コナン短編集。 コナン短編

楽天ブックス: シャーロック・ホームズ傑作短編集

コナン短編集

汽車の窓から怪しい空を 覗 のぞいていると降り出して来た。 それが 細 こまかい 糠雨 ぬかあめなので、雨としてよりはむしろ草木を 濡 ぬらす 淋 さびしい色として自分の眼に映った。 三人はこの頃の天気を恐れてみんな 護謨合羽 ゴムがっぱを用意していた。 けれどもそれがいざ役に立つとなるとけっして 嬉 うれしい顔はしなかった。 彼らはその日の 佗 わびしさから 推 おして、 二日後 ふつかごに来る暗い 夜 よるの景色を想像したのである。 「十三日に降ったら大変だなあ」とOが 独言 ひとりごとのように云った。 「天気の時より病人が増えるだろう」と自分も気のなさそうに返事をした。 Yは 停車場 ステーション前で買った新聞に読み 耽 ふけったまま一口も物を云わなかった。 雨はいつの 間 まにか強くなって、 窓硝子 まどガラスに、砕けた 露 つゆの 球 たまのようなものが見え始めた。 自分は閑静な 車輛 しゃりょうのなかで、先年英国のエドワード帝を 葬 ほうぶった時、五千人の卒倒者を 出 いだした事などを思い出したりした。 汽車を下りて車に乗った時から、秋の感じはなお強くなった。 幌 ほろの間から見ると車の前にある山が青く 濡 ぬれ切っている。 その青いなかの 切通 きりどおしへ三人の車が静かにかかって行く。 車夫は 草鞋 わらじも 足袋 たびも 穿 はかずに 素足 すあしを柔かそうな土の上に踏みつけて、腰の力で車を 爪先上 つまさきのぼりに引き上げる。 すると左右を 鎖 とざす一面の 芒 すすきの根から 爽 さわやかな虫の 音 ねが聞え出した。 それが 幌 ほろを打つ雨の音に打ち勝つように高く自分の耳に響いた時、自分はこの 果 はてしもない虫の 音 ねに 伴 つれて、果しもない芒の 簇 むらがりを眼も及ばない遠くに想像した。 そうしてそれを自分が今取り巻かれている秋の代表者のごとくに感じた。 この青い秋のなかに、三人はまた 真赤 まっかな 鶏頭 けいとうを見つけた。 その 鮮 あざやかな色の 傍 そばには 掛茶屋 かけぢゃやめいた家があって、縁台の上に枝豆の 殻 からを干したまま積んであった。 木槿 むくげかと思われる真白な花もここかしこに見られた。 やがて車夫が 梶棒 かじぼうを 下 おろした。 暗い幌の中を出ると、高い石段の上に 萱葺 かやぶきの山門が見えた。 Oは石段を 上 のぼる前に、門前の 稲田 いなだの 縁 ふちに立って小便をした。 自分も用心のため、すぐ彼の傍へ行って 顰 ひんに 倣 ならった。 それから三人前後して濡れた石を 踏 ふみながら 典座寮 てんぞりょうと書いた 懸札 かけふだの眼につく 庫裡 くりから案内を 乞 こうて座敷へ上った。 老師に会うのは約二十年ぶりである。 東京からわざわざ会いに来た自分には、老師の顔を見るや否や、席に着かぬ前から、すぐそれと解ったが先方では自分を全く忘れていた。 私はと云って 挨拶 あいさつをした時老師はいやまるで 御見逸 おみそれ申しましたと、改めて 久濶 きゅうかつを叙したあとで、久しい事になりますな、もうかれこれ二十年になりますからなどと云った。 けれどもその二十年後の今、自分の眼の前に現れた 小作 こづくりな老師は、二十年前と大して変ってはいなかった。 ただ心持色が白くなったのと、年のせいか顔にどこか 愛嬌 あいきょうがついたのが自分の予期と少し 異 ことなるだけで、他は昔のままのS禅師であった。 「私ももう 直 じき五十二になります」 自分は老師のこの言葉を聞いた時、なるほど若く見えるはずだと 合点 がてんが行った。 実をいうと今まで腹の中では老師の 年歯 としを六十ぐらいに 勘定 かんじょうしていた。 しかし今ようやく五十一二とすると、昔自分が 相見 しょうけんの礼を 執 とった頃はまだ三十を 超 こえたばかりの壮年だったのである。 それでも老師は知識であった。 知識であったから、自分の眼には比較的 老 ふけて見えたのだろう。 いっしょに連れて行った二人を老師に引き合せて、 巡錫 じゅんしゃくの打ち合せなどを済ました 後 あと、しばらく雑談をしているうちに、老師から 縁切寺 えんきりでらの 由来 ゆらいやら、時頼夫人の 開基 かいきの事やら、どうしてそんな尼寺へ住むようになった訳やら、いろいろ聞いた。 帰る時には玄関まで送ってきて、「今日は二百二十日だそうで……」と云われた。 三人はその二百二十日の雨の中を、また 切通 きりどおし 越 ごえに町の方へ 下 くだった。 翌朝 あくるあさは高い二階の上から降るでもなく晴れるでもなく、ただ夢のように煙るKの町を眼の下に見た。 三人が車を並べて 停車場 ステーションに着いた時、プラットフォームの上には 雨合羽 あまがっぱを着た五六の西洋人と日本人が七時二十分の上り列車を待つべく無言のまま 徘徊 はいかいしていた。 御大葬と乃木大将の記事で、都下で発行するあらゆる新聞の紙面が 埋 うずまったのは、それから一日おいて次の朝の出来事である。

次の

名探偵コナンの名言集!心にグッとくる熱い名言!

コナン短編集

汽車の窓から怪しい空を 覗 のぞいていると降り出して来た。 それが 細 こまかい 糠雨 ぬかあめなので、雨としてよりはむしろ草木を 濡 ぬらす 淋 さびしい色として自分の眼に映った。 三人はこの頃の天気を恐れてみんな 護謨合羽 ゴムがっぱを用意していた。 けれどもそれがいざ役に立つとなるとけっして 嬉 うれしい顔はしなかった。 彼らはその日の 佗 わびしさから 推 おして、 二日後 ふつかごに来る暗い 夜 よるの景色を想像したのである。 「十三日に降ったら大変だなあ」とOが 独言 ひとりごとのように云った。 「天気の時より病人が増えるだろう」と自分も気のなさそうに返事をした。 Yは 停車場 ステーション前で買った新聞に読み 耽 ふけったまま一口も物を云わなかった。 雨はいつの 間 まにか強くなって、 窓硝子 まどガラスに、砕けた 露 つゆの 球 たまのようなものが見え始めた。 自分は閑静な 車輛 しゃりょうのなかで、先年英国のエドワード帝を 葬 ほうぶった時、五千人の卒倒者を 出 いだした事などを思い出したりした。 汽車を下りて車に乗った時から、秋の感じはなお強くなった。 幌 ほろの間から見ると車の前にある山が青く 濡 ぬれ切っている。 その青いなかの 切通 きりどおしへ三人の車が静かにかかって行く。 車夫は 草鞋 わらじも 足袋 たびも 穿 はかずに 素足 すあしを柔かそうな土の上に踏みつけて、腰の力で車を 爪先上 つまさきのぼりに引き上げる。 すると左右を 鎖 とざす一面の 芒 すすきの根から 爽 さわやかな虫の 音 ねが聞え出した。 それが 幌 ほろを打つ雨の音に打ち勝つように高く自分の耳に響いた時、自分はこの 果 はてしもない虫の 音 ねに 伴 つれて、果しもない芒の 簇 むらがりを眼も及ばない遠くに想像した。 そうしてそれを自分が今取り巻かれている秋の代表者のごとくに感じた。 この青い秋のなかに、三人はまた 真赤 まっかな 鶏頭 けいとうを見つけた。 その 鮮 あざやかな色の 傍 そばには 掛茶屋 かけぢゃやめいた家があって、縁台の上に枝豆の 殻 からを干したまま積んであった。 木槿 むくげかと思われる真白な花もここかしこに見られた。 やがて車夫が 梶棒 かじぼうを 下 おろした。 暗い幌の中を出ると、高い石段の上に 萱葺 かやぶきの山門が見えた。 Oは石段を 上 のぼる前に、門前の 稲田 いなだの 縁 ふちに立って小便をした。 自分も用心のため、すぐ彼の傍へ行って 顰 ひんに 倣 ならった。 それから三人前後して濡れた石を 踏 ふみながら 典座寮 てんぞりょうと書いた 懸札 かけふだの眼につく 庫裡 くりから案内を 乞 こうて座敷へ上った。 老師に会うのは約二十年ぶりである。 東京からわざわざ会いに来た自分には、老師の顔を見るや否や、席に着かぬ前から、すぐそれと解ったが先方では自分を全く忘れていた。 私はと云って 挨拶 あいさつをした時老師はいやまるで 御見逸 おみそれ申しましたと、改めて 久濶 きゅうかつを叙したあとで、久しい事になりますな、もうかれこれ二十年になりますからなどと云った。 けれどもその二十年後の今、自分の眼の前に現れた 小作 こづくりな老師は、二十年前と大して変ってはいなかった。 ただ心持色が白くなったのと、年のせいか顔にどこか 愛嬌 あいきょうがついたのが自分の予期と少し 異 ことなるだけで、他は昔のままのS禅師であった。 「私ももう 直 じき五十二になります」 自分は老師のこの言葉を聞いた時、なるほど若く見えるはずだと 合点 がてんが行った。 実をいうと今まで腹の中では老師の 年歯 としを六十ぐらいに 勘定 かんじょうしていた。 しかし今ようやく五十一二とすると、昔自分が 相見 しょうけんの礼を 執 とった頃はまだ三十を 超 こえたばかりの壮年だったのである。 それでも老師は知識であった。 知識であったから、自分の眼には比較的 老 ふけて見えたのだろう。 いっしょに連れて行った二人を老師に引き合せて、 巡錫 じゅんしゃくの打ち合せなどを済ました 後 あと、しばらく雑談をしているうちに、老師から 縁切寺 えんきりでらの 由来 ゆらいやら、時頼夫人の 開基 かいきの事やら、どうしてそんな尼寺へ住むようになった訳やら、いろいろ聞いた。 帰る時には玄関まで送ってきて、「今日は二百二十日だそうで……」と云われた。 三人はその二百二十日の雨の中を、また 切通 きりどおし 越 ごえに町の方へ 下 くだった。 翌朝 あくるあさは高い二階の上から降るでもなく晴れるでもなく、ただ夢のように煙るKの町を眼の下に見た。 三人が車を並べて 停車場 ステーションに着いた時、プラットフォームの上には 雨合羽 あまがっぱを着た五六の西洋人と日本人が七時二十分の上り列車を待つべく無言のまま 徘徊 はいかいしていた。 御大葬と乃木大将の記事で、都下で発行するあらゆる新聞の紙面が 埋 うずまったのは、それから一日おいて次の朝の出来事である。

次の

原作のシャーロック・ホームズはこう読め!文庫版全10冊をどの順番で読むべきかまとめて紹介します

コナン短編集

赤髪にして心身ともに健全な二十一歳以上の男性は誰でも資格あるといいます。 百科事典を写すだけという簡単な仕事だけで高給が得られるという「赤毛連盟」の連盟会員募集の新聞広告を見た質屋の主人・ウィルソンでした。 「あなたなら全ての条件を・・・・ 名探偵・シャーロック・ホームズの活躍を描いた人気シリーズです-。 推理小説 です 大変面白い作品です。 ロンドンのモーソン商会への就職が決まった青年・ピイクロフトでした アーサー・ピナーを名乗る男の斡旋で、モーソン商会よりも条件の良いバーミングハムの会社の営業支配人の地位を得ます。 バーミングハムの会社でアーサーの兄弟だというハリーと会います アーサーとハリーが同一人物だと見抜いたピイクロフトは、・・・・ 名探偵「シャーロック・ホームズ・シリーズ」です。 コラム教授の屋敷の書斎で、教授の秘書・ウィロビー・スミスが何者かに刺殺されました。 「教授あの女です」。 死んだスミスが握り締めていた金縁の鼻眼鏡と、死に際に残した言葉から、犯人は極端な・・・・・ 「あなたは気づき、その女と話をしました。 その女が誰かわかりますか。 その女が逃げるのを助けたのです」。 シャーロック・ホームズ・シリーズの活躍を描いた人気シリーズです-。 「なんだって君は、この事件を研究しておく必要があるのかね」、「そりア、これが僕の初めてやった事件だったからさ」。 シャーロック・ホームズが 大学生だった時、友人の父・トレヴォ氏が、一通の・・・・・。 財産も名誉もあり、治安判事で地主でもあるトレヴォ氏が、突然訪ねて来た横柄な船乗りの男・ハドソンの言いなりになったのは何故でしょう 帆船「グロリア・スコット号」にまつわるトレヴォ氏のびっくり 過去を描いた物語です シャーロック・ホームズ・シリーズです。 大学の指導教員・ソームズが部屋を留守にしている間に、机の上に置かれた奨学金の試験問題用紙を盗み見た学生がいました。 ソームズと同じ学寮に住む三人の学生の中で犯人は一体誰なんだ 「しかし、あの男はふに落ちないな」、「誰だい 」、「 この件で・・・・・ 机の上の引っかき傷や、三人の学生の身長から事件を解決していく物語です 名探偵・シャーロック・ホームズ人気シリーズです。 会社員のホズマーと婚約したメアリー・サザーランド。 ホズマーの提案で、結婚に反対しているメアリーの継父・ウィンディバンクが出張中に、式を挙げることになりました 結婚式の当日、ホズマーは忽然と・・・・・ 婚約者に住所も会社名も知らせず、恋文もタイプなのは一体なぜでしょう 実はタイプライターには人の手書きと同じくらい個性がありましてね 名探偵・シャーロック・ホームズ・シリーズです。 伯爵との結婚を間近に控えた依頼人・レディ・エヴァのために、強請りの王者・ミルヴァートンと対決するシャーロック・ホームズです。 入手した手紙をネタに、多くの被害者から大金を搾り取り、破滅させてきた・・・・・ レディ・エヴァの手紙を取り返すため、ミルヴァートンの家に押し入るという強硬手段に出たホームズでした。 「ここだけの話、ぼくは 腕のいい犯罪者になれるといつも思っているんだ。 その方面でのぼくの生き様をお目にかけるいい機会だよ」。 法と道徳をスリル満点の展開で描くストーリです。 名探偵・シャーロック・ホームズ・シリーズです。 ロバート・セントサイモン卿の結婚披露宴の最中に、花嫁であるハティー・ドーラン嬢(米国の富豪の娘)が失踪しました。 スコットランドヤードのレストレード警部は、ロバートと深い仲だった女・フローラ・ミラーが・・・・・ 「証人尋問も終わったしウィスキーソーダと煙草をやるかな。 依頼人が部屋に入ってくる前から結論が出ていたからね」。 さすが名探偵・シャーロック・ホームズ。 人気シリーズです。 建築家・オールデイカーを殺害し、遺体を焼却した容疑で、若い弁護士・マクファーレンが逮捕されました。 依頼人であるマクファーレンを救うため、事件を捜査するシャーロック・ホームズでした 犯人がマクファーレンという決定的な証拠(血の付いた指紋)が発見されました。 なぜオールデイカーは、面識の・・・・・ 「レストレイド(警部)の前では図太い態度を崩さなかったけど、あいつの線が正しくて、僕は間違っているんだと信じるよ」。 珍しく弱気なホームズでしたが 意外な真相を描いた作品です 名探偵・シャーロック・ホームズ・シリーズです。 南アフリカで死んだ叔父・ラルフの友人だという紳士・カラザースの厚意で、彼の一人娘の音楽教師になったヴァイオレット・スミス嬢でした。 カラザースの家から駅までの間を自転車に乗って行く彼女は、見知らぬ男に尾行されていました。 「ああ、卑劣なやつらめ・・・・・ ならず者たちが企てる邪悪な陰謀 美しき依頼者に降りかかる最悪の運命 名探偵・シャーロック・ホームズは果たして彼女を救えるのか そして自転車男の正体はだれなのか 人気探偵シリーズです。 失業中だったハンター嬢は、好条件の家庭教師の仕事を得ます 雇い主である 夫妻から、髪の毛を短く切るよう命令されたり、服を着替えて窓際に座るよう求められ、奇妙な体験をします。 「誰かが犬を放しちまった。 あれは二日えさをやってないんだ。 早く、早く、・・・・・ ブナ屋敷の閉ざされた部屋の謎と、ルーキャシマス家の腹黒い秘密とは何でしょう 名探偵・シャーロック・ホームズ・シリーズです。 若き刑事・スタンリイ・ホプキンズは、夜中にケアリの離れに忍び込んだ青年・ネリガン(失踪した銀行家の息子)を逮捕し、上機嫌になりました。 「君は本当に自分の解決が正しいと思っているのかね 」、「これより完璧な事件・・・・・ 失踪した銀行家とケアリ船長とのつながりは 犯人を探し出す方法が、 とてもユニークで面白い。 名探偵・シャーロック・ホームズ・シリーズです。 ハザレイ農場のマッカーシーが、ボスコム池の近くで殺害されました。 事件直前にマッカーシーと言い争っていた息子・ジェイムズが逮捕されます。 マッカーシーの古くからの友人である大地主・ターナーは、なぜ農場をマッカーシーに貸していたのでしょう 娘・アリスと幼なじみのジェイムズの結婚話に反対なのはなぜでしょう 「僕はジェイムズ・マッカーシーの疑惑を・・・・・ 犯人から「過去の秘密」と「犯行動機」を自白させる名探偵・シャーロック・ホームズの活躍でした。 人気シリーズです。 近々婚姻を予定しているボヘミア国王でしたが、皇太子時代に関係のあった女性・アイリーン・アドラーに脅されていました。 二人で撮った写真を結婚相手に送りつけて婚姻をぶち壊そうと企んでいるのでした。 名探偵・シャーロック・ホームズの住居に自ら出向いた国王は、問題の写真の奪還をホームズに依頼します。 写真を取り戻すため、ホームズが仕掛けたトリックとは・・・・・ ホームズの深謀 対 アドラーの機知 写真の隠し場所を巡る攻防が大変面白いです。 シャーロック・ホームズ・シリーズ人気シリーズです。 「ああ、神様 ヘレン あの紐(バンド)だったのよ。 あのまだらの紐 」。 義父・ロイロット博士と暮らす双子のストーナー姉妹でしたが、姉・ジュリアが自室で変死してしまいます。 屋敷の工事のため、姉の部屋を使うことになった妹・ヘレンは、ぞっとする恐怖を感じ、名探偵・・・・・ 偽の呼び鈴の綱、通気ができない通気口、床に固定されたベッドの謎の数々。 「紐だ まだらの紐だ 」。 財産分与に絡んだ密室殺人事件を描いた本格推理小説です。 トリックがわからず 楽しめます。 シャーロック・ホームズ・シリーズ人気シリーズです。 「今の時代に生きている者がナポレオンを憎むあまり、その像と見れば壊してしまうなんて考えられますか 」。 同じ型をしたナポレオンの胸像が次々と破壊されるという奇妙な事件は、遂には殺人事件にまで発展してしまいます。 破壊された胸像は、同じ製造所で作られた六体のうちの四体であったと知ったシャーロック・ホームズは、まだ破壊されていない・・・・・ 犯人がナポレオンの胸像を破壊する理由とは何か 名探偵・シャーロック・ホームズ・シリーズ人気シリーズです。 イングランドで最も高貴な、名門の、身分の高い人物から、国有財産である「緑柱石の宝冠」を借金の担保として預かった銀行家・ホルダー氏でした。 盗まれないように宝冠を自宅に保管したホルダーだが、真夜中に息子のアーサーが宝冠を手に持っているのを目撃してしまいます。 しかも宝冠の宝石はもぎ取られていました。 アーサーの有罪は明らかに思われましたが。 「この昼日中、この英国で、まさか、列車が空中に消えてなくなろうとは 」。 財政家・カラタール氏を乗せ、リバプールを出発した臨時急行列車が忽然と消えたのでした 事件は未解決のまま八年が過ぎてゆき、別の事件で死刑宣告された男・レナクールの告白によって列車紛失事件の・・・・・ スケールの大きい鉄道ミステリー作品です。 推理小説 です ベストセラーで有名、おもしろくて、いい作品です ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 投稿ナビゲーション.

次の