マイヒーリングラブ キャスト。 韓国ドラマ|マイヒーリングラブのネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

【『マイヒーリングラブ』各話のあらすじ】韓国ドラマ徹底レビュー

マイヒーリングラブ キャスト

このページで楽しめる内容• とりあえず概要的なあらすじ。 1話~最終回まで、各話のあらすじ。 感想とネタバレ。 マイヒーリングラブ あらすじ概要 まずは概要って事で『マイヒーリングラブ』の大まかなあらすじです。 夫パク・ワンスンは年下イケメンでかわいい存在だが、結婚して8年もなるとただの頼りない存在。 法曹人を目指して頑張ってはいたが、今はもうそんな目標はどこに行ったか。 料理人になりたいという夢も中途半端。 昼は弟の事務所でお手伝い、空いた時間はフードトラックで楽しく仕事している。 かわいいポジションで結婚しちゃったので、夫は甘え上手。 しかし、これから年を取っていくと、そうも言ってられないわ。 パク家の期待の星は、なんといっても司法試験一発合格の弟パク・ジョンスン。 彼の弁護士事務所にチウ夫婦が雇ってもらっているので、かなり肩身は狭いが、何でも屋のチウは夫のワンスンよりも仕事ができ、他人を雇うよりも頼りになる。 ワンスン、ジョンスン兄弟の母キム・イボクは、何かと長男の嫁イム・チウをいじめる。 顔が気に入らない、苦労性なのが気に入らない、なんといっても一番気に入らないのはチウの出生だった。 チウは5歳の頃に養母であるイ・サムスクに引き取られた娘。 大切に育てられ、どこの家族にも引けを取らないはずだが、セレブを気取りたいイボクにとっては、捨て子のようなチウがどうしても気に入らず、パク家に不幸を持ち込んだ厄介者だと、事あるごとに嫁いびり。 持参金でも多かったら、もっと違ったのかしら。 現在パク家は4人暮らしだが、イボクには別居中の夫がいる。 正確に言うと、卒婚した仲。 いがみ合って生きていくよりは、別々に好きなことをして暮らしたほうがいいと、別居してからは、触らぬ神に祟りなしで、なんとか離婚せずにもちこたえていた。 次男の結婚までは別居してでも婚姻関係は続けていたほうがいいという感じですかね。 ヤクルト配達、喫茶店のパート、弟の事務所(正社員)、ガソリンスタンド、と1日中働くイム・チウ。 もちろん、これに嫁としての仕事、家事も加わってくる。 学生の頃から、バイト狂だった彼女は、睡眠を削って働くことに抵抗はない。 次は重機の免許を取り、バイトに有利なようにと頑張っていたが、簡単そうに見えてなかなか合格できなかった。 ある日、試験場で見たほれぼれとする運転。 タイヤの動き、ハンドルさばきの見事さ、チウはくぎ付けになる。 ショベルカーを操っていたのはチェ・ジンユ。 ハンスグループという屈指の財閥常務の彼は、ある夢があり、重機の免許を取ろうとしていた。 大型免許で操縦できるかと思っていました。 奥が深いんですね。 彼の家は3代続く財閥。 創業者のチョン・ヒョンシル会長は今も健在。 ジンユの継父チェ・ジェハクがグループ社長として実質会社を動かしていた。 このハンスグループには、悲しいできごとがあり、チョン会長の一人娘は33年前に亡くなっており、彼女が産んだ娘は現在行方不明となっている。 誘拐か捨てられたのか、犯人は近くにいるかもよ。 会長の娘と結婚し婿養子に入ったのがチェ・ジェハク社長。 その彼と再婚したホ・ソンジュの息子がジンユということで、彼にグループの血は流れていない。 財閥の常務でありながら、ジャンパー姿でショベルカーを操作する姿は土建屋さん? 彼の運転技術にくぎ付けとなったチウは、勝手に動画を撮り、失礼なことをしないでくれとジンユに声を掛けられる。 たぼ美から一言。 イム・チウは既婚者。 子どもに恵まれないだけで、夫婦としては、普通にうまくいってるほう。 なのに、イケメンチェ・ジンユとの関係は、なんだ、なんだ、なんだ? むむむ。 ロマンスが生まれていいのだろうか・・・。

次の

マイ・ヒーリング・ラブ キャスト・相関図 感想 視聴率

マイヒーリングラブ キャスト

2020年4月20日よりテレビ東京で放送されている韓国ドラマ『マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~』。 日々を懸命に過ごす主婦のサクセス・ストーリーには、どこか共感できる場面や見どころも盛りだくさん!注目したいキャスト、ドラマの気になるあらすじの他、2020年6月のオンエア情報などもあわせてご紹介します。 韓国ドラマ『マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~』 【出演情報】 テレビ東京「マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜」 ヒョシル役 にしまゆこ、ジュチョル役 秦正武 小野絵梨,日野なつみ,井戸ゆい,橘亜季,藤間つよし, 平田舜輔,亀田弥生,山下侑梨那が先週放送収録分で出演致しました。 平凡ながらも日々を一生懸命生きる主婦が、人生の幸せを掴む?!複雑な親子関係、家族同士の感情、財閥問題などなど、波乱万丈なストーリーで見どころも満載です。 韓国での放送は2018年~ 韓国での原題は『私の愛の治癒記』。 2018年10月からのMBCドラマとして、全100話で放送されました。 主婦としての苦労が共感される部分や、思わぬ手助けへの憧れなど、視聴者の目を引くストーリーが話題になりました。 imbc. 義弟の弁護士事務所で働きながら、掛け持ちでアルバイトをする頑張り屋。 5歳の時に養母に引き取られ、結婚後に夫ワンスンの家族と同居。 マイホームを夢見ながら、嫁・妻・娘の一人三役をこなす日々。 キャスト:ソ・ユジン 1981年3月3日生まれ。 主な出演は、ドラマ『ソウル1945』 2006年 、『愛をたずねて三千里』 2007年 、 2012年 、『キレイな男』 2013年 、『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人!? 』 2016年 など。 imbc. 子どもの頃、母がハンスグループの代表と再婚して家族になったという複雑な事情を持つ。 キャスト:ヨン・ジョンフン 1978年11月6日生まれ。 imbc. チウの夫。 司法試験に何度も失敗し、両親に黙ってフードトラックを運営。 チウと結婚したことを心からの幸せだと感じている。 キャスト:ユン・ジョンフン 1984年2月15日生まれ。 主な出演は、ドラマ『応答せよ1994』 2013年 、『会社を辞める最高の瞬間』 2017年 、『ここに来て抱きしめて』 2018年 、『リターン -真相-』 2018年 、『偶然見つけたハル』 2019年 など。 imbc. チウの養母。 近所で美容室を経営。 夫を交通事故で亡くすなどの苦労が多い中、5歳だったチウを女手一つで育ててきた。 キャスト:ファン・ヨンヒ 1969年3月22日生まれ。 主な出演は、『私はチャン・ボリ!』 2014年 、『あなたが眠っている間に』 2017年 、『ピョン・ヒョクの恋』 2017年 、『ホテルデルーナ』 2019年 、『緑豆の花』 2019年 、『二度はない』 2019年 など。 imbc. チウの弟。 ハンスグループ保安職員。 テコンドー国家代表として国体を目指すも、悪性リンパ腫と診断されて断念した過去をもつ。 キャスト:イ・ドギョム 1990年1月19日生まれ。 主な出演は、ドラマ『ソロモンの偽証』 2016年 、『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』 2017年 、『刑務所のルールブック』 2017年 、『僕を溶かしてくれ』 2019年 など。 imbc. 32歳。 母の美容院を手伝っている。 キャスト:クォン・ソヒョン 1994年8月30日生まれ。 主な出演は、ドラマ『コッパダン』 2019年 、『ブラックドッグ』 2019年 など。 imbc. サムスクの美容院の従業員。 ジュアに手を焼いている。 キャスト:SHORRY J(ソ・ジュソプ) 1982年10月4日生まれ。 主な出演は、『トライアングル』 2014年 、『オクニョ 運命の女』 2016年 、『恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~』 2017年 、『最高の一発~時空を越えて~』 2017年 など。 imbc. ハンスグループの名誉会長。 キャスト:パン・ヒョジョン 1942年11月27日生まれ。 主な出演は、ドラマ『華麗なる遺産』 2009年 、『金よ出てこいコンコン』 2013年 、『素晴らしき、私の人生』 2017年 、『師任堂、色の日記』 2017年 、『波よ 波よ ~愛を奏でるハーモニー~』 2018年 など。 imbc. ハンスグループ社長・元妻と娘を失い、ジンユの母である現在の妻ソンジュと再婚。 キャスト:キル・ヨンウ 1954年12月17日生まれ。 主な出演は、ドラマ『金よ出てこいコンコン』 2013年 、『私の娘はスーパーウーマン』 2015年 、『私の婿の女』 2016年 、『愛はぽろぽろ』 2016年 など。 imbc. ジェハクの妻、ジンユの母。 品が良く、面倒見も良く、周囲から評判の高い女性。 キャスト:チョン・エリ 1960年8月11日生まれ。 主な出演は、ドラマ『ルビーの指輪』 2013年 、『秋のカノン』 2015年 、『逆流』 2017年 、『SKYキャッスル』 2018年 、『揀択(カンテク)~女人たちの戦争~』 2019年 など。 imbc. ジェハクとソンジュの娘。 ジンユの妹。 ハンスグループでデザイナーを努める。 明るい女性。 キャスト:カン・ダヒョン 1992年9月6日生まれ。 主な出演は、ドラマ『病院船~ずっと君のそばに~』 2017年 、『トッコ リワインド~復讐の毒鼓~』 2018年 など。 imbc. ジンユの元妻。 ジンユとは留学時代に出会って結婚、出産。 利己的で自由な生活。 アメリカで過ごしていたが、韓国に帰国。 キャスト:ファン・ソニ 1986年8月15日生まれ。 主な出演は、ドラマ『シティーハンター in Seoul』 2011年 、『恋はドロップキック!~覆面検事~』 2015年 、『もう一度ハッピーエンディング 』 2016年 、『サイコパスダイアリー』 2019年 など。 imbc. ジンユの娘。 たくましく、判断力が優れ、言葉も上手。 趣味も特技もテコンドー。 キャスト:パク・イェナ 2012年1月1日生まれ。 主な出演は、ドラマ『甘くない女たち~付岩洞の復讐者たち~』 2017年 、『ラブ・セラピー A POEM A DAY』 2018年 、映画『マルモイ ことばあつめ』 2019年 など。 imbc. ワンスンの父。 リタイアを迎え、一人で田舎に住んで農業を始めるも、波乱続きの家族を見かねて再びソウルへ戻る。 キャスト:キム・チャンワン 1954年2月22日生まれ。 主な出演は、ドラマ『コーヒープリンス1号店 』、『僕の妻はスーパーウーマン』 2009年 、『星から来たあなた 』 2013年 、『花郎<ファラン>』 2016年 、『江南ロマン・ストリート』 2016年 、『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』 2018年 など。 imbc. ワンスンの母。 他人からどう見られるかが一番重要で、欲張りな性格 キャスト:パク・チュングム 1962年7月29日生まれ。 主な出演は、ドラマ『カッコウの巣』 2014年 、『月桂樹洋服店の紳士たち~恋はオーダーメイド!~』 2016年 、『推理の女王』 2017年 、『病院船~ずっと君のそばに~』 2017年 、『二度はない』 2019年 など。 imbc. ワンスンの弟。 どんな事でも効率良くこなすスマートな男性。 キャスト:カンソン 1981年12月23日生まれ。 主な出演は、ドラマ『ヨンパリ~君に愛を届けたい~』 2015年 、『カネの花~愛を閉ざした男~』 2017年 、『最高の離婚~Sweet Love~』 2018年 、『ウラチャチャ!? ~男女6人恋のバトル~』 2019年 など。 imbc. 芯の強い女性。 ある日、ジョンスンの子どもを妊娠していると言い出して・・・?! キャスト:ソ・ジュヨン 1993年12月31日生まれ。 主な出演は、ドラマ『会社行きたくない』 2018年 、『浪漫ドクターキム・サブ2』 2020年 、映画『ひそひそ』 2018年 など。 imbc. チウの高校時代からの友人。 3年前に離婚し、小学生の息子を一人で育てている。 キャスト:シム・ジンファ 女優業だけでなく、お笑い芸人としても活動。 主な出演は、ドラマ『幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット』 2015年 、『星になって輝く』 2015年 、『人形の家』 2018年 など。 imbc. ウォンスンの高校時代の同級生。 誰からも愛されるタイプの女性。 ウォンスンとの縁談を進めようとするが・・・?! キャスト:キム・ソラ 1988年4月18日生まれ。 主な出演は、ドラマ『私の婿の女』 2016年 、『トッケビ』 2016年 、『秘密の森~深い闇の向こうに~』 2017年 、『知ってるワイフ』 2018年 など。 『マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~』のあらすじ 『私の愛の治癒記』ソ・ユジン&ヨン・ジョンフン、温かな秋夕の挨拶 — innolife イノライフ innolifenet あらすじ概要 不器用なダメ夫の代わりに、アルバイトを掛け持ちしながら家計を支える頑張り屋の主婦チウ。 マイホームを建てることを夢見てショベルカーの免許を取りに行き、試験会場で出会ったジンユからアドバイスを受け、助けてもらいます。 そして、姑との同居生活から解放されることに期待を膨らませ、新居の契約に行くチウには思わぬ事態が・・・!一方、土地買収を進めようとしていたジンユは、車で追突事故に遭います。 事故の原因となった男性ワンスンの元には、ショベルカー試験会場で出会ったチウが登場。 さらに、チウが金銭問題に直面していることを知り、手助けをしたジンユ。 大学時代に思いを寄せていた相手がチウだったことに気付いて・・・?!問題のダメ夫・ワンスンは、城北洞に新しく家を契約したイボクと同居するため、チウへの説得を試みます。 穏やかで育ちが良く、過去の自分の恋心を思い出すジンユ。 人間関係・親子関係の事情が複雑・・・?! 家庭内の複雑な事情が設定されているのは、韓国ドラマらしい一面ですよね。 ホームドラマとして構成されているだけでなく、昔の懐かしい恋心や憧れ、不器用さなどの大人のラブストーリー要素も盛りだくさん。 初回放送は2020年6月2日 火 深夜0:15~、全40話でオンエアされます。 家族愛、大人のラブストーリー、人生の夢の物語が、色濃く描かれている話題作。 すでに何らかの有料チャンネルを契約しているという方は、ぜひチェックしてみてくださいね! 関連記事リンク(外部サイト).

次の

『マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~』はヒロイン主婦の成功劇?!キャスト&あらすじに注目! | ガジェット通信 GetNews

マイヒーリングラブ キャスト

このページで楽しめる内容• とりあえず概要的なあらすじ。 1話~最終回まで、各話のあらすじ。 感想とネタバレ。 マイヒーリングラブ あらすじ概要 まずは概要って事で『マイヒーリングラブ』の大まかなあらすじです。 夫パク・ワンスンは年下イケメンでかわいい存在だが、結婚して8年もなるとただの頼りない存在。 法曹人を目指して頑張ってはいたが、今はもうそんな目標はどこに行ったか。 料理人になりたいという夢も中途半端。 昼は弟の事務所でお手伝い、空いた時間はフードトラックで楽しく仕事している。 かわいいポジションで結婚しちゃったので、夫は甘え上手。 しかし、これから年を取っていくと、そうも言ってられないわ。 パク家の期待の星は、なんといっても司法試験一発合格の弟パク・ジョンスン。 彼の弁護士事務所にチウ夫婦が雇ってもらっているので、かなり肩身は狭いが、何でも屋のチウは夫のワンスンよりも仕事ができ、他人を雇うよりも頼りになる。 ワンスン、ジョンスン兄弟の母キム・イボクは、何かと長男の嫁イム・チウをいじめる。 顔が気に入らない、苦労性なのが気に入らない、なんといっても一番気に入らないのはチウの出生だった。 チウは5歳の頃に養母であるイ・サムスクに引き取られた娘。 大切に育てられ、どこの家族にも引けを取らないはずだが、セレブを気取りたいイボクにとっては、捨て子のようなチウがどうしても気に入らず、パク家に不幸を持ち込んだ厄介者だと、事あるごとに嫁いびり。 持参金でも多かったら、もっと違ったのかしら。 現在パク家は4人暮らしだが、イボクには別居中の夫がいる。 正確に言うと、卒婚した仲。 いがみ合って生きていくよりは、別々に好きなことをして暮らしたほうがいいと、別居してからは、触らぬ神に祟りなしで、なんとか離婚せずにもちこたえていた。 次男の結婚までは別居してでも婚姻関係は続けていたほうがいいという感じですかね。 ヤクルト配達、喫茶店のパート、弟の事務所(正社員)、ガソリンスタンド、と1日中働くイム・チウ。 もちろん、これに嫁としての仕事、家事も加わってくる。 学生の頃から、バイト狂だった彼女は、睡眠を削って働くことに抵抗はない。 次は重機の免許を取り、バイトに有利なようにと頑張っていたが、簡単そうに見えてなかなか合格できなかった。 ある日、試験場で見たほれぼれとする運転。 タイヤの動き、ハンドルさばきの見事さ、チウはくぎ付けになる。 ショベルカーを操っていたのはチェ・ジンユ。 ハンスグループという屈指の財閥常務の彼は、ある夢があり、重機の免許を取ろうとしていた。 大型免許で操縦できるかと思っていました。 奥が深いんですね。 彼の家は3代続く財閥。 創業者のチョン・ヒョンシル会長は今も健在。 ジンユの継父チェ・ジェハクがグループ社長として実質会社を動かしていた。 このハンスグループには、悲しいできごとがあり、チョン会長の一人娘は33年前に亡くなっており、彼女が産んだ娘は現在行方不明となっている。 誘拐か捨てられたのか、犯人は近くにいるかもよ。 会長の娘と結婚し婿養子に入ったのがチェ・ジェハク社長。 その彼と再婚したホ・ソンジュの息子がジンユということで、彼にグループの血は流れていない。 財閥の常務でありながら、ジャンパー姿でショベルカーを操作する姿は土建屋さん? 彼の運転技術にくぎ付けとなったチウは、勝手に動画を撮り、失礼なことをしないでくれとジンユに声を掛けられる。 たぼ美から一言。 イム・チウは既婚者。 子どもに恵まれないだけで、夫婦としては、普通にうまくいってるほう。 なのに、イケメンチェ・ジンユとの関係は、なんだ、なんだ、なんだ? むむむ。 ロマンスが生まれていいのだろうか・・・。

次の