コーヒー アンド バニラ ブラック ネタバレ。 コーヒー&バニラ・ブラックネタバレ!1巻2話【もう会ってないのに】

コーヒー&バニラblack│2話ネタバレ感想と無料で電子漫画を読む方法

コーヒー アンド バニラ ブラック ネタバレ

本作の作者は朱神宝。 2008年に月刊誌「Cheese!」でデビューし、代表作品にはデビュー作品『優しい愛証』の他、『百獣の王に告ぐ!』『ハタチの恋』などがあります。 作品の主人公は、大学進学を機に都会へ出てきたリサ。 大学デビューを果たしてモテるようになったものの、内気な性格で、異性からの誘いを断っているうちに高嶺の花のような存在になってしまっていました。 そのとき彼女を救ってくれたお相手が、大手社長の宏斗。 初対面で運命の出会い、そして急展開のお付き合いと、スピード感ある本作。 リサのシンデレラストーリーにドキドキが止まりません! 2019年7月にはドラマの放映開始も決まっており、ますます注目が集まっています。 ここでは本作の登場人物と、ドラマ版作品のキャストを紹介していきます。 ・白城リサ(福原遥) 大学入学を機に田舎から上京し、大学デビューを果たすもののいつのまにか高嶺の花の扱いを受けてしまう、ちょっと残念な主人公。 ・深見宏斗(桜田通) イケメンで完ぺきな若手社長。 リサの初めての恋人。 パーフェクトなスペックにドキドキしてしまうヒーローです。 ・阿久津孝晃(黒羽麻璃央) 宏斗とライバル関係にある企業の社長。 最初は彼に嫌がらせをするためにリサに近づきますが……? ・吉木翼(小越勇輝) リサの大学での同級生で、彼女に恋心を抱いています。 積極的なタイプで、リサに急接近していきます。 ・市柳雪(濱正悟) 宏斗の秘書。 陰で深見とリサの関係を支えてくれる人物です。 ・芦屋なつき(喜多乃愛) 小学生時代からのリサの親友。 リサとは正反対の性格。 作品の魅力を解説! 本作は、宏斗とリサのとにかくラブラブな関係が見所。 彼の溺愛ぶりを存分に味わえるセリフや、激甘な行動のひとつひとつが見どころといえるでしょう。 そして、2人の甘いやりとりを支えるしっかりとしたストーリー性も、本作の魅力となっています。 『コーヒー&バニラ』というタイトルどおり、甘いだけの恋愛物語にとどまらず、回を重ねるごとに2人の愛情をより確かなものにしていくような苦みのあるできごとも織り込まれているのです。 日常の嫌なことを忘れられる、激アマな恋愛展開に、不安になるような苦い展開。 2つの見所がうまくミックスされ、読む手が止まらないラブストーリーです! 『コーヒー&バニラ』1巻の見所をネタバレ紹介! そんなある日、立ち寄ったカフェで男性に声をかけられて困っているリサをある男性が助けてくれます。 それが、深見宏斗。 彼にご飯に誘われ、助けてもらった立場として断ることもできず、2人はレストランへ向かいます。 そこでついついお酒を飲みすぎてテーブルで寝てしまったリサは、翌朝、彼の家で目覚めます。 そこから転んだ表紙にキスをされ、その流れで告白をされて……。 2人のスピーディーに展開する関係が詰め込まれた作品です。 初対面で運命の出会いを果たし、そのまま翌日には告白され、しかもそれが30代前半の若手社長だとしてたら……? 日常から始まるシンデレラストーリーにワクワクしてしまいますよね!また1巻の後半では、リサに恋心を抱いている大学の同級生・吉木も現れ、ひと騒動起こりそうな予感です。 『コーヒー&バニラ』2巻の見所をネタバレ紹介! 3巻は、宏斗のビジネスマンとしてのかっこよさが全面に表現された内容です。 阿久津がリサにキスをしたことに、静かに、しかし激しく怒りを感じていた彼は、ある実力行使で阿久津にダメージを与えるのです。 怖いながらも、どこかかっこいいと感じてしまうような冷たい目線は注目。 彼の過去は結局明かされませんが、かつてはそんな目をよくする人物だったのだろうということが察せられます。 また、リサのインターンが宏斗の会社になったということもあり、宏斗のビジネスモードのかっこよさも目白おし!リサといるときとのオンオフの切り替えの素早さにキュンキュンしてしまいます。 また、そんな新しい一面が見えた宏斗とリサの、オフィスラブなシーンも見どころ。 社内でイチャイチャする様子は、こちらまでバレないかハラハラしてしまいます。 『コーヒー&バニラ』4巻の見所をネタバレ紹介! 波乱万丈な実家訪問も見どころですが、4巻はついにリサに恋のライバルが現れる波乱の展開が見所。 なんと、その相手はリサの親友なつき。 一目ぼれした相手が宏斗で、リサはどうにか付き合っていることを明かしますが、あきらめきれないなつきから3人でデートすることを申しだされるのです。 そこで行われる女子の攻防にハラハラしてしまいます。 しかしそこでドロドロにならないのが本作のいいところ。 最後はリサの性格のよさがあらためて感じられる内容です。 また、少しずつ宏斗の考えていることも明かされます。 そのきっかけは、彼の誕生日。 なんと彼はこの日を祝われることが嫌いなようで……? リサはそんな彼にどう接するのでしょうか? 『コーヒー&バニラ』5巻の見所をネタバレ紹介! 6巻は、宏斗、リサともに過去がキーワード。 宏斗ほどのイケメンでハイスペックであれば、今まで彼女がいない方がおかしいもの。 しかし初のお付き合いであるリサからすると心配になってしまうのも仕方ありません。 その不安を見事解消する宏斗の姿に注目です。 また、地元の同窓会に出ることになったリサは、かつての初恋の人に再開します。 ほとんど口を利かなかった関係ではあったものの、実は彼もかつてリサが好きだったと言ってくるのです。 それに対してリサは……? そして2人の関係はついにゴールイン寸前に?しかし、そこにまた新たな恋のライバルが出現する!? 今回も波乱万丈な内容です! 『コーヒー&バニラ』7巻の見所をネタバレ紹介! 9巻は、子供版、宏斗が登場するのが見所!? 年の差があるということもあり、彼の大人っぽいところが好きなものの、学生時代の彼も見てみたいなぁと思っていたリサ。 そんなところに、宏斗にそっくりの 従兄・悠斗が現れます。 しかも彼、リサに一目ぼれしたようで、リサはいわば子供版・宏斗と、今の大人になった宏斗、同時に楽しめてしまう状況になったのです。 うらやましすぎる! 読者からすると宏斗は独占欲が強いので子供っぽい部分があるのは分かっていますが、リサは今回やっとそのことに気づいたよう。 恋のライバルが2人登場するので、その分、彼の可愛いところが見られる内容です。 『コーヒー&バニラ』10巻の見所をネタバレ紹介!.

次の

コーヒー&バニラ【57話】最新話のネタバレ。深見のプロポーズ

コーヒー アンド バニラ ブラック ネタバレ

「コーヒーアンドバニラ」(コヒバ二) 50 リサと深見は、深見の父に会う 深みの父は、リサを全然相手にしない 深見と別れるように、小切手を渡す リサは全然相手にされない自分に 情けなさを感じた あれから深見は、リサにとても優しい リサに父とのことを思い出させないように・。 恥ずかしいと言ってやらなかった 甘えることも自らする。 リサが喜ぶことをして、リサの心を和らげようとした。 リサは 自分の覚悟をお父さんに知ってもらいたい と深見に話す。 深見はどんどん強くなるリサにより惹かれていく。 自分がリサ想えば想うほど、リサは強くなっていく 深見はリサを惚れ直す。 ゆいのところにドレスを見に行く。 そこで、深見のお父さんとの話をする。 ゆいも認めてもらうのは、難しいんじゃないかというが、 認めてもらいたいと言う りさの強い気持ちを聞き、深見さんのお父さんが来る パーティーの招待状をくれた。 リサはこのチャンスを逃さないように思う。 深見は仕事で行けないけれど、 リサは一人で会うと決める 深見は自分を頼ってくれないのは 寂しいけど 自分のために覚悟を決めてくれる リサを見守ると決める 「コーヒーアンドバニラ」(コヒバ二) 51 パーティー場に行ってみると場違いだと感じた 大人の世界 でも昨日の夜 深見に自分の気持ちは真剣だと お父さんに分かってもらいたいと 話す 自分は仕事で行けないけど 応援してると言う 深見さんは嬉しすぎて リサにキスをしてそのまま… リサは昨晩のこと思い出して、ちょっと熱くなる 緊張しながらパーティー会場に入ろうとすると 阿久津が現れた 一人でいるリサに大丈夫かと声をかけ 一緒に行ってくれると言う 一人ではお父さんに近づけないだろうから 親切にしてくれる阿久津 リサを見捨てたら、なつきが怒るだろうから やっぱりなっちゃんのこと好きなんだ どこにいるかわからないと思ったけれど 人混みの中心に深見のお父さんがいた。 阿久津と一緒に挨拶に行くと 「宏斗じゃなくて 今度は阿久津社長と結婚するのか」 と嫌味を言われる そんなことを言われても諦めない姿を見て 阿久津は、さすがなつきのダチだな・・しぶといなと思う 深見さんと過ごした日々をお遊びだと誤解されたくない 阿久津が電話している間、リサは一人 椅子に座っている女性が 洋服にワインをこぼしシミができていた。 リサは自分のストールを渡す シミが隠れて喜ぶ女性 たくさん人がいる中で声をかけてくれたのは リサだけだったと話す女性 そんなリサに女性は もっと自分に自信を持っていいのよと 声をかけてくれた その女性は深見のお父さんが 会いたがっていた貿易の会長の奥様だった。 奥様はリサと深見さんのお父さんが知り合いということで 深見さんのお父さんの印象が変わったと言う。 リサは深見のお父さんと話をしようと声をかけると、 自分に媚を売って玉の輿に乗りたいのか?と言われる。 リサはただ深見を愛してるだけだと伝える リサのことなど相手にせず、お父さんはいってしまう その時お父さんが、ふらつき階段から落ちそうになる。 リサが手を差し伸べる。 阿久津が電話が終わり、リサを探していると人が集まっていた。 深見はリサを心配していた。 嫌な思いをしていないかと そこに知らない番号から電話があった。 阿久津からだった。 深見は電話を切ると、秘書のゆきに東京に戻ると話す。 ゆきは無理だというが、深見の顔を見て すぐ戻れるように手配をした 「すまない・・・」 あなたの顔見れば分かる リサ様に何かあったんでしょう・・ 阿久津> よく聞けよ! りさが階段から転落した・・ 病院に向かう車中 深見は下向き、重ねる手が震えていた ゆき> 震えてるなんて初めてですよ 「コーヒーアンドバニラ」(コヒバ二) 52 リサが階段から転落した 必死にリサの元に行こうとする深見 リサ・・・ 病室の前には父がいた。 リサは治療中だと言う 転落の原因は、自分のせいでもあるという 深見は父の胸ぐらを掴み、睨みを切らし リサに何をした・・・ 深見さん?! リサが阿久津と一緒に病室から出てきた。 手首を捻挫しただけだった。 深見はリサを抱きしめ、安堵の様子 「今日はずっと話したくない」 深みがリサをずっと抱きしめる その姿を見て父は帰ろうとしていた。 そんな時、 なつきやゆい そして、ゆきも駆けつけてきた。 リサを囲んでみんなが心配している。 お父さんは驚いた! 周りから愛されてるリサを見て自分にはできないと 深見さんは自分は リサと出会えたから、会社も自分の大事な人も すべて守っていく リサがいる限り!と お父さんに伝える お父さんは有言実行の息子を知っている お父さんは リサと一緒に歩く覚悟はあるか?と聞く 「あります。 深見さんと一緒なら」 お父さんは二人の仲を認めてくれた。 そして、リサに今日は助かったとお礼を言う。 頭をポンと叩く父に 深見はリサを自分の方に抱き寄せ、ムッとする 自分にまで嫉妬する深見に呆れる 「式には呼びなさい」と言って 帰って行った。 認めてもらい、喜ぶリサ 「今日はいい日だよ」という リサの後ろにいた深見がピクッと反応する 「いい日?」 階段から落ちて怪我までして・・いい日かな? 「家でゆっくりお話ししようか」 にっこりと笑う深見さん 怖がるリサ 「深見さんが怒ってらっしゃる」 家に帰るとリサの靴を脱がせながら、 深見は怒ってるんだと話す 仕事に何かあっても何とかなるけど、 リサに何かあったら 俺はどうなのか分からない もっと自分を大事にしてくれ リサを抱きしめ耳元で囁く ありがとうと言いながら深見に 何度もキスをするリサ 優しい顔をした深見さん リサは怪我したばかりなのに 我慢できなくなるでしょ 「今日は早く寝よう」という深見 リサは深見の洋服を掴む びっくりした顔をする深見さん 階段から落ちた時、 深見さんのことばかり考えていた 「もっと深見さんを触りたい」 抱き合う二人 深見を触ろうとするリサ 右手は動かさないように、という深見 いつもよりゆっくり優しく触れられている 触ってないところはもうない もどかしくて・・ 意地悪ですか? 深見はびっくりする・・ スローセックスだよ 体をいたわりながら時間をかけてね。 「怪我が治るまで覚悟して 大事にされなさい」 「コーヒーアンドバニラ」(コヒバ二) 53 怪我をしてから深見さんは、すごく過保護になった 子供を扱うように 着替えも手伝ってくれる 自分が一緒に入っていれば あんなことにはならなかったのにと、 後悔して落ち込む深見をリサは 一人で任せてもらって嬉しかったと言う。 その言葉に深見はほっとする。 でも、怪我が治るまでお世話をさせてね。 髪のセットや階段を降りる時、シートベルトまで すごくお世話をしてくれた。 自分たちに子供ができたら あんなふうにお世話をするのかなって・・ 家に帰ったら深見が会社に行かずに家にいた。 リサは自分のせいで また深見に迷惑をかけてるのじゃないか?と 落ち込んでいた。 今日はテレワークだよ。 在宅で仕事をして、空いてる時に家事をしている。 リサが大変な時に自分の時間を、 リサのために使いたいと言ってくれた リサのお風呂のお手伝い リサの身体を深見さんが洗ってくれている。 リサは恥ずかしいけど、 優しさを受け入れようと我慢している 足を洗うから正面を見てほしいと深見が言う リサは恥ずかしいからと 深見に目隠しをしてほしいとお願いする。 いつまでたっても 初心なリサに深見さんは微笑む 目隠しをしてリサの足を洗う 太ももの付け根か弱いリサ 深見が太ももを洗うたびに、リサは反応してしまう それを知ってか深見は何度も太ももに触れる あーーーーー 「可愛すぎて・・もう限界」 深見はリサにキスをする。 「深見さん目隠しは?」 「ダメ・・ムリ」 リサ 「もう深見さん お手伝いだって言ったのに」 深見 「ごめんごめん 照れてるリサが可愛くて」 リサだってドキドキしてるくせに たしかに ~感想~ 今回は深見さんが色々可愛すぎる。 なんか、こんなに深見さんってイケメンだったかな?って 思うぐらい、イケメン過ぎて 顔見るだけで、ドキドキしちゃう。 リサが階段から落ちた聞いた深水さんの震える姿が 本当に、ドキドキしたし、なんかキューーンした(笑) 本当になんか理性を失う感じられた。 深見さんを好きになって リサはどんどん強くなって、 人に大事にされ、思われると 自分も人を大事にして、 思いたくなる そういうものなのかもしれない 怪我した後の深見さんの 溺愛ぶりはなんか彼女って言うより 子供みたい?にリサをお世話して 1日1日が楽しくていいなぁって ほのぼのしちゃいました。 今回は、深見さんのイケメンを改めて 確認した13巻でした(笑).

次の

コーヒー&バニラ

コーヒー アンド バニラ ブラック ネタバレ

コヒバニは朱神宝先生の人気漫画でチーズに連載しています。 それでもリサはもう一度好きになってもらえるよう健気に尽くします。 記憶を失くしてもリサに惹かれる深見。 出会った喫茶店で深見はついに記憶を取り戻しました。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 家に帰り、手を強く握るとおかえりなさいと深見に抱きつきます。 ただいまと言ってくれるだけで、素っ気ない深見はもういないのだとリサは安心します。 とりあえず着替えようかと深見が背を向けると思わず深見の袖を掴んでしまうリサ。 離れるとまた記憶のない深見に戻ってしまいそうで怖くなったのです。 そんなリサに深見は謝り、無理に笑おうとしなくていいと言います。 気を張っていただろうと気遣う深見にそんなことはないと答えるリサでしたが、涙があふれてしまいます。 さみしかったし、悲しかった、怖かったと泣くリサ。 そんな想いをさせてしまっていたのかと深見の表情は歪みます。 リサを担ぎ上げるとベッドまで運ぶ深見。 ごめん、耐えられない。 俺のすべてでなぐさめさせてほしいと告げます。 深見の願い 指先、唇、舌、そのすべてで愛されているかのような愛撫を受けるリサ。 丹念に舌で愛撫されたリサはいってしまいます。 それでも深見の手は止まりません。 すきと繰り返すリサにキスをする深見。 可愛いすぎて限界と深見はリサに侵入します。 深見の切羽詰まった顔に見惚れるリサ。 深見は記憶喪失だった間の記憶もなくしてはいませんでした。 リサに惹かれていたよ、俺は二度目の初恋をしていた、と告白する深見。 もう何度だって恋に落ちる運命なのかもと深見は言います。 一生、深見の隣にいますと答えるリサ。 じゃあお願い聞いてくれる?と深見はリサにあることを囁くのでした。 深見のプロポーズ 深見と手を繋ぎあるところに向かっていたリサは緊張していました。 深見さんはと言ってこらと叱られるリサ。 これからは宏斗と呼びなさいと深見は言います。 "深見リサになってくれませんか" それが深見の願いだったのです。 保証人にはなつと雪がなりました。 リサは記念日にもらった婚姻届を大切に持っていました。 深見にふさわしいかはまだ不安なリサ。 けれどそれなら俺の方がと深見は言います。 人の愛情は疑って育った深見。 しかし、それをリサが変えたのです。 ずっと傍にいてほしいから、俺と一緒に夫婦になろう、リサ、愛してる。 世界で一番、愛してるよ。 そう告げられたリサは泣き出してしまいます。 そして市役所で無事に婚姻届は受理されました。 記念写真を撮る二人。 今日から、ついに私、深見リサになりました 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の