コロンブス。 コロンブス

コロンブスの新大陸発見|スパイスの歴史に関するお話|S&B エスビー食品株式会社

コロンブス

1498年のメディカル・イラスト 梅毒の原因にはが関係すると考えられた。 すなわち、、、、、、、(嗜眠性脳炎)、、、、などが、ユーラシアとアフリカからへもたらされた。 免疫をもたなかったはこれらの伝染病によって激減した。 アメリカ大陸には、やをはじめとしてヨーロッパ各地から多くの植民者がわたったが、スペイン王室は植民者に先住民支配の信託を与え、征服者や入植者に対し、その功績や身分に応じて一定数のを割り当て、一定期間使役する権利を与えるとともに、彼らを保護してにさせることを義務づけた。 これがである。 まもなく先住民(インディオ)を使役してで金や銀を掘り出し、域ではの栽培が始まった。 どちらも現地の人びとのためではなく、ヨーロッパ大陸におけるのための生産であった。 先住民は、過酷な労働条件と感染症のために激減し、深刻な労働力不足に陥った。 これを補うため、ヨーロッパ人は黒人をアフリカ大陸に求めてがはじまった。 ここに西ヨーロッパ、西アフリカ、南北アメリカ大陸を結ぶ人とモノの貿易連鎖、いわゆるが成立し、をはさむ4大陸のあいだに大西洋経済とよばれるが形成されていった。 いっぽう、アメリカ大陸よりにもたらされた感染症には、である、として知られる、イチゴ腫、黄熱( American strains)がある。 梅毒は、元来はの風土病だったのではないかと考えられ、コロンブス一行が現地の女性との性交渉によりヨーロッパにもち帰ったとされる。 アジアへはの一行が頃インドにもたらし、日本には9年()に中国よりを通じて伝わったとされ、江戸時代初期にはの次男も梅毒に罹患している。 日本で流行する前に、とくにそので大流行し、古くから花柳界にいる人の罹患率が高かったので、梅毒は「古血」と称され、また、では梅毒患者のことを「 ふるっちゅ」(古い人)と呼ぶようになった。 なお、梅毒は、ヨーロッパ諸国も介入した16世紀のを通じてヨーロッパ各地に広がったため「 ナポリ病」と称することも多い。 「コロンブス交換」は、の歴史学者によって唱えられた用語である。 上述のように、それは、ヨーロッパとアメリカ大陸との相互の疫学的条件の均質化をうちに含んでいるが、これを、フランスのに属する歴史家は「細菌による世界の統一」という表現を用いて説明した。 ヨーロッパの疫病が新大陸で猛威をふるった顕著な例として、からにかけての(ノビスパニア)での大流行があり、このときメキシコ中央部では先住民()の約8割が死亡したといわれる。 征服から1世紀経ったのち、メキシコの先住民の人口は征服直前のわずか3パーセントにすぎなかったという試算もある。 梅毒の治療薬としては、を唱えたドイツのとエールリヒの研究所で薬学実験を担当していた日本の医学者がに発見したというが有名であり、これは合成物質による世界最初の化学療法剤であった。 また、サルバルサンの発見は、のちのペニシリン(1929年)等や、(1935年)等のの発見をうながしたのである。 各港は、ペストが交易船を媒介として広まることがわかると、感染地からの船舶の寄港を禁止した。 ヴェネツィアでは、東方から寄港する船舶を沖合の島に40日間停泊させて、その隔離期間のなかで感染の有無を確かめさせた。 のことを英語で quarantinというが、これはの quarantena(40日)に由来する。 飯島渉は、19世紀末から20世紀初頭にかけて流行したペストが雲南起源であったことが、マクニールに中世ヨーロッパのペストが雲南起源でモンゴル帝国によって媒介されたという着想をあたえたのではないかとしている。 ワクスマンとシャッツのあいだでストレプトマイシン発見をめぐって一時となったが、のちに和解した。 WHO は、"pandemic H1N1 2009"という言葉で、この流行を表現している。 National Immunization Days の略。 現在は、March of Dime(10円募金)となって、ポリオ以外のさまざまな募金活動を実施している。 黄熱ウイルスはに分離されており、は、黄熱の研究中に(現在の)の首府で死亡している。 David W. Tschanz, MSPH, PhD August 2003. "Arab Roots of European Medicine", Heart Views 4 2. Syed, Ph. 2002. "Islamic Medicine: 1000 years ahead of its times", Journal of the Islamic Medical Association 2, p. 2-9. Beretta M 2003. Medicina nei secoli 15 2 : 129-54. 15-25,• 戸田隆夫, 「」『東京女子医科大学雑誌』 88巻 1号 2018年 p. 13-14, 東京女子医科大学学会, :• 原著は"Plagues and Peoples"(1976)• 訳、『西洋史料集成』より。 原出典は、曹樹基;"鼠疫流行与華北社会的変遷" 1997• 原出典は『国民新聞』明治38年3月12日付• (国立療養所菊池恵楓園)• 原出典は、Crosby,A. F;"The Columbian Exchange" 1972• 原出典は、Emmanuel Le Roy Ladurie"Le territoire de l'historie" 1973• Bland, R. ; Clarke, T. ; Harden, L. 1976-02-01. American Journal of Obstetrics and Gynecology 124 3 : 263—267. 原出典は、梁其姿"施善与教化—明清的慈善組織" 1997• 加藤茂孝「人類と感染症の戦い-第5回"ポリオ"」(2010)。 原出典は、Godman AS et al:What was the cause of Franklin Delano Roosevelt's paralytic illness? Journal of Medical Biography. 11:232-240 2003• 2012年8月31日. 2012年9月1日閲覧。 [ リンク切れ]• - 中央日報 2014年8月6日• 加藤茂孝「人類と感染症の戦い-第6回"ウエストナイルウイルス"」(2010)。 原出典は、JS Marr et al:Alexander the Great and West Nile Virus Encephalitis. Emerging infectious Diseases. 9 12 , 2003• 訳、より。 原出典は、安羅岡一男「中国における日本住血吸虫症」 1995• 2011年7月30日閲覧• 『標準微生物学』中込治・神谷茂(編集)、医学書院、2015年2月15日、第12版、p. 498. ProMED-mail,2012-09-20 15:51:26• 15 May 2013 ,Global Alert and Response(GAR)• Word Health Organization. 2020年1月16日閲覧。 World Health Organization. 2020年1月16日閲覧。 WHO. 2020年1月27日閲覧。 このウイルスについて、日本のは単に「 新型コロナウイルス」と2020年1月時点で呼称している。 www. mhlw. 日本厚生労働省. 2020年1月27日閲覧。 2020年1月5日. 2020年1月7日時点のよりアーカイブ。 2020年1月6日閲覧。 26-56•

次の

今さら聞けないコロンブス!新大陸発見者の意外な逸話と残念な真実

コロンブス

>>コロンブス コロンブス クリストファー・コロンブス(1451~1506年)っていうとスペインのイメージが強い方も多いでしょうがイタリア出身の冒険家です。 父親の手伝いでイタリアで船に乗り貿易の仕事をしていたコロンブスは、その後、ポルトガルに移り住みます。 当時、トスカネリという人が地球球体説というのを唱えていました。 「もしかしたら地球って丸いんじゃない?」っていう説です。 これらは、アラビアの商人から買うか、アフリカの南端を経由して船でインド方面へ向かい直接買ってくるかのどちらかだったわけです。 陸地にしろ、海にしろ遠いので金額がどうしても上がってしまうんですね。 コロンブスは、地球が丸いなら、わざわざ東に向かってインドに向かうより、西に向かった方がインドに近いんじゃない?って考えます。 そこで、ポルトガルに支援を依頼するんです。 しかし、見事に断られてしまいます。 本当に地球が丸いかどうかわからんし、地球が丸かったとしても実は西に向かうよりやっぱり東周りの方が早かったなんてことも十分に考えられますからね。 そこで、コロンブスは、ポルトガルのライバルであるスペインに話を持ち掛けます。 結果、スペインのイザベラ女王から支援をもらい1492年、3隻の船団を組んで大西洋へと船出していくのでした。 まぁ、イチかバチかです。 地球が丸いなんて本当かどうかもわからない状態ですからね。 コロンブスは、ここをインドの一部であると信じ、サンサルバド島ルと名付けました。 当時のコロンブスたちの心境が現れていますね。 しか~し!実は、この島、インドではなく現在のカリブ海の島だったんです。 なので、今でもこの辺りを西インド諸島と呼んでいますね。 インドじゃないのに西インド諸島って何で?って思ったことある人もいるかと思いますが、そういう理由があったわけです。 新大陸に到着したコロンブス一行は、先住民たちと出会います。 そこでコロンブスが思ったのが「うん。 いい奴隷になりそうだ!」コロンブスは、冒険家というより商人ですからね。 まぁ、お金のことを一番に考えるんです。 その後、スペインに戻ったコロンブスは、イザベラ女王から発見地の総督、世襲提督の地位、また発見地からの収益の10分の1をもらう権利を約束されます。 ここまでは大成功ですね。 しかし、コロンブスは、先住民たちから金銀宝石などを奪い取って帰ってきています。 1493年にコロンブスらは2度目の航海に出ますが目的は発見した大陸の植民地化でした。 しかし、新大陸に到着すると1回目の航海の時に造った要塞は壊され、残してきた人間はすべて殺されていました。 先住民たちの反撃です。 そして行われたのが、先住民の大虐殺でした。 先住民から奪い、殺しを繰り返すのです。 そして、捕らえたインディアンを奴隷としてスペインに送りますが、イザベラ女王はそれを拒否。 コロンブスの悪い噂はスペインにまで届いていたんです。 慌ててスペインに帰り、釈明し罪には問われませんでしたが3度目の航海の時に現地でスペイン人が反乱を起こして、コロンブスは捕らえられてしまいます。 裁判では、イザベラ女王の助けで無実となりますが、彼の名誉や肩書はすべて奪われることになりました。 4度目の航海では、ボロ船しか与えられず、航海は失敗・・・。 コロンブスは最後まで自分が発見したのはインドだったと信じ込んだまま、1506年に安宿の一室でさびしく死んでいきました。 コロンブスの卵 ところで、「コロンブスの卵」のお話は有名ですね。 まぁ、コロンブスが実際に言った言葉ではないんですけどね。 新大陸を発見したコロンブスはスペインにて最初、とてもチヤホヤされお祝いの式までやってもらいます。 その時に「誰でも西に行けば陸地にぶつかるし、大した事じゃない!」とコロンブスに妬みの言葉をぶつける人がいました。 コロンブスは「では、この卵を机に立ててみてください」とその人に言います。 まぁ、結構難しいですよね。 そこにいた人は誰もできないわけです。 そこでコロンブスは、卵の先を軽く割り机に立てて見せました。 「おいおい、それなら誰でもできるだろう」という人々。 しかし、コロンブスは「誰かがやった後では簡単ですけどねぇ」と皮肉っぽく言ったというお話。 最終的には、幸せとは言えない人生を送ったコロンブスですが、地球は丸いと信じ航海に出たコロンブスの勇気と行動力には見習うところがありますね。

次の

コロンブスは何をしたのか?アメリカ大陸発見の真実をわかりやすく解説

コロンブス

地球が丸いということが信じられていない時代、イタリヤのコロンブスは、西回りの航海をすれば、インドやスパイスの宝庫・モルッカ諸島、日本など、マルコポーロの「東方見聞録」にある絹、金、香辛料などが産する地に到達することができると確信していました。 スペインのイサベル女王の賛同を得ることに成功したコロンブスは、1492年8月3日、3隻の船を率いて西南の方向に舳先を向け大西洋の海原に漕ぎ出しました。 そして10月12日、バハマ諸島のサンサルバドル島に到達。 コロンブスは、原住民が鼻につけている金の輪を見て勇気づけられ、2週間後に現在のキューバを発見し、ジパングであると確信しました。 しかし、目ざす絹も純金で造られた宮殿も探し出せないまま、煙草や原住民の捕虜と金細工品などをみやげに帰途につき、1493年3月4日、ポルトガルのリスボンへと帰りつき、それからスペインのパロス港へ戻り、フェルナンド王やイザベル女王にあたたかく歓待されました。 金銀というみやげはありませんでしたが、未知の大陸発見の報せはヨーロッパ中を大いに沸かせました。 コロンブスを支援したイサベル女王 その後も1504年までの間に、コロンブスは計4回も大海原の大西洋をわたり、宝の宝庫・ジパングやスパイスの探索を続けましたが、南北アメリカという大陸の壁にはばまれ、目指すスパイス、絹、黄金、真珠、宝石類を発見することもできず、船乗りの反感をかったばかりでなく、イサベル女王の信頼さえも失くし、1506年忘れ去られた人間として失意のうちにわびしくこの世を去っています。 しかし、4回目の航海では、中央アメリカから南アメリカに到達しており、大航海時代で活躍した勇敢な冒険者たちの一人として讃えられていいでしょう。 大西洋を初めて横断したサンタ・マリア号と同型の船• 1492年10月12日、コロンブスのサン・サルバトル島上陸の絵• 前ページ•

次の