもは稼げないという現実を認めましょう。 たしかに、Twitterではアフィリエイターやブロガーさんがブログを開設して、お金を稼いでいます。 代表例が さん SEO報告:1位を量産しました😌 ブログを700日ほど毎日更新したら、月間170万PVになり、月間収益は「500万円くらい」になりました。 世の中には「稼いでいるか怪しい人」が多いので、僕はすべて公開しています。 ノウハウは無料公開しています — マナブ バンコク manabubannai ブログで稼げたらいいですよね… 私も、ブログで稼いでいる方に憧れて、Wordpressを準備し、サーバーを設置して、ブログを書き始めました。 しかし、 9ヶ月近く運営した今でも、ほとんど稼げていません!悔しい! ということで今回は、ブ ログを始めても稼げない現実をお話しようと思います。 ネットに転がっているブログの教材はあらかた読み、大体の知識はインプットした状態で、ある程度戦略を練ってブログ運営をおこなっています。 Remublogのテーマについて WordPressのブログには大きく2つの特徴があります。 雑記ブログか、特記ブログかの2択です。 前者は日常生活をつらつら書き、後者は特定のトピックについて集中的に書いていきます。 私のRemublogはプログラミングをテーマにした特記ブログサイトです。 継続歴 2019年の3月から始めました。 本記事を書いているのは11月の下旬なので継続歴は主に 9ヶ月くらいですね。 途中、留学などで2ヶ月ほどまるまるブログ更新をストップしました。 テーマや環境について WordPressは独自ドメインに設置し、テーマは無料テーマの中でもっとも有名なCocoonというテーマを使用しています。 それでは、wordpressのブログを運営して、実際に稼げているお金を解説していきます。 ブログを運営して稼げている金額 結論から言うと、月に10,000円前後です。 という感じです。 全然ブログで稼げていないですね。 ブロガーやアフィエイタートップの方々は月にブログで1000万近く稼いでいます。 ちなみに、最高月収は3万円です。 ブログで稼げない理由はなに? ブログで稼げない理由って一体なんなんでしょうか? 私が思い当たる節を、いくつかご紹介させていただこうと思います。 ブログを書き続けることが難しい まず、 ブログで稼げない理由の第一位がブログを書き続けることが難しいとという点です。 どの分野においても、稼げる人と稼げない人の差は明確です。 どれだけ努力したかしていないかです。 ブログにおいても同じで、たくさんブログ記事を書いた人は稼げるようになりますし、ブログ記事が少ない人は稼げません。 稼げない理由はシンプルなのです。 Youtubeなどでも同じですが、毎日更新をすることがとても重要ですね。 ブログも同じで、稼げない人の多くが毎日更新をしていないためです。 毎日更新をしていなかったり、記事数が少なかったりすると、Googleが『こいつサボっているな』とか『頑張っていないから、検索しても上位表示されないようにしたろ』という嫌がらせを受けてしまいます。 とはいえ、ブログを毎日更新するのは非常に根気のいる作業です。 私が書いているこの記事も、以下のようなステップを踏んでいます。 などなど、文章で気をつけることは無限に存在します。 文章が書くのが下手くそだと、ブログで稼げないのは明白です。 マーケティングスキル マーケティング、つまり、 どうしたらブログを読んでもらえるかを考えるということですね。 言い換えると、ブログで稼ぐためにどうしたらいいかを考える方法でもあります。 ブログで稼げないのであれば、どのようしたら稼げない状況から抜け出せるのかをひたすら考えます。 マーケティングの手法は様々で、代表例をあげると Twitterの活用でしょう。 Twitterで記事の拡散を狙うというマーケティングの手法ですね。 ただし、Twitterでつぶやいたところで記事を見てもらえるほど甘くはありません。 このように、ブログを書くといっても、勉強する内容がいっぱいあり、インプット仕切れなかったり、知識をアップデートすることができない人もいます。 そうなってくると、一生稼げないままですね。 検索上位表示させることが難しい また、ブログで稼げないのは競争相手が大勢いるせいもあります。 いわずもがなですが、ブログは初期投資がほとんどかからずに始められるビジネスの一形態です。 そのためブログを始めようと志す人はたくさんいます。 要するに、 ライバルがたくさんいると言うことです。 また、ブログは昔からあるため、古参の方々もいっぱいいらっしゃいます。 古参の方々は、稼げなかった時期を卒業し、稼ぐノウハウや記事の質もかなり高いものが多いです。 そのため、 ブログで稼ぐには、この新規勢力を蹴落としながら、先輩方を越えていく必要があるわけです。 すごくかっこいいのですが、実行するのはかなり難しいです。 稼げないのが当たり前なので、稼ぐ前にメンタルが折られてしまうこともあるでしょう。 結果が出るまで、3ヶ月以上ガマンする必要がある 最後に紹介する稼げない理由が、 結果が出るまで最低3ヶ月感待つ必要があるということです。 多くの人が、この3ヶ月を待てず、稼げないまま離脱していきます。 なぜ、ブログで稼げるようになるまで最低3ヶ月必要なのでしょうか? その理由はSEOというGoogleの検索順位に関係するシステムにあります。 このSEOというシステムは優しくありません。 駆け出しのブロガーが書いた記事は基本的に評価してくれないのです。 くわえて、競合記事が多ければ多いほど記事の評価は後回しになり、記事が認識されて評価されるまで、3-6ヶ月近くかかることもあります。 そのため、ブロガーさんは稼げない状況で最低でも3ヶ月無給でブログを書く必要があるわけですね。 しかも、書いた記事が評価されると言う保証はどこにもありません。 稼げるかわからない不安の中、1日3時間の執筆時間と、SEOの勉強時間を確保できますか? ブログで稼げない理由がわかってきたのではないでしょうか? まとめ:稼げなくても始める理由を作る このように、 ブログを始めても、実際に稼げるようになるのは至難の業です。 重要なのは、ブログで稼げなくてもブログを継続する意味を見出すことです。 僕がRemublogを始めたきっかけは、『 プログラミングの情報を発信して、格差社会是正をおこなう』ため。 もちろん、お金を稼ぎたいという思いはあります。 しかし、僕が稼げなくてもブログを続けられているのは、稼ぐ以外の軸があるからです。 みなさんも、ブログを始める時は、稼げない前提で始めて下さい。 その上で、ブログを選ぶ意味をしっかりと立ててみてください。

次の

【残念】副業ブログで稼げない人の特徴:月5万円稼ぐコツも解説する

ブログ 稼げない人

タップ出来る目次• なぜ9割もの人がブログをやめてしまうのか? 誰もきっちり人数を数えた訳では無いのですが、体感で9割ほどの人が居なくなってしまうという事なんでしょう。 ブログ開設3か月が経った時も 、評判通り1~2割の同期の方が居なくなっていると感じました。 Twitterで数か月やり取りがあっただけの関係と言ってしまえばそれまでなのですが、やっぱり寂しいものは寂しいです。 かと言って、自分に何ができる訳ではないのですが…。 なので、今こうやって記録も兼ねつつ、これから迎える 誰かのその時に、少しでも背中が押せるような記事が書けたらなと思っています。 ブログを続けることができない9割の人達、その原因は何のでしょうか? 個人的見解はこうです👇👇👇 割に合わねぇ!! そりゃ辞めたくもなりますよ…。 好きなことだけ書いている時期はいいんです。 好きなことならいくらでも書けるし、 『自分はブログを書くのがこんなにも好きだったのか』とさえ錯覚しそうになります。 これが実はそうでは無かったりしますもんね…。 いざ検索流入やマネタイズを意識した途端、1文字も書けなくなる。 今まさに僕が悩んでいるところです。 涙 思うように稼げない 上にも書きましたが、3か月や半年ではブログはお金にはならないことが多いです。 僕がはじめの3か月、ブログを書くことで得たお金が 4,000円弱。 日当に換算すると約45円。 そしてブログで稼げたことが無い、今も稼げていない人間にとって 『 これ本当にお金になる時はくるの? 』という不安は必ず出てくるはず。 【稼げたことが無い=手応えが無い】 でしょうし、手応えが無い中、月に何十時間も費やして記事を書き続けるのは恐怖でしかないでしょう。 ブログビジネスは初期投資こそ僅かですが、 ごっそりと時間を持っていかれますから。 【時間もお金も同義】 と考えると、 日々損失を重ねていると考え始めてしまうのも無理もないかと思います。 時間も労働力も立派な資産ですから、お金はかかっていませんが確かにこれでは 大赤字です。 Twitterを併用する上で得られるメリット 〇TwitterからのPV流入が期待できる 〇ブロガー仲間がたくさん作れる 〇ブログで稼ぐ上での活きた情報がたくさん手に入る 僕はこのおかげでなんとかPVが増えなくても、収益が上がらなくても今日まで続けてこられました。 『3か月だったらこんなものか』 『半年のあの人であれぐらいか』 という風に、Twitterに有る情報から自分の立ち位置がぼんやりとみえてくるのです。 これが僕にとっては安心に繋がっています。 真っ暗闇にポツンポツンと街灯が見えたような気がしました。 『進むべき方向は合っていて、自分は今この辺りに居るのだな』 と、確認できる気になるのです。 もしまだTwitterのアカウントをお持ちでないブロガーさんは、是非アカウントの開設をおすすめします! あわせて読みたい とにかくマイペース マイペースであること。 これもどうやらかなり重要なようです。 始めたばかりの熱をそのままに 『 絶対毎日更新!』 『 休みは何がなんでも3記事書くぞ!!』 なんて。 これも時には良いのかも知れませんが、どうやら勢いは続かない事が多いようです。 涙 稀にこのまま行ってそのまま稼ぐ人もいるみたいですが、それはかなりのレアケースかと。 無理のない、自分の出来る範囲を超えない事はかなり重要かと思います。 目的を『稼ぐ』から『続ける』に これは少し感覚的なもので、人によって捉え方はさまざまかも知れません。 僕は今、 ブログで食べていけるようになるために取り組んでますが、その上で【 稼ぐためではなく、続けるための意識】にシフトチェンジしようと考えています。 というのも、 稼ぐために費やした時間や労力の対価が 1日50円だと思うから心が折れる訳で、今の段階で『 自分の物差しで計れるものではない』という風に考えることが出来れば、それだけで心が軽くなります。 だって計れないってことは考えても分からないんですから。 それは 考えなくていいという事です。 バカみたいな話ですが 【ブログで稼ぐ】ということはこういう事なんだという結論にたどり着きました。 ブログはやめる人が9割 まとめ• アクセスが伸びずむなしい• 書くことが無くなった• まったく稼げない• Twitter併用は相性Good• マイペースが1番大事• 「稼ぐ」より「続ける」の意識 ということになりました。 書いてて自分でも腑に落ちた気になりました。 これでまたブログ続けられそうです。 笑 最後に 僕は今のブログを開設して まだ1年なので、PV数が無くても、収益が無くても、どうにかモチベーションをキープ出来ています。 これが2年経った時、どのような心境の変化があるかは想像もつきません。 もしかしたら 半年後にはブログを辞めてしまっている可能性 だってあるし、1年後に『あの時ブログ始めてよかったなぁ』などと、しっかり収益が出始めている可能性もあります。 それは誰にも分かりませんが、1つ言えるのは 【ブログを書こうと思い立った日の気持ちを忘れないようにしたい】ということ。 なぜ自分はブログを始めたのか? これさえ忘れず、その想いの鮮度を保つことさえ止めなければ、自ずと望む結果が待っていると僕は信じています。 一緒に今を乗り越えて、ブログでしっかり稼いでやりましょう! ここまで読んでくれてありがとうございました。

次の