角 熟語。 「角」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

「角」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

角 熟語

今まで赤点ばっかり取ってた人が満点なんて、誰が信じるって言うのよ。 烏白馬角(うはくばかく)の例文• 100年前には今のような生活は想像できなかっただろう。 道路には車が溢れ、コンピュータを使うことが当たり前になり、インターネットで世界が繋がるなんて言われたところで 烏白馬角、ほとんどの人が信じることができなかったに違いない。 科学技術が世の中に受け入れられるにはタイミングも重要だ。 エジソンが電気を発明した頃、テスラは今や主流となった交流電流の研究をしていた。 しかし送電線のインフラさえない時代に電気を無線で送るなど 烏白馬角なこととされ、資金援助を受けられずに消えていくこととなった。 君はさっきから一体何を言っているんだ。 そんな 烏白馬角なことができるわけないだろう。 もう一度頭を冷やして考え直してきなさい。 もっと顧客に受け入れられるような現実的なアイディアでなければ聞く耳は持たん!.

次の

角 (つの)とは【ピクシブ百科事典】

角 熟語

重箱読みとは まずは、「重箱読み」の意味からです。 日本語における熟語の変則的な読み方の一つ。 出典: Wiktionary 「 重箱読み」とは、 「 前が音読み・後ろが訓読みの熟語のこと」を言います。 まず、「 音読み」と「 訓読み」 の意味から説明していきますね。 漢字という文字は、元々中国で作られました。 「 音読み(おんよみ)」とは、 その「 中国の発音を元にした読み方」だと思ってください。 「音読み」の特徴は、 「 聞いただけでは意味がわからないこと」です。 例えば、 「 赤(せき)」「 海(かい)」「 手(しゅ)」などが挙げられます。 いずれの言葉もイメージがわかないですよね? 一方で、「 訓読み(くんよみ)」とは、 「 日本で作られた独自の読み方のこと」を言います。 「訓読み」の特徴は、 「 聞いただけで意味が分かること」です。 例えば、 「 赤(あか)」「 海(うみ)」「 手(て)」などが挙げられます。 こちらは先ほどと違い、聞いただけで意味が分かるでしょう。 では、「重箱読み」の説明に戻ります。 「重箱」の「じゅう」は「音読み」です。 一方で、 「重箱」の「はこ」は「訓読み」です。 このような熟語を、 「重箱読み」と呼ぶわけですね。 「重箱読み」の例としては、 他に以下のような熟語が挙げられます。 「先手(せんて)」• 「団子(だんご)」 それぞれの音読み・訓読みも確認しておくと、• スポンサーリンク 湯桶読みとは 続いて、「湯桶読み」です。 日本語における熟語の変則的な読み方の一つ。 出典: Wiktionary 「 湯桶読み」とは、 「 前が訓読み・後ろが音読みの熟語のこと」を言います。 こちらは先ほどとは逆に、 今度は「訓読み」が先頭に来ます。 「湯桶」の「 ゆ」は「訓読み」 「湯桶」の「 とう」は「音読み」です。 このような熟語を、「湯桶読み」と呼ぶわけですね。 「湯桶読み」の例としては、以下のような熟語があります。 場所(ばしょ)• スポンサーリンク 重箱読みと湯桶読みの見分け方 ここまでの内容を整理すると、 「 重箱読み」= 前が音読み・後ろが訓読みの熟語。 「 湯桶読み」= 前が訓読み・後ろが音読みの熟語。 ということでした。 まず、両者を分かりやすくするために 熟語の全体像を把握しておきましょう。 「熟語」の読み方としては、 全部で以下の4つに分けられます。 つまり、「重箱読み」と「湯桶読み」は、 「どちらも変則的な読み方」ということです。 別の言い方をすれば、 「手本」となるような正しい読み方ではないということですね。 これを踏まえた上で、 両者の見分け方を簡単に解説していきます。 まず、大事なのは、 「 音読みか訓読みかを判別すること」だと言えるでしょう。 以下は、大まかな判断材料です。 【音読みの特徴】.

次の

「雀角鼠牙」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

角 熟語

pixivision• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 22:22:22• 2020-07-17 22:22:19• 2020-07-17 22:22:09• 2020-07-17 22:21:57• 2020-07-17 22:21:14 新しく作成された記事• 2020-07-17 22:22:22• 2020-07-17 22:19:32• 2020-07-17 22:17:35• 2020-07-17 22:17:01• 2020-07-17 22:04:03•

次の